RSS

記事一覧

バランスが悪いから楽しいローグライク『Tallowmere』レビュー。何度もバランス崩壊アイテムを手に入れて、油断しては死のう。

asaIMG_2302
ランダム生成でアイテムや敵が配置されるローグライクゲームの魅力の1つに、序盤で強力なアイテムを手に入れたときの高揚感がある。
「ダンジョンの1階にドラゴンキラーがあったのでガンガン進んだら死んだ」とか「祭壇で祈ったら一発でエクスカリバーもらえてガシガシ進んだら死んだ」とか。

タロミア姫が趣味で制作した勇者用ダンジョンに挑むアクションRPG『Tallowmere(タロミア)』では、そんな楽しさを何度も味わうことができる。
本作の特徴は、バランスが悪いことだ。毎プレイ何かしらのバランスブレイカーアイテムが登場し、プレイヤーに無双感(と、油断して死ぬ体験)を与えてくれるのだ。
本作のアプリは昔から存在していたが、Nintendo Switch版発売に合わせて日本語にも対応した。ズバリ、今が買い時である。

本作は横スクロールアクションにランダム生成要素、お宝ハント要素を入れ込んだローグライクアクションRPGだ。
アクション操作はとてもシンプルで、左右キーに加えてジャンプと攻撃、シールドの上げ下げの3ボタンのみ。
asaIMG_2077
▲タッチボタン操作に癖があり、慣れるまで操作しづらいかも。MFiコントローラーに対応しているので、コントローラーを持っているなら初めからコントローラーで遊ぶのがいいだろう。

ジャンプは空中で押すとさらにジャンプを繰り返し、制限なく高く飛べる快適さ。
ただし、ダンジョン内には毒ガスやらトゲやらのトラップが無数に配置されているので、適当にプレイするとすぐ死ぬ。
asaIMG_2310
▲どんな高いところもジャンプ連打で行ける!まあ、ジャンプしていても敵は容赦なく攻撃してくるし、トラップも反応するけど。

また、タロミア姫の用意した敵はダンジョン以上に凶悪で、数秒動けなくなるホーミング弾(そして数秒動けなければ死ぬ可能性大)を撃つ雑魚、360度が攻撃範囲のモーニングスター兵などが登場し、プレイヤーを殺しにかかる。
ただし、本作はシールドを構えると前面の攻撃はほぼノーダメージになるので、即死急に強い攻撃をかいくぐりつつ、攻撃を当てていく展開が続く。
asaIMG_2312
▲盾を構えると移動力が落ちるが、前面の攻撃はほぼすべてブロック。

だが、特定の装備アイテムがドロップした瞬間にゲームはがらりと変わる。
連打するだけ弾が出るロケットランチャー、1回当てればあとは敵が死ぬまで持続ダメージを与えられる火炎放射器、連打していると自動でワープしながら敵を切る刀など、とった瞬間にゲームバランスが崩壊する武器が大量に用意されているのだ。
初期装備の斧は地味だが、強力な武器種を入手するとガンガンゲームが進む。
asaIMG_2081
▲バランスブレイカー、火炎放射器。1回当てるだけで敵は死ぬまで継続ダメージ。ボスですら1回攻撃を当てて、待ってれば死ぬ。鬼か。

さらに、本作のアイテムには7段階のレアリティがあり、序盤でも高レアアイテムがショップや宝箱から出ることがある。
レアアイテムにはランダムに能力が付加されており、これまたバランスブレイカー。
「HP自動回復」などがついていると常にHP全快ってほど回復するし、武器によっては攻撃力アップしているだけで敵がバタバタ倒れていく。
asaIMG_2078
▲レア防具は特定の武器ダメージを増加させることが多い。たまに最初の部屋に最高レアが落ちていたりしてビビる。

で、そんなぶっ壊れ装備に対応すべく敵もどんどん進化していき、麻痺攻撃で永遠に麻痺させるとか、引き寄せ攻撃で敵の群れに放り込んで瞬殺するなどのパターンでプレイヤーを殺しにくる。
後半は「ガンガン進めるのに、気を抜くと死ぬ」展開になり、なかなかスリリングだ。
死んだら最初からコンテニュー要素なしにやり直しだが、毎プレイ何かしら面白いアイテムが登場するので、リプレイは楽しい。

レベルアップにもランダム性はある。敵を倒してスピリッツを貯め、邪神像に捧げるとレベルアップするのだが、ときおり異常に攻撃力が増加したり、特定の耐性が大量に上がることがあり、これまたゲーム展開が変わる。
asaIMG_2087
▲いくつかイベントもあり、ボスが登場することも。上図のヒドラはロケットランチャーがないと結構つらいが、ロケットランチャーがあれば雑魚という極端さ。

何気に世界観もシュールで、地味にイベントのテキストや展開がユニークなのも特徴だ。イベント数は少ないが、どれも楽しめることだろう。
asaIMG_2317

プレイ時間は制限付きで遊ぶチャレンジモードなどを考えると膨大だが、敵やアイテム、イベントの種類が少なめなので10時間弱程度が普通に遊ぶ限度だろうか。ただ、価格を考えても十分すぎるほど遊べる。
毎プレイ異なる能力が手に入り、毎プレイ何かしらの形でバランスが崩れて面白い。
アクションローグライク『タロミア』で、ぜひそんな体験を楽しんで欲しい。

最後に各機種の差だが、PCやゲーム機版は最大4人での協力プレイをサポートしており、スマホ版は協力プレイにコントローラー必須で2人までしか遊べないというのが制限になっている。
とはいえ、1人でプレイしても十分面白いので、ぜひ試してみて欲しい。

評価:7(要チェック)

おすすめポイント

シンプルだが防御がカギとなるアクション
偶然手に入れた装備でガンガン進むのが楽しい

気になるポイント
タッチ操作には癖アリ
もう少し装備のバリエーションは欲しかった

アプリリンク:
Tallowmere (itunes 240円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay / Steam)
開発:Chris McFarland(ニュージーランド)

レビュー時バージョン:350.6
課金:なし
公式ページ:https://www.tallowmere.com/
ライター:ゲームキャスト トシ

動画:

 コメント一覧 (8)

    • 1. うん
    • 2018年02月19日 21:25
    • このゲームをローグライクといってしまうところに疑問。Rogueliteが正解。
    • 2. ローグライク警察
    • 2018年02月19日 22:09
    • Tallowmereは途中まではランダム成長や武器によって立ち回りが多少変わるし、広ーい意味のローグライク、というのは分かるけどね。

      メーカーが売りたいがために、Steamはもうローグライク=ランダム要素のあるゲームになってる。これじゃ将棋とかオセロ以外全部そうなっちゃう。ユーザー側で自衛が必要かと思います。

      ちなみに火炎が消えないバグはiOS版にはまだ残ってるんでしょうか。公式サイトでは、2014年頃に直したことになってましたが。
    • 3. 名無し
    • 2018年02月19日 22:23
    • タッチ操作でも問題なく出来る?
    • 4. 管理人
    • 2018年02月19日 22:27
    • ▼ローグライク警察さん
      火災が消えないバグは健在です。それも含めてゲームの一部かと思っていました。
      火炎放射器を手に入れたときなど、「え、この世にこんな武器があっていいのか?」と思いましたが、ロケットランチャーでヒドラをぶち殺せたので「こんなもんか」とも思っていました。
      ランダム生成のステージや選択肢などで、毎回展開が変われば私は広義のローグライクとして認めていますね……。

      ▼名無しさん
      私はできました。しかし、慣れるまで30分ぐらいかかったので、コントローラー推奨ですね。
    • 5. もう寝よう
    • 2018年02月19日 23:08
    • そもそもローグライクの定義なんて決まってるんですかね。明確な定義がないなら用語増やして使い分ける事にさして意味はないような。
    • 6.  
    • 2018年02月20日 15:02
    • 自分も数年前買ってボスに火炎一回当てdotで倒せてた気がするけど、日本語化してから改めて遊んでみて、空飛んでる武器強制チェンジ弾撃ってくるボスと三つ首ヒドラに火炎死ぬまでdotはムリでしたよ。ザコと大型ザコには行けるけど。
    • 7. 通りすがり
    • 2018年02月20日 16:55
    • どうでもいいけど日本語対応セールなのか改訂なのか120円になってましたので報告だけ
    • 8. むむ
    • 2018年02月24日 14:42
    • Switchで買いなおしたけど最高に楽しい!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント