RSS

記事一覧

ついに完全版『ファイナルソード』がApp Storeに登場。Nintendo Switchからの逆移植で無料体験も可能。 バグ満載の旧バージョンもセール開始。

ファイナルソード (App Store 無料)
91
HUP Games は、App Store に向けて同社の3DアクションRPG『ファイナルソード』の販売を開始した。
アプリは無料でダウンロードでき、途中から860円の完全版ライセンスを購入してプレイを継続する仕組みとなっている。

本作は剣と魔法を駆使して冒険を繰り広げ、邪悪と戦う少年を描いたゲーム。
もともと2019年にスマホで発売されていたが、本作は2020年7月に Nintendo Switch でアップグレード版が発売され、今回はそのアップグレード版の逆移植となる。
グラフィックや操作性、カメラワーク・動作の向上に加えて、スタミナゲージとレベルアップによるスキル学習システムなどが追加。
以前のスマホ版よりまともに遊べるモノに仕上がっている。

町を復興して、歩き回って住人と話せる『Dottania』、11月20日にiOS/Androidでリリース予定。建築+アドベンチャーのドット絵ゲーム

09
ちまちましたドット絵で描かれる町を治めて復興する“町復興アドベンチャー”の『Dottania』が、iOS / Android 向けに11月20日にリリースされることが発表された。
価格は770円(予定)。
本作は5人の主人公がそれぞれの町を復興させていく街建築シミュレーションであり、同時に復興した町をプレイヤーが歩き回って国民と話せるアドベンチャーでもある。
主人公それぞれにストーリー・ビジュアル・特色が異なる町が用意されており、ちまちました可愛いドット絵で描かれる町を作り、歩いて回りたいプレイヤーには注目の1作になりそうだ。

世界有数の対戦ゲームがスマホに上陸。『リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト』iOS/Androidでサービス開始

リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト (App Store 無料 / GooglePlay 無料)
2020-10-28_15h27_56
世界で最も人気があるゲームの1つである対戦ゲーム『リーグ・オブ・レジェンド』のスマホ版『リーグ・オブ・レジェンド ワイルドリフト』が iOS / Android 向けのサービスを開始した。
公式にはオープンベータとあるが、Riot Games はベータからそのままゲームサービスを続けるので、実質的に本サービス開始と考えてよいだろう。

本作はプレイヤーがそれぞれ1人のチャンピオンを操作して5人でチームを組み、チームで戦う対戦ゲーム。
アクションゲームのように戦いながらも、プレイを通じてキャラクターLVを上げて成長する計画を立て、成長したキャラクターをどこで活躍させるか選択し、最終的に敵本陣を破壊する戦術要素が強いプレイが人気を博している。
これまでも『モバイルレジェンド』など同じジャンルのゲームはスマホに存在したが、本作はPCゲームの体験をスマホに持ってくることに重点を置いており、より奥の深い戦術を楽しめるようだ。

『オクトパストラベラー 大陸の覇者』iOS/Android向けにサービス開始。物語重視の1人用RPG

オクトパストラベラー 大陸の覇者 (App Store 無料 / GooglePlay 無料)
01
Nintendo Switchで好評を博した『オクトパストラベラー』の新作、『オクトパストラベラー 大陸の覇者』が iOS / Android 向けにサービス開始となった。
本作は Nintendo Switch で好評を博したHD-2Dグラフィックを継承しつつ、8人編成コマンドバトルを採用したスマホオリジナル作品。
前作と同じオルステラ大陸で、主人公は富・権力・名声を極めた巨悪に立ち向かう“選ばれし者”となる。
ストーリーを主軸としたRPGで、リリース時点でエンディングが用意されており、2年間は続けるだけの展開の構想も準備されている物語主軸のRPGとなる。

この冬はバーチャルピザ屋でバイトしよう! 『Five Nights at Freddy's: HW』がiOS/Android向けにリリース。 アニマトロニクスを修理する楽しいお人形組み立てゲームも同梱

Five Nights at Freddy's: HW (App Store 610円 / GooglePlay 520円)
ss2
VR向けに作られた『Five Nights at Freddy's』こと、『Five Nights at Freddy's: Help Wanted』が iOS / Android 向けにリリースされた。
『Five Nights at Freddy's』は、人間を喰らうアニマトロニクスが徘徊する深夜のピザ屋のアルバイトをして、無事生き延びるホラーサバイバルゲームシリーズ。
本作はその初代作品から4作目、さらに『Five Nights at Freddy’s: Sister Location』のワンシーンを3Dでリメイクし、楽しめるように作り直したもの。
アニマトロニクスを修理するミニゲームも収録しており、これまで恐ろしいだけの存在であったアニマトロニクスに愛情を注ぐこともできる(なお、手順をミスすると即座に死亡)。

スマホ版『Bloodstained: Ritual of the Night』、NeteaseとArtPlayの共同開発を発表。買い切りでiOS,Androidにゲーム機版の体験を移植

main
中国NetEase Gamesは本日2020年10月26日、株式会社ArtPlayと共に『Bloodstained: Ritual of the Night』のスマホ版を共同開発し、配信することを発表した。
同作は18世紀のイギリスを舞台に、身体が結晶化する呪いをかけられた孤児のミリアムを操作し、悪魔の城を探索し、武器やアイテムを集め、戦う横スクロールアクションゲーム。
『悪魔城ドラキュラ 月下の夜想曲』などのプロデューサーを務めた五十嵐孝司さんが制作し、クラウドファンディングで多額の寄付を集めて話題になった作品で、インディーゲームながら世界で100万本以上を販売している。
プラットフォームは Android と iOS。日本語、英語、イタリア語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語、ポルトガル語、韓国語など対応し、1度購入すればずっと遊べる形式になる。

『ロックマンX DiVE』iOS/Android向けにサービス開始。ワイヤレスヘッドホン(ゼロモデル)が当たるリリース記念キャンペーンも同時に始まる

ロックマンX DiVE (App Store 無料 / GooglePlay 無料)
ss1
台湾・香港・マカオ・東南アジア向けにサービスされていたゲーム『ロックマンX DiVE』が、ついに日本の App Store / Google Play でダウンロードが始まり、サービス開始となった。
本作は『ロックマン』シリーズのキャラクターを操作できるオールスター・アクションゲーム。
原作同様の操作で横スクロールアクションステージ・ボスを攻略していく作品で、過去のスマホ向け基本無料『ロックマン』よりもアクションに重点を置いた作品となる。

そこにあるのは、滅びた世界と少女と船だけ。ゾンビも何もない終末を旅する『FAR: Lone Sails』レビュー

FAR: Lone Sails (App Store 500円 / GooglePlay 620円 / Steam 1,520円)
01
そこにあるのは週末を迎えた世界と、少女と、不思議な船だけ。
狂った機械も、ゾンビもいない。
『FAR: Lone Sails』は、そんな終末世界を旅するゲームだ。

言葉を使った明示的な演出はなく、プレイヤーは少女を操作して世界を見て回り、風景から何かを感じ取ることしかできない。
文明は滅びきってしまったのか、少女は本当に最後の1人なのか。
さあ、終末の世界の旅行に出かけよう。

最小限のローグライトな仕組みを備えたパズルRPG『Dungeon Falan』レビュー。ザ・直球『Dungeon Raid』クローン

Dungeon Falan (App Store 370円)
Collage_Fotor
2012年、『Dungeon Raid』というコアなスマホゲーマーの間で流行したパズルRPGがあった。
3マッチパズルの盤面をダンジョンに、パネルを消すプレイヤーを冒険者に見立てたパズルRPG……以上のものだった。
死んだら毎プレイ最初から、毎プレイランダムにダンジョンやパワーアップが生成されるなど、後に“ローグライト”と呼ばれて流行するゲーム群の特徴を備えており(2012年なのに!)、中毒者が続出。
『パズドラ』がこのゲームを参考に作られるなど、日本のゲーム業界にも大きな影響を与えた。
が、iOS ではこのアプリが削除されて久しい。

そんなところに登場したのが、今回紹介する『Dungeon Falan』。
直球の『Dungeon Raid』クローン系ゲームで、基本ルールは『Dungeon Raid』とほぼ同じ。細部は違うが、ビジュアルをアップデートした『Dungeon Raid』として遊べる。

『Alto's Adventure』の開発者が新スタジオLand & Seaを設立。『ICO』や『風ノ旅ビト』のようなフォークゲームを開発中

2020-10-22_23h20_14
『Alto's Adventure』のアートに魅せられたプレイヤーに朗報だ。
同作品の開発・アートを手がけた Harry Nesbittさんが、新たな開発スタジオ Land & Sea を設立し、新作ゲームを開発していることが明らかにされた。
スタジオにはプログラマーとして『Alto』シリーズの Joe Graingerさん、コンポーザー兼オーディオデザイナーとして『Monument Valley 2』のTodd Bakerさんが名を連ねており、アートが強いゲームが好きなら注目せずにいられない陣容だ。
なお、Land & Sea 設立で『Alto's Adventure』が終わるわけではなく、Land & Sea では過去2作をサポートされる。

水に飲み込まれた、美しくも厳しい地球を探索するシューティング『EARTH ATLANTIS 2』発表。前作で日本から寄せられた意見に耳を傾け、ゲームシステムも刷新

01
PIXEL PERFEX より、水没した地球を潜水艦で探索し、機械と融合進化した海棲生物と戦うシューティング『EARTH ATLANTIS 』の続編、『EARTH ATLANTIS 2』が発表された。
1作目は世界観に加え、鉛筆画で描かれるビジュアルが話題となり、インディーゲーム展示会である BitSummit で最優秀賞を獲得した作品。
ただし、製品に関してはいろいろと難点があり、日本では評価が低めにとどまった。

エイリアンに統治された地球で人類の反抗が始まる…『XCOM 2 Collection』11月5日に発売予定でApp Storeで予約受付開始。 DLC全部入りでPC版の11,000円相当が3,060円で揃う超お得パックで発売

XCOM 2 Collection (App Store 3,060円)
ss1
エイリアンと人類のたたかい再び。
スマホでは移植が難しいと言われるようなコンソール・PC向けのゲームを次々と移植する Feral Interactive から、『XCOM 2 Collection』の iOS 版が11月5日にリリースされることが発表された。
価格は3,060円だが、ゲーム本体に加えて『XCOM 2: War of the Chosen』など全DLCがセットになった完全買い切り版。Steamで同じ内容のパックを買おうとすると 11,097円(2020年10月21日時点)なのえ73%引きとも言える。
すでに App Store では予約を受けている。

古びた洋館と影のある少女、一晩の宿を求める何も知らない男…王道オカルトADV『ねじれた少女』レビュー。1時間で楽しめるクトゥルフ系物語

ねじれた少女(GooglePlay 無料)
Collage_Fotor
森で迷ったあなたは、古びた洋館を見つけ、一晩の宿を求めて戸を叩く。
「どちら様ですか?」
そういって顔をのぞかせた少女には、どこか違和感があった……。

今回紹介する『ねじれた少女』は、オカルトアドベンチャー。
1時間程度の短時間に楽しめて、好奇心をそそる選択肢と選択で変化する結末があり、スナック感覚で手軽に摂取できる王道のクトゥルフ系アドベンチャーだ。

蘇る『Dungeon Raid』の系譜。ローグライク・パズルRPG『Dungeon Falan』がApp Storeに登場

Dungeon Falan (App Store 370円)
091
2012年に登場し、一筆書きパズルとローグライク要素(今で言うとローグライトになるのかもしれない)を掛け合わした面白さで人気となり、あの『パズドラ』が参考にしたという『Dungeon Raid』。
現在は64bit対応(Appleのアップデートされた規格に対応する作業)されなかったため iOS では遊べないが、その直球のクローン系ゲームである『Dungeon Falan』が App Store に登場した。
価格は370円で、現在のところ追加課金要素はない。

毎プレイ違う経験ができる縦スクロールシューティング『LinearShooter』App Storeに登場。ランダム生成ステージ×膨大な種類のパワーアップの組み合わせ

LinearShooter (App Store 無料)
Collage_Fotor
AnnulusGamesより、初の作品となるランダムステージ生成型の縦スクロールシューティング、『LinearShooter』が App Store にリリースされた(Androidも開発予定)。
本作はランダムで生成される全5ステージ(シード値指定で同じステージを繰り返すことも可能)を遊び、スコアを競う縦スクロールシューティング。
5種類の機体、すべて重複する膨大な種類のパワーアップが用意されており、毎プレイステージも自機のショットも違う状態で楽しめる。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント