RSS

記事一覧

『Vainglory』運営元のRogue Gamesがサービス運営を放棄。開発元のSEMCがサーバーを再建し「プレイヤーがゲームを運営できる」新方針を発表

01
3月27日は『Vainglory』にとって悪夢の日になった。
『Vainglory』を運営しているRogue Gamesが、サーバーを3月27日に突然シャットダウンし、プレイヤーから見るとサービスは突然に終わったのだ。
そのスケジュールは急で、3月25日にSEMC開発元であり旧運営のSuper Evil Mega Corp(SEMC)に伝えられて2日後にサーバーが停止し、プレイヤーには4月1日になるまで詳細は知らされなかった。
現在、SEMCがサービスを復活させたが、今後はプレイヤーがサーバーを立ててゲームを運営できる『Vainglory Community Edition』としてアップデートされていくことが発表された。
サービスが終わってしまうゲームや、オフライン版が発表されるゲームもある。しかし、ゲームを愛するプレイヤーが自腹でサーバーを運営して続けるのもまた、1つの道だろう。

『あつまれ どうぶつの森』ヒットの秘訣はソーシャル要素ではないか、春のゲーム感想文コンテスト応募募集など - ゲームニュースまとめ


01
応えの1つとして、いままでのクオリティ+物量という形で回答は正しい気がする。
ただ、私としてはこの物量とカスタムの要素が任天堂のファンベースに乗ってソーシャル要素として機能しているのがヒットの理由だと思っている(もちろん、Switchのヒットもある)。
ファンがつながってお気に入りの島を見せあったり、Youtubeで部屋見学を放送したり、そういった時代が『どうぶつの森』に味方して、かつてなく面白く感じているのだと思う。
ソーシャルな時代は、長い間ファンを大事にしてきた任天堂に味方している(だからスマホももっといいゲーム出してくれ…)

『ラブプラス』の箕星太朗さんが『NEW CROWN』教科書のキャラクターをデザイン。令和3年度から英語学習をサポート

深夜アニメがごとく飛び交う白い光! 肌色率高すぎの『ダンキラ』エイプリルフールがとにかくすごい。

ハーレム伝説事件。サービス中の王道ゲームを買収し、主人公をハーレム好きのゲス野郎に改変した事件はなぜ、起きたのか。開発会社に聞く。

ゲームの感想を書いて遊ぼう!春のゲーム感想文コンテストを実施します。締め切りは2020年4月18日

4月4日の新作スマホゲー19本感想。5分でクリアできる軽量・豚さんアクション『ブタボー』がお手軽で楽しいぞ!

※価格は記事執筆時のものなのでDL時にストアで確認してください。

注目のゲーム
ブタボー (itunes 無料 /GooglePlay 無料)

傾け操作+ジャンプでぶたさんボールを転がし、ゴールを目指す横スクロール短編アクション。 簡単に見えてちょっと苦戦する。でも、すぐクリアできる。
5分でクリアできるし、ちょっとした暇つぶしにおすすめの良いアクション。

RPG『盾の勇者の成り上がり』半額、DSのタワーディフェンス『Lock's Quest』リメイク版が半額に - 4月4日の値下げゲーム情報:RPG・SLG編

新型コロナウィルス対抗応援で安くなっているゲームが多いため、ジャンル分けしてセールを紹介中。
各ジャンルまとめはそれぞれ下記で。
RPG・SLG編 / パズル・アドベンチャー編 / アクション・STG
※価格は記事執筆時のものなので、購入前にストアで確認してください。

注目のセール
盾の勇者の成り上がりRelive The Animation (itunes 1,220円→610円 / GooglePlay 1,220円→610円)
ss1
アニメ『盾の勇者の成り上がり』をRPGツクールMVで再現したRPG。
アニメのカットシーンが多く盛り込まれている。
未プレイだが、ファンの方で欲しい方もいるかもしれないので掲載。

Rayarkのリズムゲーム『Cytus 2』が無料、『怒首領蜂大復活HD』や『デススマイルズ』などケイブの弾幕シュー4作が価格改定で半額に - 4月4日の値下げゲーム情報:アクション・STG編

新型コロナウィルス対抗応援で安くなっているゲームが多いため、ジャンル分けしてセールを紹介中。
各ジャンルまとめはそれぞれ下記で。
※価格は記事執筆時のものなので、購入前にストアで確認してください。

注目のセール
Cytus II (itunes 240円→無料 / GooglePlay 無料)
552x414bb
『Deemo』で一躍有名になったRayarkの初期ヒット作、『Cytus』の続編。
画面に次々と浮かび上がるマーカーを、曲に合わせてタッチ、スワイプ、ドラッグしていくゲーム。
リズムゲームとしての演出が強化されたのはもちろんだが、今回はゲーム内の登場人物たちと彼らを取り巻くキャラクターの豊富なストーリーなどが存在し、今風のSNS表現で語られる。

人体機械をモチーフにした『Homo Machina』無料、不思議な夢世界を歩く『Strange Telephone』が半額セール開始 - 4月4日の値下げゲーム情報:パズル・アドベンチャー編

新型コロナウィルス対抗応援で安くなっているゲームが多いため、ジャンル分けしてセールを紹介中。
各ジャンルまとめはそれぞれ下記で。
RPG・SLG編 / パズル・アドベンチャー編 / アクション・STG
※価格は記事執筆時のものなので、購入前にストアで確認してください。

注目のセール
Homo Machina (itunes 370円→無料 iPhone/iPad対応 / GogolePlay 450円→無料)
homo01
クリスマスセールで初の値下げ。
人間の体を1つの巨大で複雑な機械として描くドイツ作家フリッツ・カーンさんのに影響を受け、人体を機械として忙しく動かすパズルゲームとして表現したもの。
脳から指令を受けるたび、体の中にいる作業員が目、口、鼻、手、足と次々に忙しく動かし、動きも感情も機械的に表現する試みは面白いだけでなく、人体の構造を再度学ぶ機会にもなる。同時に「なぜ、体を動かすのか」を考えるショートフィルム的なパズル・アドベンチャーとして作られており、この映像に目を引かれるなら試すべき興味深いゲーム。
紹介:人体の動きと感情を機械で表現する『Homo Machina』レビュー。フリッツ・カーンの人体機械構造図をゲーム化

釣竿フックアクション・アドベンチャー『Legend of the Skyfish 2』Apple Arcadeでリリース。ゼルダ+海腹川背÷2な感じを気楽に楽しめる作品

Legend of the Skyfish 2 (itunes Apple Arcade)
ss1
釣竿フックアクション・アドベンチャー『Legend of the Skyfish 2』がApple Arcade専用でリリースされた。
本作はSFC『ゼルダの伝説』を思い出させる2Dアクション・アドベンチャーに釣竿を利用したアクションを加えたものだ。
遠くの敵に釣り針を引っ掛け、あるときは引き寄せ、あるときは主人公が釣り針をひっかけて移動し……素早く戦うことができる(このあたりがややゼルダ+海腹川背÷2と言った感じ)。
前作では操作性に不満が残ったが、今回は自由な方向に針を投げられるようになって操作性の不満も解消。

爆弾を産むニワトリがフライドチキン・チェーンを壊すパズルアクション『Bomb Chicken』レビュー。一見色モノ、遊ぶと軽快操作の骨太のパズルアクション

Bomb Chicken (itunes 610円 / Steam 1,500円)
ss1
私たちは、いつも食べている食品の原料について驚くほど無知だ。
たとえば、安い・美味しいの代名詞チキン。あれほど大量の肉を、毎日途切れず大量生産できるなんておかしいと思わないだろうか?
世界で展開する青いソースで人気のBFC(ブルー・フライドチキン)なんて、世界中で1日に何万トンものチキンを使っている。
遺伝子組み換えとか、その程度の小手先の技で用意できるわけがない。
そして、『Bomb Chicken』をプレイすることで我々はついにその真実にたどり着いた。チキンは科学と魔法の融合で大量生産されていたのである。

『ラブプラス』の箕星太朗さんが『NEW CROWN』教科書のキャラクターをデザイン。令和3年度から英語学習をサポート

2020-04-03_19h32_12
英語の教科書で有名な『NEW CROWN』に、令和3年度より箕星太朗さんがデザインしたキャラクターが登場することが発表された。
箕星太朗さんは、『ラブプラス』などのキャラクターデザインで有名なイラストレーター。
プレイヤー……じゃなかった、学生の皆さんは、わかば市に住む6人の中学生とともに英会話を学ぶこととなるという。
なんと教科書に登場するキャラクターたちの紹介ムービーまで用意されているので、ちょっと見てみよう。

これを遊べばシューティング初心者も弾幕ゲー熟練者に!? 『弾幕月曜日終章』4月13日発売、App StoreとGoogle Playで予約受付も開始

01
スマホ向け弾幕シューティングゲーム『弾幕月曜日終章 / Bullet Hell Monday Finale』が4月13日に配信されることが発表され、App StoreとGoogle Playでの予約受付が始まった。
公式発表によると『弾幕月曜日終章』は、初心者でも楽しめる弾幕シューティングゲームで、弾幕をかわして敵を撃破し、機体を強化しながらチャプターモードの突破を目指すものになっているという。
人気となった初代『弾幕月曜日』をさらに修正し、初代のコンセプトである「初心者を、無理なくいちからシューターに育てる!」というものを感じる

『エヴァンゲリオン バトルフィールズ』iOS/Androidでサービス開始。アニメと見まがうほどのグラフィックを見よ

エヴァンゲリオン バトルフィールズ (itunes 無料 / GooglePlay 無料)
ss3
『エヴァンゲリオン』の世界を3Dグラフィックで完全再現……と言ううたい文句に偽りなし。
アニメと見まがうばかりのグラフィックを誇る『エヴァンゲリオンバトルフィールズ』がiOS/Android向けにサービスを開始した。
本作はに加え、 1vs1で戦うデッキ・コマンドバトルを主軸にしつつ、キャラクター同士の掛け合い、街作りが楽しめる対戦ゲームとなっている。
4月2日にサービス開始であったが、サービス開始まもなく長期メンテナンスに入り、4月3日21時にメンテナンスを終えた後にふたたびメンテナンスに入り、23時現在はそれなりにつながるようになっている。

深夜アニメがごとく飛び交う白い光! 肌色率高すぎの『ダンキラ』エイプリルフールがとにかくすごい。

ダンキラ!!! - Boys, be DANCING! - (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ゲームキャストがまとめたエイプリルフールネタのなかで、もっとも笑えたのがこれだ!
コナミの女性向けリズムダンスゲーム『ダンキラ!!! - Boys, be DANCING! -』が5月のサービス1周年を前に荒ぶるエイプリルフールイベントを実施している。
本作は3人のキャラクターが華麗なダンスを見せるリズムダンスゲームなのだが……エイプリルフール似合わせて、舞台が温泉になりキャラクターは全員衣装はタオルを腰に巻いただけに。
その姿でダンスするモノだから……大変すぎることになっている。

ハーレム伝説事件。サービス中の王道ゲームを買収し、主人公をハーレム好きのゲス野郎に改変した事件はなぜ、起きたのか。開発会社に聞く。

どうしても、このソシャゲ運営の行動が理解できないのです。
無理なお願いかもしれませんが、その理由を調べられたら記事にしてください。
ゲームキャストにはときおり、ソシャゲに関する調査依頼がくる。
大抵は無理な依頼だが……偶然にも調べることができたのでメールをくださった方のために記事化する。
「このゲームは、×月より運営元を●●社に移管します」
近年、苦戦しているソーシャルゲームが他社に移管され、運営元が変更されることがままある。運営の変化によってアップデート頻度が変わったり、課金要素が変化したりすることもあり、プレイヤーにとっては大事件だ。

その運営移管の事件でもとくに話題になった……闇案件とも言われる事件が、今回説明する『ハーレム伝説事件』である。

1980年代風ヘリシューティング『ジャイロブレード』がiOS/Android向けにリリース。懐かしのゲームを作る、ひで殿さんのインディーゲーム

GyroBlade - ジャイロブレード (itunes 無料 / GooglePlay 無料)
Collage_Fotor
PC-8801、X68000、PC-9801を触ってゲームを動かす少年時代を送り、ゲームと関係ない仕事に就きつつも今、レトロゲーム風の作品を開発しているひで殿さんより、見下ろしのヘリシューティング『ジャイロブレード』がiOSとAndroid向けにリリースされた。
本作は1980年代の空気を感じる見下ろしのヘリシューティングで、操作はプレイヤーの指に合わせてヘリが移動するのみ。
ショットはオートでボムなどの仕組みはなく、最大2段階のパワーアップに頼って全8ステージを攻略するシンプルなシステムのゲームとなっている。
序盤は少しだけ退屈だが進むと難易度が上がり、ダメージを受けてパワーダウンするとしばらく苦労する。懐かしいテイストの作品に仕上がっている。

2020年度スマホゲームのエイプリルフールネタまとめ。

毎年恒例、エイプリルフール。
今回は、ここにネタをまとめていく。

凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント