RSS

記事一覧

通勤電車で開発された80年代風STG『Starsceptre』が120円 - 10月5日の値下げゲーム

80年代風STG『Starsceptre』がセール。itunesの説明文は、なぜか自分が書くことになったよ!
あとはF1ゲーム『Monoposto』も20コース収録で120円とお得に。

※価格は記事執筆時のものなので、購入前にStoreで確認してください。

注目のゲーム
Starsceptre (itunes 240円→120円 iPhone/iPad対応)
Starsceptre
80年代風のアニメーションの絵柄のデモを入れ、80年代風のグラフィックで作った縦スクロールシューティングゲーム。
ゲームとしては荒いが、陰影のつけ方などに懐かしさを感じる。
とりあえず、死亡時カットシーンに驚いてほしい。                 
紹介記事:『Starsceptre』レビュー - 25年間独自ゲームを作りたかった男、通勤中にiPadでゲームを開発し、青春の1980年代風シューティングを作る

気になったら
Shadow Love (itunes 480円→240円 iPhone/iPad対応)
Shadow Love
全てのステージが影絵で作られたアクションゲーム。
左右移動とジャンプのオーソドックスなシステムだが、ビジュアルはすてき。
ゲームはやや大味。

Tales of the Tiny Planet (itunes 240円→120円 iPhone/iPad対応)
Tales of the Tiny Planet
画面をタッチしてステージ内のギミックを動かし、ボールをゴールに導く物理パズルアクション。
なかなかタイミングがシビアで、見た目のゆるさに比べて結構遊べる。

Flight Unlimited San Francisco (itunes 1,200円→360円 iPhone/iPad対応)
Flight Unlimited San Francisco
サンフランシスコ上空を飛ぶフライトシミュレーター。

Monoposto (itunes 360円→120円 iPhone/iPad対応)
Monoposto
リアル系グラフィックのF1レーシングゲーム。
かなりハンドルが良く効くため、操作は非リアルで気持ちよくドライブできる。

継続中のセール
The Long Siege (itunes 240円→120円 iPhone/iPad対応)
The Long Siege
砦からユニットを出撃させ、画面右の敵のタワーを破壊する戦術シミュレーション。
ユニットを出す方法はマッチパズル。
スライド操作でタイルの列を移動させ、3つ同じタイルをそろえて消すとタイルに応じたユニットが出撃する。
上手にパズルをこなすほどユニットが強くなるので結構ハマる。

Goat Simulator PAYDAY (itunes 600円→120円 iPhone/iPad対応)
Goat Simulator PAYDAY
おなじみのヤギシミュレーターと、銀行強盗ゲーム『PAYDAY』のコラボ作品。
今作は銀行強盗をするだけでなく、ラクダになって唾を吐いたり、フラミンゴになって空を飛んだりと過去作以上にユニークな遊びができる……あれ、ヤギって何だったけ。

Goat Simulator GoatZ (itunes 600円→120円 iPhone/iPad対応)
Goat Simulator GoatZ
ヤギシミュレーター、『Goat Simulator』のゾンビ版。
ゾンビになった人々がヤギに襲いかかる中で、資源を集めてサバイバルするアクションゲームとなっている。
ゲームとしては粗いが、ヤギ好きなら。
紹介記事:ヤギ好きたちへのご褒美。『Goat Simulator GoatZ』レビュー

Goat Simulator Waste of Space (itunes 600円→120円 iPhone/iPad対応)
Goat Simulator Waste of Space
ヤギが宇宙を冒険するシミュレーター。
ここまでくるとシミュレーターなのかどうかも分からないが、無敵のヤギを操作して、チープな宇宙を冒険できる。

Goat Simulator MMO Simulator (itunes 600円→120円 iPhone/iPad対応)
Goat Simulator MMO Simulator
ヤギのキャラクターたちが、MMO RPGの世界で冒険するMMO RPGシミュレーター。
お馬鹿なノリに加え、MMORPGの世界をオフラインで表現するシュールな試みがまた面白い。
紹介記事:MMOじゃない。「ヤギオンラインRPGシミュレーター」だ。『Goat Simulator MMO Simulator』レビュー

Goat Simulator (itunes 600円→120円 iPhone/iPad対応)
Goat Simulator
ヤギとなって街を自由に暴れまわるバカゲー『Goat Simulator 』のスマホ版。
PC版に比べて破壊できる物が減ったり、隣町がなくなったりして面白さではやや劣る。
しかし、それでもバカゲーとしては面白いし、なにより持ち運べるのが嬉しい。
スマホに入れて「こんなバカなゲームがあるぜ!」と友だちに見せつけ、会話の種にするのに最適。
紹介記事:Goat Simulator レビュー - ヤギになって破壊を尽くすバカゲー登場。スマホで見せつけて、友だちに布教しようぜ!

King Cashing 2 (itunes 480円→120円 iPhone/iPad対応)
King Cashing 2
スロットマシーン+RPGシリーズの第二作。
目押しが効くので、プレイヤーの腕次第でスコアが伸びるのがいいところ。
武器の種類や敵もけっこう多くそれなりに楽しめる。
日本語非対応だが、簡単な英語なので普通に楽しめる。
紹介記事:レビュー:King Chacing 2 スロットを回して戦うちょっと変わった目押しRPG

Dungeonism (itunes 240円→無料 iPhone/iPad対応)
Dungeonism
ターン制のステージクリア型ローグライクRPG。
移動力だけ移動してから行動し、敵のターンがやってきて……と、普通のローグライクよりも移動がまとまっているのが特徴。
すごくシンプルな見た目だが、遊んでみると戦術性があって結構楽しめる。

Battleship Lonewolf - Space TD (itunes 360円→120円 iPhone/iPad対応)
552x414bb
宇宙戦艦を強化し、さまざまなステージを攻略していくタワーディフェンス系RTS。
ステージ中に次々と戦艦を強化していく作業が忙しくも楽しい。

Don't Starve: Pocket Edition (itunes 600円→360円 iPhone/iPad対応)
Don't Starve: Pocket Edition
悪魔の罠で奇妙な世界に送り込まれた主人公が、さまざまな素材を集めて道具を作り、生活拠点を定め、ときに怪物と戦って生き延びるサバイバルゲーム。
荒野での生活によって正気度が減ると、幻覚が見え始め、最終的に気が狂って主人公は倒れてしまう。
狂気の世界で、どこまで生き延びられるのか。ぜひ試して欲しい。

Glass Road (itunes 480円→240円 iPhone/iPad対応)
Glass Road
資源カードを集め、引いたカードに書かれた条件を満たしてボードに建物を建てていく箱庭建築ボードゲーム。
詳細はたっくんのボードゲーム日記をどうぞ。

Beholder (itunes 600円→360円 iPhone/iPad対応)
Beholder
アパートの管理人として住人の話を聞き、さまざまな手助けをして管理する……裏で全体主義国家のスパイとして情報収集し、違法なものを取り締まるスパイシミュレーションゲーム。
日本語対応だが、訳はかなり怪しい。Steamの評価は非常に好評。

Lostkeeper (itunes 360円→120円 iPhone/iPad対応)
Lostkeeper
アクティブタイムバトルを採用したバトルRPG。
もともと存在した別の基本無料ゲームの世界観を流用したもの。
有料版は有料通貨が5,000付属し、経験値も2倍手に入るキャンペーンを受けられる。

スラッシュ/ドッツ. - Slash/Dots. (itunes 240円→無料 iPhone/iPad対応)
sc1024x768
指でブロックをカットしてステージの物体に変化を起こし、茶色と青色のボールをぶつける物理パズルゲーム。
単でカットする感触が良く、ステージを進めるときにも適度に考える要素がある。
ただ、プレイしていくとやらされている感があって、そこにヒットしなかった原因がありそう。
とは言え、無料ならお得。

Super Mario Run (itunes 体験無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
392x696bb

スーパーマリオラン』がアップデートし、新モードの“リミックス10”と新キャラクターのデイジー姫、さらにクリア後に遊べる新ワールド“ワールドスター”を追加して半額セール中。
追加購入の“全6ステージ”をセール開始。通常価格1,200円のところ、今なら600円でフルバージョンを購入できる。


Ninja Boxing Calculator (itunes 240円→無料 iPhone/iPad対応)
Ninja Boxing Calculator
計算するたびに上の画面で忍者が戦う謎の計算機。

Fighting Fantasy Legends (itunes 600円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay / Steam)
fightingfantasy-7
ゲームブックの人気シリーズ、ファイティングファンタジーより『火吹き山の魔法使い』、『バルサスの要塞』、『盗賊都市』の3冊をまとめてRPGにした作品。

RPGとゲームブックで表現は異なるが、その内容は間違いなく懐かしのゲームブックのもの。気になっていた方はこの機会に遊んでほしい。
紹介記事:FFのゲームブック3冊を1本のRPGまとめた『ファイティングファンタジー・レジェンド』レビュー。日本語訳も十分なクオリティ


A-2481 (itunes 120円→無料 iPhone/iPad対応)
A-2481
精神を操る実験施設の跡地に潜入し、研究を調査して脱出するホラーアドベンチャー。
アナログスティックで移動し、画面ドラッグで視点を変えるFPS操作で、3D空間を自由に移動できる。
かなり雰囲気が出ていて、クリーチャーも怖い。

ston (itunes 120円→無料 iPhone/iPad対応)
ston
立方体を転がしてゴールを目指すパズルゲーム。
1度移動したタイルは消えてしまうため、全てのタイルを落としてゴールに向かうにはかなり考える必要あり。
面白いのだが、似た内容のCubiquesの方が良いというのが欠点。

F1 2016 (itunes 600円→240円 iPhone/iPad対応)
F1 2016
ゲーム機で人気を博したF1 2016の公式ゲーム。リアル寄りのレースゲームで、F1の公式21コース、ドライバー、メーカー、すべてを収録しており、それらを自由に選んで走れる。
グラフィックなどはスマホとしてはかなりのもの。走る気持ちよさもピカイチ。
ただ、単純に走るモードしかないので、純粋なドライブゲームファンにしか勧められない。
紹介記事:『F1 2016』レビュー。走る気持ちよさは随一。F1ファンのための最高のスマホゲーム

Home Behind (itunes 360円→240円 iPhone/iPad対応)
Home Behind
突然に戦争が起きたヨーロッパを舞台に、家族を探しながらサバイバルの旅をする横スクロールサバイバルアドベンチャー。
歩いていると様々なイベントが発生し、行動によってアイテムをが手に入ったり、能力が上がったりとローグライクな空気。日本語対応だったが、アップデートで英語のみに。
  • コメント(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント