RSS

記事一覧

2018年11月のゲームベスト5 - 『ドラゴンクエストモンスターズTW』の移植が、ドラクエ史上最高に良かった

title
恒例、ゲームキャストの選ぶ月間ベストスマホゲーム、2018年11月の作品を紹介していく。
なお、この順位は「2018年11月に紹介記事を書いたか、そこそこ以上プレイしたゲーム」から選出されているため、漏れているものもある。
ここにないおすすめゲームがあれば、ぜひコメント欄で紹介して欲しい。

2018年11月にゲームキャストがレビューしたゲーム9本一覧

2018年11月にゲームキャストで紹介したゲーム一覧。評価の高い(同じ評価だと最近レビューした順)順。気になるものがあればぜひ試してみて欲しい。


Alphaputt (itunes 500円 iPhone/iPad対応)
put-3
ロンドンのデザイン会社が作り上げた”所有欲を満たす”ミニチュアゴルフゲーム『Alphaputt』レビュー。目と耳を見たし、遊んで楽しい極上アート

2018年11月の人気記事ベスト5 - 忙しい人が遊べる短くて濃いゲーム6選、俳句異種格闘技戦『五七五オンライン』などが人気

2018年11月のゲームキャスト人気記事ベスト5。
お待たせ。

title01
短くて面白くて、無料なゲームってこんなにあったのか!
夜だけしか遊べないゲームとか、ひたすら印象的な瞳を見続けてデートするゲームとか……。
こういった記事はできれば続けていきたい。

無人の英国路地を探索する『Alleys - 路地探索』がセール開始 - 12月17日の値下げゲーム

※価格は記事執筆時のものなので、購入前にStoreで確認してください。

注目のセール
Alleys - 路地探索 (itunes 600円→360円 iPhone/iPad対応)
alleys-2
英国の路地をイメージしたテーマパークを脱出するインディーゲームで、台湾の開発者が1人で6年もかけて製作した作品。
脱出までの決まった順路はなく、好きなように世界を探索し、すべての謎を解かなくてもゲームをクリアできる新感覚脱出ゲーム。
謎でイライラすることなく、好きに見て回ってクリアする体験が楽しい。

豪華絢爛! 移ろう四季の中で戦うサムライ・ボードゲーム『MIYAMOTO』レビュー

title
桜の花びらが舞い散る庭で、最強の武士MIYAMOTO(宮本)が率いる軍団と戦うボードゲームアプリが登場した。
その名は『MIYAMOTO』。
ビジュアルだけで購入しようとすると、意外に古典的で骨太なゲーム内容に面食らうが、ボードゲーム好き、戦術ゲーム好きが遊ぶにはちょうど良いゲームだ。

サイレントヒルを感じるサイコホラーゲーム『Forgotten Memories』がセール開始 - 12月16日の値下げゲーム

※価格は記事執筆時のものなので、購入前にStoreで確認してください。

注目のセール
Forgotten Memories: Alternate Realities (itunes 600円→360円 iPhone/iPad対応)
Forgotten Memories: Alternate Realities
懐中電灯の明かりだけで廃病院を探索し、囚われた少女を探すアドベンチャーゲーム『Forgotten Memories』iOS版に対し、開発中止のゲーム機版に予定されていた300もの改善を適用した『Forgotten Memories Definitive Edition』アップデートが行われ、同時に3周年を記念したセールが開始となった。
元より光と影を利用したグラフィックの評価が高かった本作だが、光と影がより美しくなり、60FPSにも対応し、操作性も良くなってさらに磨きがかけられた。
何度も紹介しているが、iOSでも最高のホラーゲームの1つなのでこの機会に是非遊んで欲しい。
紹介記事:光と影、リアリティの産む恐ろしさ。Forgotten Memories : Alternate Realitiesレビュー

あのゲームセンターを再現したインディーガンシュー『アサルトチェーンガンKM』レビュー。粗くて半透明もないセガのガンシューよ、現代によみがえれ!

asult-11
ファミコン・メガドライブを意識したレトロ風ゲームが増えて久しいが、ここにアーケードだけで展開された『MODEL 2』風が加わろうとしている。
『MODEL 2』とは、かつてゲームセンターで最先端の3Dポリゴンゲームを提供し、『デッドオアアライブ』や『ハウスオブザデッド』など、現代に続くポリゴンゲームを支えたハード。
ローポリ風アートではなく、単に荒いポリゴン、半透明処理の使われていない爆風……洗練されていない、1990年代の青春がこの『アサルトチェーンガンKM』に詰まっている。

シナリオ『FF7』の野島一成さん、サウンドに『オウガバトル』の崎元仁さんなRPG、『Project Babel』の新動画公開&事前登録開始

WS000011
コロプラの新作RPG『Project Babel』(仮称)の新動画と共に、事前登録が始まった。
本作は謎の塔がそびえ立つ世界を舞台に、少年ライと少女マイリージャの2人の物語が描かれる本格RPGとされ、シナリオに『FFVII』の野島一成さん、サウンドに『オウガバトル』シリーズの崎元仁さんを迎えている。

なぜゲームでキムタクが動くことが素晴らしいのか、『だらよ』初代が無料でリリース - ゲームニュース

『FF15』元ディレクターの田畑氏がぶっちゃけトーク番組に出演へ。「ゲーム界隈井戸端会議 #大忘年会2018」が12月16日に配信

darayo01

ショゴスが平然と寝てる洞窟を探索するコミック風・クトゥルフ・アドベンチャー『Lovecraft Quest』レビュー。緑色の顔したラヴクラフト先生が手招きしている…


オウガバトルに影響されたドット絵で展開するシリアスな物語。『リバーシクエスト2』アップデートで待望の第4章が追加。

あの素晴らしいノベルをもう1度。自転車創業、『そう、あたしたちはこんなにも理不尽な世界に生きているのだらよ』と『だらよ3※』iOS版リリース。1作目はなんと無料

darayo01
あの素晴らしいノベルアプリがスマホにやってきた。
本サイトでも過去に『素晴らしい  をもう一度/再装版(あのすば)』で紹介した自転車創業から、『そう、あたしたちはこんなにも理不尽な世界に生きているのだらよ(だらよ)』と、『そう、あたしたちはこんなにも理不尽な世界に生きているのだらよ3 ※この世界で2の発売予定はありません(だらよ3)』が同時にリリースされたのだ。
そして、これらは『あのすば』でも好評を博した、同じ物語を、異なる記憶を持った主人公で何度も見て、少しずつ変化させていく独特のシステムを搭載しているノベルゲームだ。

『どうぶつタワーバトル』ブームから1年、DTB最強を決定するグラスマ杯が12月15日より開催。14日23時59分まで参加も可能

2
2017年12月にブームを巻き起こした『どうぶつタワーバトル』。
しかし、大ブームが収まったあとも熱いプレイヤーたちが階級別リーグを開催し、獣王杯という大会を行い続けている。
そして、あのブームから1年経った2018年12月15日(土)より計3日間、『どうぶつタワーバトル』史上最大の規模の大会となる「DTBグラマス杯」が開催される。

ショゴスが平然と寝てる洞窟を探索するコミック風・クトゥルフ・アドベンチャー『Lovecraft Quest』レビュー。緑色の顔したラヴクラフト先生が手招きしている…

lovecraft-13
クトゥルフ神話を下敷きとし、邪心が眠る洞窟に迷い込んだ男の冒険を描いたアドベンチャー。
それが『Lovecraft Quest - A Comix Game』である。
コミックゲーム(漫画ゲーム)の名の通り、洋風コミックイラストが多用されたゲーム演出は情感たっぷり。
H・P・ラヴクラフト先生も、緑色の顔でプレイヤーを案内してくれる。クトゥルフファンの創作として楽しむには、ちょうどいい1作だ。

ローポリの世界で自転車を漕いで飛ぶ『Bike Girl』の動画公開。あの『プロップサイクル』テイストを蘇らせるアクション

WS000009
我々はこのゲームを知っているッ!
たぶん……30才以上ならば。
ペダルを漕いで空を飛びまわるナムコのアーケードゲーム『プロップサイクル』のようなスマホゲーム、『Bike Girl』の動画が公開された。
開発はマリオ64に魅せられた『Suzy Cube』、マーブルマッドネスに触発されて作られた『Flicy Marble』など、レトロゲームの面白さを近代的スマホゲームとして再現し続ける NorthernBytes Software。
これはもう、期待するしかない。

オウガバトルに影響されたドット絵で展開するシリアスな物語。『リバーシクエスト2』アップデートで待望の第4章が追加。

rvcrc-1
『オウガバトル』に影響を受けたドット絵と、リバーシを利用したバトルを特徴とするRPG『リバーシクエスト2』のアップデートが行われて、物語の第4章が追加された。
リリース時は「いつになったら最終章がでるのかな?」などと思っていたが、思ったより早いアップデートが嬉しい(まだリリースセール継続中だ!)
金塊やクリスタルの一括使用(地味だけど待望の能力)が入るなど、細かい点も修正が入っていて遊びやすくなっているので、購入を迷っていた方は今のうちにどうぞ。
詳しく内容を知りたい方は、レビュー記事か、インタビューも見て参考にして欲しい。

アプリリンク:
リバーシクエスト2 (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)

中国でゲーム認可が再開されるが表現規制のため全却下。既存タイトルの再審査も開始。映像を読み解く小説『Gone Home』レビュー - ゲームニュース

中国でPUBGや荒野行動など全面却下。
Arena of Valorなども歴史をゆがめているなどの指摘を受けて、修正指示を受けている。
お色気も、言論統制も厳しい。

そして、

gonehome-8
遊んでいる間、小説を読んでいるかのような気分になる。
物語を見るためだけの映像ゲーム。


Epic、『フォートナイト』でテストしたオンライン機能を開発者に無料で解放。7つのプラットフォーム、UnityとUnrealに対応し、対戦やボイスチャットをサポート
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント