RSS

記事一覧

『スーパーマリオラン』の売上が6,000万ドル(およそ66億円)突破。『Monument Valley 2』の6倍を売り上げる記録に

mario04
データ調査会社Sentowerのレポートによると、任天堂のアプリ『スーパーマリオラン』の売上げが6,000万ドル(およそ66億円)を越えたこと。
これは、買い切りゲームとして目を見張るヒットで、超ヒットタイトルと言われる『Monument Valley 2』の売り上げ記録が1年で約11億円。名実ともにビッグバン級の人気タイトルと言えよう。
なお、売上の77%が iOS からだが、2018年の1月~3月だけを見ると35%が Google Play からの売上げで、Android版の売上げも上がりつつあるようだ。
また、米国からの収入が約43%、日本から収入が全体の約17%を占めており、米国と日本での人気が高いことがうかがえた。

同作は、初日のDL数は500万で売上げはおよそ5億円その後3日間で3700万DLされて16.5億円、さらにAndroid版リリース前(発売5か月後)でおよそ33億円。約66億円のうち77%がiOSの売り上げになるのでiOSの最終売り上げが約46.2億円として、1年半でiOSは13.2億、Android全体で20億程度を積み上げたことになる。
売り切りゲームはリリースから1週間で販売数が頭打ちになるものだが、さすが『スーパーマリオラン』。アップデートとセールも勘案するべきではあるが、異例のロングランタイトルと言える。

ゲームについていうなら、丁寧なつくりで面白いし、やりこみが深くて1,200円分の価値は確かにあると思う(逆にカジュアルタイトルとしてみるとボリュームが足りない)。
アップデートでモードも追加されているし、過去に投げっぱなしの方は再び、まだプレイしていない方はこの機会に66億円を売り上げた化け物タイトルを体験してみて欲しい。

アプリリンク:
Super Mario Run (itunes 体験無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)

 コメント一覧 (1)

    • 1.
    • 2018年07月04日 22:57
    • 手の平クルー

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント