RSS

記事一覧

終末を迎えた異世界を理由もなく旅するゲーム『Stela』。『INSIDE』系を遊びたいときに選ぶ1本

stelac-1
終焉を迎える古代世界のなかを、目的もわからぬまま駆け抜ける神秘の旅。
ゲーム終了まではおよそ2時間。
印象的な謎の世界を、短時間で味あわせるゲームカナダのSkyBox Labsが開発した『Stela』だ。
左右移動とジャンプがメインのシンプルな内容ながら、優れた映像表現で人間が消えた終焉の世界を見せ、冒険を楽しませるアクションアドベンチャーとして完成されており、PLAYDEADの名作『INSIDE』に強く影響を受けた……というより「独自にINSIDE系ゲームを作ろう」という意図が見て取れる1作である。

マイネット、セガが開発した『リボルバーズエイト』を12月26日14時サービス終了と発表。1年弱のサービスに終止符

unnamed
マイネットゲームスは、『リボルバーズエイト』のサービスを12月26日14:00で終了することを発表した。
ゲーム自体は間違いなく面白かったが、やはり先行している『クラロワ』が圧倒的に強いうえ、日本向けのキャラクターデザインではワールドワイドで売るの厳しかったのだろう。

リリースが2019年1月22日なので、約11カ月での終了となる。
ゲーム内通貨・課金アイテムは2019年10月25日17:30に販売を停止することが発表されているが、終了まで楽しめるようにイベントが用意されていることはリボハチ感謝祭 開催のお知らせで別途伝えられている。
メインストーリーが気になる内容だっただけに、物語が完結してくれると嬉しいのだが……このあたりは、今後の発表に希望を託したい。

関連リンク:
【重要】サービス終了のお知らせ |【新作】リボルバーズエイト(リボハチ)公式サイト|SEGA

セガ社員とセガの歴史を振り返る、『ドラゴン&コロニーズ』が移植の大リニューアルなど - ゲームニュース

復帰。しばらくは停止していた間のゲームを見ていく感じになりそう。


TRPGからRPGへ、さらにFPS、MMOから現代に。激動のゲーム史を記した『ダンジョンズ&ドリーマーズ』第2版が11月11日に発売決定

消えた往年の名作を復刻し、定額遊び放題で提供する『Game Club』がサービス開始。旧作はHD化・操作性向上などの近代化も実施

アクション重視のMMORPG『ブレイドアンドソウル レボリューション』サービス開始。 [AD]

2013年に登場したゼルダ系アクション『オーシャンホーン』iOS版がアップデートでグラフィック強化。さらに半額セールも実施

10月23日のApple Arcade新作感想。無限にループする回廊を、重力を操って移動する『Mainfold Garden』の世界観が圧倒的

レベル5×稲船さんのコラボゲーム『ドラゴン&コロニーズ』大規模のリニューアル完了。ゲームはファンタジー建国記から、近未来e-Sport対戦物語へ世界観・ストーリーを完全チェンジ

レベル5×稲船さんのコラボゲーム『ドラゴン&コロニーズ』大規模のリニューアル完了。ゲームはファンタジー建国記から、近未来e-Sport対戦物語へ世界観・ストーリーを完全チェンジ

ドラゴン&コロニーズ (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
01
サイコロ型の小さな国を作る対戦ゲーム『ドラゴン×コロニーズ』が2019年8月27日から始まった大規模改修を終え、大幅リニューアルを行った。
本作は元カプコンの稲船さん率いるcomceptとレベル5の共同作品で、3×3マスの面を持った立方体にユニットを配置し、立方体の要塞国家を作り上げるゲーム……だった。
が、今回の大規模改修により、世界観もストーリーも、キャラクターも、そしてシステムも大きく変化が入り、たった2か月でアプリは別物になった。
近年まれに見る大規模な変更に驚くばかり。それでは、その中でも印象的なものを紹介していこう。

ローグライク・メックシューター『サイバースカッド』リリース。無限に筋肉が肥大する『マッチョGoGoGo』開発元の渾身の新作

CYBER SQUAD (itunes 無料 / GooglePlay)
cyber-1
無限に筋肉が肥大する『マッチョGoGoGo』を産み落としたクアッドアローから、新たな作品がリリースされた。
謎の敵勢力に制圧された仮想空間を奪回するため、メック(戦闘向けアバター)に乗ってタワー最上階を目指す『CYBER SQUAD(サイバースカッド)』だ。
本作はランダム生成のダンジョン=ローグライク要素と、ロボットに乗って敵を撃つ=シューター要素が合体した作品で、ジャンルは“ローグライク・メックシューター”とされている。

消えた往年の名作を復刻し、定額遊び放題で提供する『Game Club』がサービス開始。旧作はHD化・操作性向上などの近代化も実施

GameClub - a new way to play! (itunes 無料 iPhone/iPad対応)
01
Appleの定額ゲーム遊び放題サービス“Apple Arcade”に続き、App Storeに新たな大型定額ゲーム遊び放題サービス“Game Club”がやってきた。
Game Clubは、OSアップデートなどの環境変化で遊べなくなった過去の名作ゲームをメンテナンスし、プレイヤーに提供するサービス。
Apple Arcadeが新作ゲームを扱うのに対して、Game Clubは過去を掘り返すものであり、同じゲーム遊び放題のサービスでも対照的な存在だ。
価格は1ヵ月600円。初月は1ヵ月無料トライアル可能で、Apple Arcadeと同価格となっている。

アクション重視のMMORPG『ブレイドアンドソウル レボリューション』サービス開始。 [AD]

ブレイドアンドソウル レボリューション (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)

PCのアクション性が高いMMORPGとして話題になった『ブレイドアンドソウル』。
そのスマホ向け作品としてネットマーブルが送る新作、『ブレイドアンドソウル レボリューション』がiOS/Android向けにサービス開始となった。
ネットマーブルが得意とする美しいグラフィックはもちろんだが、原作の特徴を受け継ぎ、既存のスマホMMORPGよりもアクションに寄せた作りになっているという。

2013年に登場したゼルダ系アクション『オーシャンホーン』iOS版がアップデートでグラフィック強化。さらに半額セールも実施

oceanhorn-1
スーパーファミコン時代の『ゼルダの伝説』の遊びをよみがえらせるべく作られ、その品質の高さから各所で絶賛されたアクションRPG『オーシャンホーン』。
そのiOS版がアップデートされ、最新端末に合わせてグラフィック強化が行われた。
すでに続編の『オーシャンホーン2』がApple Arcadeでリリースされているが、ウルトラグラフィックモード追加を始めとして2013年からずっとアップデートされてきた本作は十分な見た目を備えているし、面白さに関しては円熟の域に達している。
10月中は続編発売記念で半額セール中なので、まだ遊んだことがなければこの機会に遊んでみて欲しい。
つくりの丁寧さまで含めて、かなり『ゼルダ』な手ごたえを感じられるはずだ。

アプリリンク:
オーシャンホーン (itunes 980円→490円 iPhone/iPad対応)

関連リンク:
オーシャンホーン攻略

10月23日のApple Arcade新作感想。無限にループする回廊を、重力を操って移動する『Mainfold Garden』の世界観が圧倒的

01
Apple Arcade10月11日、18日に追加された新作の感想。
無限にループする回廊を、重力を操りながら移動する『Mainfold Garden』、かの名作『インサイド』をほうふつとさせる『Stela』、カーマゲドン開発元によるバトルカーアクション『ShockRods』など9作。

SIE、次世代機『プレイステーション5』を正式発表。発売は2020年末予定

01
SIEは、公式ブログにおいて次世代機の名称が『プレイステーション 5』(PS5)であること、そして発売は2020年の年末商戦期に予定していることを発表した。
これまでもPS5についてはレイトレーシング対応、特別なSSDによる高速化、音響専用カスタムチップによって「自分が世界の中心にいるかのように音を聴ける」などと発表されていたが、今回は「没入感をさらなる高みへ導くこと」ためコントローラーが変わることが合わせて告知された。

HAL研究所、『歩数で勝負!!カメさんぽ』をiOS/Android向けにリリース。歩いた歩数が遊びになるゲーム

歩数で勝負!!カメさんぽ (itunes 無料 / GooglePlay)

『星のカービィ』などで知られるHAL研究所より、『はたらくUFO』に続くスマホ向けの新作『歩数で勝負!!カメさんぽ』がリリースされた。
本作はスマホにインストールして、アプリ内のカメと歩いた歩数を競うアプリ。
基本的には毎日歩いて、その日の歩数でカメと競い、さまざまなカメと出会っていくものとなる。
とにかく遊ぶゲーム、スマホをつけていない時間をゲームにする放置ゲーときて、今度はプレイしていなくても歩いた歩数がゲームになる歩数ゲー。
人類は、すべてをゲームにしてしまうのか……!

いずれにせよ、HAL研究所のゲームとあれば少しやってみる価値はありそう。歩数という単純な要素にどんな仕掛けが盛り込まれているのか、楽しみだ。

『ウルティマオンライン』元リードデザイナーがオンラインゲームサービス、App Storeで強制的にゲームを排除する妨害事件が発生か - ゲームニュース

『Call of Duty®: Mobile』サービス開始。歴代スマホCoDの中でも指折りの完成度

10月7日のApple Arcade新作感想。Hitpointの『NIGHTMARE FARM』、Amanita Design『Pigrims』など4作
似たようなことを一時期、中国系の身元がわかりづらい企業がやっていたなぁ……。

面白い。

10月7日のApple Arcade新作感想。Hitpointの『NIGHTMARE FARM』、Amanita Design『Pigrims』など4作

aacrrf-1
Apple Arcade10月の新作は、Amanita Design『Pigrims』、『旅かえる』、『ねこあつめ』でヒットを飛ばした日本メーカーHitpointの『NIGHTMARE FARM』まで個性豊か。
すべて日本語に対応しているので、安心してプレイして欲しい。

『Call of Duty®: Mobile』サービス開始。歴代スマホCoDの中でも指折りの完成度

Call of Duty®: Mobile (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
aacrr-3
久々にやってきたスマホ向け『Call of Duty』。
中国テンセントとActivisionが共同で開発したスマホ向けのFPS『Call of Duty®: Mobile』がApp StoreとGoogle Playにてサービス開始となった。
少し試してみたのだが、本作は基本無料ではあるが過去のスマホ『Call of Duty』の中で最も品質が高く、面白いとすぐ断言できる完成度になっていた。

東方シリーズ公認二次創作ボードゲーム『東方キャノンボール』がAppStore/GooglePlayで予約受付開始。リリース日の表示は10月31日

東方キャノンボール (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss5
東方Project公認二次創作作品、『東方キャノンボール』がApp Store/GooglePlayでの予約受付を開始した。
リリース予定日は10月31日。
『東方キャノンボール』は、サイコロを振って盤面を移動し、CB(キャノンボール)というお金を集めたものが勝利となるボードゲームだ。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント