RSS

記事一覧

眠れない夜を楽しむ、睡眠習慣記録アプリ『よひつじの森』発表。ARゲーム『ガラパゴスの微振動』のENDROLLと集英社共同で、2022年春にiOSリリース予定

1a
ARゲーム『ガラパゴスの微振動』のENDROLLから、睡眠習慣記録をテーマにしたアプリ『よひつじの森』がiOSで2022年春にリリース予定であることが発表された。
本作は寝る前についスマホを触ってしまうことで、寝つきが悪くなったり、夜更かしをしてしまったりする人に向けて開発された、睡眠習慣記録用のスマホ向けアプリ。
ENDROLLと集英社が共同開発・運営する、ライフハックエンターテインメント事業のプロジェクト第一弾となる。

水墨画風に描かれる美しい水の街。中国の観光地、江南水郷をモデルとした街作りゲーム『水都百景録』がオープンテスト開始

水都百景録 (App Store 無料 / GooglePlay 無料)
FJBu5YDaAAAdoZC
中国は江南水郷の町を設計・管理する街作り系ゲーム『水都百景録』のオープンテストが iOS / Android 向けに開始となった。
期間は2022年1月23日まで。
参加者のデータは正式サービス時に削除されるが、プレイしてアンケートに答えるとサービスイン時にアイテムが配布される。
江南水郷とは、豊富な水路と隣接した石畳の街が有名な中国の観光地。
本作は、中国で『江南百景图』として人気を誇る街作りゲームで、たんに観光名所をゲーム化しただけでなく、街を水墨画風で描画しており、街並みと絵柄の両方に西洋の街作り系にない魅力をもつものとなっている。

タイトー、卓上ゲームセンター『EGRET II mini(イーグレットツー ミニ)』への移植希望タイトルアンケート実施。回答は追加拡張SDカード制作時の参考資料に

vAx1iWG3
タイトーが2022年3月2日発売予定の卓上ゲームセンター『EGRET II mini(イーグレットツー ミニ)』。
1978年発売の『スペースインベーダー』から、1990年代にかけてゲームセンターで活躍したゲームを40タイトル内蔵し、別売の拡張コントローラーを購入するとさらに10タイトルが遊べるというものレトロゲームマシンだが、この『イーグレットツー ミニ』に追加で移植を希望するタイトルのアンケートが実施されている。
期間は1月31日の23時59分まで。
アンケート結果は、製品のゲーム追加SDカード制作時のタイトル選定の参考資料とされ、回答者のうち抽選で20名に Amazon ギフト券5,000円分が当たるチャンスがある。

『会話禁止の人狼ゲーム: ジャックと探偵』レビュー。売り文句に偽りなし、会話なしだからテンポ良く楽しめる人狼系ゲームアプリの好移植

会話禁止の人狼ゲーム: ジャックと探偵 (App Store 無料 / GooglePlay 無料)
jack0004
大勢の人間の中に紛れた人狼(などの異端)を会話や行動から見つけ出し、投票などを通じて追放する人狼系ゲーム。
元祖となる『人狼ゲーム』から、宇宙人狼と呼ばれる『Among Us』まで認知度も人気も高くなったこのジャンルだが、面白い反面、会話のやりとりが重かったり、時間がかかったりして1プレイが重い者も多い。
また、人狼と思われる人間を1人ずつ除外していくシステムを採用していると、初期に除外されたプレイヤーは終わるまで長時間待ち続けることもある。
そういった諸問題に対処し、シンプル・気軽に遊べるようにした人狼系ゲームがアプリに登場した。
1プレイ10分、会話なし、脱落なし、手軽に遊べるという『ジャックと探偵』だ。

オイルで稼ぐ山師になって地中を掘りまくる経営ゲーム『Turmoil』がiOS/Androidに登場、など1月17日の新作ゲーム31本感想

※価格は記事執筆時のものなのでDL時にストアで確認してください。

注目のゲーム
Turmoil (App Store 体験無料 / GooglePlay 体験無料 / Steam 980円)

限られた資金と時間で石油を掘り当て、高値で売れる時期に売り払って金を稼ぐリソース管理ゲーム。
限られた資金で人を雇い、馬車を雇い、油田採掘プラントを建て、物資輸送も含めて常に適切なリソース管理を続ける(良い意味で)作業ゲー。
上手くプレイするほどに作業ゲーが好きなプレイヤーならはまり込んでしまう楽しさがある。
スマホ版は序盤無料で、フルバージョンを購入する形。
内容はそこで充分にわかるのでまずはDLを。

寿司ネタを釣って、正確な手順で握って、客に提供するゲーム『すし屋台』がiOS/Android向けにリリース。由緒正しき堅実な面白さの高速作業ゲーム

すし屋台 (App Store 無料 / GooglePlay 無料)
ss1
1人でスマートフォンゲームを制作する開発者、CharRoomより新作『すし屋台』が App Store / Google Play 向けにリリースされた。
本作はお寿司のネタを準備するために釣りをして、客の注文通りにお寿司を握って提供する寿司屋台経営ゲーム。
釣った魚を準備し、正しい順番で、高速に寿司を準備することで客の満足度を上げて金を稼ぐ由緒正しい仕訳・高速作業ゲームとしてなかなかに良い出来。
経営が順調になると特別な客がやってきて、ストーリーも進行し、基本を抑えた堅実な面白さの作品に仕上がっている。

神田神保町を歩いて謎解きするAR謎解きゲーム『ある珈琲店からの挑戦状』がiOS/Android向けにリリース

ある珈琲店からの挑戦状 (App Store 無料 / GooglePlay 無料)
ARgame-Coffee-shop-Challenge
アプリを使って、神田神保町を歩いて謎解きしよう。
プレティア・テクノロジーズと小学館より、神保町を巡るAR謎解きゲーム『ある珈琲店からの挑戦状』を App Store / Google Play 向けにリリースした。
本作は両者が業務提携して進めている、AR技術を使って街をコンテンツ化する『ARタウン』プロジェクトの実証実験第1弾で、アプリを頼りに東京神保町を歩き回って謎を解く、周遊型ARゲーム。
看板、お店、公園など、街にあるなんてことのないものから謎が始まり、一般的な謎解きゲームとは一味ちがった体験を楽しむことができるという。

スクウェア・エニックス、『チョコボGP'』をiOS/Android向けにリリース。チョコボがローラースケートで爆走する(足で走らんの!?)レースゲーム

チョコボGP' (App Store 無料 / GooglePlay 無料)
FI9SDh7UUAEQU46
スクウェア・エニックスは、チョコボがローラースケートで走る障害コースレース『チョコボGP'』を App Store / Google Play 向けに公開した。
本作は、3月10日に発売予定の Nintendo Switch 向けゲーム『チョコボGP』のスピンオフゲームで、アクセルとバックの2ボタンのみで、転ばないようにバランスを取りながらゴールへ向かうものとなっている。
コースを攻略して報酬を得て、その報酬でローラースケートをチューンナップしてさらなるタイムアタックを目指すレースゲームとなっており、プレイヤーのゴーストと競う機能もついている。

大ヒットリズムゲーム続編『DEEMO II』、iOS/Android向けにサービス開始

DEEMO II (App Store 無料  / GooglePlay 無料)
c1a7c2b7
台湾 Rayarkは、『DEEMO II』を App Store / Google Play 向けにサービス開始した。
本作は世界的ヒット作でもあるリズムゲーム『DEEMO』の続編で、雨で濡れた物に白い花びらが咲き、そのまま消失してしまう“虚空の雨”が降る世界で、様々な人が集う駅を舞台に物語が展開する。
プレイヤーは主人公のエコーを操作し、楽曲演奏やフィールド探索、多くのNPCとの会話を通じて虚空の雨と、白い花びらの秘密を探すアドベンチャーゲーム、そしてリズムゲームが楽しめる。

1プレイ10分、会話なし、脱落なしで成り立つ人狼系ゲーム『ジャックと探偵』がiOS/Android向けアプリとしてリリース

会話禁止の人狼ゲーム: ジャックと探偵 (App Store 無料 / GooglePlay 無料)
jack0004
1プレイ10分、会話なし、脱落なし、手軽に遊べる人狼系ゲーム『ジャックと探偵』が App Store / Google Play 向けにリリースされた。
本作は19世紀のロンドンで起きた切り裂きジャック事件をテーマとしたゲームで、探偵と殺人犯の“切り裂きジャック”、ジャックに協力する“心酔者”に別れて、それぞれの目的を達成できるようプレイするというもの。
価格は無料で、1プレイごとに広告が差し挟まれる。また、人狼に相当する鬼役、ジャックになりやすいチケットが有料で販売されている。
開発したのは『ノッカノッカ』など、手軽に遊べる対戦ボードゲームを出し続けているCuriouspark合同会社。
今作は、ゲームマーケットなどで販売された東京ゲームメイカーズの作品、『ジャックと探偵』のアプリ版となる。

ケムコ、『風乗り勇者の物語』をApp Store / Google Play で配信開始。世界のために生贄に捧げられる少女と共に逃げ、救いを探すRPG

RPG 風乗り勇者の物語 (App Store 860円 / GooglePlay 860円)
広告付きVer 風乗り勇者の物語 (GooglePlay 無料)
9ec9591d1a5f19f0ba7a171d1aff6f6d
ケムコは小さな勇者の冒険を描く RPG 『風乗り勇者の物語』を App Store / Google Play 向けに配信開始した。
開発は Hit-point が担当。価格860円で追加課金なしのプレミアムバージョンと、Google Play 専用の広告付き無料バージョンの2つが配信されている。
本作の舞台は、生命の源泉であるテトラクォーツが濁り、力を失いゆく世界。
主人公シャンは、テトラクォーツの力を取り戻すために生贄に捧げられる宿命を持つ幼馴染、ウィーナと共にテトラクォーツの穢れを払うため旅に出ることとなる。

スターソルジャーオマージュの名作『Super Star Shooter GAIDEN』久々のセール、『SpongeBob SquarePants』が過去最安値へ 1月12日の値下げゲーム

※価格は記事執筆時のものなので、購入前にストアで確認してください。

注目のセール
Super Star Shooter GAIDEN (App Store 490円→250円)
Super Star Shooter GAIDEN
ファミコンの名作、スターソルジャーを意識したシューティングゲーム。
「昔ながらの撃って倒すシューティングが好き」を追求しており、敵や地形を素早く壊すほどにスコアが上がる爽快なゲーム内容は間違いなく往年のキャラバンシューティングのテイスト。
数分で終わるが非常に深くやり込める作品なので、シューティング好きならぜひ遊んでもらいたい。
紹介記事:キャラバンシューよ再び。撃って壊す爽快感を追求した『Super Star Shooter GAIDEN』レビュー

シューティングゲーム+カードゲーム=どちらでもない、なにか。『Heck Deck』がiOS,Android,PC向けにリリース

Heck Deck (App Store 370円 / GooglePlay 380円 / Steam 410円→348円 / Itch.io
capsule_616x353 (1)
Plug in Digital より、シューティングゲームとカードゲームを組み合わせた新作『Heck Deck』が App Store / Google Play / Steam / Itch.io にリリースされた。
本作は、敵の弾幕を避けつつ、自らショットを撃ってボスを破壊し、全5ワールドを戦い抜く弾幕シューティングをベースにしているが、そこにカードゲーム要素を足して別の何かとなってしまったアイデアゲーム。
ちょっと珍しいので、順を追って説明していこう。

夜が明けない森で、キャンプを張って自家焙煎コーヒーを淹れる『ふしぎの森でコーヒーを』レビュー。コーヒーを片手に遊びたい、癒やしの非日常を提供する環境アプリゲーム

ふしぎの森でコーヒーを (App Store 無料 / GooglePlay 無料)
FDgKHRpaAAA6Aj_
夜が明けない、ふしぎな森のなかでキャンプし、静かにコーヒーを焙煎し、淹れる。
プレイヤーはそれを眺める。
静かな風景をずっと眺めていたくなる、心落ち着く放置・コーヒー焙煎ゲームが『ふしぎの森でコーヒーを』だ。
開発者は、イラストを描くことが好きなインディーゲーム開発者ふじたかしさん。
大人向け絵本の挿絵のような、どこか郷愁を誘う絵柄も相まって素晴らしい雰囲気ゲームとなっている。

名作をより快適に遊べる移植『ファイナルファンタジーV ピクセルリマスター』レビュー。独自バグ・機種依存バグてんこ盛りでやり込み・RTAも楽しそう(致命的バグが直れば)

FINAL FANTASY V (App Store 2,200円 / GooglePlay 2,200円 / Steam 2,200円)
ff50002
元が色あせづらい面白さなら、普通に移植されれば今遊んでも面白い。
『ファイナルファンタジー』を新たなピクセルグラフィックとサウンドでリマスターする『ファイナルファンタジー ピクセルリマスター(以下、FFPR)』シリーズ。
その中でも『ファイナルファンタジーV ピクセルリマスター(以下、FFV PR)』はそんな移植作品になっている。
過去にも『ファイナルファンタジーV』のレビュー記事は書いていて(名作『FF5』がきっちりスマホ向けにリメイク)、面白さ、遊び方はほぼ同じではあるが、今回また改めて、旧版との違いも含めて紹介していく。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント