RSS

記事一覧

『シャイニング・フォース:光と闇の英雄(仮称)』のゲーム画面を含むPV公開。玉木美孝さんのデザイン、音楽、シリーズの定番演出を踏襲した演出に納得

image003
株式会社ハイブは、セガ往年の人気作『シャイニング・フォース』を原作とした『シャイニング・フォース:光と闇の英雄(仮称)』のゲーム画面を含む PV を初公開した。
『シャイニング・フォース』は90年代のメガドライブ時代に世界的にヒットしたシミュレーションRPGの名作。
ハイヴは『キングスレイド』で知られる韓国ベスパの日本法人で、ベスパは本作の開発にも関わる。


PVはこちら。


キャラクターは玉木美孝さんやSUEZENさんがデザインした服装などが踏襲されており、女性キャラの露出が極端に増えていたり、中途半端な現代化がなされたものではないようだ。
物語は初代から1,000年後を舞台としているそうだが、だとすると過去作の主人公が登場する。
image001

ゲーム画面を見ても、見下ろしのターン制戦術ゲームであるところは踏襲している。
image002

PV演出に関しても原作のお約束を踏襲しており、原作への意識は高いように感じる。
2021-08-18_15h46_00

ゲーム内容に目を向けてみると、パオの列車シーン、橋、ミシャエラのサーカスなど過去作そのままのシーンが次々と登場する。
『ラングリッサーモバイル』のように、過去作品のステージを再現し、ストーリーがすべて遊べる作りになっているかもしれない。
2021-08-18_15h45_52

必殺技と思われるカットではかなりキャラクターが良い感じに動いており、アニメーション部分の予算もきっちりかかっている印象。
この PV を見ていると、原作ファン向けとして良いものが出てくるのではないか、と期待感が高まる。
2021-08-18_15h46_40

『シャイニング・フォース~光と闇の英雄~(仮)』はβテストを経て2022年上半期のグローバルサービスを開始する計画となっている。
いやー、早くβテストを遊びたい!

 コメント一覧 (9)

    • 1.  
    • 2021年08月18日 15:33
    • マックスのアゴが割れてるのが…その…ちょっと…
    • 2. 管理人
    • 2021年08月18日 16:12
    • わかります……。
      海外ではケツ顎だったし、海外のが売れたからそれにあわせたんでしょうね……なぜ、日本ではメガドライブがスーファミより流行らなかったんだ……!
    • 3.  
    • 2021年08月18日 16:31
    • 本文でも書かれてますけどラングリッサーと同じ感じと思って良さそうですね。
    • 4. あかさ
    • 2021年08月18日 16:46
    • オープニング見てたら、扱いにくいメガドラパッド十字キーが思い出された
    • 5. GOAtechs
    • 2021年08月18日 17:52
    • 原作だと体力がいくら高くとも
      1はダメージ与えられたので(回避除く)

      アダムとかヨーグルトとかペンを頑張って
      育成する楽しみがあったんですが

      この形式(HPがどんぶり勘定)だと
      それの再現が難しそうなんだよなぁ…

      でもまぁシステムとか絵柄とか見た感じ原作リスペクト
      がありそうなので、期待値は上がりました
    • 6. .
    • 2021年08月20日 20:25
    • 顎が2つに割れているのは将来2人になるからだろ
    • 7. もみあげる名無し
    • 2021年08月22日 07:53
    • 米6
      Future two men.
    • 8. love
    • 2021年08月23日 18:06
    • このイラストじゃ愛せねえ
    • 9.
    • 2021年09月01日 16:10
    • 玉木さんは無理だろうと思っていたから嬉しい

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント