RSS

記事一覧

元祖ウォーキングシミュレーター『Dear Esther』が2019年iOSに登場。新作『Little Orpheus』も2020年と予告

01
SumoDigitalは、『Dear Esther』を2019年内にiOSでリリースすることを発表した。
『Dear Esther』は、孤島をあてもなく散策するゲームである。
開始時は何の情報もなく、ただ散策していると主人公が独り言で何かを語り、その背景がおぼろげに判明していく。独白と島の様子を見て、プレイヤー自身がゲームに意味を見出すゲームとなっている。
Gone Home』やら『フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと』などと同じ、“ウォーキングシミュレーター”というジャンルと言えばわかる方もいるだろうか。

ゲーム機版の予告動画はこちら。


そしてもう1つ、Sumo Digitalは『Dear Esther』を開発した Chinese Room と共同で、開発している『Little Orpheus』が、Apple Arcade(今秋サービス予定のAppleの定額ゲームサービス)で2020年にリリースされる予定であることを明かした。
2019-08-13_20h36_44

これはApple Arcadeの発表動画でも1番目にくるほど期待の作品。『Dear Esther』が出るころには何かしら発表があるのかもしれない。


いずれにせよ、『Dear Esther』は先に登場する。
本作はウォーキングシミュレーターの元祖とされており、この作品が出たころは「ただ見るゲームはゲームではない!」、「ゲームではなく、見てストーリーを楽しむならアニメなどと同格ではないか?」などの論争が巻き起こった歴史に残る作品だ。
ウォーキングシミュレーターが好きなら要チェックと言えよう。

関連リンク:
The Chinese Room’s Dear Esther Makes Mobile Debut

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント