RSS

記事一覧

『Hitman Sniper』無料、『Lara Croft GO』240円など、スクエニの海外ゲームがセール開始 - 6月29日の値下げゲーム

※価格は記事執筆時のものなので、購入前にStoreで確認してください。

注目のゲーム
Hitman: Sniper (itunes 120円→無料 iPhone/iPad対応)
Hitman: Sniper
ヒットマンシリーズの狙撃ゲーム。
単に狙撃するだけでなく、建物の配電盤を破壊して停電させて混乱を引き起こしたり、水の中に落としたりと狙撃現場の環境を使ってターゲットをおびき寄せることもできる「暗殺シミュレーションゲーム」になっている。

おすすめゲーム
Lara Croft GO (itunes 600円→240円 iPhone/iPad対応)
Lara Croft GO
『トゥームレイダー』のヒロイン、ララクロフトを主人公にしたパズルゲーム。
本作は『Hitman GO』に高さの概念を加え、『トゥームレイダー』のアドベンチャー要素を強調したターン制パズル。
リアルタイムではないのに、冒険しているような感覚で遊べ、パズルとしても適度な難易度で楽しい。
紹介記事:じっくり考えるパズルとトゥームレイダーの冒険感を両立。『Lara Croft GO』レビュー

気になったら
Flight Unlimited San Francisco (itunes 1,200円→360円 iPhone/iPad対応)
Flight Unlimited San Francisco
サンフランシスコ上空を飛ぶフライトシミュレーター。

PepeLine (itunes 240円→無料 iPhone/iPad対応)
PepeLine
道の描かれたタイルを動かし、男の子と女の子をつなげるパズルゲーム。
見た目が良く、ゲームも無難に楽しめる。

Deus Ex GO (itunes 600円→240円 iPhone/iPad対応)
Deus Ex GO
ナノテクノロジーによる人体改造やロボット技術などが発達した未来世界で、特殊工作員として活躍するサイバーパンクRPG『Deus Ex』シリーズをパズル化したゲーム。
潜入工作をボード上を歩くパズルとして見事に表現しており、かつプレイヤーの選択で世界の動向が変わるストーリー要素もちょこっと入っている原作尊重型のゲーム。
GOシリーズの入門としては複雑だが、原作ファンやGOファンなどにお勧め。
紹介記事:退廃的なサイバーパンクRPGを見事にパズル化。『Deus Ex GO』レビュー

1849 (itunes 600円→240円 iPad専用)
1849
1849年のアメリカのゴールドラッシュをモチーフにした街つくりシミュレーション。
PCゲームの移植で、海外の評判もまずまず。日本語非対応。

EARTH WARS (itunes 480円→240円 iPhone/iPad対応)
EARTH WARS
十字キーで移動、接近攻撃と銃撃、ジャンプ、回避、スライディングなど、さまざまなアクションを駆使して戦うSFバトルRPG。
ハードなSFの空気感、ゲームのボリューム、アクションの爽快感はかなりあるのだが、もともとがゲーム機コントローラー前提のためアクションに少し無理がある(もしくはキー操作の調整不足?)感じも。
ただ、価格に対して内容は悪くない。

Rogue Hacker (itunes 360円→120円 iPhone/iPad対応)
Rogue Hacker
ランダムに示される選択肢に解答し、難易度を変えつつハッキングミニゲームに挑むローグライク・アクション。

Construction Simulator 2 (itunes 480円→120円 iPhone/iPad対応)
Construction Simulator 2
ブルドーザーやショベルなど、さまざまな重機を操作し、建築を行う建築シミュレーター。
工事現場に入って作業し、会社が大きくなって豊かになるのは労働の喜びを感じる。
運転&砂場遊びが好きな方に。日本語対応。

Rusty Lake: Roots (itunes 360円→120円 iPhone/iPad対応)
Rusty Lake: Roots
グロテスクかつ、先が気になる物語が展開される脱出ゲーム。
猟奇的なホテル、Rusty Lake Hotelの起源をたどる物語ともなっている。

継続中のセール
聖剣伝説 -ファイナルファンタジー外伝- (itunes 1,400円→720円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
seiken_1
ゲームボーイの初代『聖剣伝説』を3Dでリメイクしたスマホ版。
今となってはバーチャルスティック移動・攻撃とアイテムの2ボタンとシンプルな作りの見下ろし形アクションRPGだが、ハマりバグなどはつぶし、かつ懐かしのテイストをできる限り維持したまま、現代風のグラフィックと利便性を併せ持つ移植になっている。
GB版の音源も収録しており、在りし日の聖剣伝説を懐かしむにはぴったりの移植作品となっている。
紹介記事:

Swim Out (itunes 360円→240円 iPhone/iPad対応)
Swim Out
プールで泳いでいる客を避け、ゴールまで移動するターン性のパズルゲーム。
ビジュアルは良いのだが、純粋なパズルで派手な面白さには欠ける。

Alto's Odyssey (itunes 600円→240円 iPhone/iPad対応)
Alto's Odyssey
永遠に続く砂漠を滑るアクションゲーム。
自動で滑り続け、タッチでジャンプするシンプルな内容だが、刻々と変わっていく景色、天気、光の演出を見ているだけで楽しめる。
前作と比べてギミックが増えて面白くなっているし、ゲームの納得感も上がっているので前作ファンの方にもおすすめ。
とにかくこの景色を見て欲しい。

Florence (itunes 360円→240円 iPhone/iPad対応)
Florence
『Monument Valley』のデザイナーが設立したStudio Mountainで開発し、ゲームの手法をコミックに盛り込んだアプリ。
要所要所にさしはさまれたミニゲームがプレイヤーに感情移入を促し、恋愛を思い出させる甘酸っぱいコミック。
紹介記事:プレイヤーの恋を思い出させるコミック『Florence』レビュー。ゲーム的な手法で記憶をくすぐる挑戦

Dissembler (itunes 360円→120円 iPhone/iPad対応)
Dissembler
タイルを入れ替えて3つ以上同じカラーが並ぶようにして消していき、最終的にすべてのタイルを消すステージクリア型のパズルゲーム。
消す気持ちよさが良いのはもちろん、適度に考えるパズル(無理ない難易度上昇!)としても優秀。

Bring You Home (itunes 360円→120円 iPhone/iPad対応)
Bring You Home
宇宙人のポロが、誘拐されたペットを連れ戻すために冒険を繰り広げるパズルアドベンチャー。
コマを入れ替えるようにゲーム世界の地形を入れ替え、その地形に翻弄される主人公を見て楽しむコミカルな要素が面白い。また、最後までプレイするとちょっとほろりとくる演出もあり、定価だろうがお値段以上に楽しめる。
紹介記事:失敗するほど楽しいパズル『Bring You Home』レビュー。ヒロイン枠より主人公がかわいいゲーム

Campfire Cooking (itunes 480円→360円 iPhone/iPad対応)
Campfire Cooking
他の串の邪魔をせずに串を動かし、火に当ててバーベキュー料理を作るパズルゲーム。
ものすごく料理がおいしそうで、帰宅時の電車の中などで遊んでみると、晩ご飯がおいしくなる。そして深夜作業中に遊ぶと、夜食を食べたくなる……そんなゲームだ。
串を上下に動かす手順を考えるパズルとしても面白いので、かなりおすすめ。
紹介記事:遊んでいると腹が減る、食事が旨くなる。そんなパズル『Campfire Cooking』レビュー

Getting Over It (itunes 600円→360円 iPhone/iPad対応)
Getting Over It
下半身が釜で覆われた男が、ハンマーを使いこなして山登りするアクションゲーム。
奇妙に物体に吸い付く釜をドラッグで動かし、厳しい道を進んでいくゲームなのだが……とにかく難しい。そして何度もスタート地点に戻される。シュールな見た目でごまかし切れない難易度。
しかし、修練を積むと着実に前進する面白さもあり、「マゾゲー」ファンにはたまらないゲームになっている。

Cat Quest (itunes 600円→240円 iPhone/iPad対応)
Cat Quest
見下ろしのマップを旅して、猫の勇者として妹を(ついでに世界も)救う可愛くてライトなアクションRPG。
移動と攻撃、魔法ボタンだけのシンプルな操作でクエストをこなすお使いRPGだが、キビキビ動くアクションと店舗の良さで最後まできっちり遊べる。
オープンワールドを採用しており、ゲームが気に入れば猫のように気ままに旅して遺跡巡りをすることも可能。
紹介記事:ドラゴン殺しの猫になり、自由気ままに旅するライトRPG『キャットクエスト』レビュー

Azkend (itunes 360円→120円 iPhone専用)
Azkend
同じマークのタイルをなぞり、3つ以上連続でつなげて消すパズルゲーム。
テンポよく遊べて暇つぶしにピッタリ。続編のゲームよりも簡素なのに、楽しさでは上。

Rusty Lake Paradise (itunes 360円→240円 iPhone/iPad対応)
Rusty Lake Paradise
Rusty Lakeを襲った災害を扱った脱出ゲーム。
さまざまな災いを取り除くため、プレイヤーは奇妙でグロテスクな謎に挑むことになる。日本語対応。

Runic Rampage (itunes 480円→240円 iPhone/iPad対応)
Runic Rampage
ドワーフになってハンマーで敵を叩き潰すアクションRPG。
グラフィックや動きは荒いものの、ハンマーで敵を叩き潰すゴア演出の爽快感はばっちり。
バーチャルスティックと2ボタンの操作はプレイしやすい。
粗くてジャンクな楽しさを探しているなら。

Youtubers Life - Gaming Channel (itunes 1,080円→600円 iPhone/iPad対応)
Youtubers Life - Gaming Channel
Youtuberになり、動画を配信して稼ぐシミュレーションゲーム。
お小遣い・バイト生活から始まってだんだんとケンケンを積み、人間関係を広げて人気を得ていくていく地道な体験ができる。
日本語対応。

Bus Simulator PRO 2017 (itunes 600円→360円 iPhone/iPad対応)
Bus Simulator PRO 2017
バスに乗ってミッションをこなすバス運転シミュレーター。
グラフィックは良いが、AIがおバカだったりすごく適当な作り。
でもグラフィックがいい中でバスを運転できることに意味を感じてしまう。

supertype (itunes 240円→120円 iPhone/iPad対応)
supertype


Abzorb (itunes 360円→無料 iPhone/iPad対応)
Abzorb
傾け操作で自機を動かし、残り時間がつきるまえに青い球体に近づいてエネルギーを吸収するアクションゲーム。
映像のセンスが良く、先に進むにつれて仕掛けが増えて行くなら結構遊べそう。

The Long Siege (itunes 240円→120円 iPhone/iPad対応)
The Long Siege
砦からユニットを出撃させ、画面右の敵のタワーを破壊する戦術シミュレーション。
ユニットを出す方法はマッチパズル。
スライド操作でタイルの列を移動させ、3つ同じタイルをそろえて消すとタイルに応じたユニットが出撃する。
上手にパズルをこなすほどユニットが強くなるので結構ハマる。

Evoland 2 (itunes 840円→480円 iPhone/iPad対応)
Evoland 2
シューティング、アクション、謎解き、RPGにカードゲーム。 幼いころからゲームをプレイしてきた開発者が、過去にプレイしてきた何十ものゲームを1つにまとめてRPGにした“ゲーム博物館”のような作品。
バラバラなゲーム群は興味深いストーリーでまとめられており、全体を通して遊べる。
1つ1つのゲームの質は低いが、ゲーム構造を楽しむゲームとして遊べばあまり問題は感じない。
紹介記事:2D、3D、STGに格闘ゲーム…内容が次々と変わるゲーム博物館RPG『Evoland 2』レビュー。クロノトリガー、レイトン教授、スト2もどきがこれ1作で遊べる

Miracle Merchant (itunes 240円→120円 iPhone/iPad対応)
Miracle Merchant
山に積まれた4色のカードを掛け合わせて客の求めるポーションを作り、ポーションのスコアを最大化するソリティア系のゲーム。

Day of the Tentacle Remastered (itunes 600円→240円 iPhone/iPad対応)
Day of the Tentacle Remastered
レトロアドベンチャー『Day of the Tentacle』のリマスター版。
オリジナルのファンの方に。

Age of Rivals (itunes 480円→240円 iPhone/iPad対応)
Age of Rivals
お互いが場札を交換しつつ、カードを取得していき、経済・戦力の2つを競って勝利点を稼ぐ対戦カードゲーム。
取得したカードでバトルが行われるだけでなく、プレイヤーが購入したカード以外を敵に押しつける仕組みのため、取ったカードの戦力だけでなく残すカードの戦力も考える戦術性がポイント。
短時間で終わるわりに、かなりカードの駆け引きが合って楽しい。

Baldur's Gate II: EE (itunes 1,200円→360円 iPhone/iPad対応)
Baldur's Gate II: EE
D&Dの名作RPG Baldur's Gate II のiOS版。
Baldur's Gate II: Shadows of Amn をHD化してワイドスクリーン対応にした上、下記の拡張パックの内容もを含んでいる。
残念ながら日本語には対応していない。

Potatoman Seeks The Troof (itunes 240円→120円 iPhone/iPad対応)
Potatoman Seeks The Troof
アイダホのじゃがいも農場で生まれたポテトマンが真理を求めて旅に出る、横スクロールのアクション。
初見殺しの仕掛けが大量にある難易度高めのゲーム。
左右移動とジャンプを駆使して、障害を避けてゴールを目指す。
操作性は良いが、後ろからくる敵が指に隠れて見えないのでiPhoneの画面ではプレイしづらい。
仕掛けが豊富なことやネタゲーとして、PC版は海外でそれなりに人気がある。
何度も繰り返しチャレンジする死にゲーが好きなら。

Marvin The Cube (itunes 360円→120円 iPhone/iPad対応)
Marvin The Cube
立方体のキャラクターを転がし、ステージのギミックを動作させてゴールに導くパズルゲーム。
ビジュアルがそれなりに映えていて、ゲームとしても普通に楽しめる。

Last Horizon (itunes 360円→120円 iPhone/iPad対応)
Last Horizon
惑星から惑星へと飛び移り、ロケットで移動するミニマル系のアクションアドベンチャー。

Still Here... Flight Adventure (itunes 360円→120円 iPhone/iPad対応)
Still Here... Flight Adventure
妖精のように空を飛ぶ小人となり、人類が消えた世界で残った機械(?)の指示に従って部品を集め、生活の手伝いをする2Dのアクションアドベンチャー。
画面左右のタッチすると、その方向に向かってエンジンをふかして空を飛ぶ簡単操作。
まったり風景を楽しみながら探索するゲームになっている模様(少なくとも前半は)

Iron Marines (itunes 600円→360円 iPhone/iPad対応)
Iron Marines
誰もが苦戦して……でもぎりぎり勝てる。魔法のようなバランスのタワーディフェンス、『Kingdom Rush』で多くの人々を魅了してきたIronhide Game Studioのリアルタイム戦術ゲーム。
ユニットを生産して指揮して、敵の拠点を破壊する戦術ゲームとなっている。
iPhone PlusやiPadなど大画面のデバイスを持っていれば断然おすすめ。

Rubek (itunes 240円→120円 iPhone/iPad対応)
Rubek
立方体を転がしながら面に色を付け、チェックポイントと同じ色の面が接するように進むパズルゲーム。
シンプルだが頭を使って楽しい。

The Bonfire: Forsaken Lands (itunes 480円→360円 iPhone/iPad対応)
The Bonfire: Forsaken Lands
極寒の地を1人で開拓し、かがり火を炊いて人を集め、資材を採取し、建物を作って村を盛り上げ……最終的には隕石で目覚めた古い神を倒すサバイバル村づくりゲーム。
『Alto's Adventure』を意識したグラフィックで『A Dark Room』に映像を付けたような作りのSLGが楽しめる。
紹介記事:極寒の地に灯をともし、村を作るサバイバルSLG『The Bonfire: Forsaken Lands』レビュー。名作『A Dark Room』に映像を付けたようなゲーム

Kingdom Rush Origins HD (itunes 600円→360円 iPad専用)
Kingdom Rush Origins (itunes 360円→120円 iPhone専用)
Kingdom Rush Origins
ルート固定のタワーディフェンスゲーム。
歩兵を指揮して敵を足止めし、砲台で狙い撃つ戦術要素が楽しい。
絶妙のバランス調整で、いつもギリギリでクリア出来、とことんハマり続けられるゲームとなっている。
毎回同じ事をしているのに止められない魔法のようなゲーム。

Kingdom Rush Frontiers (itunes 240円→120円 iPhone専用)
Kingdom Rush Frontiers HD (itunes 480円→240円 iPad専用)
Kingdom Rush Frontiers HD
画面上をちびキャラが動きまわって戦っていくファンタジー世界観のタワーディフェンス『Kingdom Rush』2作目。
ファイターやヒーローなどの歩兵ユニットを指揮して足止めできるほか、タワーを最大までレベルアップするとプレイヤーの戦術に合わせて特殊能力をつけられるようになるのが特徴。
プレイヤーのスタイルによって、様々な戦術を試す懐の広さがあって面白い。
紹介記事:『Kingdom Rush Frontiers』がやっぱり面白くて幸せになる

Ticket to Ride (itunes 1,080円→480円 iPhone/iPad対応)
Ticket to Ride
手持ちのカードを増やし、そのカードを使ってボードの鉄道路線を取り合うドイツ年間ゲーム大賞をとったボードゲームのヨーロッパ版。
面白いので気になったらお試しあれ。
ルールなどを詳しく知りたい場合はiPhone ACさんによる攻略ページがあるのでどうぞ。

Sheltered (itunes 480円→240円 iPhone/iPad対応)
Sheltered
核爆発から逃れ、地下シェルターにこもって生き延びた家族のサバイバルSLG。
シェルターの中にある備蓄は少ない。家族のためにも外に出て資材を集め、ときに他の生き残りと争いながらサバイバルするコマンド選択型ゲームになっている。

Potion Explosion (itunes 360円→240円 iPhone/iPad対応)
Potion Explosion
各プレイヤーが2マッチパズルで順番に盤面の石を取っていき、所定の色の石をポーションを完成させて得点を得る対戦型のパズルボードゲーム。
他のプレイヤーのポーション作成を妨害しつつ自分のポーションは完成させる駆け引きの要素がある。
一人用とオンライン対戦の2モードあり。

Small World 2 (itunes 720円→360円 iPad専用)
Small World 2
ボードゲーム、『スモールワールド』の移植版。色々な種族を使って世界を征服していくボードゲーム。
種族と特殊能力の組み合わせによって毎プレイ違う展開になるのが特徴。
自分の種族以外を倒し、コイン多く獲得したものが勝利となる。

I am Bread (itunes 600円→240円 iPhone/iPad対応)
I am Bread
食パンを操作し、トースターまで移動して自らをこんがり焼き上げる「食パンシミュレーター」。
いわゆる「バカゲー」というやつだが、難しい操作とシュールな情景がマッチしてプレイしていて楽しい。
紹介記事:見かけはC級、中身はしっかり。食パンシミュレーター『I am Bread』レビュー

Bottom of the 9th (itunes 600円→240円 iPhone/iPad対応)
Bottom of the 9th
野球の9回の裏だけを扱った対戦カードゲーム。
相手との読み合いが重要だが、判定はサイコロで行われるため深い思考がいろいろぶっ壊れることも。
海外ではかなり人気の対戦ゲームの模様。

Tokaido™ (itunes 240円→120円 iPhone/iPad対応)
Tokaido™
東海道53次を旅するボードゲーム。
パーティーゲームの一種で、多人数でガヤガヤ遊ぶゲームではあるが、ボードゲーム版でも評判となった盤面の美しさなどはアプリでより磨きがかかっている。
ボードゲームコレクターなら、雰囲気ゲーとしてコレクションするのもあり。

Patchwork The Game (itunes 360円→240円 iPhone/iPad対応)
Patchwork The Game
巨大なボードに隙間なく継ぎはぎ(タイルを置いて)して埋めていくボードゲームッチワークのスマホ移植作品。
ゲーム内容はたっくんのボードゲーム日記さんでどうぞ。

Le Havre: The Inland Port (itunes 600円→240円 iPhone/iPad対応)
Le Havre: The Inland Port
町に建物を作り、それを使って資源を調達、その資源でまた建物を作って勝利点を稼いでいくカードゲーム。

Fighting Fantasy Legends (itunes 600円→240円 iPhone/iPad対応)
Fighting Fantasy Legends
『ファイティングファンタジー』35周年を記念して、初期の名作『火吹き山の魔法使い』、『バルサスの要塞』、『盗賊都市』の3冊をまとめて1つのゲームブック風アドベンチャーRPGにした作品。
販売元が変わったが、内容は以前のものと同じ。
ただし、以前のバージョンを持っていても新しく買えることに注意。新規に買うなら問題なし。
紹介記事:FFのゲームブック3冊を1本のRPGまとめた『ファイティングファンタジー・レジェンド』レビュー。日本語訳も十分なクオリティ

アグリコラ:牧場の動物たち (itunes 600円→240円 iPhone/iPad対応)
Agricola All Creatures Big and Small
牧場経営ゲーム、アグリゴラの2人対戦用簡易版。
元のゲームが難しいものだったので、入門用にはちょうどいい。

FTL: Faster Than Light (itunes 1,200円→240円 iPad専用)
FTL: Faster Than Light
地形やイベントがランダム生成されるマップを進み、宇宙船の乗員・装備・酸素などさまざまな要素を調整して進んでいく宇宙冒険シミュレーション。
反乱軍の母艦を撃墜するため、たった一機で危険な宇宙を旅するシチュエーションも燃える。
EASYでもクリアは難しい歯ごたえのあるゲームだが、少しずつ進めるようになる手応えと、上手くプレイしてもぎりぎりでクリアできない絶妙なバランス調整。
上手くなって攻略していくタイプの戦術ゲームが好きなら、間違いなくおすすめ。
日本語の攻略サイトも多い。

Deep Dungeons of Doom (itunes 240円→120円 iPhone/iPad対応)
Deep Dungeons of Doom
攻撃と防御だけのシンプルな操作のバトルアクションRPG。
アイテムやスキルを組み合わせてリスキーに持って行くとスリルある一発バトルが楽しめ、堅実な装備を整えれば安定感でゲームでき…とプレイスタイルの幅もある。
さらに、アイテムを入手してダンジョン内でやりくりしていくローグライクっぽい要素もからまり、飽きない。
昔のPCを意識したドット絵やイラストも素晴らしく、iPhoneで遊べるお手軽ゲームとして文句なしにおすすめだが64bit非対応。
紹介記事:レトロ調ミニゲームにローグライクな楽しさを。『Deep Dungeons of Doom』はハマりすぎる

Joe Dever's Lone Wolf - Complete (itunes 1,480円→600円 iPhone/iPad対応)
Joe Dever's Lone Wolf - Complete
ゲームブックのローンウルフシリーズを1つにまとめ、美しい3Dでシーンを再現したアプリ。
グラフィックはかなり臨場感があり、かなりできは良い。ただし、英語のみ。

魔女の泉 (itunes 360円→240円 iPhone/iPad対応)
魔女の泉
人類に忌み嫌われる魔女になり、人目を避けながら自らを鍛え、自らの運命を切り開くRPG。
100日間の時間で、訓練や冒険、さまざまな素材を使っての魔法作成を行い、その結果でエンディングが変化する。
イベントもゲームも普通に良くできていて、少し変わったRPGを探しているならおすすめ。

Door Kickers (itunes 600円→120円 iPad専用)
Door Kickers
特殊コマンドチームを指揮して、テロリストの潜む建物を制圧するリアルタイム戦術ゲーム。
開始前にチームメンバーの進入経路を決め、再生ボタンで一気に移動して制圧するのでパズルゲームのような遊びが楽しめる。

Tallowmere (itunes 240円→120円 iPhone/iPad対応)
Tallowmere
横スクロールアクション+ハック&スラッシュのローグライクRPG。
見た目は貧相だが、アクションの演出は良く、敵を倒して宝をあさるプレイも楽しい。
最初はとっかかりが掴みづらいかもしれないが、遊べるようになるとかなりハマる。
紹介記事:バランスが悪いから楽しいローグライク『Tallowmere』レビュー。何度もバランス崩壊アイテムを手に入れて、油断しては死のう

Thomas Was Alone (itunes 600円→240円 iPhone/iPad対応)
Thomas Was Alone
異なる特徴の四角のキャラクターを使い分けてゴールに導くジャンプアクション。
四角いキャラクターを操作しているだけなのに、だんだんと愛着がわいてきて、最後にはじわっとくる不思議なゲーム。
英語を読むことに抵抗がなければおすすめ。

Surgeon Simulator (itunes 600円→240円 iPhone/iPad対応)
Surgeon Simulator
手術道具を動かすことすら難しい、手術シミュレーション。
内蔵が吹っ飛び、手術道具が行方不明になるなど、難しさが引き起こすアクシデントを笑って楽しむゲーム。
ゲームの性格上グロテスクな表現があるので、グロが苦手な方は注意。
ジョークゲームが好きな方に。

伝説の道具屋@ボーシム研 (itunes 240円→120円 iPhone/iPad対応)
伝説の道具屋@ボーシム研
ドラクエ4のトルネコのお店経営に仕入れやバトルを追加した感じの道具屋経営RPG。 商品を作ったり素材を集める要素があるだけでなく、結婚して子供を作ったり傭兵を雇って強盗と戦ったりできる。 客とのやりとりもイベントとして楽しめて面白い。 十字キーの操作性が少し悪いが、この雰囲気がドラクエ4のトルネコの商売が好きだった人におすすめ。

Tiny Bubbles™ (itunes 600円→480円 iPhone/iPad対応)
Tiny Bubbles™
泡に色をつけ、同じ色の泡を4つ並べて消すマッチパズルの一種。
ただし、泡が物理演算されており、消えるときの音も含めて消える瞬間の触感や音がとても気持ちいい。
先に進むと色を調合したり、はさみで泡を割るなどどんどん新しいギミックも登場する。
おもちゃ感覚で遊べる良いゲーム。

Warp Shift (itunes 600円→360円 iPhone/iPad対応)
screen696x696
複雑に区切られた部屋を動かし、通路を作って主人公をゴールに導くパズルゲーム。
往年の人気パズル『The Mansion』をスマホに再現したような内容で、雰囲気とパズルともに良い感じ。

The Ancients AR (itunes 840円→360円 iPhone/iPad対応)
ss4
艦隊を操作して敵艦隊を殲滅し、エネルギーが貯まるたび大魔神を呼び出して戦うリアルタイム対戦戦術ゲーム。
ラインドロー操作で艦隊を移動させると、自動で射程内に入った敵を攻撃し始める。
また、船によって異なるスキルがあり、これを上手く利用して敵を殲滅したり攻撃を避けたりする要素もあり、結構本格的な作りになっている。
日本語にも対応しているし、力は入っている。ARと書いてあるが、ARなしでも遊べる。

レイトン教授と不思議な町 EXHD for スマートフォン (itunes 1,200円→960円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
img_slider01
人気謎解きゲーム『レイトン』シリーズの第1作の移植版。
本作は単なる移植ではなく、スマホの画面に合わせて高画質化を果たし、未収録のアニメシーンも収録したもの。ただし、謎は同じ模様。
どこか憂鬱な空気感と、不思議な町の描写がマッチしており、謎もカトリーエイルより納得感あり。この価格なら十分楽しめるはず。

Forgotten Memories: Alternate Realities (itunes 600円→120円 iPhone/iPad対応)
Forgotten Memories: Alternate Realities
懐中電灯の明かりだけで廃病院を探索し、囚われた少女を探すホラーアドベンチャーゲーム。
グラフィックがリアルなだけでなく、不気味なマネキンが散乱する院内のビジュアルは狂気を感じるほど。
オーソドックスなシステムだが、歩いているだけでも怖い。
iOSでも最高のホラーゲームの1つ。
紹介記事:光と影、リアリティの産む恐ろしさ。Forgotten Memories : Alternate Realitiesレビュー

  • コメント(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント