RSS

記事一覧

Epic Games、韓国法改正をうけアプリ版『Fortnite』のストア復帰準備を進めていることを明かす。Appleの開発者アカウント復旧も申請済

Epic Games は、Apple に対して『Fortnite』の開発者アカウントの復旧を依頼したことを、韓国で App Store 向けに『Fortnite』をリリースする準備を進めていることを Twitter で明かした。
これは、8月30日に韓国でアプリストア上で独自決済を認める法律改正案が可決されたことを受けたもの。
韓国にてGoogleやAppleがアプリストアの独占的地位を利用し、決済方式を強制することなどを禁止する法律改正案を可決

RPGを作り続けてきたケムコ×EXECREATEタッグが別ジャンルへ挑戦! 挑むたびにLV1から始まるローグライト『デビラビローグ』iOS/Android事前登録開始

004
ひたすらオーソドックスな JRPG を作り続けていたケムコと EXECREATE のタッグから、ついに別ジャンルの作品が!
ケムコは、挑むたびにLv.1から始まる、わちゃわちゃ賑やかローグライトゲーム『デビラビローグ』の iOS / Android 向け事前登録を開始した。
価格は860円で、9月16日に発売予定。Androidでは無料広告付きバージョンも提供される。
本作は、次代魔王を目指す魔王の息子と共に、毎回異なるデッキを作り上げカードバトルで挑むデッキビルド×バトルのゲーム。
異なる10種類以上のラビリンス、毒活用、クセのある墓場活用デッキなど戦い方が変化する5通りのデッキテーマ、300以上のカードとパーティーに効果をもたらす150以上の秘宝が用意されており、無限大のコンボが楽しめるという。

ことわざで戦う国語バトルRPG『コトワザクエスト』がiOS/Android向けにリリース。 いきなりラスボスに挑めるオープンワールド+ことわざ知識があれば無双できる戦闘システムの意欲作

コトワザクエスト (App Store 無料 / GooglePlay 無料)
Collage_Fotor
世捨て人系開発者 KOMEzirusi Games は、国語バトルシステムのRPG『コトワザクエスト』を App Store / Google Play 向けにリリースした。 本作は、レトロな 2D 見おろしの RPG 風だが、敵とのバトルはことわざクイズにて行われ、たった5文字と簡単な説明から敵が意図することわざを見抜き、回答する4択クイズバトルとなっている。
また、フィールドはオープンワールドを採用し、クイズに正解し続ければダメージを受けない武器などを購入して序盤から最終ボスに挑むことも可能だという。
1000を超えることわざ収集で辞書を充実させたり、魔法と武器(武器によってクイズ正答時に動きが変化する)戦術性のあるバトルを楽しめるとのこと。

『Night in the Woods』がiOSで登場。大人になれない、でも子供でもいられないモラトリアム時期を描くアドベンチャー

Night in the Woods (App Store 730円 / Steam)
ss_b76969ea2ad31d4e4271232be5276672cd229d14.1920x1080
大人になりきれない、かといって子供のままでもいられない。
そんなモラトリアムな時期を描いたアドベンチャー『Night in the Woods』が App Store に登場した。
価格は730円と他機種版の半額以下だが、対応言語は英語のみとなっている。

本作の主人公は、大学を中退して故郷ポッサム・スプリングに帰ってきたねこのメイ。
彼女は帰ってから楽しく刹那的な生活を始めるが……人々と交流することで昔とは異なる悩みを抱えた友人、生活環境、そして自身さらにはポッサム・スプリングに潜むものと対峙していくことになる。
可愛い見た目に反して、悩みは現実的でやや重い。心にくる1作だ。

コナミ、『EDENS ZERO Pocket Galaxy』の事前登録を開始。スキルや装備を組み合わせて理想のビルドを追い求めるアクションRPG

001 (4)
コナミデジタルエンタテインメントは、iOS / Android 向けの新作ゲーム『EDENS ZERO Pocket Galaxy(エデンズゼロ ポケットギャラクシー)』の事前登録を開始した。
本作は、真島ヒロさんの漫画『EDENS ZERO』を原作としたアクションRPGで、スキルや装備を組み合わせて理想のビルドを追い求めながらダンジョンを進めていく見下ろし型アクションRPG。

【訂正あり】中国当局、テンセントなど大手に対して未成年ゲームプレイ時間の短縮の厳守を要請。拝金主義、BL表現排斥、プロモーションの問題にまで言及

ダウンロード (3)
中国当局は、テンセントやネットイースなど大手オンラインゲーム企業、アカウント販売やゲーム配信プラットフォーム企業を呼び出し、ゲームに関する規制を守るように伝えたことを、TBS NEWS、新華社通信、そのほかのニュースが伝えた。
先日、未成年へのオンラインゲーム提供を未成年のゲームプレイは土日祝日の20時~21時のみに制限することが発表されたが、今回は加えて、ゲーム内容、プロモーションについても指導があり、日本にも影響が波及しそうな内容となっている。

2021.09.09 19:30 訂正
山河令の原作者逮捕の記述がありましたが、別のBL作品の情報を誤ってもってきてしまったもので、誤報でした。申し訳ありません。
山河令自体には何かしら問題が発生していたようですが、背景に耽美と異なる政治的要因があると推測され、本論と離れるため該当部分を削除しました。
ゲーム規制に関わる本文に関しては変わりありませんが、補足的な部分において誤り、混乱を招いてしまったこと、重ねてお詫びいたします。

異能を持つ子供たちと会話し、カルテを埋めていくホラーゲーム『イノウノカルテ』発表。ひとりの少女をカウンセリングできるブラウザ・スマホ向け体験版も公開

E-w7V4aVkAAifXb
ホラーゲームが大好きなデザイナーとプログラマーの2人チーム 6th Sense Games より、ホラーADV『イノウノカルテ』を発表された。
本作ではプレイヤーが研究所のカウンセラーとなり、異能を持つ少年少女と会話して情報を引き出し、カルテを埋めていく会話ゲームなのだが……あなた自身は無力な一般人。
相手は人間を発狂させる異能の持ち主で、前任者は行方不明でその理由も知らされていない。
あなたは正気を保ったまま、そして肉体的にも無事にカウンセリングを終えられるだろうか。

『ファイナルファンタジーIV ピクセルリマスター』がiOS/Android/Steam向けに配信開始。Steam版のみ早期購入特典で値引き中

FINAL FANTASY IV (App Store 2,200円 / GooglePlay 2,200円 / Steam 2,200円)
ss_b8820f49d772e3c6a9c130dc5120fb420c84e2b6.1920x1080

スクウェア・エニックスは、『ファイナルファンタジーIV ピクセルリマスター』を App Store / Google Play / Steam 向けにリリースした。
本作は1991年にスーパーファミコンで発売された『ファイナルファンタジーIV』を新たなグラフィックとサウンドで作り上げたピクセルリマスター版。
ピクセルリマスターとは、『ファイナルファンタジー』をスクウェアでドットキャラクターを生み出してきた渋谷員子さん監修のドット絵で、音楽は作曲者・植松伸夫さんの監修で新しく作り直した作品。
価格は2,200円で、Steam 版のみリリースセールで1,760円で購入できる。

ネクソン、『COUNTER: SIDE(カウンターサイド)』のβテスト“社長職インターン”の募集開始。β開始記念で声優サイン色紙、QUOカードなどプレゼントキャンペーンも

キービジュアル
ネクソンは、2021年冬に配信予定の iOS / Android / PC 向けの新作『COUNTER: SIDE(カウンターサイド)』のβテスト版をプレイできる先行体験会“社長職インターン”の参加申込受付を開始した。
『COUNTER: SIDE』は、韓国 Studiobside の初作品でキャラクター育成×戦略×物語×アニメーションを融合させた全領域抗戦型 RPG。
プレイヤーは民間軍事企業“コフィンカンパニー”の社長として異能力者“カウンター”を指揮し、世界の脅威に立ち向かう。
βテストは、プレイヤーが正式サービス後に円滑に業務を行うインターンというわけだ。

また、これを記念して公式 Twitter (@COUNTERSIDE_NXJ)では、オリジナルデザインの QUO カードや、人気イラストレーター描きおろしイラストを使用したキャンバスプリントが当たるキャンペーンを7日間連続で毎日開催し、9月14日20時からは、公式生放送を実施する。

新スマートフォンゲーム『BLACK STELLA Iи:FernØ』発表。フジゲームスが開発中止した作品が、オンラインクレーンゲーム『トレバ』のサイバーステップに引き継がれ、蘇る!

aeyeHkL0
立ち消えになったプロジェクトが、異なる会社によって蘇る。
オンラインクレーンゲーム『トレバ』で知られるサイバーステップは、ScopeNext とともに『BLACK STELLA Iи:FernØ(ブラックステラ インフェルノ)』の開発プロジェクト立ち上げることを発表した。
本作は2019年3月にフジゲームスから発表され、2020年に開発中止となった『BLACK STELLA -ブラックステラ-』を新生させたものだという。
開発中止になったプロジェクトを、他社が蘇らせるという流れは珍しい。

世界終わりの7日間を繰り返し、救いを探すRPG『永遠の7日-終わりなき始まり』がiOS/Android向けサービス開始。DeNAがサービスした同名作品を、開発元が再開発してリリース

永遠の7日-終わりなき始まり (App Store 無料 / GooglePlay 無料)
ss1
NetEase は、世界最後の7日間を繰り返し、世界を救う RPG 『永遠の7日-終わりなき始まり』のサービスを App Store / Gogole Play 向けに開始した。
本作は7日後に破滅を迎える世界を舞台に、“異能者”の指揮官として戦い、世界を救う RPG。
プレイヤーは死と共に時間を巻き戻す能力を持っており、何度も世界救済失敗を繰り返し、そのたびに謎の力によって1日目に巻り、少しずつ世界の秘密を知っていく。

攻防一体の引っ張りバトルアクション。元スクエニのバトルデザイナーが独立して制作中の『ソニックスラッシュ』がかなり良かったので紹介する。BitSummit 8thレポート2

sonic_0001 (1)
2021年9月2日~9月3日に行われたインディーゲーム展示会 Bitsummit 8th。
その中でも気になったゲームを @yupika さんにお願いして取材してもらった記事をおとどけする。
『Horizon』に続く2本目は、『ソニックスラッシュ』は、いわゆる“ひっぱりアクション”系のスマホのゲーム。
バトルに重点を置いて作られており、制作もスクウェアエニックスでバトルデザイン(プランナー)を経て独立したかにたまさんが行っているとあれば注目せずにいられなかった。

『ドラゴンクエスト ダイの大冒険 -魂の絆-』のリリース日が9月28日に決定。ゲームのハイライトを凝縮した新規PVも公開

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 -魂の絆- (App Store 事前登録  / GooglePlay 事前登録)
SJdyjZ3P
スクウェア・エニックスは、爽快"大爆進"RPG『ドラゴンクエスト ダイの大冒険 -魂の絆-』のサービス開始が9月28日になることを発表した。
本作は、漫画・アニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』を原作とした新作で、原作のストーリーをなぞって主人公のダイやポップなどの仲間と戦う“竜の軌跡”と、原作者である三条陸さん監修の元製作されたオリジナルストーリー“絆の旅路”を楽しめる。
絆の旅路は『ダイの大冒険』の世界とそっくりの不思議な世界ミラドシアを舞台に、プレイヤーの分身である絆の勇者を主人公としたものになるという。
ゲームは3つのレーンで構成されたフィールドを奥に進んでいくランゲームのような画面構成で、敵との戦闘時はさまざまな攻撃を繰り出しつつ適時左右に移動して避けるアクション性がやや強い物になっているようだ。

ふんどしパレード、バズーカをぶっ放して破壊度を競う対戦ゲーム『バズーカ・ロワイヤル』をiOS/Android向けにリリース

バズーカ・ロワイヤル (App Store 無料 / GooglePlay 無料)
ss1
『君の目的は僕をころすこと』でヒットを飛ばしたふんどしパレードより、新作『バズーカ・ロワイヤル』が App Store / Google Play 向けにリリースされた。
本作は2人のプレイヤーが交互にバズーカをぶっぱなしてブロックを破壊し、その破壊度合いを競う対戦ゲーム。

Google Indie Fest2021 TOP10に選ばれた『終わる世界とキミとぼく』が半額、ケムコRPG5本セール、Devolver120円セールなど 9月6日の値下げゲーム

※価格は記事執筆時のものなので、購入前にストアで確認してください。

注目作品
終わる世界とキミとぼく (App Store 250円 / GooglePlay 240円→120円 / Steam 620円)
y
終末の世界を2人きりで生き延びるハード・サバイバルゲーム。
テキストが主体のゲームで、画面は派手ではない。
しかし、システムに目を向けると毎プレイ異なるイベントが発生し、死んだら最初からやり直しになるローグライト(不思議のダンジョンのエッセンスがある)的要素、謎解きアドベンチャー要素を備えた“ローグライト謎解きゲーム”といった印象で遊べる独特な(そしてかなり高難度)な1作。
紹介記事:
終末世界を2人ぼっちで生きる『終わる世界とキミとぼく』レビュー。ローグライト・謎解きゲームというべきプレイ感
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント