RSS

記事一覧

プレイヤーが世界を作るサンドボックスMMORPG『Ember Sword』発表。ブロックチェーン技術を用いた初の面白そうなゲーム

03
デンマークの開発会社 So Couch Studios から、画期的なシステムを持つ“サンドボックス”MMORPG『Ember Sword』が発表された。
何が画期的なのかというと、ブロックチェーン技術を用いた経済システムが……おっと、本当に画期的だから、どうか最後まで記事を読んでほしい。
いままで、ブロックチェーンとゲームのかかわり方は不幸だった。ブロックチェーンを使った、現金にも変えられる通貨を採用するからゲームを遊ぶと金が儲かるとか、ゲーム内アイテムを買うと投機になるとか、そんな胡散臭いゲームがあふれていた。しかし、本作は違う。

さて、ブロックチェーン技術の良いところはなんだろうか。仮想通貨を作り出せること?
違う。データのユニーク性を保証し、その所有権の動きを追えるところにある。その特性があるから、通貨のようにも使用できる安心感があるわけだ。
で、その特性を『Ember Sword』は仮想通貨だけではなく、ゲーム内のアイテム所有権の保障に使い、システムに組み込んだようだ。

このゲームでは、プレイヤーが品物を作り出して流通させることができ、その所有権はブロックチェーンシステムで保障・管理される。
アーティストの素養がある(なくてもいいけど)プレイヤーは、ゲーム内で使用するテクスチャー、スキン、エモートなどを作り出し、ゲーム世界に転送できる。
そして、そのアイテムはゲームに組み込まれ、PvPやPvEの報酬アイテムとして登場する。で、他のプレイヤーがそれを入手し、これが市場で売買されると所有権を持つクリエイターは手数料を得られる。
01

もう1つ、このゲームの土地の所有権もブロックチェーンで管理される。
プレイヤーは土地を持ち、モンスターを配置し、建物を作り、自由に世界を作れるという。
そして、土地のオーナーは遊んだプレイヤーが使用した課金などから一部を手数料として得られる。つまり、面白い土地を作るほどプレイヤーはもうかる仕組みだ。
02

で、これらの所有者は常にわかるようになっていて、権利移動も追える。これにより取引詐欺などが避けられるという。
もちろん、このゲームは通常のMMORPGとしての機能も持ち合わせている。
独自のバトルシステム、クラスのない成長システム、エネミーとのバトルと、プレイヤー同士のバトル。これらの要素を持ち合わせているという。
ゲーム内の課金については、ゲーム内通貨の Pixel Token を売るが、プレイを便利にする月額課金をメインにするようだ。

現在、ブロックチェーン技術を用いたゲームは投機目的が先行し、ゲーム部分が軽視されるものが多い(ゲームシステムもわからない状況からゲーム内アイテムが発売されるとか、単に既存ゲームに仮想通貨をくっつけるとかプレイヤーを馬鹿にしたものが多い)。
そのため、これまで紹介を控えてきたが、こういった「ブロックチェーンである意味がある」ゲームなら面白そうだと初めて思えた。
『Ember Sword』は2019年~2020年にPC、スマホ向けにクロスプラットフォームでリリースされる予定となっている。
βなどの情報が出れば、また情報をお届けするのでお楽しみに。

関連リンク:

 コメント一覧 (11)

    • 1.
    • 2018年10月23日 12:01
    • ブロックチェーンを使う理由がよくわからない・・・
      所有権をサーバー側に持たせるのと何が違うの?
    • 2. 管理人
    • 2018年10月23日 12:52
    • 所有や権利の移動が追えて、保証が簡単かつより確実になるとか。
      取引詐欺が防止できるそうです。
      もっといろいろあるようですが、おいおい明かされるのでしょう。
    • 3. プログラマ
    • 2018年10月23日 13:19
    • ブロックチェーンでアイテムを追う方法が確立されれば、定番モジュールになって楽に不正チェックができる可能性はある。
      あとは取引前にデータの所有権を確実に確認できるのはプレイヤー間の詐欺防止になるかもね。
      本来の使い方は仮想通貨じゃなくて、データ所有権の移動とか、そう言ったもののチェックだから。
    • 4. 通りすがり
    • 2018年10月23日 13:34
    • 今度はモンストの不正を追及する予定ですか?
    • 5. あああ
    • 2018年10月23日 13:54
    • Gasが発生するのがプレイヤーが増えない要因のひとつだと思う。
      何をするにもチップ取られている気分。
    • 6. 名無しさん
    • 2018年10月23日 16:43
    • > 所有権をサーバー側に持たせるのと何が違うの?

      ユーザーからは変わりはないけれど、開発側としてはサーバーの管理コストが減るので嬉しそうですね
    • 7. ナナし
    • 2018年10月23日 19:00
    • そんな作り手の独りよがりはどうでもいい
      肝心なのは面白いかどうかだ

      コンシューマ時代から画期的なシステムとやらを使った駄作は色々ある
    • 8. 魔
    • 2018年10月23日 22:47
    • モンストは何のことかと思ったらヤバババーンで不正疑惑か
      消費者庁コラボって表現に笑った
    • 9. ブロックチェーンゲーマー
    • 2018年10月24日 07:42
    • 5 「時間や金かけたアイテムに所有権がなかったなんて、昔は非常識だったなあ」なんて言う時代がすぐに来ると思う。
      ”面白いゲーム“ってのを今までのゲームと同じ尺度ではかると見誤る。
      ソシャゲの時もそうだったけど、家庭用ゲームの尺度で、ポチるだけ見てるだけでゲームとして面白くないなんて言ってたよね。
    • 10. 虚無的な虚課金の虚無僧
    • 2018年10月25日 01:26
    • 現実世界では製品をマネちゃって儲けちゃうことがよくみられるようになったけど、ブロックチェーンゲームの中ならマネできないっていうことならおもしろい。普通の世界観と逆ですよね。ゲームの中でならものづくりが保護されるみたいになればですけどね。
      実際は要領よくちょっと変えてたくさんマネできる人がおいしい思いするゲームに、、、なると残念ですね。これからどうなるかは気になります。
    • 11. 魔
    • 2018年10月25日 23:53
    • ブロックチェーンゲームの特徴は「運営のサーバー維持費を最小限に出来る可能性があること」「プレイヤーの参加コストを広告や課金とは別の形で補填出来る可能性があること」「チートがしにくいこと」で、恐らくプレイヤーの手に届く範囲で触れるものが何か目新しいものになることはないです。たぶんね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント