RSS

記事一覧

日本よ、米国版「なろう映画」だ! 映画『ピクセル』が面白かったので皆さんにお勧めしたい。あ、見るなら当然吹き替えで

2019-04-26_21h32_25
ゲームと映画は、意外にも近い関係にある。映画に影響されたゲームは多く、映画の知識や演出がゲームを楽しむスパイスになったりする。
ただ、自分は映画を見られていなかったので、ゲーム好きが集まるDiscord掲示板の仲間とともにレンタルして、同時に再生して話しながら見るイベントを企画してみた。
で、人と一緒に見た映画がものすごく楽しかったので、ここに紹介したい。

今回見た映画は『ピクセル』。
『ドンキーコング』とか、『パックマン』の世界が現実にせり出してきて、迫力の映像で描かれる映画……。
ゲーム好きの映画上映会に、これ以上ふさわしいものがあるだろうか。
Amazonの評価を見ると「吹き替えがひどい」とあるが、まあ気にしない。吹き替えは大抵において不評だからな!

さて、映画は1982年、ゲームセンターで主人公の少年たちが『ドンキーコング』とか(昔は任天堂のゲームがゲームセンターにあったのだ!)、『ギャラガ』とかのスコアを競う大会から始まる。
そして、当時のNASAはどこかにいるかもしれない宇宙人との友好のきっかけになることを願い、その映像を宇宙に射出していた。
そして、時は流れ……2015年。

1982年の映像を受け取った宇宙人が、それを宣戦布告と受け取り、大会で使用されたゲームをそのまま兵器として送り込んでくる。
『ギャラガ』のキャラクターが地球を襲う映像などはやっぱり見て居てテンションが上がるッ!
で、お話としては冴えない中年になっていた主人公たちが昔のゲームの腕を活かして迎撃する物語になる。
2019-04-26_21h32_52

最初、映像面はともかく、物語面はすごくつらかった。
主人公たちは完全に1980年代の冴えないオタクとして描かれていて、女性を口説く時のセリフも、態度も完全に「勘違いした慣れないオタク」そのもの。
非モテとしては感情移入してしまって、見ているだけでのたうち回ってしまう。つらい。
が、オンデマンド配信では映画館と違って「うわあああああ!」と叫んで乗り切った。ここだけは皆さん、覚悟してみてほしい。

だが、その先は最高。
地球が宇宙人に襲われて、見たことあるゲームの映像が出てきて盛り上がるはず!
2019-04-26_21h32_17

……で、さらにその先では、盛り下がる。
だって、展開が都合よすぎるもの。マンネリというか、突っ込みを避けられない。
そう思っていたところ、Discordで一緒に鑑賞していた1人がつぶやいた。
「これ、アメリカ版なろう(小説)じゃん」
2019-04-26_21h26_27

さえないオタクが異世界転生してチート能力を手に入れたり、世界の法則が変わったことにより無双の活躍を見せ、都合良い展開が続くことを楽しむ“なろう小説”。
この映画は、そのアメリカ版だと。

そう思って見ていると『ピクセル』が急速に面白くなってきた。
主人公が大統領に呼ばれれば「アメリカ版なろう要素、主人公がホワイトハウスに呼ばれる」と盛り上がり、「銃の訓練もしていないのに100発100中」で盛り上がる。
ゲーム知識で軍人にマウントをとり、ヒロインが主人公に「素敵」と一瞬でなびく。
この都合の良さ、この王道展開が、アメリカ版なろう小説。映画『ピクセル』は、金のかかったなろう小説映画化だったのだ!
2019-04-26_22h22_47

さらに、Amazonで不評の吹き替えが我々を盛り上げた。
主人公の吹き替えをした柳沢慎吾さんは確かに嫌いな人はいるかもしれないが、我々が注目したのは準主役の声を当てる神谷明さんだ。彼がいるだけで、吹き替え版の元は取れる。
神谷明さんは『北斗の拳』のケンシロウ、『シティーハンター』の冴羽獠などを演じる有名声優さんなのだが……映画後半になるほど暴走して好き勝手し始める。
ケンシロウのごとく「ほわたぁ!」と叫んで戦ったかと思えば、「もっこり」とか言い始め、1人でアニメネタを入れまくり。
普通の映画ならともかくこれはオタク映画。これでいいのだ。
2019-04-26_22h23_50
いやもう、『ビーストウォーズ』が始まったかと思ったよ……。

そんな感じで、大勢で見た『ピクセル』は、随所に仕込まれたゲームネタを楽しみ、映像迫力を楽しみ、ご都合展開を楽しむ映画になった。
神谷明さんが暴走する、金のかかったなろう映画と思って見ると楽しいので、皆さんもぜひ吹き替えで見てほしい(あと、吹き替え版のエンディングテーマもよい)。


で、あまりに楽しかったので4月27日22時より、また映画を見ることになった。
今度は『バーフバリ 王の凱旋』。Amazon版(完全版だと長いので)で見るので、興味ある方はぜひ参加してみてほしい。
01

必要な各種リンクは、下記からどうぞ。

 コメント一覧 (10)

    • 1.
    • 2019年04月27日 01:45
    • ピクセルは一人だとキツイけど、みんなで見るなら最高の一本かも
      あのヒロインの即なびきの雑さは、なろうでも滅多にお目にかかれない
      というか、なろう凄い
      この前、アップルストアで小学校低学年くらいの子がiPadでなろう読んでて、なんか感動した
      さすがインスタよりアクセス数多いだけはある
    • 2. 2
    • 2019年04月27日 11:55
    • なんでもかんでもなろうなんて言ってたら映画なんて楽しめないと思う
      糞ワニ映画見た後だったからか雑なストーリーもそこまで気にはならなかったけどまぁ映画として作り手が楽しませようと映像面は頑張ってたしなぁ
    • 3. 3
    • 2019年04月27日 14:06
    • 雑なストーリーをなろうっぽいと言って楽しむのは正解なのでは。
      とくにピクセルは「こまけぇことはいいんだよ!」と頭空っぽにして楽しむメソッドがありだと思う。
      あと、神谷さんのネタを知りたくてプライムで吹き替え版垂れ流してしまった。いい着眼点だと思った。
    • 4. 泥
    • 2019年04月27日 14:39
    • ピクセルいいですよね穆も大好きだ!
      レディプレイヤー1にはピクセルみたいな思い切りが足りない
    • 5. 王国民
    • 2019年04月27日 21:06
    • ジャイ!マヒシュマティ!
    • 6. 犬
    • 2019年04月28日 00:27
    • 5 個人的な意見はピクセルは面白くないと思ってる
      いつものメンツが揃ってるのに、あの盛り上がりの無さと妙な間と静けさ
      筋すら通ってない脚本
      キャラゲーと同じ構図で映画そのものとしての魅力がない
      観てるこっちが恥ずかしくなる様なリアリティのなさと御都合主義の連続
      子供向けにしたって映画のクレヨンしんちゃんよりドラマ性低いってどうなの
      オタク向けにしたってあの頃のゲーマーは納得しないでしょオタクを理解してない
      なろう映画ってのは本当に言い得てる
    • 7. 管理人
    • 2019年04月28日 00:53
    • 犬さんのコメントはわかるものの、最後の1行だけ人を侮辱する言葉が入っていたので規制して公開しました。
      「映画」が「筋が通っていないから面白くない」というのはいいけど、面白いと言っている「人」を侮辱するのは良くないということで。
    • 8. あ
    • 2019年04月28日 04:30
    • ラノベがハリウッド原作になりトムクルーズが主役したり、なろう小説の映像化にオキュラスのパルマーが資金提供提案したりする時代ですからね。
      日本人のサブカルに対する眼が肥えてるだけかも
    • 9. tくめい
    • 2019年04月28日 11:46
    • 個人的にはイマイチ寄りでしたね。
      実際のバトルがキャラ自身の体力や運転技術でなんとかしてる感が強過ぎで、元ゲームの知識も超基本的なルールくらいしか出てこなくてコレジャナイというか…。
    • 10. あ
    • 2019年04月29日 09:12
    • 最後に姉妹で頂くとこすき

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント