RSS

記事一覧

MMOゲームプレイヤーの半数以上がソロプレイを好むという調査、『Legends of Covitoria』、『みんなで早押しクイズ』レビューなど - ゲームニュース

本日19時からです。出番がどこになるかはわかりませんが、よろしくお願いいたします。

レンタヒーローは復活して死んだから……。でもエターナルアルカディアは復活して欲しい。

MMOプレイヤーの半数以上がソロプレイを好む事が調査結果で明らかに - Kultur

自分だけのキャラを作り、プレイヤーが自由にシナリオを公開し、無限に冒険できるRPG『Legends of Covitoria』レビュー。まだ発展途上だが、短いシナリオの製作はすでに実用レベル
m-1


自分だけのキャラを作り、プレイヤーが自由にシナリオを公開し、無限に冒険できるRPG『Legends of Covitoria』レビュー。まだ発展途上だが、短いシナリオの製作はすでに実用レベル

Collage_Fotor
プレイヤーがキャラクターを作って、背景やイラストを自由に設定でき、そのキャラクターで冒険する。
冒険するシナリオもプレイヤーが自由に作成でき、作ったキャラクターで無限に遊べる。
『Legends of Covitoria』は、そういったコンセプトのRPGだ。
サービスインしたばかりの2020年1月18日現在はシナリオが少なく、単にプレイヤーとして遊ぶならおすすめはしないが……シナリオを作りたいなら話は別だ。すでに使えるレベルのエディタが提供されており、本作は盛り上がる可能性がある。
よって、今回は自由にシナリオを作りたいプレイヤー向けにこのゲームを紹介する。

3マッチパズルRPG『Heroes Emblems 2』、1年ぶりに開発状況を報告。新たなバトル動画を公開

2020-01-18_19h16_52
ファンタジーでかわいい絵柄、そして王道3マッチパズルRPGの面白さで人気を博した『Hero Emblems
その続編である『Heroes Emblems 2』に、最新の動画が公開された。
本作は2016年から開発中動画が公開されてから1年おきに情報を出しているような状態ではあるが、動画からは流れるように動いて戦うプレイの様子が確認でき、開発の継続がうかがえる。

『PAC-MAN CE DX』久々のセール、大味なSlay the Spire系『Blood Card』が120円 - 1月18日の値下げゲーム

※価格は記事執筆時のものなので、購入前にストアで確認してください。

注目のゲーム
PAC-MAN CE DX (App Store 610円→370円 / GooglePlay 330円)
ss3
迷路の中を移動し、敵に捕まらないようにすべてのドットを食べる『パックマン』をスマホ向けに再構築したもの。
さまざまなステージが用意されているだけでなく、操作性が格段に上がっていて面白い。

ヤバいゲームを見つけたのでツイートしたら、開発元に発見され、1月19日19時から公式生放送に出演することになりました

およそ1カ月前、『異世界で始める偉人大戦争』というゲームが、あまりに雑なローカライズをしていたので面白すぎて、それをツイートして2,000RTを超えた。
普通だったら「バズって楽しかったね」で終わりなのだが……なんと、このツイートを見た運営さんからゲームキャストにPR記事の依頼がやってきてしまった。

自作シナリオも配布可能! プレイヤーの分身を作って冒険するテーブルトーク風RPG『Legends of Covitoria』iOS/Androidで配信開始

Legends of Covitoria (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay 無料)
ss1
懐かしい冒険の香りが漂う……!
合同会社Paidia Entertainmentより、テーブルトークRPG風の冒険が楽しめるRPG『Legends of Covitoria』が配信開始となった。
キャラクターを1人だけ作成し、ネットから他のプレイヤーのキャラクターをダウンロードして一緒に冒険する“キャラクター=プレイヤー”形式。
プレイヤーは冒険するだけでなく、物語を作る側になることも可能。アプリとは別に公式ホームページ上にある『Legends of Covitoria Scenario Editor』を利用し、オリジナルのシナリオを作成し、他のプレイヤーに配布できる。

enish、『VGAME』をiOS/Androidでサービス開始。近未来を舞台に、異世界の住人と戦うオサレ・アクション

VGAME (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay 無料)
ss1
行方不明になった親友を探し、たどり着いた場所は謎のクラブ。
そして、プレイヤーは現実と異なるもう1つの世界“閾界”の存在を知り、現実世界への侵食を試みようとする“奇体”と戦うこととなる……!
enishの“未来型アクションRPG”『VGAME』がiOS/Android向けにサービス開始となった。

本作は比較的簡単な操作で、タイミングを見極めて戦う見切りのアクションバトルを楽しめる。
また、2つの世界が交差する描写やグラフィックはかなり気合が入っており、オシャレ感も満載(ややアトラス系の影響を感じるが、アジア観と混ざってオリジナル世界となっている)。
1月に入ってから高品質なゲームが大量にリリースされているが、これもまた気になる存在と言えそうだ。

ロングランも当然の出来映え。いつでも手軽に対戦クイズアプリ『みんなで早押しクイズ』レビュー

かなり今さら感があるのですが…… 今でもヒマなとき、思い出したようにちょくちょくやっているオンライン対戦のクイズアプリがあるので、この場を借りて紹介しておこうと思います。
『みんなで早押しクイズ』です。通称「みんはや」。

minhaya01

私がこのゲームを知ったのは、2019年11月11日に放送された『石橋貴明のたいむとんねる』というテレビ番組を見て。
App Storeの無料アプリランキングでたまに見かけていたので名前だけは知っていたのですが、詳しい内容はこのとき初めて知りました。
番組では40分、丸々このゲームで遊んでいました。

伊藤賢治さんに聞くガラケー・パズドラ時代のゲーム作曲、ミニ四駆おじさんが好き放題に作ったゲームを語る - ゲームニュース

mini

『アズールレーン』のYostar最新作、『アークナイツ』iOSとAndroidでサービス開始。美しいイラストと世界観を誇るタワーディフェンス

『ドラクエX』 Pay-to-Win系課金アイテムの販売を予告 「プロジェクトの運営を継続していくため」 - Kultur

miHoyo、オープンワールドRPG『原神』のCBTプレイヤー募集開始。Windows / iOS / Android合計1,000名が対象

パズドラ時代、ソシャゲに楽曲を提供して「魂を売ったな」的なことを思われていただろう、とイトケンさんが振り返るのは興味深い。

邪悪な人形に囚われ、閉じ込められた機械迷宮で生きるパズル『Maze Machina(メイズ・マキナ)』iOS/Android向けにリリース。『Card Thief』など作者の最新作

Maze Machina (itunes 250円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay 無料)
ss1
邪悪な機械人形に捉えられたネズミが、娯楽のために作られた迷宮であらがって見せるパズル『Maze Machina(メイズ・マキナ)』がiOS/Android向けに正式リリースされた。
本作は『Card Thief』など、シンプルなルールで何度も楽しめるパズルゲームを作り続けるArnold Rauersの最新作。
ゲームは1歩ずつ歩いてゴールを目指すターン制のパズル。マップには触れたものに特殊能力を与える床と敵メカが配置されており、敵メカは毎ターン主人公が移動した方向と同じ方向へ1歩移動する。
床の能力を利用しつつ、主人公を移動させつつ、敵も都合の良い位置に誘導するパズルは複雑だが、かなり面白い。今回もまた、多くのプレイヤーがハマりそうだ。

ハック&スラッシュRPG『Torchlight』がスマホに。XD Network『Torchlight: Infinite』のゲーム画面動画を初公開

ハック&スラッシュRPGの人気作『Torchlight』が、長い年月を経てスマホにやってくる。
XD Networkより、同シリーズのスマホ版『Torchlight: Infinite』のゲーム動画を公開した。本作はPerfect WorldとRunic Gamesの許諾の元、XD Inc.が開発する新作となる。

miHoyo、オープンワールドRPG『原神』のCBTプレイヤー募集開始。Windows / iOS / Android合計1,000名が対象

01
miHoyoは2019年1月16日、最新ゲーム『原神』のβテストの募集を開始した。
本作は7つの元素を信奉するファンタジー世界を冒険し、仲間と共に元素を司る七柱の神を探すアクションRPGで、オープンワールドでスマホ離れしたグラフィック表現を実現している注目作だ。
対象はWindows / iOS / Androidでゲーム可能なプレイヤー1,000名。公式ページのアンケート回答をもって応募となる。
最新のゲームが好きなら、応募してみるといいだろう。私も、この記事を書く前に応募した。

関連リンク:
原神公式ページ(応募アンケートへのリンクはトップページ)
原神βテスト募集のお知らせ

想像を超えて面白かった『ミニ四駆 超速グランプリ』の凄さを物理版プレイヤーが語る。 これは「ミニ四駆おじさんが好き放題に作ったゲーム」では?

ミニ四駆 超速グランプリ (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay 無料)
mini04
ノーマークだった『ミニ四駆 超速グランプリ』のアプリが、めちゃくちゃ面白い。
ミニ四駆のスマホゲームと言えば『爆走兄弟レッツ&ゴー!! ミニ四駆ワールドランナー』があまりにひどい内容だったので期待度が下がっていたが、それを吹き飛ばすほど面白い。

単純にレア度が高いパーツを集めても速くならず、コースに合わせて試行錯誤してレア度の低いパーツを組み合わせた方が早くなるという、久々に「作る面白さ」で徹夜してしまった。
こんなアプリなので素人なりにすごいと思っていたが、本物のミニ四駆プレイヤーから見てもこのアプリは凄まじく良い出来だという。
今回は、そんなアプリの魅力を(アプリではなくリアルの)ミニ四駆のガチプレイヤーだったBOZEさんに説明していただく。

『アズールレーン』のYostar最新作、『アークナイツ』iOSとAndroidでサービス開始。美しいイラストと世界観を誇るタワーディフェンス

アークナイツ (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay 無料)
ss1
『アズールレーン』のYoastar新作タワーディフェンスゲーム『アークナイツ』がサービス開始となった。
本作は、美しいイラスト、やや不穏ながらも興味を引くストーリー、そして工夫が凝らされたタワーディフェンスが楽しめ、開発元の中国では『ドールズフロントライン』などのアートスタッフなどが関わったことでも話題を集めた作品。
メディア向け体験プレイ(最初の10ステージのみ)を遊んだ感触では、システム面も世界観もとてもいい感じに仕上がっていたのでちょっとプレイ次第感想も書いていきたい。

ノーマークだった『ミニ四駆 超速グランプリ』の出来がよすぎてやめられない、『Pascal’s Wager』が面白くてスマホのダークソウル系決定版になれそう - ゲームニュースまとめ

欧陸戦争の最新作は新作というか新シナリオ。欧陸戦争6の第一次世界大戦版『欧陸戦争6: 1914』レビュー

01
2時間のプレイの感想としては、かなり面白い。難しいがアクション好きなら損しない。

美少女、ヤクザ、マフィアにヒップホップ、そしてハクスラ『Orangeblood』レビュー

出来がよすぎてこれまたビックリ。ミニ四駆世代なら、遊んでハマる可能性がとても高い。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント