RSS

記事一覧

【訂正あり】Appleは任天堂よりも子供に配慮していた。『The Binding of Isaac: Rebirth』が暴力表現で配信却下

20160207131656
Steamのユーザー評価10点満点。
PS、3DSでも人気を博したローグライク『The Binding of Isaac: Rebirth(日本名、アイザックの伝説リバース)』は、iOSでは遊べないかもしれない。
なぜなら、Appleが子供に対する暴力的な表現を理由にAppStoreでの配信を断ったからだ。

これは、開発会社NicalisのTyrone RodriguezさんのTwitterで明かされた情報だ。
『The Binding of Isaac: Rebirth』は、開発者規約12.5「子供に対する暴力的な表現が含まれているアプリは配信できない」で配信を却下された。
PCはおろか、任天堂の3DSにも移植されたゲームでも、Appleのお子様に対する保護精神の前には受け付けないらしい。
(なお、このゲームは聖書のパロディ設定であり、任天堂からは宗教を扱っていることを理由に一度リリースを断られている)

このゲームは、ひ弱な子供アイザックがダンジョンに閉じ込められ、戦うローグライクゲームで、当然ながらアイザックは敵に攻撃されるのだが……。
もう、App Storeでは子供を主人公にバトルゲームを作ってはいけない、ということだろうか。
訂正。これは、母が子を殺しにくるという設定で、規制もやむを得ない感はある。が、ゲーム自体の評価は高いし、これはこれでブラックなパロディ表現だとは思う。

過去にも、AppleはAppStoreのスクリーンショットに銃があるゲームを却下するなど、厳しくて(分けのわからない)規制を行って話題になった。
tempo02
▲左がAppleが却下したアイコン、右がAppleの規約に沿ったアイコン

世界を相手に商売するとき、表現を規制しなければならないのはわかる。
が、そろそろゾーニングして売ることも考えて欲しいとは思う。

 コメント一覧 (6)

    • 1.  
    • 2016年02月09日 14:25
    • Appleの規制基準がわからないってのは同意だけど、
      Isaacをプレイしたことあるなら、むしろ3DSで配信できてることの方が不思議なレベルなのがわかると思うのだが。
      グロいのもそうだけど、物語は盲信者となった母親が息子であるアイザックを監禁した上、殺そうとしたところからスタートなのだし。
    • 2. 管理人
    • 2016年02月09日 14:49
    • 訂正を入れました。
      任天堂が宗教的な理由で却下したと聞いていたのですが、さらに深く見ておかないといけなかったですね。
      感謝いたします。
    • 3. 名無し
    • 2016年02月10日 04:14
    • アイザックシリーズプレイしていないのに書いたような記事でガッカリ
      セール中だし前作くらいは触れておくのは前提
    • 4.
    • 2016年02月11日 03:39
    • まあ女性器の形をした敵が精子やら経血を飛ばすゲームですしAppleの審査を通すのはなかなか厳しいかもしれませんね
      凄く面白いゲームなので出来れば通って欲しいものです
    • 5.
    • 2016年02月11日 07:18
    • そこが訂正されちゃったら記事の存在意義自体なくなるんじゃあ、、、。
    • 6.
    • 2016年02月11日 07:23
    • 銃却下も別にappleに限った事じゃ無いし,,,
      頭おかしいみたいに扱うのは違う気がする

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント