RSS

記事一覧

アビホラ・艦これ係争、ひとまず終結の気配、イース通史など - ゲームニュース

ab-2
この件に関しては、今出ている情報を考えると艦これ・アビホラ(のゲーム)・アビホラプレイヤー、全員被害者だと思っていて、ゲーム内容は違ったから MorningTec Japan がパブリッシャーとしてチェックして、UIやキャラクター酷似を避けていれば何も起きなかったと思っている(なので MorningTec の態度が気に食わない)。
販売時に指摘されていれば、ゲーム開発者の努力も報われたし、アビホラのゲームもプレイヤーも被害を受けなかった。
この後の説明で、キャラクター差し替えの経緯なども出てほしい。


セガ、『けものフレンズ3』をスマホとアーケード向けに発表。アプリ版は事前登録開始

『黒い砂漠 MOBILE』βテスト募集開始。異世界で生活するとされるMMORPG

1月12日の新作10本紹介。DOOORS新作『脱出ゲーム Lost DOOORS』、PS時代のカルトゲーム外伝『バロックシンドローム』登場

スマホゲーム
カーリング+ビリヤード『SMASH PUCK』無料 - 1月14日の値下げゲーム

‘Bayonetta’ Is Set to Join ‘Dx2 Shin Megami Tensei: Liberation’ in a Future Collaboration Event – TouchArcade

Choke Point | 『Bury Me, My Love』海外レビュー

‘Gunslugs: Rogue Tactics’ Gets a Graphical Overhaul, Check Out this New Gameplay Video – TouchArcade

It Looks Like ‘Golden Axe 2’ is the Next SEGA Forever Release – TouchArcade

ファミコン風で手書きドット絵に味のある「RETRO QUEST」 | ゲーム紹介情報ブログ~げむデパ~

ゲーム機・PCゲーム
台湾の家庭崩壊を描くホラー『還願DEVOTION』Steam版の発売日が決定。ゲームプレイを映す不気味なトレイラーも公開 | AUTOMATON

【3D-RPG&乙女ゲーム】Lovelydoll / Wildmachine レビュー | ゲームプレイ65535 ~同人・インディーズゲームの感想~

Epic GamesストアがSteamと同条件の返金機能を実装、「地域ごとの価格差」も設定 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ユニティがImprobable社と関係解消―クラウド用API、ライセンス違反を巡り両者の声明が食い違う | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

『バーチャロン』専用コントローラー「ツインスティック」の増産クラウドファンディングが目標金額を達成。徹底的なコストダウンが図った企業努力が実を結び、前回と合わせて1億円近く集まる

顔を撃たれて感じる衝撃、ベスト+αの全身触覚再現デバイス「bHaptics DK3」 | MoguraVR News - VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

 コメント一覧 (6)

    • 2. 名無し
    • 2019年01月15日 22:39
    • 1 艦これも運営がいつの間にかC2Pになってたけど、アレもゲーム内で説明なかったよねそういえば
    • 4. 無名
    • 2019年01月15日 22:56
    • キャラクターの酷似とはなんですか?
      まさかごく一部、それも訓練ミッションという限られたカテゴリにのみしか出てこず、各艦種に合わせたグラフィックまで用意されたエネミーの事を指してますか?
      あなたはネットに出回ってる悪意を持って恣意的に一部だけを切り取られた画像だけを見て判断されてますね

      それと旧アビホラ運営は当初は話し合いで解決を望んでいました
      それを無視して仮処分申し立てをしたのはセガ・インタラクティブ社およびC2プレパラート社でこれは変わりようのない事実です。
      話し合いをしていれば諸々の問題は起こり得なかった可能性は極めて高かったでしょう。

      あなたの出した結論はみんな悪いという乱暴極まりないものですよ
      きちんと調べられてからものを書くことを強く進言いたします。
    • 5. 管理人
    • 2019年01月16日 10:23
    • 別のところで書いていますが、私はそのタイミングでは『艦これ』をしていなかったので書かないですけど、『艦これ』の運営がいつの間にか変わって告知がなかっら、それは良くないと思いますね。
      今回みたいに係争を抱えていたら特に。ただ、ろくプレイしないゲームの歴史を調べるのは大変だし、不正確になりがちなので、やっている人に任せます。
      アビホラに関してはリリース前に期待していて、経緯を知っているので書くという状況ですね。

      また、私がアビホラで「一部の酷似」とするのは、ご指摘の通り本当にごく一部のキャラやマスコットを切り取ったものだけです。
      『艦これAC』と『アビホラ』は、明確にシステムが異なるゲームです。ゲームでもシステムの類似は訴えられない。だからキャラや見た目が差別点になる。
      モチーフが同じで、画面構成が似ていて、ごく一部でも似すぎたキャラがいれば突っ込まれる可能性はあった。
      私は、訴えの妥当性として微妙なラインであるという意見も理解できますが、「似ている」がPUBGと荒野行動のように「本家を殺す」可能性がある状況なので、艦これ側が守りに入る必然性はあるし、その線を踏み越えたMTJが迂闊で、この点が明確に良くなかったと思っています。
      事前に『艦これAC』と画面構成が似ていても異なるシステムを強調していたら意見は違っていたかもしれないぐらい微妙なラインではありますが。
    • 10. ななし
    • 2019年02月04日 08:21
    • 酷似云々はやってないんでともかく側から見ればアビホラが話し合いを一方的に打ち切って「はい和解成立運営変えたからokね」ってごまかしてるようにしか見えんのだが。話し合い…?
    • 11. n
    • 2019年02月06日 15:14
    • 裁判に必要な証拠を提出せず、和解を提案したのはセガ側なのでアビホラ側が「話し合いを一方的に打ち切って」云々は完全な誤解ですよ。
      酷似云々をともかくとするなら、傍から見た展開はセガ側がゲームシステムが似ていると言っておきながら証拠も提出せず、自分から和解提案して話し合いを打ち切った形です。

      その「酷似云々」がこの件の最大の論点なので、その点を外して論ずるのがそもそも無理筋ですが。
    • 12. 管理人
    • 2019年02月06日 18:37
    • ▼nさん
      そもそも「裁判に必要な証拠を提出せず」というのがミスリードで、和解が双方の話し合いで決まったら出さないでいいんですよね。
      そのあたり、アビホラの発表が良くないと思います。
      とはいえ、その和解もどっちから言ったみたいな話になっているし、もう次の発表があるまでどっちの言い分も信用できないですね……。

      今、確実に言えるのはリリース時にアビホラが艦これACのUIや一部キャラが似ていて、それを修正した事実だけ。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント