RSS

記事一覧

日本発、世界でヒットしたドイツゲームが日本語対応で待望のアプリ化。珠玉のパーティーゲーム『Love Letter(ラブレター)』レビュー

61EBAcQo8AL._SL1189_
「俺、姫様のことが好きになっちまった!」
お姫様に恋したプレイヤーが、協力者の助けを得てラブレターを届け、その心を射止める……なんともほのぼのしたテーマのドイツゲームが『Love Letter(ラブレター)』だ。
このゲームは、大勢で集まって遊ぶと盛り上がるパーティーゲームなのだが、アプリ版では必然的にオンライン対戦、CPU対戦で遊ぶことになり盛り上がりに欠ける。
だから評価は5としているが、今回は紙版を含めて紹介するので、最後まで記事を読んでから買うか考えてみて欲しい。

ゲーム内容の説明に入る前に少し、『ラブレター』のヒットについて語っておきたい。
このゲームは元々、500円で販売できる同人カードゲームを作る「500円ゲームズ」企画に影響を受け、日本のボードゲーム作家カナイセイジさんが2012年にゲームマーケットで販売したものだ。
ll_cards
▲公式ページより

安い。だが、中身を見ると少ないカード構成の洗練された作りで、出来は良かった。実際、ここから2014年にはアークライト社からカードを追加した商業版が出て、その年のドイツゲーム賞4位を獲得。
さらに、ドイツ年間ゲーム大賞に推奨リストにも入って世界的なゲームになってしまった。
どのぐらい世界に通用したのかというと、あの『バットマン』やら『アドベンチャータイム』などの人気作品とのコラボバージョンが出ているほど。
71aKUw50F+L._SL1019_

とくに『アドベンチャータイム版の『ラブレター』は本当に可愛くて、日本でも売って欲しいほどキュート。
日本のドイツゲーム制作者が注目されるきっかけにもなったと言うが、それも納得の人気度である。
81VR10eyrQL._SX522_

なお、コラボ製品はどちらもプレミアがついていて日本で買うとAmazonで15,000円ほど、米国Amazonでも$80(9,000円ぐらい)してしまう。こんな世界的ヒット商品のアプリ版が『Love Letter』だ。
ここまで説明すると、さすがに内容が気になってこないだろうか?
あ、ラブクラフトコラボなら手軽に召喚できる(買える)ぞ!
813VuXUlYmL._SL1500_
▲ラブクラフトレター。2,000円未満で買える(Amazonより)

さて、それではルールを説明していこう。
ゲームとしては2~4人用で、各プレイヤーは手番になったら城にいる協力者にラブレターを運んでもらい、お姫様に届けれたプレイヤーが勝利となる。
プレイヤーは手番が回っていたら、山札から協力者カードを1枚引く。そして、元から持っている1枚のカードと見比べ、どちらか1枚の協力者カードを選んでその助けを得られる(カードの効果を使える)。
card-3

例えば衛兵。
彼の協力を得ると、特定のカードを持っているプレイヤーを城から締め出してくれる。
例えば、大臣が他のプレイヤーのラブレターを持っていると思ったら、「大臣!」と言って指定すると、大臣は衛兵に阻まれて城から追い出され、ラブレターを渡せなくなるわけだ。
card-5

僧侶なら伏せられているカードを見て、どの協力者が他のプレイヤーのラブレターを運んでいるか知ることができる。
card-2

協力を得たカードは表になって場に表示され、残った協力者カードは手札として残る。この残った協力者は、プレイヤーのラブレターを持っている扱いとなる。
card-6
▲場に出たカードの枚数などを一覧で表示することも可能。この機能はオフにもできる。

で、これを各プレイヤーが順番に繰り返し、最後の1名になったプレイヤーか、最後のカードが場に出たときに1番点数の高い協力者がラブレターを持っているプレイヤーが姫にラブレターを渡し、思いを遂げて勝者となる。
card-4
▲各協力者カードには点数がついている。最後になるほど高い点数のカードを所持したくなるが、衛兵にばれる可能性も高くなり、これが駆け引きになってくる。

このゲームを遊ぶと、世界で愛された理由がすぐ分かる。
ラブレターを姫に届けるかわいらしいテーマも良いし、登場人物が全員、それぞれのプレイヤーにとって姫との恋を取り持とうとする友人。優しいモチーフは誰にでも勧められる。
シンプルなルールも理解しやすく、16枚8種類のカード効果はすぐ全部暗記できる。
遊んでみると運が絡みつつも多少の推理性があって盛り上がり、5分から10分の短時間で勝負がつくから何度も繰り返し遊べる。
card
▲ただ、アプリ版は海外の絵柄なのが残念。

さらに、テーマがラブレターだけに仲間内での旅行時などに話も弾む。人と対面して遊ぶとなんとも素晴らしいゲームに早変わり。旅行のお供に最適。
「3回負けた人は即興でラブレターの内容を考えて発表してください」とか、恥ずかしい罰ゲームだってできる(なお、筆者は負けたあげくハンバーグへのラブを語って逃げたことがある)。
もう、パーティーゲームとして最高でしかない。

一発で姫の心を射止めるラブレターとは、どんな内容だったのだろうか。
そんなことを語りつつ、ぜひ秋の夜更けに『ラブレター』を遊んでみて欲しい。

概要:
シンプルなルールで楽しめる『UNO』的なパーティーカードゲーム。

評価:5(楽しめる)

おすすめポイント
ラブレターがスマホで遊べる(オンライン対戦、ローカルの友人と対戦可)
すぐに理解でき、遊べ、そこそこ読み合いがある。

気になるポイント
絵が海外版、日本語訳も原作と異なる
オンラインがあるとは言え、対面で遊べないと魅力大幅減(なのでアプリ評価は5)

アプリDL:
Love Letter (itunes 480円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay / Steam)

開発:カナイセイジ(日本)
販売:Asmodee Digital(フランス)
HP:http://www.asmodee-digital.com/en/love-letter/
レビュー時バージョン:1.1
課金:なし
ライター:ゲームキャスト トシ

動画:


アナログゲーム版ラブレターはこちら(Amazon)
ll_cards

 コメント一覧 (7)

    • 1.
    • 2018年10月25日 14:53
    • ラブレターはゲーム自体が激烈におもしろくて受賞したタイトルではなく
      ミニマルに美しくテーマがまとまっているというのがポイントなのでデジタルでやる意味はあまりないと思われる
    • 2. 管理人
    • 2018年10月25日 19:35
    • デジタルでやる意味はあまりない……だから、評価5なのです。アプリとしては。
      ただ、パーティーでやるとほんと面白いですよ。ぜひ、罰ゲームラブレター、おすすめです。
    • 3. ^_^
    • 2018年10月25日 21:35
    • ごめん、熱心な記事だから修正した方が良いミス

      >プレミアがついていて日本で買うとAmazonで1,5000円
      1,500円に見えるよ、数字打って変換した方が良いよ

      あとドイツゲームってジャンルの呼び名だと知らなかったから
      日本のドイツゲーム制作者って部分も間違いかと早とちりしてしまった。
    • 4. 魔
    • 2018年10月25日 23:37
    • 用法として間違いでは無いけど「日本のドイツゲーム制作者」という表現はなかなかクラクラくるパワーワード。
    • 5.
    • 2018年10月26日 13:54
    • ラブレターを渡す恋の駆け引きを楽しむゲームかと思いきややってみると単なるカードゲームなのが残念
      対人でわいわいロールプレイしながらやったら楽しそう
    • 6. ゲーマ
    • 2018年10月28日 19:40
    • 細かい点ですがラブレターは500円ゲームズの企画から出たゲームではありません。
      500円ゲームズに影響されて頒布価格500円とされたのは事実ですが企画に参加して作られた作品ではありません。
    • 7. 管理人
    • 2018年10月29日 17:31
    • ▼ゲーマさん
      勘違いしておりました。
      ご指摘ありがとうございます。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント