RSS

記事一覧

「今、この展示が動き出したらどうしよう…」迷子になった子供の想像を具現化した”怖い博物館”ゲーム『トリックアートダンジョン』、App StoreとGoogle Playで予約受付開始

02(1)
幼いころ、博物館の展示を見て「これが動き出したらどうしよう」などと考えて怖くなったことはないだろうか。
あるいは、親とはぐれたときに「このまま親と再会できなかったらどうしよう」と思ったことは?
その想像をゲーム化した『トリックアートダンジョン』の予約受付が App Store と Google Playで始まった。

本作は博物館で迷子になった子供が、親を探す道のりを描いたゲーム。
さまざまな物体が展示される博物館の中で、子供は想像と現実の世界を行き来して探し回る。そして、ゲーム内では子供の“怖い想像”が錯視などを利用した“トリックアート”として描かれるそうだ。

プレイヤーの決断で世界が変化するRPG『モノクロームオーダー ―アイゼデシルの裁定者―』配信開始。ケムコ×Hitpointの新作RPG

RPG モノクロームオーダー ―アイゼデシルの裁定者― (itunes 960円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
kem-1
プレイヤーの決断で世界が変化する『モノクロームオーダー ―アイゼデシルの裁定者―』が配信開始となった。
配信はケムコ、開発は『ねこあつめ』や『聖戦クロニクル』のHitpoint。
主人公は世界を導く“ルーラー”と呼ばれ、“裁定”と呼ばれる古代魔法を使いこなす青年。
彼は世界を善く導くために決断を行うが、誰かにとって正しい答えは、別の誰かにとっても正しいとは限らない。
究極の選択の中で、主人公の決断が救いとなるか悲劇となるか、それはまだ誰も知らない――と、ゲームの説明からして雰囲気たっぷりの1作だ。

不具合で配信停止となっていた『風来のシレン』Android版リリース

不思議のダンジョン 風来のシレン (itunes 1,800円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
01
スマホ版は不具合が確認され、iOSのみ先行発売となっていた『不思議のダンジョン 風来のシレン』がついにGoogle Playで配信開始となった。
本作はランダム生成されるダンジョンに挑み、死んだらプレイヤーが経験を得て成長するローグライクRPGで、2006年にニンテンドーDSで発売された『不思議のダンジョン風来のシレンDS』をベースとした移植作品。
スマホ版は画面が大きい端末ならきっちり遊べる操作性で、画面も縦長に対応。
今のところ「階段で戻れない」とか、「こんぼうを飲める」などいくつかのバグが発見されているものの、遊べるようになっている。
ローグライクが好きなら、要チェックだ。

『テクテクテクテク』終了とゲーム内容レビュー、不思議面白いパズル『Vignettes』のスマホ版がPC版と同等にアップデート - ゲームニュース

眺める角度で異なる作品が姿を見せるアプリ『Vignettes』レビュー。不思議を体験する異世界パズル
vig-2
これ、不思議面白いのでお勧め。
PC版と同じ内容にアップデートされた記念でレビュー

ブレフロのローグライクRPG『ブレイブフロンティア ローグストーリー』iOS/Android向けに登場。操作性良しのローグライク

これ楽しみにしている。

よかった。

残念…。

ゲーム内容の感想については、これが近いかな。
陣地を塗りつぶす位置ゲーとしては楽しかったし、田舎でも遊べた。
一方、課金につなげる戦闘を頑張りまくる動機はそこまでなかった。ただ、戦闘したくなるゲームだったら位置ゲー要素が面白くなくなったかも。

眺める角度で異なる作品が姿を見せるアプリ『Vignettes』レビュー。不思議を体験する異世界パズル

vig03
物語でも、体験でも、最近の生活で“不思議”に没頭する体験が足りない。
そんな方に、『Vgnettes』というゲームをおすすめしたい。
“Vgnettes”とは小さな作品を指す言葉で、その名の通り小さな物体が次々と登場しては変形し、複雑につながり、1つの奇妙な世界を作りだすパズルゲームだ。

ブレフロのローグライクRPG『ブレイブフロンティア ローグストーリー』iOS/Android向けに登場。操作性良しのローグライク

ブレイブフロンティア ローグストーリー (itunes 480円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss2
『風来のシレン』とほぼ同時期に発表されたスマホ向けローグライクRPG、『ブレイブフロンティア ローグストーリー ~義賊ゼルナイトと風の姫君~』がi発売された。
これは人気RPG『ブレイブフロンティア』のスピンオフタイトルで、怪盗ゼルナイトと、女騎士フィズを主人公としたゲーム。
死んだらやり直しのローグライクのシステムに加え、“ブレイブバースト”という必殺技を使用できることが特徴になっているという。
開発はスマホ向けローグライク『魔女の迷宮』のOrange Cubeで、操作性の良さは「さすがスマホ向けに作ってきた会社」と言えるもの。
少し見てみたところ、ダンジョン持ち込み用のアイテムを入手する“遠征チケット”を購入する課金要素はあるが、普通に有料ゲームとして遊べそうな気配。
ローグライクRPGを探しているなら、これを選ぶのもありだろう。

追記:
課金要素として、ブレフロのキャラを解放できるものがある模様。

Microsoft、スマホで『Forza Horizon 4』を遊ぶデモを公開。Project xCloudを利用し、XBoxコントーローラーでプレイ可能。

2019-03-13_14h01_52
Microsoftから、自社の看板レースゲーム『Forza Horizon 4』をAndroidスマートフォンでプレイする動画を公開された。
これは同社が準備中のサービスProject xCloudを利用したもの。
このサービスでは負荷のかかるゲーム処理はオンラインのサーバー上で実行し、プレイヤーの持っている端末は結果を動画として受け取る。
そのため、利用者は手持ちの端末の性能を考えることなく、XBoxのゲームをゲーム機・PC・スマホどこでも遊べるようになるものだ。

一生歩けるゲーム『テクテクテクテク』サービス終了を発表。面白かったが、課金の意味がなかったゲーム

01
“一生歩けるゲーム”とうたってサービスを開始したスマホ位置ゲーム『テクテクテクテク』が、6月17日11時59分でサービス終了になることが発表された。
2018年11月29日のサービス開始から、およそ7.5カ月で終了することとなる。
予定では3月14日に牧場機能が実装され、3月15日にはゴジラ(第4形態)とのレイドバトルイベントが始まり、ゲームの最後を飾るようだ。
また、これに伴って予定されていたVtuberコラボの中止、イベント開催期間変更が行われる。

風来のシレンiOS版だけリリース、オクトパストラベラー体験希望者募集中など - ゲームニュース

何度も死んで、プレイヤーが経験を得て攻略するRPG『不思議のダンジョン 風来のシレン』iOS版リリース

剣戟対戦アクション『Blade Symphony』基本プレイ無料化により、多くの低評価レビューが投下される。売り切りゲームを無料化する難しさ | AUTOMATON

『OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者』、iOS/Androidの先行体験受付開始。

β募集終了。当日の様子をまとめたツイートも併せてどうぞ。

何度も死んで、プレイヤーが経験を得て攻略するRPG『不思議のダンジョン 風来のシレン』iOS版リリース

01
ランダム生成されるダンジョンに挑み、死んだらプレイヤーが経験を得て成長する“ローグライク”RPG。
『不思議のダンジョン 風来のシレン』が App Store でリリースされた(※Android版は配信されたが、起動しない不具合が確認され、ストアから消えている)。
本作は2006年にニンテンドーDSで発売された『不思議のダンジョン風来のシレンDS』をベースとした移植作品。
早速、プレイしたので、質問が多かった操作に関するものだけまずは書いておく。

『Ticket to Ride』と『コルトエクスプレス』、2作のボドゲがiOS/Androidでセール開始 - 3月12日の値下げゲーム

※価格は記事執筆時のものなので、購入前にStoreで確認してください。

注目のゲーム
Ticket to Ride (itunes 840円→360円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
Ticket to Ride
手持ちのカードを増やし、そのカードを使ってボードの鉄道路線を取り合うドイツ年間ゲーム大賞をとったボードゲームのヨーロッパ版。
面白いので気になったらお試しあれ。
ルールなどを詳しく知りたい場合はiPhone ACさんによる攻略ページがあるのでどうぞ。

『OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者』、iOS/Androidの先行体験受付開始。

2019-03-08_17h13_27
Nintendo Switchで好評を博した『オクトパストラベラー』シリーズの新作スマホRPG『OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者』が、サービス開始に先駆けて先行体験の募集を開始した。
募集枠はiOS/Androidでそれぞれ800名。
応募にはスクウェア・エニックスメンバーズの登録が必要で、応募多数の場合は抽選で体験が可能となる。
3月12日から3月17日まで受付を行い、3月25日ごろに抽選結果が発表されるとのこと。

『妖怪惑星クラリス』のメインシナリオを手掛けた星野一人さん新作発表。100編の短編を詰め込んだノベルゲーム

WS000043
何か嫌なことがあったのなら、話してごらん。
吐き出すことで楽になれるのなら、聞いてあげるよ。それとも、私がなにか話してあげようか―――
謎の少女が語る、100編を超えるショートストーリー。
生きるのに疲れたあなたへの、「読む」処方箋。

『妖怪惑星クラリス』メインシナリオライターを務めた星野一人さんが、新作ノベルゲームを発表した。
本作は疲れた人への「読む」処方箋……らしいのだが、送られてきたスクリーンショットからして奇想天外なワードが見られる。果たして本当に癒し系ゲームなのだろうか……。

鹿シミュレーター『DEEEER Simulator』作者インタビュー、バンダイナムコ公式のゲーム史連載開始 - ゲームニュース

バンダイナムコ知新「第1回 ビデオゲームのはじまり 前編」大杉章氏インタビュー

2人専用脱出ゲーム『Tick Tock:A Tale for Two』、日本語対応の予定

肉体と家族を失い、グロテスクな世界で戦う少女の物語『Severed』が最安の120円に。超お得 - 3月11日の値下げゲーム





2人専用脱出ゲーム『Tick Tock:A Tale for Two』、日本語対応の予定

2019-03-08_00h14_42
2人のプレイヤーが同じゲームを別々の端末で、異なる視点で遊び、会話で情報を共有しながら謎を解くコミュニケーション・脱出ゲーム『Tick Tock: A Tale for Two』。
2台の端末を使って、ある種のリアル脱出ゲームに近い遊び方をする本作は友達と遊ぶも良し、恋人と遊ぶも良し……と、注目を集めたが英語力が必要という難点があった。
これについてゲームキャストが問い合わせたところ、開発元の Other Tales より「日本語訳を翻訳会社に依頼した」との回答があった。
うまくいけば早期に日本語対応できるそうなので、英語が苦手な方は待っておくと良いだろう。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント