RSS

記事一覧

Apple、5G対応のiPhone 12シリーズ4機種を発表。A14チップで高速、新液晶でより美しく、過去最高のカメラ搭載でより便利に

2020-10-14_05h45_49
Apple は10月14日、自社の発表会にて iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max の4機種(以下、それぞれ12、12 mini、12 Pro、12 Pro Max)の紹介を行った。
すべて次世代高速通信規格の5Gに対応し、最新チップ A14 を搭載した先端のスマートフォンとなる。
12 と 12 mini は画面と本体サイズを除いてほぼ同性能。
12 Pro と 12 Pro Max は、LiDARスキャナー搭載、カメラ性能が大幅向上、大画面などが大まかな特徴となる。

全機種共通の特徴から説明していく。
まず、SoC(システムオンチップの略、CPUなどを統合したスマホの心臓部)には最新の A14 Bionic チップを採用。
2020-10-14_02h30_18

CPU、GPU ともに他のスマートフォンより最大50%早いとされているが、Apple の発表のデータから推測するに iPad Air 第4世代に搭載されたものと同じと推測される。
だとすると、前世代比でCPU / GPU ともに20%程度、機械学習については80%の性能向上が見込まれる。
また、最新の5nmプロセスによって消費電力の低減効果は大きそうだ。
十分高性能だと思うのだが、公式ページで「ライバルは、一つ前のiPhoneのチップだけ。」というのだから……。
2020-10-14_07h25_23

変な表記をやめて A13 と素直に比較して欲しかったところ。
2020-10-14_07h27_12

画面のガラスには新技術“Ceramic Shield(セラミックシールド)”を採用し、特別に開発された技術で透明度を高めた状態で安定させているという。
これまでよりも4倍、画面を衝撃から守るチャンスがあるとのこと。
いまいち要領を得ない言い回しだが、要は衝撃に強くなったと考えればいいだろう。
2020-10-14_07h24_58

スマホの背面に磁石でケースやパスケースがくっつく“MagSafe”を採用し、アクセサリやケースの自由度が増す。

2020-10-14_05h45_43



さて、ここからは各機種によって差が出てくるところだが……ディスプレイも大幅に良くなっている。
今回は新しいOLEDディスプレイを採用し、2,000,000:1コントラスト比を実現。
12 / 12 mini は最大輝度625ニト(標準)、最大輝度1,200ニト(HDR)の液晶を搭載。
12 Pro / 12 Pro Max は最大輝度800ニト(標準)、最大輝度1,200ニト(HDR)の液晶を搭載。
2020-10-14_02h23_07

画面サイズ、解像度は以下の通り。
12 / 6.1インチ、解像度2,532 x 1,170pixel、460ppi
12 mini / 5.4インチ、解像度2,340 x 1,080pixel、476ppi、
12 Pro / 6.06インチ、解像度2,532 x 1,170pixel、460ppi
12 Pro Max / 6.7インチ、解像度2,778 x 1,284pixel、458ppi

参考までに iPhone11 が 1,400:1コントラスト比、最大輝度625ニト、解像度1,792 x 828、326ppi。
コントラスト比、最大輝度、解像度、どれをとっても大幅な向上がなされている。

最も大きな違いは、カメラやセンサー類の差となる。
12 / 12 mini は、1,200万画素の広角レンズ(F1.6)と超広角レンズ(F2.4)の2眼カメラを採用で、光学式手ブレ補正は広角レンズのみ対応。
インカメラは1,200万画素(F2.2)。
広角カメラは7枚構成のレンズで27%も光が多く取り込めるようになっているとのこと。
2020-10-14_02h37_20

12 Pro / 12 Pro Max は、トリプルカメラと空間を把握するLiDARスキャナを採用。
12 Pro は広角(F1.6)、超広角(F2.4)、望遠(F2.2)、2倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウトで合計4倍の光学ズームレンジを持つ。
12 Pro は広角(F1.6)、超広角(F2.4)、望遠(F2.0)、2.5倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウトで合計5倍の光学ズームレンジを持ち、広角レンズにはセンサーシフト光学式手ぶれ補正を採用。

いずれも1,.200万画素。また、動画は全機種で4K60FPSまで対応。
全機種において暗いところで鮮明な写真を撮れるナイトモードなどが強化されているが、12 Pro と 12 Pro Max はLiDARスキャナを利用してさらによりナイトモードを利用できるとのこと。
2020-10-14_07h25_43

価格は iPhone 12が 64GB:85,800円、128GB:90,800円、256GB:101,800円。
12 miniが64GB:74,800円、128GB:79,800円、256GB:90,800円。
12 Proが128GB:106,800円、256GB:117,800円、512GB:139,800円。
12 Pro Maxが128GB:117,800円、256GB:128,800円、512GB:150,800円。

iPhone 12 と iPhone 12 Pro は10月16日午後9時から予約注文を受け付け、10月23日発売。
iPhone 12 mini と iPhone 12 Pro Max は11月6日午後10時から予約注文を受け付け、11月13日発売となる。
ゲーム性能で言うとちょっと向上幅が低めなので、自分的には「スマホ性能が足りていれば無理して買い替えることはしないかも」と思うが、カメラや液晶の進化は魅力的。
買い替えを考えているなら、候補に入るスマホと言えそうだ。

関連リンク:
Apple(日本)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント