RSS

記事一覧

巨大な異形“ギガント”と戦うド迫力アクション『ギガントショック』事前登録受付中。映像演出、システムともにチャレンジした期待作

巨大生物“ギガント”の侵攻によって、人類が滅亡の危機にある世界で、ハンターとなってギガントと戦うゲーム『ギガントショック』がまた面白そうだ。
『ベルセルク』などの影響も感じるダークファンタジーな空気のギガントたちのデザインもよいし、超巨大なギガントの描写もド迫力。
そして、スマホアクションとしてみても新たな操作と戦い方を模索しており、かなり期待度が高い。

動画を見ても分かるが、豆粒ほどで描画されるキャラクターに対して、ギガントのスケール感は圧倒的。この時点でモンスター好きとしてはたまらぬ。
  WS000032

ギガントのデザインもまたよし。
WS000033

豆粒ほどの人間がどうやって戦うのかというと、これはちょっとシューティングっぽい操作のようだ。
公式ページを見る限り、ギガントの圧倒的な攻撃をひたすら避け、隙を見せたタイミングで弱点を射貫く。しかし、攻撃寸前を狙ったりするため、外すとリスクがあるようにも見える。
WS000036

プラチナゲームズの『World of Demons』(※日本未発売)をプレイしたときも思ったが、スマホの性能の進化が3Dアクションに必要な映像を出せるまでになり、こういった面白そうなゲームが作れるようになってきたのだろう。
『ギガントショック』においても避け&急所攻撃の基礎的なアクションを土台にして、単にスマホで『モンスターハンター』的な巨大ボスを狩りゲームを作るのではなく、それ以上に発展させようという意気込みが伝わってくる。
かなり期待作なので、気になる方は事前登録して待っておいて欲しい。

追記:出ました。
GIGANT SHOCK 【ギガントショック】 (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
※本リンクはアフィリエイトを使用しております

 コメント一覧 (3)

    • 1. 1
    • 2018年06月14日 01:22
    • コンセプトはすごく好きだ
      どうか当たりでありますように
    • 2. 2
    • 2018年06月14日 09:26
    • ワンダと巨像だ!
    • 3. 名茄子
    • 2018年06月14日 09:36
    • 壮大な設定と大仰なBGMで高級感を醸し出してはいるが
      ゲームシステム的にやってる事は
      凡百のそこらにある古臭い和製ゲームと大差なさそうな印象
      ガワだけよさげに装ってれば良いってもんじゃ…
      JRPGがそんなに良かったかと。というか慣習をなぞるのが美徳だという日本人の悪い部分だ

      そして相変わらずの「技術力の無さを誤魔化す為」
      のデフォルメSDキャラモデル…はぁまたか…

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント