RSS

記事一覧

ゾイドの対戦ゲーム、オープンワールド海洋RPGリリース、水彩動物探しゲーUnder Leavesがかわいい - 昨日のゲームニュースまとめ

シンプルかわいいローグライク、『Microgue』が120円セール開始 - 4月19日の値下げゲーム

水彩画の世界で動物の餌を探す優しいゲーム『Under Leaves』、4月27日リリース
mopicon
この絵がいい。

ゾイド×対戦ゲーム『ZOIDS FIELD OF REBELLION』、ケムコの基本無料RPG『ドラゴンラピス』 - 新作ゲーム速報4月19日版

オープンワールド海洋RPG『Tempest: Pirate Action RPG』リリース。船団を率いて戦い、交易しよう
今のところ、少し期待外れかな…。時間をかけてやってみるつもり。

シンプルかわいいローグライク、『Microgue』が120円セール開始 - 4月19日の値下げゲーム

『Microgue』は、すっきりまとまったパズルローグライクなので、暇つぶし系だったらおすすめ。
見た目もかなり良い。

※価格は記事執筆時のものなので、購入時はAppStoreで改めて確認してください。

注目のゲーム
Microgue (itunes 240円→120円 iPhone/iPad対応)
Microgue
自動生成されるステージを進むターン制のローグライクパズル。
狭いフロアを移動し、敵のターン時に体当たりされてしまえばゲームオーバー。
階段まで移動できれば次のステージに進める。
シンプルながら詰め将棋を連続で遊ぶような面白さあり。

水彩画の世界で動物の餌を探す優しいゲーム『Under Leaves』、4月27日リリース

mop01-UnderLeaves1_1920x1080
ふむ、癒し系ゲームを探しているのか。それならば4月27日にiOSとSteamでリリースされる『Under Leaves(落ち葉の下で)』はどうだろうか。
本作は、大自然の中で動物の餌を探す探し物ゲームだ。
ゲーム自体は枯れたシステムを採用しているが、水彩で描かれたビジュアルは懐かしさと暖かさに満ちている。
殺伐としたゲームも楽しい。しかし、寝る前なら穏やかにこんなゲームで遊ぶのも悪くない。

ゾイド×対戦ゲーム『ZOIDS FIELD OF REBELLION』、ケムコの基本無料RPG『ドラゴンラピス』 - 新作ゲーム速報4月19日版

その日の新作ゲームをまとめて素早くお届けする新作ゲーム速報。
良かったゲームや注目作は整理して週末に一覧を出すので、内容を見てDLしたい方は週末を待ってほしい。

ZOIDS FIELD OF REBELLION (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
sc552x414
ゾイドのリアルタイム戦術バトルゲーム。いわゆるMOBA。
対戦ゲームとしてのシステムはMOBAだが、サブパイロットや兵器強化などの要素があり、結構課金が目立つ。
本格対戦ゲームと言うよりも、ゾイドをカスタマイズして対戦できるゲームという感じ。

オープンワールド海洋RPG『Tempest: Pirate Action RPG』リリース。船団を率いて戦い、交易しよう

screen520x924
オープンワールド海洋RPG『TEMPEST』のスマホ版がβテストを経てついにリリースされた。
本作は広い海で海賊船団を指揮し、交易して資金を稼ぎ、さまざまな勢力と戦い、ときに海に生息する巨大生物を狩るゲーム。すでにPC版は5万本以上を売り上げており、Steamの評価は「ほぼ好評」。
見ての通り、グラフィックは十分すぎるほど美しい。

戦場シミュレーター『カオスセンチュリオン』の空気が良かった。『えきっと!』4月28日リリース - 昨日のゲームニュースまとめ


機械と血と汗の戦場を描く『カオスセンチュリオン』リリース。FF11の世界観を手がけた岩尾賢一さんとディシディアFFのメインプログラマーの新作
sc552x414

GBAウォーズ系SLG『Warbits』初の240円、ソリティアRPG『Solitairica』半額 - 4月18日の値下げゲーム

科学に必要なのは、政治力。『PRINCIPIA: Master of Science』、スマホ版が4月末リリース

理想の駅を作って人の流れを観察しよう。駅経営ゲーム『えきっと!』4月28日リリース

GBAウォーズ系SLG『Warbits』初の240円、ソリティアRPG『Solitairica』半額 - 4月18日の値下げゲーム

『Warbits』は手を出しても損なし。良い感じで日本語もいらないGBAウォーズ系のゲームとなっている。

※価格は記事執筆時のものなので、購入時はAppStoreで改めて確認してください。

注目のゲーム
Warbits (itunes 480円→240円 iPhone/iPad対応)
Warbits
GBAウォーズ的なシステムを採用したターン制戦術ゲーム。
キャンペーンモードだけで十分ボリュームがあって楽しめるが、オンライン対戦もあり。
操作も軽快で楽しい。
戦術ゲームが好きなら持っておきたい1本。

科学に必要なのは、政治力。『PRINCIPIA: Master of Science』、スマホ版が4月末リリース

prin
17世紀を生きた科学者になり、発明で名を成す科学者シミュレーション『PRINCIPIA: Master of Science』がスマホにやってくる。
本作は史実に沿ったリアルな科学者模様を描くことを特徴としており、今でこそ偉人扱いの科学者たちも、当時は苦労したことがよくわかるゲームだ。
研究には金が必要だし、研究の成果を論文として発表しても政治的な駆け引きで説自体が闇に葬られてしまうこともある。頭脳は前提条件で、とにもかくにも金と政治力。
そんな、厳しい17世紀の科学者の世界を味わうゲームになっている。

理想の駅を作って人の流れを観察しよう。駅経営ゲーム『えきっと!』4月28日リリース

WS000131
本ブログでたびたび紹介している駅経営ゲーム、『えきっと!』のリリース日が4月28日に決定した。
本作には2つの楽しみがある。
1つは無人改札、仮設トイレの寂しい駅から始まり、運賃収入などでだんだんと駅を拡大し、最後にはメカニカルで巨大な駅まで育てる駅づくりゲームの楽しさ。
もう1つは、朝昼晩と時間が流れる中で客の流れや風景を観察する観察ゲームとしての楽しさだ。
すでに先行して届いたアプリを遊んでいるが、これが結構楽しい。

機械と血と汗の戦場を描く『カオスセンチュリオン』リリース。FF11の世界観を手がけた岩尾賢一さんとディシディアFFのメインプログラマーの新作

Chaos Centurions (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応)
sc552x414
機械と鎧。鉄と血まみれの戦場を描くライン型RTS『カオスセンチュリオン』が、ついに日本リリースされた。
本作の発表は2014年。
美少女やお色気ゲームがメインだった時期に、硬派すぎる見た目で話題を呼び、FF11の世界観を手がけた岩尾賢一さん、ディシディアFFのメインプログラマーの池田さんの会社であるオリフラムの設立も肩書きのキャッチーさから話題になった。
が、本作のリリースは海外先行で日本にはずっとやってこなかった。
3年越しでようやく遊べる本作。発表時から気になっていた皆さんは是非遊んで欲しい。

不可解な無駄遣い『ブラックローズサスペクツ』レビュー、先週良かったゲームまとめなど - 昨日のゲームニュースまとめ

『ブラックローズサスペクツ』レビュー - エヴァの貞本義行、アナザーコードの鈴木理香に手を組ませ、作品性は放棄した奇怪なRPG
mopIMG_2617
これほどひどい組み合わせは久々だった。
良いパーツを、ひどい方向に使っている。パーツが良いからギリギリ成り立ってるだけ。

オープンワールドRPG『Ravensword: Shadowlands』、上質物語アクション『レオズフォーチュン』120円セール中 - 4月17日の値下げゲーム

春のさわやかカイロセールで『ゆけむり温泉郷』、『きらめきスキー白書』など5作が大幅セールに

今週の良かったゲームまとめ。『アナザーエデン 時空を超える猫』と『エグリア』のワンツーフィニッシュ。

これは新ジャンルになるかも…? ドローンに刃物を装着してリアル『フルーツニンジャ』をする動画

『ブラックローズサスペクツ』レビュー - エヴァの貞本義行、アナザーコードの鈴木理香に手を組ませ、作品性は放棄した奇怪なRPG

mopIMG_2595
『Black Rose Suspects(ブラックローズサスペクツ)』は、本格サスペンスRPGの触れ込みで大々的に宣伝されたゲームだ。
サスペンスゲームの『アナザーコード』の鈴木理香さんが企画・原案を担当し、『新世紀エヴァンゲリオン』の貞本義行さんがメインキャラクターのデザインを担当するというのだから、その宣伝文句にもうなずける。

実際、異形のキメラと戦いながら殺人事件を追う主人公はハードな背景を抱えているように見えたし、ゲームの世界観も近年主流の萌え系とは一線を画しており、ゲームキャストとしても非常に期待していた。
だが、リリースされたものは宣伝文句を台無しにするちぐはぐなゲームであった。

オープンワールドRPG『Ravensword: Shadowlands』、上質物語アクション『レオズフォーチュン』120円セール中 - 4月17日の値下げゲーム

本日のおすすめは『MUSYNX』、また、『Bloons Supermonkey 2』も結構いいと思う。

※価格は記事執筆時のものなので、購入時はAppStoreで改めて確認してください。

注目のゲーム
Ravensword: Shadowlands (itunes 840円→120円 iPhone/iPad対応)
Ravensword: Shadowlands
オープンワールドのRPG。
美しいグラフィックを誇るが、英語のみの対応のため、クエストを読む必要はある。
後半にイベントがスカスカになるが、ゲーム自体は価格以上には楽しめる。

春のさわやかカイロセールで『ゆけむり温泉郷』、『きらめきスキー白書』など5作が大幅セールに

カイロソフト「春のさわやかカイロセール」が始まり、人気作品5作が大幅セールとなっている。
どれもいい作品ばかりなので、気になるものがあればぜひ遊んでみて欲しい

ゆけむり温泉郷 (itunes 600円→240円)
ゆけむり温泉郷 Lite (itunes 無料)
ss2
温泉旅館をつくる経営シミュレーションゲーム。
ド定番なので、カイロソフト入門にどうぞ。
紹介記事:
レビュー:湯けむり温泉郷 ちまちましたドット絵に癒されるほっこり経営ゲーム

今週の良かったゲームまとめ。『アナザーエデン 時空を超える猫』と『エグリア』のワンツーフィニッシュ。

正直、『アナザーエデン 時空を超える猫』は予想を超えて面白かった。3DSなどで5,800円で売られているゲーム(しかも、下手な作品は超える)のような流れで遊んでいる。
それ意外にも注目作は盛りだくさん。

注目の作品

アナザーエデン 時空を超える猫 (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
anaede-9
完全1人用でエンディングまでのストーリーを楽しむゲームとして発表された基本無料RPG。
往年の名作『クロノトリガー』のシナリオを担当した加藤正人さん、音楽を担当した光田康典さんがコンビを組んだことで話題になったが、ゲームとしても今のところ(5章)課金の必要もなく、普通以上に面白いRPGとなっている。
今週、個人的に一番気に入った作品。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント