RSS

記事一覧

「より豊かな表現が、より豊かな体験をもたらす」SEGA Appsタイトル体験会2012 その1

SEGA02
セガがこの冬リリースする渾身のタイトル5作をメディアに説明する「SEGA Appsタイトル体験会2012」。しかし、この会を主催しているセガネットワークスとは何者なのだろうか?
今回のミーティングはこの説明から始まった。
セガネットワークスは、3つのSをキーワードに立ち上げられたという。

【Speed】…ベンチャーのスピード感
【Segaブランド】…セガがもつアーケード・家庭用の多彩なジャンルとIP(シリーズ)
【Smart Device】…スマートデバイス(スマートフォン、タブレットなど)対応ゲーム。

SEGAという大企業のブランドを生かしながらベンチャー企業のスピード感で、スマートデバイスゲームに本気で取り組むために作られた会社。

そんなセガネットワークスが開発するゲームは、ソーシャルの持つ【間口の広さ】【時間と場所を選ばないゲーム体験】【強力・競争要素を持つ継続性の高い遊び】を取り入れつつ、【カードゲームにとどまらない多様なジャンル】で【家庭用ゲームクオリティのハイエンドなグラフィック、サウンド、世界観など】を持つ新しいゲームになる、とのこと。
sega01

その答えとして、11月末から年内だけで5本。
年始から来春までに更に5本、「業界の半歩先を行く」タイトルをリリースしていくと発表された。

「この市場が魅力的なものかどうかについて意見があるが、我々が信じているのは、より豊かな表現がより豊かな体験を生み出すということ。
それはコンシューマ でもアーケードでも、今まで何度と無く再現性を持って進んできた道。
これはスマートデバイスにおいても、大きな可能性を持っている」

セガネットワークス事業本部長、岩城 農氏が力強く語った最後の言葉は、ゲームメーカーとしてさまざまなフィールドで活躍してきたセガだからこその重みがある。

そして、体験会へ。
今回は年内にリリースされる新作を5本プレイしてきたので、このまま22時まで一気に紹介記事を公開していく。
お楽しみに。

関連記事:
『パズドラ』よりさらにゲームへ。『ドラゴンコインズ』はこの冬最も注目すべきタイトル:SEGA Appsタイトル体験会2012 その2
全てが前作よりパワーアップ!『Kingdom Conquest 2』は再び期待してもよさそう:SEGA Appsタイトル体験会2012 その3
業界初!フル3Dソーシャルゲーム『クエプラ』は可愛くライトなソーシャルRPG:SEGA Appsタイトル体験会2012 その4
セガの人気クイズゲーム『アンアン』がiOSへ!『初音ミク ライブステージ プロデューサー』も年内:SEGA Appsタイトル体験会2012 その5

 コメント一覧 (4)

    • 1. 通りすがりのゲーマー
    • 2012年11月19日 20:15
    • 新作紹介楽しみにしてます
    • 2. 通りすがりのゲーマー
    • 2012年11月19日 21:13
    • 正直、開発費がかかってない新作なんて興味ない
      早く日本でもクレタク発売しないかな
    • 3. 通りすがりのゲーマー
    • 2012年11月19日 21:14
    • きっとソーシャルゲームばっかりなんだろうな、、。
    • 4. トシ
    • 2012年11月19日 23:07
    • ▼1さん
      おわりました…時間かかった…!
      ▼2さん
      多分、スマホのゲームでもトップクラスに開発費かかっていると思いますよ。
      ケイオスリングスなどより、かなりかかっているかと…。
      PS3ではなく、PS Vitaの作品と同等以上かと。
      ▼3さん
      ですねぇ。
      ソーシャルとか、基本無料以外を作る大手はほぼなくなってしまうと思います。
      寂しい…。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント