RSS

記事一覧

好きな場所を好きな順番で探索し、謎を放置してもクリアできる新しい脱出ゲーム『Alleys - 路地探索』レビュー。英国の路地を思う存分散歩して、ストレスなく脱出しよう

alleys-9
脱出ゲームで謎が解けなかったり、細かい何かを見落として同じ画面を見るストレスを抱えたことはないだろうか?
『Alleys 路地探索』は、そういったストレスと無縁の新しい脱出ゲームの可能性を示している。なんと、本作には脱出までの決まった順路はなく、プレイヤーは好きなように世界を探索し、すべての謎を解かなくてもゲームをクリアできてしまうのだ。
しかも台湾の開発者が1人で、6年の歳月をかけて作ったという英国風テーマパークは見るだけでも楽しめる3D映像になっており、単なる謎を解く脱出ゲームとは一線を画す“インディーゲーム”である。

本作でまず目を引くのは、その寂れた空気の映像だろう。
ゲームのタイトルから錆びた看板であるし……。alleys-1

実際にプレイヤーが目にする者もゲームを始めても、そこにあるのは“美しい英国の街”ではなく、雑然とした英国風の路地。
同じく3D映像の脱出ゲームとして有名な『The Room』がファンタジックな世界を描写しているのに対して、『Alleys - 路地探索』の景観には現実的な説得力が存在する。
alleys-2
▲こんな路地、どこかにありそう。

ファンタジックな映像の中を歩くのも面白いが、現実的な場所を歩く(と言っても、やはり英国風の路地には物珍しさもある)のも十分に楽しい。
また、日常を感じる場所に人が見当たらない違和感も大きく、いつも人でごった返している場所に人がいない……そんな非日常を感じる面白さもある。
alleys-9

で、そのゲーム内容はと言うと「謎解き脱出ゲーム」と「散歩ゲーム」の中間に位置する面白いモノになっている。
基本の操作は『The Room』などと同じ脱出ゲーム。
プレイヤーは360度グルグルと視点を変えて自由に周囲を見て回ることができ、気になる場所をタッチして、そこが移動できるポイントなら移動し、調べられる場所なら何らかのメッセージが出る。
alleys-3

ところが、本作には脱出ゲームのような決まった順路がない。
街はたくさんのドアや宝箱が配置されて区切られているのだが、どれも街中に大量に隠されている“鍵”を見つけ、この鍵を消費すれば開けられる。
alleys-14

“金の鍵”やら“鉄格子の鍵”のように特定の場所に1対1で対応した解除アイテムである“ツールカード”というものも存在するが、基本的には鍵を手に入れたらプレイヤーは好きなドアを開けて、好きな道を進めるのだ。
alleys-6

鍵は格子の間とかバケツの中などに隠されているのでそれなりに探す必要があるが、ゲーム進行に必要な量よりも多めに隠されているので、中盤以降はすべてを見つけなくてもゲームは進む。
alleys-5
▲画面中央の青いアイテムが鍵。

シナリオ的に整合性が必要な場所は“チェックポイント”にチェックインした回数に応じて解放されるが、このチェックポイントもゲームクリアに必要な数よりかなり多く配置されている。
alleys-4
▲方々に存在するチェックポイント。

そのため、いくつかのアイテムやチェックポイントを見落としてもゲームは進むし、気ままに進めばいいから次に行くべき場所に迷うことも少ない。
これにより、本作は「謎解き」ではなく、散歩をしながら探し物をするようなゲームになっている。
alleys-10

多くの脱出ゲームには順路が存在し、1つでも謎が解明できなければ進行が止まり、解答を検索したり、長い時間をかけて調べまくるストレスがある。
もしくは、どんな場所でも徹底的に調べてから移動する面倒さがある。
しかし、『Alleys - 路地探索』はプレイヤーをそういったストレスから解放し、ゲームの世界観を楽しませる脱出ゲームとなっていた。
alleysc-1

もちろん、最終的にはほぼ全域を歩き回ることになるし、攻略ルートが存在する謎である“目標”も存在する。
だが、アイテムの位置が見えるヒントモードもあるし、特別なイベントに関しては“目標”リストを確認して解決できるので、謎に対して気をはったり、詰まることを恐れる必要はまったくなかった。
alleys-11
▲ヒントの前の記号が、地図に示される場所に対応しているため、謎もすぐ解ける。

私はRPGでダンジョンのアイテムを取り逃してないか調べ、アドベンチャーでも2度手間が発生しないように完全に探索してから次の場所に移動するタイプのプレイヤーだ。
そういった行為は最終的に時間短縮になる効率プレイなのだが、常に気をはって遊ぶような堅苦しさがある。
しかし、『Alleys - 路地探索』では適当に調べ、好きな道を選び、自由気ままに遊ぶ楽しさを感じることができた。多くの脱出ゲームは1度クリアしたら2度と起動しないが、このゲームに関してはまた起動して、この世界をぷらっと歩き回って遊んでみたいな、と思う。

近年、“ウォーキングシミュレーター”という散歩系ゲームが出てきているが、単なる散歩では物足りない。しかし、ガチガチのアドベンチャーのように窮屈にプレイしたいわけでもない。
『Alleys - 路地探索』はそんな贅沢な要望を満たす新しい脱出ゲームだ。いわゆる雰囲気ゲー、観光ゲーが好きな方も、緩い謎解きゲームや探し物ゲームが好きな方も、ぜひ1度試してみて欲しい。

評価:7(要チェック)

おすすめポイント

英国の路地を模した風景
思うままに移動して探索できる自由さ

気になるポイント
少し説明が分かりづらい箇所もある
コレクションアイテムなどを探す要素ぐらい有っても良かったかも。

アプリリンク:
Alleys - 路地探索 (itunes 600円 iPhone/iPad対応)

開発:THEMEr(台湾)
レビュー時バージョン:1.0
課金:なし
公式ページ:https://www.alleys.tw/
ライター:ゲームキャスト トシ

動画:

  • コメント(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント