RSS

記事一覧

Epic Games、Android版『フォートナイト インストーラー』の名前を『Epic Games』に変更し、Google外から同社のゲームを選び、インストールできるランチャーに変更

epicgame
Epic Gamesは、『フォートナイト インストーラー』の名前を『Epic Games』に変更し、同社のゲームをAndroid端末にインストールできる新たなハブへと変更した。

iOSやNintendo Switchなどでは公式のストアから配信を行っている『フォートナイト』だが、Androidに関しては「プラットフォーマーの30%の取り分は大きすぎる」として、独自に配信を行っていた。
現在はこの『フォートナイト』専用のインストーラーの名前が変更され、11月にリリースされた新作『Battle Breaker』がアプリ内からインストールできる状態となっている。
現在はEpic Gamesのゲームだけがダウンロードできるが、Epic Game Store立ち上げ時からAndroid版の可能性についても言及しており、そういったものがより現実味を帯びてきたように感じる。
ゲーム世界では定額制、html5とかクラウドとか、そういったプラットフォーム争いが注目を浴びつつあるが、アプリ配信プラットフォームの争いもまだまだ一波乱あるかもしれない。

GoogleやAppleなど、多くのプラットフォーマーの手数料はアプリ売り上げの30%になっている。しかし、PC版のEpic Game Storeではプラットフォーマーの手数料は12%。ゲーム会社の取り分が増えれば、それだけゲーム開発が活発になったり、アップデートの余力ができることになる。

18%の収益上昇と言うのは単純な18%で終わらない。例えば、ゲーム全体の売り上げが100%だとして、30%手数料がとられたと仕様。サービス型のゲームだとさらに25%が開発に30%が宣伝に回されたりする。その場合は利益として残るのが15%。
つまり18%手取りが上昇すると利益率としてははるかに高くなることもある。
そういったストアがAndroidで展開できるのか。これはちょっと注目してみる必要がありそうだ。

インストーラーは、下記のリンクからダウンロードできる。Epic Gamesを見てみったければ、Android端末からアクセスしてみて欲しい。

関連リンク:
Battle Breakers

 コメント一覧 (1)

    • 1.  
    • 2019年12月11日 22:56
    • これに危機感を抱いて、王様2人も価格やサービス競争を始めたりするとユーザー的にも開発的にも良いんだけど、どうなるかな

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント