RSS

記事一覧

NVIDIAのクラウドゲーミングサービス『GeForce Now』、Androidに対応し、年末に日本でも提供開始

01
GoogleがクラウドゲーミングサービスSTADIAを発表して話題となったが、先行してクラウドゲーミングサービスGeForce Nowを提供しているNVIDIAが新しい動きを見せた。

1つは、NVIDIA RTX Serverという高性能サーバーを導入し、低い性能のPCでもGeForce Nowが遊べるようになること。これはまずカルフォルニア北部とドイツから提供開始となり、全米、ヨーロッパへ広がっていく。
続いて、これまでWindows/Mac/Shield製品限定で提供していたGeForce Nowのサービス範囲がAndroid端末まで拡大されること。
サービス範囲も拡大され、日本ではソフトバンクをパートナーとして年末にサービスが提供される。

GeForce Nowは、ソニーのPS NowともSTADIAとも形態が異なる。まず、基本的にはゲームをUplayやSteamなどからあらかじめ購入する必要がある。
また、定額遊び放題などを用意しておらず、利用した分だけ料金が発生する。
STADIAよりも早くスマホに対応する大手のクラウドゲームが果たして受け入れられるのか、注目して見守りたい。

関連リンク:
NVIDIA のクラウド ゲーミング サービスで Mac、Windows PC、SHIELD デバイスで、どこでもゲームを楽しもう
GeForce NOW’s Open Platform Elevates PC Gaming | NVIDIA Blog

 コメント一覧 (1)

    • 1. あ
    • 2019年08月21日 12:19
    • ゲームを個別に購入しなきゃならんって点ではSTADIA寄りのサービスか
      まぁリモートプレイみたいな感じなのかな?

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント