RSS

記事一覧

『XCOM®: Enemy Within』64bit対応。エイリアンの侵略を阻止しつつ、政府と交渉して予算を分捕る戦術SLG

XCOM®: Enemy Within (itunes 1,200円 iPhone/iPad対応)
XCOM®: Enemy Within
科学軍事機関XCOMの指令官となってエイリアンと戦うSFシミュレーションゲーム『XCOM®: Enemy Within』が64bitに対応してApp Storeに復活した。
兵士が死ぬとそのまま蘇らず(それでいて育成要素もある!)、成果を上げられなければ予算をカットされて組織はじり貧。負けるほどにつらくなるシビアさがハマる本作の64bit化は強く望まれていただけにうれしい。
日本語にも対応しているので、気になる方はこの機会にどうぞ!

なお、2Kは『Civilization Revolution 2』も近日アップデート予定としている。こちらも心待ちにしておこう。

紹介記事:取り返しのつかない死が生む面白さとドラマ『XCOM:Enemy Unknown』

ランダム生成の惑星を探索するSFアクション『Morphite』レビュー。美しいローポリ風景を何度も探索しよう

morphite-1
ローポリ風の美しい惑星をランダムに生成し、何度も探索を楽しめるFPS(主観視点のアクションシューティング)!
そんな触れ込みで開発された『Morphite』が、ついにリリースされた。
このゲームの発表時、『Noman's Sky』というランダム生成の宇宙を冒険するゲームが「ランダム生成はすごいが、やることは退屈」と賛否両論を呼んだが、その影響か本作は「メインを手で作りこんで、ランダム生成の惑星も楽しめる」方向に開発のかじを切った。
結果、メインをがっつり遊びつつ、ローポリのランダム生成の惑星を箸休めに楽しむ。見事にいいバランスのゲームを作ることに成功している。

定番『逆転裁判6』、ランダム生成の星をめぐる『Morphite』、美しき孤島を探索するパズル『The Witness』など期待作続々リリース - 昨日のゲームニュースまとめ

美しき孤島のパズル『The Witness』、ついにiOSでリリース
552x414bb

スマホ版『逆転裁判6』配信開始。成歩堂龍一と泥喜法介の活躍再び

ランダム生成の宇宙を冒険する『Morphite』ついにリリース。iOSはSteam版よりお安く提供

スマホ版『Minecraft』正式リリース。今後は他機種とスマホ版で同時プレイも可能

海外イラストレーターの世界〜日本の作家さんとの違いとは?〜 – キュービストブログ

スマホ版『逆転裁判6』配信開始。成歩堂龍一と泥喜法介の活躍再び

逆転裁判6 (itunes 120円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
576x768bb
カプコンはスマホ版『逆転裁判6』の配信を開始した。
本作はニンテンドー3DSの同名タイトルのアップグレード移植版で、日本とクライン王国の2カ国を舞台に初代主人公の成歩堂龍一と、新シリーズ主人公の王泥喜法介の2人が法廷で戦う法廷アドベンチャー。
Android版は3,000円の買い切り、iOS版は1話を購入した後でシナリオセットが2,400円、特別編が360円出購入できる仕組みとなっている。

追記:iOS11には対応していないようなので、購入は注意を。

美しき孤島のパズル『The Witness』、ついにiOSでリリース

The Witness (itunes 1,200円 iPhone/iPad対応)
552x414bb
美しい孤島を探索するパズルアドベンチャー『The Witness』のiOS版がついにリリースされた。
本作は美しい島を探索して、その風景を楽しみ、そこに隠されたヒントを探してはパズルを解くオープンワールドアドベンチャー+パズルゲーム。
PCやPS4などで好評を博してその品質は折り紙付きだが、iOS版は長い開発でリリース時期も発表されていなかった。
最適化問題などもあってリリースが非常に遅れているなどと噂されていたが……iPhone 8世代に切り替わるタイミングで問題がなくなってリリースされたのだろうか。いずれにせよ、出たらやるべきゲームの1つ。

iOS11のARトイカメラが楽しい、画面録画機能がディモールトベネ(良し) - 昨日のゲームニュースまとめ

iOS11、大量のARゲームとともにリリース。画面録画やQR対応で便利になったがバグも多い模様

iOS11の画面収録機能のやり方。デレステ・歌マクロスでも遊びながら録画可能な軽さ


iOS11の目玉、ARを体験したいなら『ARトイカメラ』を試すべし。ニワトリを無限に配置できる技術の無駄遣いアプリ

深く、濃いストーリー体験を。『テラバトル2』アプリ配信開始(サービスは21日15時より開始)

立てよ国民! グンマ海軍を率いてサイタマやトチギを倒すのだ!『最強!グンマ海軍』レビュー

ランダム生成の宇宙を冒険する『Morphite』ついにリリース。iOSはSteam版よりお安く提供

Morphite (itunes 960円 iPhone/iPad対応 / Steam)
552x414bb
ランダム生成の宇宙を冒険するアクションシューティング、『Morphite』が遂にリリースされた。
本作はMorphoiteと呼ばれる希少金属の謎を解明するメインストーリーと、地形から生物までランダムに生成される惑星を調査する遊びからなる。
メインとなるストーリー部分は手作りでステージが用意されており、ランダム生成の惑星はゲームに詰まったときに探索して惑星データを売り払ったり、原住民と戦ったりして宇宙船やパワードスーツを強化するサブクエスト的に遊べる。
ランダム生成ではゲームが薄くなることを考慮し、2層構造になっているゲームである。

スマホ版『Minecraft』正式リリース。今後は他機種とスマホ版で同時プレイも可能

Minecraft (itunes 840円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
480x360bb
スマホに『Minecraft』がやってきた。
スマホ版マイクラとして長く親しまれてきた『Minecraft Pocket Edition』がアップデートし、ゲーム内容がついにゲーム機やPCのマイクラと(完全ではないが)同じになったのだ!
今回のバージョンからはXBox版、Windows10版と同じのサーバーに接続して同じようにプレイが可能になる。また、XBOX IDでログインすれば他機種のアプリ内購入(スキンパック)もスマホで利用可能。
スマホの性能の許す限り、制限のないマイクラを楽しんで欲しい。

※具体的なゲーム機とプラットフォーム名を追加しました

立てよ国民! グンマ海軍を率いてサイタマやトチギを倒すのだ!『最強!グンマ海軍』レビュー

guntitle
知名度が47都道府県の中で最も低く、未開の地「グンマー」としてネットでネタにされ続けてきた群馬県。
すでにApp Storeの中ではグンマーというジャンルができてしまっている中で、最もお気に入りのグンマーゲームを紹介しよう。
厳選グンマー系ゲーム7選。群馬県はすでにジャンルなのだよ!
その名は『最強!グンマ海軍』。海のない国グンマの海軍を率いて、グンマをバカにする他県を攻め落とす浪漫海戦ゲームである。
それにしても、グンマの人々は侵略が好きだな……。

iOS11の目玉、ARを体験したいなら『ARトイカメラ』を試すべし。ニワトリを無限に配置できる技術の無駄遣いアプリ

arkamera01
iOS11の目玉昨日AR Kitによって、iPhoneはカメラを通じて取り込んだ映像を解析してより良い拡張現実機能を実現を合成できるようになった。
実際、App StoreでもARアプリを推している。が、ここはあえて上品なアプリではなく、AR Kitをおバカに使った『ARトイカメラ』をおすすめしたい。
AR Kitの力で、現実世界に無限にニワトリを配置したり、札束を振らせたり、汚い部屋に花を咲かせたりと、インパクトのある映像が取れるおバカなカメラは、AR Kitの力を見せつけてくれるはずだ。

iOS11の画面収録機能のやり方。デレステ・歌マクロスでも遊びながら録画可能な軽さ

ios11rr-1
iOS11の目玉機能の1つ、画面収録。
文字通り、iPhone単体で画面の動画をとって保存できる待望の機能である。
実際に『歌マクロス』と『デレステ』で試してみたところ……ものすごく実用的な機能になっていることがわかったので、画面収録のやり方を解説しつつ、実際にとった動画の実例もお見せしよう。

iOS11、大量のARゲームとともにリリース。画面録画やQR対応で便利になったがバグも多い模様

iOS-11-main
2017年9月20日(日本時間)、ついにiOS11がリリースされた。
今回の目玉はなんと言ってもARとApp Storeの完全リニューアル。App Storeのトップには毎日「今日のおすすめ」が登場し、ランキングはほぼ存在感を消した。
そして、AR KitというARが簡単に扱えるツールの解禁により、App Storeには大量のARゲームが並び始めた。

今振り返る『Infinity Blade 2』、群馬ファンタジーTRPGがカオスなど - 昨日のゲームニュースまとめ

厳選グンマー系ゲーム7選。群馬県はすでにジャンルなのだよ!

物語を知ると3倍楽しい『Infinity Blade II』。大ヒットで分断された物語を語ろう - 32bit遺産第7回
ibII-9

マニアックマンション作者の新作『Thimbleweed Park』、iOSでリリース。人口数十人の村で起きた事件を5人の視点で見るアドベンチャー

『群馬ファンタジーTRPG』攻略サバイバルガイド。何も知らずにグンマーに行けば死ぬぞ…

深く、濃いストーリー体験を。『テラバトル2』アプリ配信開始(サービスは21日15時より開始)

テラバトル2 (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
576x768bb
ミストウォーカーは、『テラバトル』の続編『テラバトル2』のiOS版アプリを配信開始した。
本作は基本のバトルシステムを踏襲しつつ、「深く、濃いストーリー体験のために」フィールドマップを探索する要素などを入れたという進化版の作品。
基本システムは面白かっただけに、どこまでの進化を見せてくれるか気になるところだ。
サービス開始は21日の15時から。事前登録も20日本日(時間は不明)まで受け付けているので、まだの方は登録して備えておこう。
テラバトル2事前登録サイト

物語を知ると3倍楽しい『Infinity Blade II』。大ヒットで分断された物語を語ろう - 32bit遺産第7回

ibII-18
iOS11で遊べなくなるゲームを紹介する32bit遺産第7回は第5回に続いて『Infinity Blade II』だ。
2つのストーリーで振り返る『Infinity Blade』。時代に愛されたスマホ最高の成功者の姿
『Infinity Blade 2』は、大反響を呼んだ1作目の影響を受け、そのままその人気を引き継いだ。
個人的には、2作目が一番お気に入りの『Infinity Blade』だ。システムも、難易度も、ボリュームも、すべてちょうどよかったように思う。
物語的にも最も興味深いのだが……前作の大ヒットは派生作品を生み、シリーズを単体でストーリーがわからない怪物に育て上げた。今回もまたネタバレ上等でストーリーを解説し、本作をより楽しめるように案内したい。

※記事を執筆した後に64bit対応したので、本作は正確には32bit遺産ではなくなった。万歳!
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント