RSS

記事一覧

弾幕シューティング『アカとブルー TYPE-R』発表。スマホからゲーセンへ

WS000096
スマホ最高クラスの弾幕シューティングゲーム『アカとブルー』に、アーケード版がやってくる。
開発会社のタノシマスは、2018年1月29日本日、『アカとブルー Type-R』のティザーサイトを公開した。
本作は通常の弾幕シューティングの面白さに加え、スマホの限界に挑む同時1,000発以上の弾幕と得点アイテム表示による物量の爽快感、そしてゲーム全編を通じて駆け抜けるように語られる物語を魅力とするゲーム。
映画を観るかのように始まって終わる弾幕シューティング『アカとブルー』レビュー
そのままでも2017年を代表するシューティングの1つだと思うが、今回はUIなどの修正に加え、新たな遊びを構築するという。

新しい遊びも気になるが、告知のTweetによると、映像のディティールアップも行われているようだ。

本作は2018年2月9日~11日に幕張メッセで行われるイベント“ジャパンアミューズメントエキスポ2018”のサファリゲームブースに出展される。
気になる方は見に行ってみるのが良いだろう。
その際、スマホ版をプレイしておくと差がよくわかるので、まだ遊んだことがなければ道すがら遊んでみて欲しい。

アプリリンク:
アカとブルー (itunes 960円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)

関連リンク:
アカとブルー TYPE-R公式サイト

コメント一覧

    • 1.
    • 2018年01月30日 13:20
    • アーケードクオリティーと呼ばれる作品数あれどこれは本当にアーケードゲームをスマホに持ってきたレベルの作品だったので
      当然の帰結というか、いやはやめでたいですな
      独特のボムシステムなんかはスマホ操作だと狙いにくかったからなぁ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント