RSS

記事一覧

ドット絵の暴動シミュレーター RIOT、開発続行中と判明。

riot
昨年3月、暴動をシミュレートするドット絵ゲームをつくるとして、Indiegogoで資金を調達したゲームがあった。
その名も RIOT。
イタリアで暴動を目にして「これはパワフルなイベントだ!」考え、同時期にプレイした『スキタイの娘』のドット絵を合わせたコンセプトは非常に魅力的で、多くのプレイヤーが期待して完成を待っている。

8月に「そろそろデモバージョンができる」と告げられてから一切の更新が途絶え、大勢のプレイヤーがしびれを切らせていたが、まだ開発続行中であると判明した。

まだ、ゲームの動画を見たことがない方はこちらを先に確認して欲しい。
多くのゲーマーがお金を払った理由がわかることだろう。
暴動をテーマにしてどんなゲームができあがるのかわくわくするし、ドット絵の動きもすばらしい。


ブログによれば、開発チームの入れ替わりがあったが開発は続行中のようだ。
しかし、デモを作るにはまだまだ改良を行わねばならず、当分は待つ必要がありそうだ。

ゲームキャストのコメントでも心配する声があったし、個人的にも期待していたので開発続行中とわかってうれしい。
よかった!

関連リンク:
Indiegogo(出資ページ)RIOT公式サイト

 コメント一覧 (3)

    • 1.
    • 2014年01月04日 22:13
    • 開発チームの入れ替わりって駄目なパターンじゃないか・・・
    • 2. GCドラゴン
    • 2014年01月05日 00:31
    • どうも、最初のモックを組み立てたチームは2週間でこれをやったそうですね。
      最初から解散する予定だったっぽい。

      で、金を集めてチームを募って分かれて…今できたチームはなかなか良い(ソリッド)とのこと。
      やっといいチームができた可能性にかけて待ってみましょう。
    • 3. あ
    • 2014年01月05日 17:48
    • 数日前にGIGAZINEで記事になってましたが、クラウドファウンディングでゲーム開発は特に頓挫しやすいとありましたね。
      日本のドット絵とは違い、等身が高くDOS/V時代を思い起こさせる趣きがあるので、ぜひ完成して欲しいところ。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント