RSS

記事一覧

SIE、次世代機『プレイステーション5』を正式発表。発売は2020年末予定

01
SIEは、公式ブログにおいて次世代機の名称が『プレイステーション 5』(PS5)であること、そして発売は2020年の年末商戦期に予定していることを発表した。
これまでもPS5についてはレイトレーシング対応、特別なSSDによる高速化、音響専用カスタムチップによって「自分が世界の中心にいるかのように音を聴ける」などと発表されていたが、今回は「没入感をさらなる高みへ導くこと」ためコントローラーが変わることが合わせて告知された。

HAL研究所、『歩数で勝負!!カメさんぽ』をiOS/Android向けにリリース。歩いた歩数が遊びになるゲーム

歩数で勝負!!カメさんぽ (itunes 無料 / GooglePlay)

『星のカービィ』などで知られるHAL研究所より、『はたらくUFO』に続くスマホ向けの新作『歩数で勝負!!カメさんぽ』がリリースされた。
本作はスマホにインストールして、アプリ内のカメと歩いた歩数を競うアプリ。
基本的には毎日歩いて、その日の歩数でカメと競い、さまざまなカメと出会っていくものとなる。
とにかく遊ぶゲーム、スマホをつけていない時間をゲームにする放置ゲーときて、今度はプレイしていなくても歩いた歩数がゲームになる歩数ゲー。
人類は、すべてをゲームにしてしまうのか……!

いずれにせよ、HAL研究所のゲームとあれば少しやってみる価値はありそう。歩数という単純な要素にどんな仕掛けが盛り込まれているのか、楽しみだ。

『ウルティマオンライン』元リードデザイナーがオンラインゲームサービス、App Storeで強制的にゲームを排除する妨害事件が発生か - ゲームニュース

『Call of Duty®: Mobile』サービス開始。歴代スマホCoDの中でも指折りの完成度

10月7日のApple Arcade新作感想。Hitpointの『NIGHTMARE FARM』、Amanita Design『Pigrims』など4作
似たようなことを一時期、中国系の身元がわかりづらい企業がやっていたなぁ……。

面白い。

10月7日のApple Arcade新作感想。Hitpointの『NIGHTMARE FARM』、Amanita Design『Pigrims』など4作

aacrrf-1
Apple Arcade10月の新作は、Amanita Design『Pigrims』、『旅かえる』、『ねこあつめ』でヒットを飛ばした日本メーカーHitpointの『NIGHTMARE FARM』まで個性豊か。
すべて日本語に対応しているので、安心してプレイして欲しい。

『Call of Duty®: Mobile』サービス開始。歴代スマホCoDの中でも指折りの完成度

Call of Duty®: Mobile (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
aacrr-3
久々にやってきたスマホ向け『Call of Duty』。
中国テンセントとActivisionが共同で開発したスマホ向けのFPS『Call of Duty®: Mobile』がApp StoreとGoogle Playにてサービス開始となった。
少し試してみたのだが、本作は基本無料ではあるが過去のスマホ『Call of Duty』の中で最も品質が高く、面白いとすぐ断言できる完成度になっていた。

東方シリーズ公認二次創作ボードゲーム『東方キャノンボール』がAppStore/GooglePlayで予約受付開始。リリース日の表示は10月31日

東方キャノンボール (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss5
東方Project公認二次創作作品、『東方キャノンボール』がApp Store/GooglePlayでの予約受付を開始した。
リリース予定日は10月31日。
『東方キャノンボール』は、サイコロを振って盤面を移動し、CB(キャノンボール)というお金を集めたものが勝利となるボードゲームだ。

『リーグオブワンダーランド』サービス開始、Google Play Passの感想など - ゲームニュース

Apple Arcade全71本を遊んだ中から、王道おすすめ5本、癖のあるおすすめ5本を紹介 - Apple Arcade完全ガイド付録

ss5
最初からかなりの完成度で出てきた『リーグ・オブ・ワンダーランド』。

定額でアプリ使い放題の月額サービス『Google Play Pass』、米国でサービス開始。初期アプリは251個
Apple Arcade対抗サービス。

そして、マガジン登録者向けの率直な感想。

『NEW GUILTY GEAR(仮)』メイのバトルシーンが収録された第3弾トレイラーが公開。アクセル=ロウの参戦も決定

Apple Arcade全71本を遊んだ中から、王道おすすめ5本、癖のあるおすすめ5本を紹介 - Apple Arcade完全ガイド付録

aa
月額600円で、独占の特別なゲームが遊び放題になるゲームサービス『Apple Arcade』だが、ゲームがいきなり多すぎて何を遊べばいいのかわからない……。
確かにその通り。
そこで、9月30日時点でリリースされているすべてのゲームを遊んでみて、自信を持ってお勧めできる5本+癖があって面白い5本、そして絶対遊んで欲しい特選1本を紹介する。
まずは、これを遊んでみて欲しい。

なお、個別のゲームについての感想はジャンルを分けて紹介していて、記事末尾からリンクをたどれる。

セガ、『リーグオブワンダーランド』サービス開始。ご存知のゲーム(AC)と違う?でも、これも本当のワンダーラン

リーグ・オブ・ワンダーランド (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
01
神話やおとぎ話のキャラクターたちは物語で役目を終えると終えると新たな世界に導かれ、そこで筋書きのない物語(たたかい)に身を投じる。
セガの人気アーケードゲーム『ワンダーランドウォーズ』の世界観を持つスマホ向けゲーム『リーグ・オブ・ワンダーランド』がサービス開始となった。
βテストでは空いて陣地を破壊するものだったが、意見を得て様々な改良を行ったゲームになっている模様。

定額でアプリ使い放題の月額サービス『Google Play Pass』、米国でサービス開始。初期アプリは251個

01
Apple Arcadeの対抗とも言われる定額アプリ使い放題のサービス『Google Play Pass』が米国でサービス開始となった。
このサービスは、広告なし、追加課金なしで、サービス内で提供されるアプリが使い放題となるもの。
Apple Arcadeと同じ$4.99の月額課金が必要だが、初月は$1.99で試すことができる。

なお、初期ラインナップは251タイトル。
Apple Arcadeも「100以上のゲームが遊び放題!」と掲げてサービス時は71タイトル(米国では80以上)しか登場していなかったが、ふたを開けてみるとGoogle Play Passも「350以上のアプリが定額」と掲げつつ、251アプリでのスタートとなった。

Apple Arcade全71作品プレイ感想付きリスト公開、1988年のPCエンジンCDROM - ゲームニュース

Apple Arcade完全ガイド:RPG・シミュレーション・シューティング18作と特選おすすめ作品の紹介

Apple Arcade完全ガイド:アクション・ACTアドベンチャー・スポーツ26作と特選おすすめ作品の紹介

時間も気力も必要だった…

1988年のPCエンジンCDROM | Colorful Pieces of Game

魔界村を現代に復刻させるべく作られた『マルディタカスティーラ ドン・ラミロと呪われた大地(Maldita Castilla EX)』が10月24日iOSに登場。コントローラーにも対応

Apple Arcade完全ガイド:アクション・ACTアドベンチャー・スポーツ26作と特選おすすめ作品の紹介

iOSrc-2
月額600円で、独占の特別なゲームが遊び放題になるゲームサービス『Apple Arcade』。
どんなゲームがあって、どれがおすすめなのか、ゲームを探している方に“Apple Arcade完全ガイド”をお届けする。
この記事では、2019年9月28日時点でリリースされているアクション・アクションアドベンチャーをまとめて26作品、おすすめと、その他、評価不能(バグなど)に分けて紹介するので、ぜひ参考にして欲しい。

Apple Arcade完全ガイド:パズル・アドベンチャー27作と特選おすすめ作品の紹介

aar-3
月額600円で、独占の特別なゲームが遊び放題になるゲームサービス『Apple Arcade』。
どんなゲームがあって、どれがおすすめなのか、ゲームを探している方に“Apple Arcade完全ガイド”をお届けする。
この記事では、2019年9月28日時点でリリースされているアドベンチャーとパズルゲームをまとめて27
作品、おすすめと、その他、評価不能(バグなど)に分けて紹介するので、ぜひ参考にして欲しい。

魔界村を現代に復刻させるべく作られた『マルディタカスティーラ ドン・ラミロと呪われた大地(Maldita Castilla EX)』が10月24日iOSに登場。コントローラーにも対応

Maldita Castilla EX (itunes 480円 iPhone/iPad対応 / Steam)
ss1
カプコンの往年のアクション『魔界村』が好きなプレイヤーが、新作が出ないこのジャンルを復活させようと製作したゲーム『Maldita Castilla EX』がApp Storeの予約受付が始まった。
価格は480円、2019年10月24日リリース予定。
一部では「魔界村すぎる!」と言われたが、ずっと新作が出ていないシリーズのゲーム性を受け継ぐことには意味がある。
それはゲームプレイヤーに支持され、日本でも2017年に『マルディタカスティーラ ドン・ラミロと呪われた大地』という名前で3DSに登場している。

Apple Arcadeの商売を考える、『ドラゴンボール』とバンダイの歴史など - ゲームニュース

ケムコ増税前RPG20作大セール開始! バンナムもリトルナイトメア前日譚『ベリーリトルナイトメア』をちょっと値下げ - 9月27日の値下げゲーム情報

商売としてみたApple Arcade。

『マリオカート ツアー』初日DL数は2,000万以上と調査会社SensorTowerが発表。看板タイトルが任天堂史上で最高のスタートを切る

tori-3
「なら、実写版DBは?」
と話題になっているが、実写版は集英社がお金を出せなくてNOと言えなかった最大の失敗案件と鳥嶋さんが過去に語っている。
あと、こういった話ではさすがに版元が強く言いがちなので、バンダイの言い分はほぼ入っていないところは考えた方がいいかも。

触って動いているだけで気持ちいいアクション『モチ上ガール』。面白ければなんでもいい。ストーリーも設定もどうでもいいという力強い作品 - Unite2019レポート

PC・スマホゲームに付加価値をつけてSwitchに移植する。Unite任天堂ブース展示にみるゲーム移植事例7作
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント