RSS

記事一覧

2018年5月にゲームキャストがレビューしたゲーム全11本一覧

2018年5月にゲームキャストで紹介したゲーム一覧。評価の高い(同じ評価だと最近レビューした順)順。ただし、なんか画像が『ダンジョンメーカー』だらけになって飽きたので、それだけ最後に。

WonderBlocks (itunes 480円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)wonder
パズル&バトルの基本無料ゲームとして始まり、サービス終了から2年、なんと買い切りゲームとして蘇った奇跡の作品。
画面中央の盤面にパネルをはめていき、隙間なく詰め込んでいくほどに有利になるパズルバトルゲーム。ガチャがゲーム内通貨で回せるようになって(しかも全キャラ手に入りやすいボックスガチャ)、育成も簡単になり、パズルゲームとして純粋に楽しみやすくなった。
しかも、メニュー画面などが完全に作り直されて、無料版よりはるかに豪華&仕掛けたっぷりに。さらに新作ミニゲームまで追加されて原作以上に面白い状態。復活して良かった。
ソシャゲを有料で復活させたら驚くほど面白くなった『ワンダーブロック』レビュー。確かなパズルと隠し要素だらけの立体絵本世界が君を待つ




クロンとゼリー (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
kuron-7
食いしん坊猫のクロンが、ゼリーの島をストローで吸って食べるコミカルなパズルゲーム。
ぷるんぷるんのゼリーの島は食べ物であると同時に、クロンの足場でもある。ゼリーはたくさん食べたい。しかし、食べ過ぎると足場がなくなっておぼれてしまう。
そんなわけで、ゼリーの強度、重さ、傾きを計算して限界まで食べる知的な食いしん坊パズルになっている。グラフィックもいいし、ゲームも面白いしで文句の付け所がない良作。
評価7にしたけど、7.5ぐらいの心づもり。
ゼリーでできた島を、限界まで食べて、猫の生きる場所も残して! 食いしん坊物理パズル『クロンとゼリー』レビュー

Alleys - 路地探索 (itunes 600円 iPhone/iPad対応)
alleys-2
英国の路地をイメージしたテーマパークを脱出するインディーゲームで、台湾の開発者が1人で6年もかけて製作した作品。
脱出までの決まった順路はなく、好きなように世界を探索し、すべての謎を解かなくてもゲームをクリアできる新感覚脱出ゲーム。
謎でイライラすることなく、好きに見て回ってクリアする体験が楽しい。謎を詰め込んだ脱出ゲームに対する新しい流れになるかも。好き。これもまた評価7.5枠。

テラセネ (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
terasecr-1
悪魔の館から逃げ出した少女のゆく道を照らし、追っ手の悪魔を退ける“見守りディフェンスゲーム”。
1ステージ3分程度の程度の短いアクションとして楽しめるが、何よりも夜にピアノが響く静かな世界観、繊細で優しいイラストで描かれる演劇風な演出の物語が良い。
ゲームは少し難しすぎる嫌いはあるが、操作は簡単なのでアイテムごり押しで進むべし。
『テラセネ それでも君を照らしたい』レビュー。静かな夜、少女の行方を見守る切ない演劇系ディフェンスゲーム

Diggerman (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
digger01
時間が限られている中でプレイヤーが瞬間的に正しい道を選び「忙しく掘り進む楽しさ」に集中した高速穴掘りアクション。
左右のタップで掘る方向を決めて進むだけだが、常に時間制限ギリギリの戦いになるため「必死に遊んでいる感」がとても高い。必死に掘って、集中して、限界で「ああ…死ぬ」という緊張感がたまらなく楽しい1作。
『Mr.ドリラー』の終盤だけ遊んでいる感。

ミスキャンファンタジア (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
aaa-1
怪しすぎる中国製の恋愛ゲーム。
ヒロイン名が珍子。そして声優は片言の日本語でしゃべり、メッセージテキスト通りには一言もしゃべらない。なぜかバトルでは攻撃した側のキャラが次々と脱いでいく(ダメージ受けた側が脱ぐならまだわかるのに)。

Faraway 3 (itunes 体験無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
far03
簡単系脱出ゲーム。

私、猫で飛びます。 (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
nekode-9
アップデートでバランスが良くなったので評価を上方修正。
茄子に乗った(iOS版は猫)少女が悪霊に茄子を投げつけて払うインフレ系連打シューティング。
爽快感もあるし、ストーリーのネタもやたらにギリギリで楽しい。
『私、茄子で飛びます。』レビュー。これがエロく見えたら病気ですね、間違いなく

モンスターカンパニー (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
uni
懐かしのポチポチ系ソーシャルゲームのテンポを速くして、放置で資源(ガチャチケットやスタミナ)がたまるようにして、ストーリーを付けたような無料ゲーム(なお、ガチャ課金はない)。
貯めた資源を上手に使ってゲーム進行を早くしていく「裏技見つけた」的な爽快感が楽しい。
無料でも、裏技のためにガチャ引いていると楽しかった。

ダンジョンメーカー (itunes 360円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
dunr-1
時間というのは、溶けるもの。
魔王となってダンジョンにモンスターと罠を配置し、勇者を迎撃するライト戦術ゲーム『ダンジョンメーカー』はまさに“時間を溶かすゲーム”だ。
美少女モンスターのドット絵が可愛くて手を出してみると……そこにあるのはランダム報酬をやりくりして理想のダンジョンを作る“運コントロール”が楽しい絶妙な戦術ゲーム。ある程度思い通りになるのに、完全に上手くはいかない。
「あと一回やれば上手くいくかも」と、『不思議のダンジョン』や『パワプロ』の育成モードに近いノリで時間が溶けていく、楽しさの沼だ。


なお、過去にレビューした者はこちらからどうぞ。
2018年3月にゲームキャストがレビューしたゲーム一覧。全21本
  • コメント(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント