RSS

記事一覧

Appleが見せたゲームの未来。Apple Keynoteで紹介されたゲームアプリ3つと見所まとめ

WS000026
Apple の Keynote は、いつだって(大抵)新しいゲームと共にやってくる。
新しい iPhone には、新しいゲーム。これが常識。
この記事では、Keynote で紹介された3本のゲームアプリとその見所を紹介していく。
なお、iPhoneに関しては下記の記事で。

まずはベセスダが壇上に上がり、人気RPGシリーズ最新作『Elder Scrolls:Blades』をデモプレイ。
iPhone XSならこんなものも簡単に動くというデモンストレーションを行った。
apple-1

このゲームについては散々書いているので多く書かないが、下記の画像がそのままゲームで動く最高に期待できるゲームの1つだ。
BLADES_in-body_Town_960x540

そして、その先からが今回の真骨頂。
様々な角度からフリースローする選手をカメラで捉えるiPhoneアプリ『Homecourt』登場。
apple-2

だが、しばらくすると iPhone のカメラは選手の関節の動きやボールの動きをマーキングして捉えるようになり……。
apple-3

最後にはデータの統計まで出してしまう。
カメラだけでここまで追えることに驚くしかない。
apple-4

どの位置でシュートすれば、どの程度成功率があったかもこの通り。
テニスや野球にも応用が利くだろうし、ゲームとしても現実の動きと連動したアトラクション的なゲーム……例えば、運動能力測定や反射神経測定、そこから派生してプロゲーマー能力測定など、何かしら遊びができるのではないかと可能性を感じられた。
WS000028

最後に、『AR Arcade ギャラガ』。
アーケード筐体を突き破って敵が出現し……。
WS000026

3人のプレイヤーが同じ AR 上の敵を見て、大勢で撃ち倒す。傍目には少しかっこ悪いが、賑やかな様子が見て取れる。
これは、iOS12から搭載される、AR 上の存在を複数端末で共有して遊ぶ新機能。これまで AR は自分の端末だけでのぞけるものだったが、これからは大勢で共有できるようになる。
WS000030

即座に面白いものが出るとは考えづらいが、少し考えても『マインクラフト』で作った建物をみんなでARで見たら楽しいだろうし、『ポケモンGO』で1匹のポケモンをみんなで追えたら楽しいとか、使い道はあるように思う。ただ、現実的に利用できるまで時間はかかりそうだが。




コメント一覧

    • 1. 8+ユーザー
    • 2018年09月13日 08:49
    • 去年の8、Xの時に発表された新技術が活用されたソフトが現時点で増えてきているかというと若干疑問

      ARKit対応が必須です!というアプリは探さないと見つからないぐらいの少なさなのでは

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント