RSS

記事一覧

9月22日の値下げゲームまとめ、『Dead Cells』スマホ版が半額、『サガフロンティア・リマスター』800円値下げなど

※価格は記事執筆時のものなので、購入前にストアで確認してください。

注目作品
Dead Cells (App Store 1,100円→610円 / GooglePlay 1,080円→550円)01
生と死を繰り返し、自動生成の迷宮を踏破するローグライク・メトロイドヴァニア・アクション。アイテムや地形配置がランダムなローグライクと、決まったイベントをこなしていくメトロイドヴァニア、スピーディーなアクションが融合した人気作。
スマホ版には簡易操作モードが用意してあり、選択した武器の射程に入った敵を自動攻撃してくれたり、2連ジャンプができない代わりにジャンプ高度が上がる補助機能が充実している。
それを使う前提なら十分楽しめる。

おすすめ
Hidden Folks (App Store 490円→250円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay 590円→320円)
Hidden Folks
巨大なイラストの中から、小さなキャラクターを探す探し物絵本アプリ。
触ると絵が反応し楽し、ユーモアにあふれる演出や音が楽しめる。
探し物自体も楽しく、おすすめのウォーリーを探せ系ゲーム。
紹介記事:『Hidden Folk』レビュー - ウォーリーを探していたあの頃を思い出す。動いて音が出る探し物絵本
気になったら
I.F.O (App Store 240円→120円 iPhone専用)
I.F.O
ゲームウォッチ風のグラフィックなシューティングゲーム。
オートショット+右旋回と左旋回の2ボタン操作で、非常にシンプルな仕組みだが微妙に難しく、かつうまくプレイできるとスコアがぐんぐん伸びて楽しい。
紹介記事:上手くなることが楽しい王道古典シューティング『I.F.O』レビュー。短く太いゲームを探しているあなたに

To the Moon (App Store 610円→250円 / GooglePlay 520円)
sc552x414
死期を迎える老人の記憶をたどり、夢を叶える優しいアドベンチャー『To the Moon』のリマスター版。
プレイヤーは特別な機械を使って死に際の老人の記憶をたどり、夢の中で体験させ、心安らかに死を迎えさせる特別な仕事人。
今回は月に行く夢を叶えるため、老人の記憶をたどり、人生を体験する。
なぜ、老人は月に行きたかったのか。そこに至る過程で、プレイヤーは「何か」を感じるというゲーム。

Lovecraft's Untold Stories (App Store 1,220円→250円 / GooglePlay 1,000円)ss3
クトゥルフ神話をモチーフとした見おろし型のアクションシューティング。
日本語に対応していないため、理解するには多少英語力が必要。
リリースセール。Steam版の評価はなかなか良い(未プレイ)。

マイ・チャイルド・レーベンスボルン (App Store 370円→250円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay 330円→150円)
myc-5
第二次世界大戦中、ナチスが掲げた“ドイツ民族を増やす”政策により生まれた子供を引き取り、ナチスへの偏見があるなかで育てるこど立てシミュレーションゲーム。
出生の秘密を知らぬ無邪気な子供が偏見にさらされ、そこから子供を守る辛さが表現されており、ただ見るだけではなくゲームならではの「心が痛くなる」体験ができる。

Orwell: Keeping an Eye on You (App Store 610円→490円 / Steam 1,010円)

架空のオンライン監視プログラム「Orwell」の調査官として、テロ事件の容疑者の情報をWEBやSNSから集めていくアドベンチャー。
プレイヤーが事実として集めた情報をもとに物語が進むため、プレイヤーの選択が人の運命を定めてしまう。ソーシャルハッキングで人を有罪化するようなディストピア感があり、現代的なゲームでもある。

サガ フロンティア リマスター (App Store 4,780円→3,920円 / GooglePlay 4,780円→3,920円)
1997年に PlayStation で発売された『サガ フロンティア』のリマスター作品。
本作は異なる目的を持った主人公から1人を選び、それぞれの物語を進めていくRPG。
プレイヤーの行動で道筋が変わる“フリーシナリオシステム”、バトルにおいて技をひらめく“閃き”、仲間と連続攻撃を繰り出す“連携”などのシステムを搭載し、ゴールは同じでもプレイによって途中が異なることが特徴の個性的作品となっている。
リマスター版ではグラフィックを一新しただけでなく、新主人公ヒューズも加わり、原作にない物語も楽しめる。

継続セール
Ears and Burgers (App Store 370円→120円 / GooglePlay 330円→110円)

各種具材ボタンを順番に押し、指示通りのバーガーを作るゲーム。素早く、性格にハンバーガーを作ると先のステージに進めて、ボスが出てきたり不思議な食材が出てきたりと変化が楽しめる。ただし、基本はシンプルなので雰囲気を楽しむゲーだと思う。

Felix The Reaper (App Store 610円→120円)

生命の女神に恋して、女神に出会うため人間を殺していく死神の物語パズル。
時間の停止した世界を動き、さまざまな物体を指定の位置に運んで人間を事故死に見せかけて殺すパズルゲームとなっている。
死神は太陽の光の中を動けないので、物体を動かして影を作り、影の道を作って物を運ばないといけない。
わりと難易度は高いが、ヒント機能はあるのでパズルやる気があれば楽しめる。

 コメント一覧 (1)

    • 1. *
    • 2021年09月24日 07:50
    • 不思議な贖罪に草

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント