RSS

記事一覧

海外の日本通によるゲーム、『Combo Queen』インタビュー。「ヒロインの姿はSAOのアスナ、服は不知火舞にしました」

comboqueen5
ドット絵、ビキニアーマーで美少女がアクションする!
『アテナ』や『ヴァリス』の流れを感じるゲーム、『Combo Queen』が Kick Starter で資金集めを行っている。
ニュースにすると同時にウェブで話題になったが、Kick Starter での資金調達はまだ道半ば。
とても気になっているゲームなので、ぜひリリースされて欲しい。

しかし、情報がないからこれ以上記事を書けない…と、会社の住所を見てみると中央区!?
『Combo Queen』は日本のインディーゲームだったのか!
ということで、まだ資金集め中の『Combo Queen』の開発者さんに日本語でインタビューしてきた。

このインタビューを見て、ゲームが気になったらぜひ Kick Starter で資金を援助して欲しい。

Combo Queenってどんなゲーム?
インタビューに入る前に、『Combo Queen』の概要を軽く説明したい。
『Combo Queen』は、女戦士「クイーン」を主人公としたバトルアクションゲーム。
開発は Tap My Game が手がけている。
comboqueen2

バトルでは、四角いマーカーの動きに合わせて画面をタップすると両手に持つ斧で攻撃する。
クイーンには複数のコンボがあり、コンボによってリズムも動きも異なる。
comboqueen_r1

敵の攻撃が来たら、2本指で画面をタッチしてガード。
comboqueen_r2

マーカーの動きと敵のモーションを見極めるタイミングアクションゲームになっている。
Deep Dungeon of Doom』のバトル操作を洗練し、より純粋なアクションにしたゲームになると思われる。

そして、何より目を引くのは、『Olympia Rising(公式ページへ)』の Phil Giarrussoさんが担当したドット絵。
動きに躍動感があり、アクションゲームの面白さを引き立てるいいビジュアルとアクションが出ている。


このドット絵と、80年代の日本らしさを感じる内容に心引かれて、ゲーキャスは「ちゃりーん」と寄付してしまったわけだ。

だが、まだ資金が足りない!
ということで、『Combo Queen』の宣伝をするべく、Tap My Game の代表取締役の Alexさんと、Hikaruさんにお話を伺ってきた。

Combo Queenインタビュー
Gamecast:
初めまして。まず、Top My Game についてお聞かせください。
海外の会社のような名前なのに、日本に住所がありますよね。海外の会社の日本支社なのでしょうか?

Alex:
私はアプリ開発を3〜4年やっていて、去年までは海外で音楽系のアプリを作っていましたが、開発者としてのゴールはゲームを作ることでした。
なので、ここ1〜2年でいくつかゲームを作っています。
そして、いよいよ本格的にゲームを開発することになって日本で会社を興しました。

ゲームと言えば日本だと思っています。
日本でゲームを作り、アメリカ人の感性を活かして日本でゲームを作れたら、と思って日本で会社を作ったのです。

Hikaru:
私は留学中で Alex と友だちになって、Alex から「日本でやっていきたい」と相談を受けて、ベンチャーで起業した仲間です。
まさか、友だちから上司と部下になるとは思っていませんでした(笑)

元々、Alex 自身がゲーマーで、『マリオRPG』とか『ストリートファイター』とか、日本のゲームをメインに遊んでいたんです。
好きなゲームが日本産だったので、日本と言えばゲームと思ったのだと思います。

Gamecast:
Kickstarterのストレッチ目標に追加衣装でセーラー服があって、「海外のゲームなのにやけに日本的だな?」と思ったら、そういうことだったんですね。
Kickstarter は海外の資金調達サイトですが、海外でもセーラー服は引きになるのでしょうか?

Alex:
追加の衣装は「そういう系」にしようと思いまして。
結局、みんな「そういう系」が好きなので(笑)
海外では、アジアでとくに好まれていると思います。

Gamecast:
日本的ではないけども、ドット絵も素晴らしいですね。
あのドット絵で、クイーンの動きを見るのが楽しみです。
comboqueen1
▲ドット絵。見た目も動きも良い。

Alex:
ピクセルアートを作っているアーティストのフェルも日本のゲームが好きで。
(海外の制作者なのに)みんな日本文化に影響を受けてつくっているので、それが面白いなと思っていますね。

Gamecast:
なるほど。だから日本人にもピンとくる絵なんですね。
ところで、クイーンですけど、ビキニアーマーのアニメ調の女の子で日本を意識したキャラクターに見えますが…実際、クイーンはどうやって生まれたのでしょうか?
co2
▲なんだか日本的な影響を受けているように見えるクイーンのデザイン。

Alex:
最近、SAO(小説、ソードアートオンラインのこと)のアスナというキャラクターがいるんですけど、外見はそれに近い感じにして、格好はKOFの不知火舞みたいにしました。

剣で戦うヒロインが多いので、武器にトマホークを選んだんですけど。
トマホークなら軽いし、投げられるし、速いペースのゲームに合うと思いました。
co4
▲顔は明日菜、体は不知火舞。そしてトマホーク!

Gamecast:
クイーンですが、不知火舞というだけあって揺れていますね(笑)

Alex:
ちょっとした面白さも入れたかったんですよ。
「あ、揺れてる!」と考えながらプレイした方が楽しめるかな、と思いました。

あと、攻撃を受けたときにクイーンが「あーっ!」となっているディティールに凝っているので、ぜひ見てください。
co5
▲ゲーム中のクイーンの動きに注目!

Gamecast:
色々と楽しみですね!
さて、前置きが長くなりましたが、『Comb Queen』を作るに至ったきっかけを教えてください。

Alex:
今は電車などでアプリを遊んでいる人が多いので、片手でもできるようなシンプルなゲームを最初につくろうと。
それで、ワンタップで遊べるゲームを作ることになって、最初のゲームがこれ(Combo Queen)です。
comboqueen5

モバイル市場には、『Flappy Bird』などの低コストで作られたクローンゲームが多いと感じています。
よりデザインやゲームプレイに凝って、洗練されたゲームを、作る側が本気で作ったゲームを皆さんに提供したいなと思いました。

『Combo Queen』は、ピクセルアートが特徴なので、それを押し出して。
さらにユニークなゲームプレイをつけて、今あるゲームよりも、もう少し凝った新しいゲームにして。
それでいてシンプルな形をしておきたい、と思っています。

Gamecast:
ゲームの説明を見ると、『Deep Dungeon of Doom』に近いように感じますが、どうでしょうか?
私が昔、超ハマったゲームなのですが。

Alex:
ゲームプレイは似ていますね。
ボクが思うのは、タッチパネルでボタン操作にすると押し間違えるときがあって、とくに早く押すときにミスしやすいということです。
だから、この操作(画面のどこでもいいから指でタッチする)を考えました。
comboqueen_r1
▲ワンタップで遊べるゲーム。

Gamecast:
タイミング良くタッチするアクションなんですね。
リズムゲームのように敵の動きや攻撃がBGMが連動していたりするのでしょうか?

Alex:
リズムゲームではないですね。
四角いターゲットが絞られていくタイミングでタップするタイミングゲームです。
BGMとの連動性はないけども、ヒットした音に合わせてリズムでタップするゲームです。

Gamecast:
ああ、なるほど!なんだか見えてきました。
タイミング良くタップして敵をなぎ倒すゲーム、良いですね!
で、Kickstarter のページを見るとかなりゲームはできているようなのですが、なぜ資金調達することになったのですか?

Alex:
ベースのゲームプレイは順調にできあがっているのですけど、プロジェクトを進める資金が少なくなってきました。
サウンド、デザイナーを外部の方にお願いしているので、資金が必要になってしまったのです。
ボクは完璧主義者なので、『Combo Queen』をより完璧にしたいと思って Kickstarter で資金を募ることにしました。

Gamecast:
それにしては、$5,000 は少なくありませんか?

Alex:
ゴールの目標金額が少ないのは、『Combo Queen』に対する人々の反応を見たかったからでもあります。
『Combo Queen』というゲームに、どのぐらい興味をもってもらえるのか。

Gamecast:
マーケティング的な要素も含んでいるんですね。
私はすごくやりたいのですが…もっと資金集まれ!
で、資金が集まったら段階的にゲーム内容がパワーアップしていきますが…最初の$5,000で遊べるゲームはどんなものなのでしょうか?

Alex:
$5,000は、一番シンプルなゲームです。
クイーンがステージを走り、次々と出てくる敵と戦って、だんだん難しくなります。
たまに珍しい化け物が出てくるとか、そういう変化を考えています。
comboqueen6

$7,777で、そのゲームに新しいコンボが2つ加えられます。
$9,001では、特殊効果のあるコスチュームが2つ加えられます。
このコスチュームを使って、強敵に挑めるでしょう。

Gamecast:
日本から見ると、$9,001はキリが悪いように聞こえるのですが…。

Alex:
文化の違いだと思います(笑)
ボクらは9,000を超えたらキリがいいと思います。

$15,000で、「ダンジョンタワーモード」が追加されます。
これは、ダンジョンを進んでいって、一定の距離進むとショップがあって買い物ができて、ひたすらタワーを進む、と言う内容を考えています。
com_large
▲ショップが…?

Gamecast:
ストーリーモードが$22,000で追加されますね。

Alex:
クイーンが可愛いけども、すごい頭がおかしくて「いろいろな人を殺したい」というキャラクターなんです。
彼女のキャラクター性と、なぜ、彼女がサイコになったのかを伝えたい。
とりあえずは、お楽しみと言うことで。

Gamecast:
うーん、やりたい。日本のメーカーだから日本語にも対応しているでしょうし。
ゲームは基本無料ですか、それとも有料ですか?
日本でゲームで儲けようと思うと、基本無料しかないと思いますが。

Alex:
基本的に、このゲームは有料にしようと思っていました。

元々ユーザー側だったので、課金のシステムがあまり好きではないのが2人の見解としてあります。
なので、課金をしなければ勝てないゲームは作りたくないな、という話はしていたんですよ。

アプリは有料のものと、無料のものを出します。
有料版は200円ぐらいを予定しています。無料版は広告つきで課金もあります。

Gamecast:
それはユーザーとしては嬉しいですね。

Alex:
だいたい、無料ゲームは課金がいっぱいあって、それは日本の方には楽しいかもしれないですけど。
それに対して、『Combo Queen』は200円だけで楽しめます。
チームが少人数だし、大きい会社には勝てません。
基本無料ではなく、有料のゲームを作って違う土俵で勝負したいと思っています。

Gamecast:
ありがとうございます。お話を聞いて『Combo Queen』がもっと遊びたくなりました!
最後に、ゲームキャストの読者に一言お願いします。

Alex
今、ゲームを開発し始めていて、ものすごく楽しいです。
最初は小さいゲームを作って、うまくいったら大きなゲームをどんどん作っていきたいと考えています。

これからもゲームをずっと開発したいと思っています。
『Combo Queen』をぜひ、楽しんでください。
みんなの反応まってます。


…ここまで読んだ方は、『Combo Queen』がやりたくなったのではないだろうか。
資金は11月1日まで募集している。記事が出た時点で残り約$2,500(約25万円)。我こそは

資金提供の方法、ゲームの詳しい説明はこちら→Combo Queen 日本語ページ
KickStarterのページはこちら→Combo Queen by Alex Ergas — Kickstarter

支援の方法がわからない方はKickstarterプロジェクトの支援方法 – CuriousFactory Publishingを参考にどうぞ。

コメント一覧

    • 1. 1
    • 2014年10月27日 22:20
    • gamecat⁉︎
    • 2. GCドラゴン
    • 2014年10月27日 22:36
    • >>1
      Thank you. We are not cat.
    • 3. ベジータ
    • 2014年10月28日 01:14
    • >9000

      日本文化から派生の小ネタですね。
      "Over 9000"でググりましょう。
    • 4. 774bit
    • 2014年10月28日 10:26
    • コンボ姐チャンの話題と少しずれるけど、
      日本垢でも尼でKickStarter支援できるようになって欲しいですね。
      言語の壁が無くなるだけで国内でも支援が増えて
      色々と捗ると思うんだけどなぁ。
    • 5.
    • 2014年10月29日 15:31
    • 9000はきっと、コメ>>3さんも書いてる通り、
      ベジータネタでしょうね
      気付かない内にいつの間にか世界中でネタにされてるw
    • 6. GCドラゴン
    • 2014年11月01日 21:30
    • そんなネタがあったのか!
      ありがとうございます。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント