RSS

記事一覧

セガとディライトワークスの『サクラ革命 ~華咲く乙女たち~』、2021年6月30日でサービス終了を発表。セガの旧作IPは、今後復活できるのか?

c0ddea0b
『サクラ革命 ~華咲く乙女たち~』運営より4月22日に発表されたプロデューサーレターにて、同作品が2021年6月30日をもってサービスを終了になることが明かされた。
現時点でご満足いただけるようなサービスの提供ができておらず、2021年4月22日見通しも立ちづらい状況です。昨今の市場環境や今後の展開を考慮した結果、サービス終了という判断に至りました。
と、プロデューサーレター内で理由を説明している。終了までのスケジュールは下記の通り。
・2021年4月22日(木)13:00 全ての「霊子水晶」の新規購入停止
・2021年6月30日(水)13:00 サービス終了
・2021年6月30日(水)17:00 払戻し受付開始予定。
また、本日第四章近畿編が実装され、5月には物語の終章が実装されて完結し、終了までプレイヤーが楽しめるように努力するとのこと。
また、サービス終了後は何かしらの機能限定版としてアプリは残るようだ。

本作は『サクラ大戦』シリーズの流れをくむ完全新作としてセガ、ディライトワークスのタッグで制作された作品。
簡易なタクティカルバトルとストーリーを楽しむスタミナ方式の RPG で、3D で描かれたキャラクターたちが演技することが特徴であった。
fgorr-1

ただし、ゲーム構造が2013年ごろのゲームのもので、「好きな人もいるだろう」とか、「カジュアルには遊べる」という言い方もできるが、3Dキャラは見せ方に問題があり、バグも多く、バランスは破綻しており、2020年にリリースするゲームとしてはかなり厳しいものだった。
リリース時から作りこみが足りないのは明らかで、それはゲームレビュー時にも指摘した。

もちろん、運営側もそれは理解しているようで、リリース時から細かい改修が相次いだ。
特にキャラクターは泥臭さを意識しているのが見て取れたが、眉が細くなり、武骨な霊子ドレスのデザインは細くなり、てこ入れが入っていった。
2021-03-10_19h22_05
▲もともと泥臭いところから、あか抜けていく演出をしたかったのだと思うが、ストーリー性なしにあか抜けたのでそれはそれで違和感はあった。まあ、その余裕もなかったのだとは思う。

演出面でも、3Dのキャラクターがざっくりおかれていて魅力を感じないものが多かったが、細かく治されていった。
たとえば、これは初期のガチャの結果画面だが……。
image0 (1)

2021年2月にはキャラクターがアップに表示され、構図も変わっている。
なお、このキャラクターもただアップにしたものではなく、アップで映えるように専用に手直しされており、かなり手間がかかったものだ。
image0

とはいえ、運営しながら直せる部分には限りがある。
運営が努力していたことは間違いないが、この決定もまた仕方ないものと言えるだろう。
とはいえ、ファンとしてはこれで「サクラ革命はダメだった」では終われない。

これで、セガは出たことが奇跡で止まってしまった『とある魔術の電脳戦機』、原作設定を無視した美術設定と原作より大味なゲームの『パンツァードラグーンリメイク』に続き、『サクラ革命』でも満足いく品質のゲームを出せなかったことになる。
490758a7b6b0ed38769c36f7bd0475b9d45ea04677a64996fac8162db6b8ea37
▲パンツァードラグーンリメイクは見た目は良さそうだが、原作設定を無視して作り変えており、ストーリーゲームなのに物語上重要なラスボスの名前すら適当に変更されていた。ゲームとしてもセガサターン版より微妙だった。

海外では『ベア・ナックルIV』が成功してはいるし、新作で見れば『龍が如く7』は面白かったが、IP 復活に関しては日本では連続3作、品質が低い状態で出してしまっている。
ここまでくると、過去 IP の復活についてセガの品質チェックが機能していない可能性すら考えられる。

セガの旧作 IP に対する姿勢が見直されない限りこのような不幸は続くだろうし、また『サクラ大戦』が出るとしても同じことが繰り返されてしまう。
この点に対して、セガの声明があることを願いたい。

関連リンク:

2021.04.22 19:00
とある魔術の電脳戦機(バーチャロン)』の名前が間違っていたため、修正いたしました。申し訳ありません。

 コメント一覧 (21)

    • 1. マックス
    • 2021年04月22日 16:28
    • 前回のサクラ革命の記事を読んだ時にディライトワークスの底力を期待していましたが、難しいみたいですね…。セガはツイッターの公式アカウントを見ているとエイプリルフール等の時事ネタのツイートがとても多く不安でした。残念です。
    • 2.  
    • 2021年04月22日 17:25
    • バーチャファイター復活と期待できない気持ちが強い。
      バーチャロンは本当にプレステ4のゲームとは思えない出来だったし、復活させようと気持ちがあるのか疑わしかったなぁ。
      それでもせめてバーチャぐらいちゃんと復活できることを祈る。
    • 3.
    • 2021年04月22日 17:32
    • まあ申し訳ないけどDWのレベル相当の出来なんじゃないですかね
      あの会社の何にそんなに期待するところがあるの?って感じです
    • 4.  
    • 2021年04月22日 18:09
    • バーチャロンは「とある魔術の電脳戦機(バーチャロン)」ですよ。
      とあるシリーズには魔術(ラノベ)と科学(マンガ、アニメ)があるのでご注意下さい。
      IPの取り扱いに苦言を呈する記事で
      タイトル間違いはちょっとどうかと思います。
    • 5. 信用ゼロの業界
    • 2021年04月22日 18:13
    • なまじ有名IPなだけに、余計にボコられた感もある。
      動画配信界隈で、そういう動画が流行ってきてたというのも少し運が無かったね。
      まぁ根本のところは、ファンやユーザーの方見て作らなかったってとこだろうけど。
    • 6. なかう
    • 2021年04月22日 19:06
    • スクエニもサ終を繰り返してるので
      根本的な問題はクオリティーへの危機感覚が古い事だと思う

      ライバルが強力過ぎる中で初動で、安易に今後のアプデで改善だとか、安易に今後って使う時代では無い

      ウマ娘とかは最初から不足に感じる要素が無い状態で出してきて、この大成功なので
      遊ぶ側も出し惜しみに時間を消費する時代は終わってるんです。
    • 7. ハナモゲラ
    • 2021年04月22日 19:30
    • 龍が如く以外では、期待できないメーカーになってるよ
    • 8. 杜ちゃん
    • 2021年04月22日 21:02
    • ネガキャンが酷かったのは確かにそうだけど、某ウマがネガキャンを押し返して成功したのを見るに、クオリティって本当に大事なんだなと痛感する

      もちろんクオリティが高ければ売れるは妄想だけど、クオリティが高くなければその土俵には立てない。昔のブルーオーシャンだった頃のソシャゲ界隈ならともかく、今はクオリティが高いものでなければ見向きもされない。過去作ファンも引っ張れない。寧ろ「しばらく新作出てなかったシリーズがソシャゲで復活...あっ(察し」となって、悪い印象さえ付く時代だ

      DWそのものにも問題はあったけど、そもそもゲームの方向性、開発委託先、クオリティラインや開発計画を決めたのはSEGA自身だし、SEGAが判断を誤ったようにしか思えない
    • 9. 元サクラ大戦ファン
    • 2021年04月22日 21:22
    • 新サクラ大戦も正直褒められる出来ではなかったので、これもまあ予想の範疇というのが悲しいところです。
      看板キャラのソニック・ザ・ヘッジホッグの実写映画でも自信満々で出して総スカン食らって一度作り直してましたね。
      まあ今のセガはそういう会社なのでしょう。
    • 10. 名無し
    • 2021年04月22日 21:47
    • サービス終了がTwitterでトレンドになったり掲示板の勢いが凄かったりで良くも悪くも注目度は高かったよね
      もっとゲームのクオリティが高かったら流行ってた未来もあったかも知れないのが勿体ない
    • 11. ななし
    • 2021年04月22日 21:51
    • サクラ大戦というIPにとって致命的な結果になったのが悲しい
      少なくとも今後数年は復活の目はなくなったんだろうな...
    • 12. 経緯を確かめてみてください
    • 2021年04月22日 23:19
    • ※9
      >ソニック・ザ・ヘッジホッグの実写映画でも自信満々で出して
      >総スカン食らって一度作り直してましたね。

      それは、また違う話だと思うですけどね。
    • 13.  
    • 2021年04月23日 06:54
    • 旧作メンバー排除し過ぎて世界観壊した結果でしょ?あんだけキャラ濃いのに使わないし、新しくするにも少しは絡ませてから出すみたいなこともしなかったしね。新サクラも然り。
      新しく別物作りたいのは分かるけど、サクラ大戦がなんで人気出たのかちょっと考えて欲しい。
    • 14. 雑だな
    • 2021年04月23日 08:42
    • 『パンツァードラグーンリメイク』も『ベアナックルIV』もセガがライセンス出してるだけなので、
      セガが制作実績として語るのは不適切では?
      偉そうな口ぶりで雑語りするくせは変わりませんね
    • 15. 管理人
    • 2021年04月23日 09:15
    • ▼雑だなさん
      おっしゃる通り、ライセンスアウトと共同の内部、外部製作は異なるプロセス、部門の問題であることが多いです。
      それは私も理解しています。
      しかし、ライセンスアウトして、品質が低いものを出させてしまう。
      過去IPを復活させようとして品質が低いものを出させてしまう。
      クオリティを見て、NOと言える座組がない。内部制作でもクオリティを判定しきれていない。
      違う事象だけど、IPを雑に扱っている根本は変わらないと思いますね。
      この際、全部見直して欲しいと思っています。
    • 16. G
    • 2021年04月23日 10:21
    • 艦これACもやばかったのを直前で一から作り直してヒットしたそうですし。
      なにかそういう「適当に発売すれば良いんだよ」勢力がいるんでしょうね。
    • 17. 管理人
    • 2021年04月23日 10:42
    • ▼Gさん
      艦これはロケテストして反応を見て変えたのでアーケード的には普通の手順ですね。
      FGO、リゼロ、艦これ、外部IPはなんか丁重でヒットしているのに、セガIPは……。
      まあ、実際のところこういうのは複雑な要素が絡んでいて、失敗したからと言って適当に扱っているわけではないこともあります。
      外部から言えるのは「もっと頑張って、もっと大事にして」だけなので、この記事は私からセガへのメッセージという側面がでかいです。
    • 19. A
    • 2021年04月23日 14:43
    • ※12
      品質管理に暗いという点では共通している事だと思えますし、他のメディア展開においても似たような事があるならば
      事は企業そのものの体質の問題ではとも思えてくるんですよねえ。

    • 20. リープ
    • 2021年04月23日 14:56
    • >遊ぶ側も出し惜しみに時間を消費する時代は終わってるんです

      ゲームに関わる人はこの事を理解していない人が多いですよね。
      格ゲーやシューティングゲー、MMOが売れなくなったのも単純につまらないから。
      欠点が多くても面白ければみんなやります。
    • 21. .
    • 2021年04月23日 21:48
    • >とあるシリーズには魔術(ラノベ)と科学(マンガ、アニメ)があるのでご注意下さい。
      ×魔術(ラノベ)と科学(マンガ、アニメ)
      〇魔術(ラノベ、アニメ)と科学(マンガ、アニメ)

      アニメがあるのは魔術と科学どちらもですよ
      それとも「科学」のアニメはオリジナル要素が強い事を踏まえての表記でしょうか?
    • 22. ナナシ
    • 2021年04月26日 19:13
    • これに関しては終わるべくして終わった作品
      DWの責任はあるがそもそもセガのコンテンツ管理能力に疑問が残る
      安くない開発費をかけて、なぜ側から見れば確実に失敗しそうな物が出来るのか
      もう「セガらしい」なんて言葉は通用しませんね

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント