RSS

記事一覧

『Hitman Go』などを開発したOnoma(旧Square Enix Montréal)が閉鎖。『Hitman Sniper: The Shadows』、『Space Invaders: Hidden Heroes』など4タイトルのサービス終了を発表

ss_36625e16b14f8db02d7c8cf6e2fa2fe2bd4a9313.1920x1080
Onoma(旧Square Enix Montréal)は、スマートフォンゲーム『Arena Battle Champions』、『Deus Ex Go』、『Hitman Sniper: The Shadows』、『Space Invaders: Hidden Heroes』のサービスを、現地時間2023年1月4日に終了することを発表した。

Square Enix Montréal はスクウェア・エニックスから Embracer Group に2022年8月に売却され、10月に Onoma とスタジオ名を変えて再出発していた。
が、11月には同じく Embracer Group に買収された Crystal Dynamics(近年の『トゥームレイダー』シリーズを開発) と Eidos-Montréal(『Marvel's Guardians of the Galaxy』などを開発)に開発能力を集中させるために閉鎖され、一部の開発社が移動したることが GamesIndustry.biz で明かされていた。

令和最新ゲームボーイ向けROMカートリッジゲーム『Neko Can Dream』が11月27日発売開始。12月3日にはiOS/Android版も登場

Neko Can Dream (App Store 予約受付  / GooglePlay 予約受付 / ゲームボーイ版)
cartridge_3
創作サークルのAmaitorte(アマイトルテ)は、猫分儀スミレによるゲームボーイソフト、『Neko Can Dream (猫缶ドリーム)』のROMカートリッジ版を2022年11月27日0:00より、発売することを発表した。
本作は8ビットの世界に広がる夢を集めるアドベンチャーで、8ビット風ではなく、ゲームボーイが発売された80年代当時の技術水準で制作された本物の8ビットゲームで、実際にゲームボーイ互換機で動くROMカートリッジで提供されることを特徴としている。
ROMカートリッジは11月27日0:00より同サークルの公式サイトで通信販売されるほか、同日東京ビッグサイト西ホールにて開催されるイベント『自主制作漫画誌展示即売会 COMITIA』でも数量限定で販売予定。
また、App Store / Google Play 向けには予約受付が始まっており、こちらは同じ内容のゲームが12月3日にリリース予定となっている。

2Kの『シヴィライゼーションⅤ』を基にしたMMOSLG、『シヴィライゼーション: 覇者の君臨』11月29日リリース。3種の勝利条件を持つ独自性の高い『Travian』系戦略ゲームになる模様

シヴィライゼーション:覇者の君臨 (App Store 予約受付  / GooglePlay 予約受付)
01_正式サービス開始日決定
ネクソンは、株式会社NDREAMが開発する新作モバイルMMOSLG『シヴィライゼーション:
覇者の君臨』の日本正式サービス開始日が2022年11月29日(火)に決定したことを発表し、アプリストアでの事前登録を開始した。
『シヴィライゼーション』は 2K が開発する人気戦略ゲームシリーズ。
文明の指導者となり、文化や化学を育成しながら国を育て、最終的に世界制覇を目指す、戦略ゲームだ。単に軍事力で世界を占領しても良いが、科学水準を高めて他国を圧倒したり、文化力を高めて他国の尊敬を集めて世界を制覇したりもできる、勝利の方向性が複数存在することが特徴。
本作はなかでも『シヴィライゼーションⅤ』をベースとして、大勢のプレイヤーが勢力を率いて同盟を作って世界の制覇を目指すものになるという。

『ドールズフロントライン』スピンオフ、『ニューラルクラウド』iOS/Android向けにサービス開始。オートバトラー+ローグライトな挑戦的バトルシステム採用

ニューラルクラウド (App Store 基本無料 / GooglePlay 基本無料)
FiQcOqsUUAADIFG
サンボーンジャパンは本日11月24日、探索型ストラテジーRPG『ドールズフロントライン:ニューラルクラウド』を App Store / Google Play 向けに配信開始したことを発表した。
本作は『ドールズフロントライン(ドルフロ)』のスピンオフタイトルで、原作に登場した“人形(人型ロボット)”たちが電脳世界で戦いを繰り広げる。
ゲームシステムとしては、キャラクターがAIに基づいてオートで戦うオートバトラー系のバトルに、ステージ内でランダムなパワーアップ要素を選択して戦力を強化しながら戦うランダム要素をくわえたものを採用。
システム面でチャレンジが感じられるゲームとなっている。

『ウディタ』こと『WOLF RPGエディター』大幅バージョンアップのVer3公開。従来は非公開だった機能が使える有償のPRO版も

2022-11-22_19h34_08
『ウディタ』の名前で親しまれるゲーム製作ツール『WOLF RPGエディター』が11年ぶりの大幅バージョンアップ。
ゲーム開発者SmokingWOLFさんは本日11月22日、多数の新機能追加やパフォーマンス改善などを盛り込んだ『WOLF RPGエディター』の Ver3 を公開した。
さらに、『ウディタ』使い込む人に向けて、従来は非公開だった機能が使えるプロ版がBOOTHにて税込5000円で販売開始されている。

「魔族に人権を!」 勇者に敗北し、虐げられた魔族が会社を立ち上げ、稼いだ金でロビー活動して人権(?)を取り戻す経営ゲーム『魔王&カンパニー』がiOS/Android向けにリリース

魔王&カンパニー (App Store 無料 / GooglePlay 無料)
My project-1
骨太ファンタジー戦記SLG『キングダムオーダー』の R.O.App より、iOS / Android 向け新作『魔王&カンパニー』がリリースされた。
今回のゲームは、人間と魔王の経済戦争を描いた1作。
舞台は勇者によって魔王が退治され、魔族と人間が同じ社会で平和に生きる世界。
もちろん、平和になってめでたしではなく……敗北した魔族は生活を制限され、頼みの魔王の娘は非力で反旗を翻すこともできない被差別民族まっしぐら。
そんな中、魔王の娘は「社会のルールにのっとって人間を倒す!!」と、会社を立ち上げて金を稼ぎ、ロビー活動で魔族の地位を上げる活動に乗り出す。
もちろん、プレイヤーは魔王の娘を操作して、人間たちを、人間たちの法律の中でやっつけるのだ。

死を迎える老人の記憶をたどり、感じるRPG『Finding Paradise』が初めて日本語に対応し、iOS/Android/Switch向けに登場。スマホ版は定価から割引のセール中

Finding Paradise (App Store 650円 / GooglePlay 450円 / Switch 1,200円 / Steam 980円)
47ff4d46f82daa0f9e9d5293483125cd79e1cca3d7a993f25278b8656e62e9ed
そこは、記憶を修正する技術が発明された時代。
世界には死を前にした人間の記憶に手を加え、心残りや隠れた欲求を満足させて安らかに生を終わらせる仕事が生まれた。
そして、また今日も死にゆく者の記憶に入っていく……。
X.D. Network より、人間の人生をたどる記憶のRPG『Finding Paradise』が App Store / Google Play / Nintendo Switch 向けに発売された。
2017年にリリースされた Steam版は日本語に対応していないが、今回発売された上記3プラットフォーム版は日本語に対応したうえ、グラフィックが改善されている。
価格は App Store版が650円、Google Play版が450円、Nintendo Switch版が1,200円。

優れたインディーゲームを投票と審査で選出する『INDIE Live Expo Awards 2022』の11部門ノミネート作品発表。本日より一般投票受付開始

ILEAwards2022_logo
日本最大級のインディーゲーム紹介番組『INDIE Live Expo』で知られるINDIE Live Expo実行委員会は、独自に優れたインディゲームを表彰する『INDIE Live Expo Awards 2022』のノミネートタイトルを発表し、本日2022年11月15日より一般投票の受付を開始した。
本アワードでは、一般投票の結果を踏まえ、INDIE Live Expo実行委員会が選出したAwards審査団によって受賞タイトル、大賞タイトルが決定される。
受賞タイトルは、2022年12月3日(土)、4日(日)に生配信を予定しているインディゲーム紹介番組『INDIE Live Expo Winter 2022』上で発表予定となっている。

バトルのたびに最初から。デッキを作りながら戦うRPG『綻びのアーキテクト』発表。『イラストチェイナー』のガンズターン制作、元ミストウォーカーのKENEIさんがアートの意欲作

FgH36_9UAAELowq
負ければ負けるほど、楽しくなるRPG——。
300万DLを超えた『イラストチェイナー』、シンプルだけど読ませるノベル『メビウスの心臓』のガンズターンの完全新作『綻びのアーキテクト』は、そんなコンセプトのデッキビルド系RPGだ。
ビジュアル面では元ミストウォーカーで『テラバトル』や『ファンタジアン』などに参加し、現在は『ONI - 空と風の哀歌』が注目を浴びるKENEIさんが魅力的なキャラクター、世界を演出。
インディー・同人ゲーム展示即売会のデジゲー博2022で初めて発表されたゲームの中でもかなり期待を感じさせた本作を今回は紹介していく。

宇宙の龍脈を追う少年少女の物語『OPUS 星歌の響き』、日本語吹き替え対応してiOS版の予約受付開始。予約すると12%オフで購入可能

OPUS 星歌の響き (App Store 1,200円 / Steam 2,570円 / Switch 2,680円)
552x414bb (1)
台湾のインディーデベロッパー SIGONO は、『OPUS:星歌の響き』の App Store 向け予約受付を開始した。
リリース前に予約をすると、通常価格の12%オフである1,200円で購入できる。
本作は地球を探す旅を描いた『OPUS  地球計画』、失われた技術を復活させて宇宙葬を執り行う『OPUS 魂の架け橋』に続く『OPUS』シリーズ第三弾。
“龍脈”のエネルギーを巡って大国が争い荒廃した宇宙を舞台に、龍脈を探す少年と龍脈を探す歌声を持つ巫女エイダがと出会い、その謎を解きながら物語は進んでいく。
どこか神秘的なグラフィック、美しい音楽や歌に彩られるシリーズの特徴はそのままに、今作では日本語吹き替えにも対応。より自然に物語に入り込める。
先行する Steam 版の評価は「圧倒的に好評」となっている。

『The Game Awards』ノミネート作品発表。大賞は『エルデンリング』など5作品、モバイル賞は『幻塔』や『マーベルスナップ』などノミネート

627147
ゲームジャーナリスト Geoff Keighley さんが主催する国際的なゲームのアワード『The Game Awards 2022』のノミネート作品が発表され、一般投票が同イベントのDiscordにて開始された。
受賞の発表は12月8日(現地時間)にライブ配信で発表予定。
2022年度のゲーム・オブ・ザ・イヤー(GOTY)にノミネートとされたのは以下の6作品。

ゲーム・オブ・ザ・イヤー
『A Plague Tale: Requiem』
『エルデンリング』
『ゴッド・オブ・ウォー ラグナロク』
『ホライゾン Forbidden West』
『Stray』
『ゼノブレイド3』

19世紀ヴィクトリアン・ロンドンの幽霊屋敷の物語『Spooky Salvage』発表。『触手を売る店』のAchamothさん新作 #デジゲー博2022レポート

FhZRpiwakAAxZSI
19世紀のロンドン。
そこにたたずむ幽霊屋敷には、記憶と物語がある……。
オリエンタルゴシックな世界観でファンを獲得した『触手を売る店』作者Achamothさん新作は、19世紀ヴィクトリアン・ロンドンの世界。
屋敷の家具に宿る霊を集め、その物語を見るゲーム『Spooky Salvage』がインディー・同人ゲーム展示即売会のデジゲー博2022にて展示されていた。

農山村画家が描き、野山でとった自然音が彩る、キツネとタヌキとカエルの物語『里山のおと』。癒しのノベルゲームが2023年PCとiOS向けにリリース予定 #デジゲー博2022レポート

FgzeUFiaEAE3q1x
キツネくんとタヌキくん、そしてカエルくん。
かわいい3匹が里山で過ごす様子を描いた癒し系のノベルゲーム『里山のおと』がインディー・同人ゲーム展示即売会のデジゲー博2022に展示されていた。
本作は農山村画を描くイラストレーター美智さんとプログラマーの夫婦が制作しており、ゲームの音も実際に自身が山に入ったときなど録音したものを使用しているという。
まさに、制作者の生活に根付いたインディーゲームと言えそうだ。

次の『カニノケンカ』は育てるところから。デジゲー博2022で展示された新たな『カニノケンカ』

Digi_0002
カニが戦いを繰り広げる格闘ゲーム、『カニノケンカ』シリーズ新展開。
11月13日に行われたインディー・同人ゲーム展示即売会『デジゲー博2022』にて、『カニノケンカ』シリーズ新作が発表された。
『カニノケンカ』は、カニを操作して戦う1vs1の対戦格闘ゲーム。カニを操作する独特の難しさ、シュールな見た目などが話題を呼び、スマッシュヒットタイトルとなった。
シリーズ新作はカニを育てて戦わせる育成・バトルゲームで、タイトルは未定となっている。

バンダイナムコ、『第1回 GYAAR Studio インディーゲームコンテスト』発表。受賞者には総額最大1億円の支援金、バンナムの開発ノウハウ支援、開発拠点利用などの特典

IMG_3344
バンダイナムコスタジオのインディーゲームレーベル GYAAR Studio 主導の新たなインディーゲームコンテスト『第1回 GYAAR Studio インディーゲームコンテスト』が発表された。
本コンテストでは、制作中のゲームなどをエントリーした開発者から、プラチナ賞1名、入賞7名(いずれも最大)を選出し、総額で最大1億円の支援金を提供。
さらに、バンダイナムコスタジオによる開発支援や、バンダイナムコスタジオオフィス内に設置される開発拠点「GYAAR Studio Base」のフリー利用、パブリッシュ支援、IP(キャラクターなどの知的財産)共創支援といった支援プログラムを用意が利用できる。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント