RSS

記事一覧

黄昏の世界を飛ぶアクション『Dandara』が33%オフ。建国タワーディフェンス『Kingdom: New Lands』半額 - 5月2日の値下げゲーム

iPadを持っているなら『Dandara』はおすすめ(ただ、高い買い物になるので先にレビューをどうぞ)

※価格は記事執筆時のものなので、購入前にStoreで確認してください。

注目のセール
Dandara (itunes 1,800円→1,200円 iPhone/iPad対応)
Dandara
ゲーム機でも、スマホでも同じように遊べる操作を考えて作られたというが、実際には「ゲーム機並みの密度のゲームを実現し、スマホの方が直感的に遊べる」という作品に仕上がっている。
広い2Dマップを自由に探索し、ときに戦い、ときにアイテムを手に入れて行動範囲を広げていくメトロイドヴァニア系探索アクションとしてよくできている。
黄昏の世界感も良くできており、世界観も含めておすすめの1作。ただ、iPadの画面サイズは欲しい。
紹介記事:音と文字とドット絵で。黄昏の世界を表現する『Dandara』レビュー。ゲーム機と変わらぬ体験をあなたに

おすすめゲーム
Kingdom: New Lands (itunes 1,200円→600円 iPhone/iPad対応)
Kingdom: New Lands
未開の地に王として降り立ち、悪霊と戦いながら陣地を広げる戦術ゲーム。
ドット絵にエフェクトをのせた近代的ピクセルアート、音の使い方は見事。
さらにタワーディフェンス系の戦術ゲームとしての面白さもあり、かなり楽しめる。
操作は簡単だが、システム説明不足でわかりづらい点もある。
だが、説明不足が逆に面白さを引き出しているという悩ましいインディーゲーム。
紹介記事:『Kingdom:New Lands』レビュー - 説明不足が生む神秘性の魅力。建国伝承の世界を体感する戦術ゲーム

気になったら
Hyperforma (itunes 600円→240円 iPhone/iPad対応)
Hyperforma
ブロックの中心にあるコアにボールをぶつけるとハッキング成功になり、ストーリーが進むハッキングをブロック崩しで表現したサイバーパンクゲーム。
プログラムのコアは立体的に配置されたブロックで守られており、ドラッグで360度回転させて好きな方向から攻撃することができる。必殺技があったり、一定時間ごとに好きな方向に向けて打ち直せるなど独自の仕組みが多いが、序盤のプレイはやや退屈。雰囲気は良い。

Braveland (itunes 240円→120円 iPhone/iPad対応)
Braveland
ターン制の戦術シミュレーションゲーム。 バトルの操作は移動と攻撃、そして一定ターン経過で使用できるスキルの3種類がある。
バトルで手に入るお金でユニットの補充や装備を整えていく。
マップも狭く、複雑な育成要素もないので英語がわからなくても普通にプレイできる。
カジュアルな戦術ゲームを求めているならあり。

Star Wars™ Pinball 4 (itunes 240円→無料 iPhone/iPad対応)
Star Wars™ Pinball 4
スターウォーズをモチーフにしたピンボール台。
安定のZENピンボールシリーズなので、普通にピンボールとしても楽しめる。

Operation Warcade (itunes 360円→120円 iPhone/iPad対応)
Operation Warcade
ARでアーケード筐体を出現させ、カメラ越しに遊ぶことができるガンシューティング。
作りは荒いがボリュームはあるし、アイデアも結構良いので、体験賞と言ったところ。

Kathy Rain (itunes 600円→240円 iPhone/iPad対応)
Kathy Rain
タフなジャーナリスト、ケイトを操作して祖父の死の謎を追うアドベンチャーゲーム。
レトロスタイルなドット絵とフルボイスの音声を特徴としている。
英語ができるなら。

Stickman Tennis (itunes 120円→無料 iPhone/iPad対応)
Stickman Tennis
棒人間によるテニスアプリ。
見た目のわりに動きが良く、気持ちよく遊べる。

Escape! Drone (itunes 480円→240円 iPhone/iPad対応)
Escape! Drone
ドローン視点で3Dの部屋を見まわし、謎を解く脱出ゲームの模様。
未プレイだが気になったので紹介。

Mystery Case Files: Key To Ravenhearst - A Mystery Hidden Object Game (Full) (itunes 840円→360円 iPhone/iPad対応)
Mystery Case Files: Key To Ravenhearst - A Mystery Hidden Object Game (Full)
レイブンハースト邸の怪奇が復活するという噂の真相を突き止めるべく、レイブンハースト邸を探索する捜し物アドベンチャーゲーム。
日本語対応。

Prison Run and Gun (itunes 360円→120円 iPhone/iPad対応)
Prison Run and Gun
テージクリア型の横スクロールアクション。
左右移動に加え、ジャンプ、射撃と崖に捕まるの3ボタン方式(捕まるボタンが少し使いづらいか)。
キャラがきびきび動き、画面も見やすく、装備の重さでジャンプ距離などが変わるシステムも面白い。

9th Dawn II (itunes 240円→120円 iPhone/iPad対応)
9th Dawn II
ツインスティックで操作する2DオープンワールドRPG。
広大な世界を旅して、さまざまなクエストをこなし、キャラクターを成長させていく。
英語なのが難点だが、ゲームは面白い。

Off the Record: Liberty Stone - A Mystery Hidden Object Game (Full) (itunes 840円→360円 iPhone/iPad対応)
Off the Record: Liberty Stone - A Mystery Hidden Object Game (Full)
ミスコンの賞品、宝石リバティ・ストーンを盗んだ犯人を突き止めるために2つの家族の確執を探る捜し物アドベンチャーゲーム。
日本語対応。

継続中のセール
信長の野望・武将風雲録 (itunes 1900円→1,200円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
576x768bb
戦術、技法、文化を駆使して、全国制覇を狙う戦国シミュレーション。
本作は「あなたの好きな信長の野望を教えてください” アンケート」で1位になった3DS『信長の野望・武将風雲録』の移植版で、グラフィックや操作性を向上させ、さらに自動セーブやネットワーク接続を活用した新機能を追加しているとのこと。
もちろん、一度落とせば追加課金などの必要はない。


継続中のセール
The House of Da Vinci (itunes 600円→360円 iPhone/iPad対応)
The House of Da Vinci
過去にタイムスリップし、巨匠レオナルド・ダ・ビンチの屋敷の謎を解く脱出ゲーム。
ダ・ビンチにちなんだ仕掛けが楽しめるだけでなく、ルネッサンス期の館をモチーフとした館を『The Room』のような美しいグラフィックで楽しめる。
紹介記事:『The House of Da Vinci』レビュー - ルネサンス期の館を美しく表現。レオナルド・ダ・ビンチの謎を解く脱出ゲーム

Albert & Otto (itunes 240円→120円 iPhone/iPad対応)
Albert & Otto
白黒で暴力に満ちた世界を、人形だけを相棒に進む横スクロールアクション。
いわゆる『Limbo』系だが、その上で人形を投げて物理的な仕掛けを動かしたり、超能力を得てパズルを解いていく要素が追加されている。

Agricola (itunes 840円→480円 iPhone/iPad対応)
Agricola
未開拓の農場を開拓していき、畑を耕作して作物を育て、牧場に家畜を飼って、ゲーム終了時に最も多くポイントを獲得したプレイヤーが勝利となる経営ボードゲーム。
ほかのプレイヤーの選択した役職に就けなくなるため、それぞれの状況を見て役職の取り合いをするゲームとなっている。

Galaxy Trucker Pocket (itunes 600円→無料 iPhone専用)
Galaxy Trucker (itunes 600円→360円 iPad専用)
Galaxy Trucker
宇宙の運び屋となって荷物を届けるボードゲーム、『ギャラクシートラッカー』のiPhone版。
限られた部品をプレイヤー同士で取り合って宇宙船をつくり、惑星で物資を集めて隕石群や宇宙海賊などの様々なイベントを切り抜けてゴールを目指すゲーム。
ゴール時に持っているお金と、積み荷の合計額が一番高いプレイヤーが勝利となる。
宇宙船の装備次第でイベントの結果が変わる仕組みと、宇宙船作成を巡る駆け引きが面白く、ハマるゲーム。
キャンペーンがあるほか、オンライン対戦も可能なので遊べるボードゲームを探している方や元のゲームが好きな人におすすめ。

Sentinels of the Multiverse (itunes 840円→240円 iPad専用)
Sentinels of the Multiverse
コミックヒーローと悪の戦いを再現したカードゲーム。
PCからの移植作品で、Steamでの評価は良い模様。
未プレイだがセール中だったので紹介。

Reiner Knizia's Modern Art: The Card Game (itunes 360円→120円 iPhone/iPad対応)
Reiner Knizia's Modern Art: The Card Game
順番に画家のカードを出して画家の人気を高め、手持ちの絵画の価値を高めてポイントを稼ぐシンプルなカードゲーム。
詳しくはPuzzle Appさんの解説をどうぞ。

Reiner Knizia's High Society (itunes 360円→120円 iPhone/iPad対応)
Reiner Knizia's High Society
限られたお金で美術品を競り落とし、そのポイントを競う競りゲーム。
詳しくは、Puzzle Appさんの記事をどうぞ。

The Lost Shield (itunes 240円→120円 iPhone/iPad対応)
The Lost Shield
アルカノイドとRPGを融合したアクションRPG。
弾を放って、盾を持ったキャラクターで反射させ、敵に当たりアイテムに当てたりしてステージを攻略するゲームとなっている。
職業によってできることも異なり、長く遊べそう…なのだが、序盤がたるい。

Mental Hospital IV HD (itunes 360円→240円 iPhone/iPad対応)
Mental Hospital IV HD
「アリス」という少女の謎を求めて、廃病院を探索するホラーアドベンチャーゲーム。
3Dのフィールドを自由に移動し、怪しい場所を探る主観視点のアドベンチャーとなっている。
意外にしっかりできていて怖い。

Splendor™ (itunes 600円→360円 iPhone/iPad対応)
Splendor™
複数のプレイヤーが場に出た宝石カードを順番にとっていくカードゲーム。
序盤は小さい点数の宝石をとるだけだが、後半になるにつれ手持ちの宝石の組み合わせによって点数の高い宝石がとれるようになり、ダイナミックに試合が動く。
シンプルだが、楽しいボードゲーム。

Ancient Legacy (itunes 240円→120円 iPhone/iPad対応)
Ancient Legacy
ダイスを振って移動からイベントの結果、バトルでの攻撃の威力まで決まる双六RPG。
拠点となるキャンプをアップグレードしたり、能力を上げて4体のボスを倒すゲーム。
感覚的にはボードゲームに近い。

Hyperforma (itunes 600円→480円 iPhone/iPad対応)
Hyperforma
ブロックの中心にあるコアにボールをぶつけるとハッキング成功になり、ストーリーが進むハッキングをブロック崩しで表現したサイバーパンクゲーム。
プログラムのコアは立体的に配置されたブロックで守られており、ドラッグで360度回転させて好きな方向から攻撃することができる。必殺技があったり、一定時間ごとに好きな方向に向けて打ち直せるなど独自の仕組みが多いが、序盤のプレイはやや退屈。雰囲気は良い。

Roll For It! (itunes 240円→120円 iPhone/iPad対応)
392x696bb
同名のボードゲームのアプリ版。
サイコロを振って役を作る運ゲーだが、アプリ1つあれば友達ともオフライン対戦できる点は魅力。
サイコロの再現度も良い。

ドラゴンクエスト3  (itunes 1,200円→840円 iPhone/iPad対応/ GooglePlay)
dqrui2
ドラクエの中でも人気が高い、『ドラゴンクエストIII そして伝説へ』のスマホ版。
初代やIIで乱れていたドット絵はかなり良くなっており、ぱっと見では気にならない。
ガラケー版の移植なので、新職業やキャラクターのカスタム、クリア後のおまけダンジョンが追加され、サクサク進むようにバランス調整もされている。
縦画面の片手持ちで遊びやすく作られており、スマホ版ドラクエ2同様にバーチャルパッドの位置やサイズの調整も可能。
懐かしさを味わう目的のドラクエ2までと異なり、現代のゲーマーにもおすすめできる。
紹介記事:ドラゴンクエスト3 レビュー - 今プレイしても面白い、歴史に残るRPG。

Reiner Knizia's Kingdoms (itunes 480円→240円 iPhone/iPad対応)
Reiner Knizia's Kingdoms
互いにタイルを置いていって得点を競うボードゲーム。
危険を避け、より多くの資源を獲得し、最終的に得点が1番高い人の勝利となる。

Reiner Knizia's Money (itunes 360円→120円 iPhone/iPad対応)
Reiner Knizia's Money
入札を繰り返しながら紙幣のカードを集めていくカードゲーム。
ドイツ年間ゲーム大賞にもノミネートされたことがある。

Fighting Fantasy Legends (itunes 600円→360円 iPhone/iPad対応)
Fighting Fantasy Legends
『ファイティングファンタジー』35周年を記念して、初期の名作『火吹き山の魔法使い』、『バルサスの要塞』、『盗賊都市』の3冊をまとめて1つのゲームブック風アドベンチャーRPGにした作品。
販売元が変わったが、内容は以前のものと同じ。
紹介記事:FFのゲームブック3冊を1本のRPGまとめた『ファイティングファンタジー・レジェンド』レビュー。日本語訳も十分なクオリティ

The Last Journey of the Kormet (itunes 240円→無料 iPhone専用)
The Last Journey of the Kormet
制限時間内に決まった弾数の弾だけでターゲットを破壊するおしゃれ系シューティングゲーム。
自機は画面下で高速に移動し続けており、画面をタッチした瞬間に正面にショットを発射するため、狙いが難しい。
ステージには結構ギミックがあり、普通に楽しめそう。

Le Parker: Sous Chef Extraordinaire (itunes 240円→無料 iPhone/iPad対応)
Le Parker: Sous Chef Extraordinaire
PCから移植の横スクロールアクションゲーム。
見た目、ゲーム内容共にしっかりしているが、PCゲームの移植だからかアクションが難しい。
ただ、値段を考えればお得。

Smash Up - The Card Game (itunes 600円→360円 iPhone/iPad対応)
Smash Up - The Card Game
同名のカードゲームの移植。
未プレイ。

Uri: The Sprout of Lotus Creek (itunes 240円→120円 iPhone/iPad対応)
Uri: The Sprout of Lotus Creek
中国のインディーゲーム。
お姫様(?)が、様々な障害を抜けて先に進んでいくパズルアドベンチャー。
雰囲気を味わう系。

Mysterium: The Board Game (itunes 600円→240円 iPhone/iPad対応)
Mysterium: The Board Game
幽霊プレイヤーと霊能者プレイヤーに別れ、幽霊の出したヒントカードを元に、霊能者が相談して幽霊の死因を
探るボードゲーム。
1人用はストーリーに基づいて犯人を捜す練習モードをそなえ、オンラインモード、短時間で遊べるブリッツモードを備えている。
英語のみなので、ルールの詳細はたっくんのボードゲームをどうぞ。

Colt Express (itunes 600円→240円 iPhone/iPad対応)
Colt Express
アメリカ開拓時代の列車強盗をテーマにしたボードゲーム。
全員で行動カードを出し、同時に解決していくため、相手の行動を先読みする力が重要となる。
2015年ドイツ年間ゲーム大賞受賞作。

道具屋の冒険@ボーシム研 (itunes 240円→120円 iPhone/iPad対応)
道具屋の冒険@ボーシム研
道具屋を経営しながら結婚相手を探し、子供を作って人生の成功を目指す経営SLG。
『道具屋と魔王』の後継作だが、かなり遊びやすく調整されている。
今作にはフィールドマップを移動して複数の街を移動する要素もあり、普通のRPGとしてもかなり楽しめる。
これまでのシリーズが好きな方、変わったゲームが好きな方にはお勧め。

Sid Meier's Civilization® VI (itunes 体験無料 iPad専用)
552x414bb
ルーズベルトなどの歴史的な指導者になって文明を導き、技術や文化を磨きつつ、ときに戦争をして世界一の文明を目指す戦略ゲーム。単に戦力を増強するだけでなく、文化や経済を拡大することでも勝利できるプレイ幅の広さが愛されるメガ級戦略ゲームシリーズの最新作。
アプリ内購入のフルバージョンが半額(3,600円)セール中(DLCは定価)。
寝転がりながら遊べるシヴィライゼーションVIはiPadだけ!
  • コメント(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント