RSS

記事一覧

怒涛のテンポのRPG新章『超能力でゾンビと戦うRPG II』レビュー。センスは1作目以上に光るが、物語には物足りなさが残る


zon-12
ゾンビによって人間が激減した世界で、超能力を持つ戦士として戦うRPG『超能力でゾンビと戦うRPG』の2作目が登場した。
今作はパワーアップ版の「ツー」ではなく、「第2章」と言うべき追加シナリオとなる。
前作はプレイヤーを置き去りにしかねない怒涛のテンポ感で我々を楽しませてくれた。
主人公が裏切りや仲間の死を何度も乗り越え、恋人を得て、世界最強クラスに育つ物語を3時間でやり切ったのだ。今回はどのような物語で楽しませてくれるのだろうか。
(疾風怒濤のストーリー『超能力でゾンビと戦うRPG』。3時間で圧縮1クールアニメぐらい物語が進むRPG)

と、物語について語る前にゲームシステムについておさらいしておこう。
本作は『RPGツクールMV』というRPG制作ツールを使って製作されており、見下ろし型の親しみやすい視点を採用している。
物語は一本道で、移動したい場所をタッチして見下ろし方のフィールドを移動し、目的地まで行くとイベントが発生し、また次の目的地が示されるお馴染みの形式。
zon-7

バトルは『ドラゴンクエスト』のようなターン制コマンドバトルで、油断すると死ぬ程度にバランスがとられている。
ストレートに進んでもボス敵は適切な戦術をとればぎりぎり勝てる。もし勝てなくても雑魚を倒して少しレベルアップすれば簡単に勝てる。
障害がでかすぎず、ちょうどいい塩梅だ。
zon-10

さて、気になるシナリオについて書いていこう。
本作の舞台は1作目の2年後で、主人公がラストで別の選択をしたifの世界。前作のキャラクターも次々登場し、“前作を知っている前提の続編”となっている。
前作の主役級キャラクター達はゲーム世界で最強ランクまで成長していた。そのキャラがまた出るとなれば、今作は『ドラゴンボール』のように、でたらめに強くなるしかないのでは……と思う方もいるだろう。

そこは心配ご無用。合理的に解決されていた。
前作のラストでゾンビウィルスがばらまかれた結果、人類の7割がゾンビ化し、生き延びた人間は超能力に目覚めた(ゾンビウィルスに耐えると超能力が芽生える)ことにしてバランスをとったのである。
zon-2

前作で貴重だった超能力戦士が増えれば、新たな強者が生まれて過去の能力者は相対的に弱くなる。これで合理的にまたインフレできる……なるほど、納得だ。
前作で最強と言われていた“あのゴールドソルジャー”だが、今回は上位の“プラチナ”が序盤から登場して出現して諸行無常を見せつける。

このインフレの余波はゾンビにも平等にやってきた。
前作では登場しただけでインパクトがあった“知性を持つゾンビ”こと“ゾンビ・レベル2”。
彼らはすでに一般的な存在となっており、ワンパンで倒される雑魚に。
zon-3
▲今回のゾンビは平気でしゃべるぞ!あと、縦画面も対応。

そして、前作の強敵たちにもは「やつらは我々の中では最弱よ」とばかりに、上位のゾンビがまたやってくる。
ゾンビだって増えている。ということは、戦力が底上げされていても不思議はないわけだ。完璧にインフレを説明した舞台設定である。
zon-11

ストーリー展開の速度も前作をしのぐ。
前作の記事では登場人物が出てすぐ伏線を張り、5分で回収すると書いたが、今作では正体がわからないように黒塗りで登場し、その1分後には正体がばれていたりする(それは黒塗りの意味があるのか?)。
前作のお約束をスカすような演出もあり、舞台設定も含めて作者の勘の良さが光りまくる。
zon-8

のだが、表面上は1作目そのまま怒涛の勢いでも、遊びきって残ったのは物足りなさであった。
前作の物語は3時間かけて主人公を軸に描かれ、一応完結していた。
しかし、今作では主人公の影は薄く、かといって1作目のキャラクター達の中で何かが解決されるわけでもなく、物語の盛り上がりに欠ける。
1作目から「復讐」というテーマを受け継いで入るのだが、それに対して回答を出すでもない。
エンディングはあるが尻切れトンボで『超能力でゾンビと戦うRPG II』は、次回作(エンディングで続編があることを宣言している)を前提とした内容となっているように見られる。

今作も価格分は楽しめると思うが、前作を考えると期待外れと言わざるを得ない。
この2作目を「大きな物語の一部」として完成させるのか、それとも物足りないまま終わらせるのか。
本作に真の評価を下せるのは、続編が出てからになるだろう。

概要:
ゾンビウィルスが蔓延する世界で、超能力部隊に所属して戦うRPG。物語の展開は早いが、前後編映画の前編な内容

評価:5(楽しめる)

おすすめポイント
疾風怒濤の物語テンポ
バトルはオーソドックスだが、テンポが良いのでマンネリを感じない

気になるポイント
操作が独特&バトル操作がいまいち(ただし、慣れれば大丈夫)
物語に決定的な山がなく、テンポだけが良くなってしまっている

アプリDL:
超能力でゾンビと戦うRPG II (itunes 250円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)

開発:JRPG.Novels(日本)
HP:https://twitter.com/JrpgNovels
レビュー時バージョン:1.0
課金:なし

ライター:ゲームキャスト トシ
  • コメント(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント