RSS

記事一覧

ヤギ好きたちへのご褒美。『Goat Simulator GoatZ』レビュー

goat13
海外の映画やゲームがネタに詰まると、最後にゾンビに行き着くという。
そうなると、『Goat Simulator』の行き着く先がゾンビ化というのも当然の成り行きだろう。

そう、今回紹介するのはゾンビだらけになった世界でヤギになってサバイバルするアクション、『Goat Simulator GoatZ』である。

このゲームの見所はPVから始まる。
「他のオープンワールドサバイバルゲームと同じように、大量のバグがあります」という挑戦的な表記。
さらに動画の流れは『DayZ』PVのパロディ。

▲Steamではサバイバルゲームは正式版としてなかなか提供されないことを皮肉って、「アーリーアクセスではない初のサバイバルゲーム」という表記も。

そして、ロード時間はゾンビの踊りで脱力するのだ。

さて、今回の『Goat Simulator』はサバイバルアクションである。
物理シミュレートされた世界で暴れ、人を襲ったり物を破壊したり、変なギミックを作動させたりしてお馬鹿を楽しむ基本は変わっていない。
goat03

マップが広くなり、新しい仕掛けも追加された本作は、過去作を遊んでいたプレイヤーでもまた楽しく遊べるだろう。
だが、今回のヤギは無敵ではないのだ。

画面右の満腹度メーターが時間の経過とともに減り、メーターがゼロになると体力が減る。
そして、体力がなくなるとゲームオーバーになってしまう。
goat15
▲定期的に救援物資の箱(誰が誰のために落としているのか?)が投下され、食べ物やアイテムを補充できる。

また、今回の街にはゾンビが徘徊しており、主人公のヤギに襲いかかってくる。
ゾンビの攻撃を受けると体力が減って、やっぱりゲームオーバー。
goat12

ゲーム内で1日が経過するとより凶悪なゾンビが登場し、この中でどれだけ生き延び、スコアを稼げるかチャレンジするゲームとなっている。
goat01

ゾンビに対抗するべく、我らがヤギも進化した。
アナログスティックで移動し、ジャンプや頭突きで暴れ回る操作は今まで通り。
舌で舐めるボタンで物を掴み、振り回せるのも今まで通りだが、今回のヤギは武器を装備してゾンビを迎撃できる。
goat10

武器は画面右下のクラフトボタンからも製作可能で、素材アイテムの配置を覚えてマップを効率良く巡ることも攻略法の1つとなる。
goat14

また、画面右上には定期的にミッションが提示され、これをこなすことでも食料や体力が補充できる。
アイテムを効率良く使い、ミッションをこなし、ひたすら生き延び続ける……あれ、Goat Simulatorなのにゲーム内容は普通だ……。
goat04

なお、最初にカジュアルモードを選択すると前作と同じく街で破壊の限りを尽くすヤギのシュールさを楽しめる。
同時にゾンビサバイバルも楽しめる形になっているわけだ。

で、これが面白いかというと、微妙。
『Goat Simulator』にこれを言うのも野暮だが、出落ちゲーであり、普通のゲームの域を出ない。
楽しめるが、元祖『Goat Simulator』が合わなかった方は無理して買う必要はない。

逆に『Goat Simulator』として楽しむなら価格分は余裕で楽しめる。
goat02
▲床すり抜けなんか朝飯前!

大量のバグと、相変わらずの世界観、そして奇妙なヤギが君を待っている。
このゲームは、『Goat Simulator』が大好きなプレイヤーへのご褒美である。

評価:2.5(価格通りに楽しめる)

おすすめポイント
相変わらずシュールな世界観
ヤギサバイバルは普通に楽しめる

気になるポイント
Goat Simulatorでしかない。

課金について
なし

(バージョン1.0、ゲームキャストトシ)

アプリリンク:
Goat Simulator GoatZ (itunes 600円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
  • コメント(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント