RSS

記事一覧

グラフィックの進化で面白さも進化!?『ストリートファイター X 鉄拳 MOBILE』をカプコンサマージャムで先行体験してきた!

st 1
ストリートファイターと鉄拳のキャラが闘うタッグマッチ格闘ゲーム、『ストリートファイター X 鉄拳 MOBILE』。
本日、カプコンサマージャムで展示されていると聞き、早速プレイしてきたのでインプレッションをお伝えする。
もうタイトルで分かると思うが、好印象。
現時点ではわからないことが多いものの、プレイしてわかったゲーマーが気になる部分をレポート!
まず目を引くのはフル3Dのグラフィック。
「モバイルだから仕方ないよね」という感じのものではなくストIVのキャラに負けない雰囲気のある見栄え。
st 3

勝利時にキャラクターが拡大されるが、それでも粗さは感じなかった。
st2 76
▲ヒューゴー。拡大してもきっちり見栄えがする。

エフェクトも進化しており、全体的にゴージャスに。
対応機種はiPhone4以降、iPod touch 4G、iPad2以降ということでiPhone3GS以前は対応していないが、そうなるのも納得のグラフィック。
st 4

で、美しいだけではなく動きがスムーズで操作するのが気持ちイイ。
同じカプコンの『ストリートファイターIV Volt』もゲーム自体は面白かった。
しかし、iPhone3G時代のアプリだったのでキャラクターの動きの滑らかさ(フレームレート)がイマイチで、粗さを感じる方もいたかと思う。
今回はそんな心配なしだ。
st2 36
▲フレーム音痴の筆者でも動きがなめらかに感じた。

操作は『ストリートファイターIV Volt』を踏襲しており、パンチ・キック・SP(必殺技)ボタン・X(クロス)ボタンの4つ。
Xボタンでキャラクターのチェンジやランチアタック(特殊攻撃)を行う。
st 2

必殺技はお馴染み方向キー+SPボタンでばっちり。
st2 8

スーパーコンボはゲージが溜まっているときにゲージ部分を押すだけ。
キャラクターのカットインが入る演出は今回もバッチリ決まっている。
st2 61

実際に操作してみると、『ストリートファイターIV Volt』と同程度どころか、それよりも幾分操作しやすく感じた。
動作が滑かなおかげかタイミングが図りやすく、コンボが出しやすい。
操作の感覚は今までの格闘ゲームの中でもトップと言える。
全体の雰囲気として、久々カプコン入魂の大作感を感じた。

キャラクターはリュウ、ガイル、チュンリー、ヒューゴー、ダルシム、一八、ニーナ、キング、ポール、ファランの10人だけだったが、アップデートに定評のあるカプコンだけにキャラが少ない状態で出たとしても、ちゃんと増えていくだろう。
発売時までにキャラクターが増えている可能性もある。

さて、グラフィックやプレイ感覚は進化したが、もう1つ気になるのは対戦ゲームとしてのバランス。
残念ながらこちらはプレイ時間が短かったのでなんとも言えないところがある。
1つ思ったのが「ジェム」の存在がゲームが大きな影響を与えそうということ。
iPhone版では試合中に出現する「ジェム」を取得するとキャラクターが一時的に強くなる。
今回は「スピードジェム」しか体験できなかったが、実際にキャラクターのスピードが少し早くなるだけでもプレイしていてかなり有利に感じた。
新しいコンボを作れそうな雰囲気も…。
st2 58
▲スピードジェムで動きが早くなり、相手が動揺して楽に勝てた。

今夏発売ということで、間もなくプレイできるはず。
会場では対戦プレイが楽しめたので、Bluetooth以外の対戦もあることを期待したいところ。
もし、オンライン対戦も対応していたらまた対戦で眠れない日が続きそうだ…。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント