RSS

記事一覧

ネカマの概念は更新された。女子の声を手に入れたゲーム開発者(おっさん)によるバーチャルYoutuber『マグロナ』先生が可愛くて、中身が女子のVtuberにもう戻れないかも

WS000009
中身が男性のバーチャルYoutuber(Vtuber)にハマってしまいました。
いや、マグロナ先生というVtuberが私のVtuberの常識を全てを変えてしまいました。マグロナ先生とは……。
おじさんが自分で絵を書いて自分で動かしたLive2Dの体に受肉して、更にに自分で声帯を弄って自分で声を当てた地獄のようなコンテンツです。(公式説明より)
です。つまり、オッサンが描いた女性アバターに、オッサンが声を当てているVtuber。
え、オッサンが声を当てて可愛いわけがないって?違うんだな、これが。
マグロナ先生は最新(※15年前比)のボイスチェンジャーで女性と変わらぬ声を獲得した究極のVtuberで、もはや女子と見分けがつかない究極のオッサンなんですよ!

「え、急にVtuberの話題を出してきてコイツにわかか!?」と思われると思いますが、にわかです。
今さらな話題を話しているかもしれません。でもちょっと聞いてください。
外見が同じ女性だったら、女性が中にいるより男心を知り尽くしたオッサンが中にいた方が可愛いというのは、ゲーマーが行き着く“真理”だと思っていて、それを実感した感動を伝えたいんですよ。

およそ15年前。MMORPG『ラグナロクオンライン』が流行っていた時代……ゲーム内で男性に貢がれまくる“姫”という存在がいました。オフ会があって姫に会えるとウキウキで臨んだ私が見たのは、ネカマ(女性を演じる男性)だった姫の姿。そして、男だと思っていたキャラが現実世界では女性だったのです。
そして、女性自ら「男のネカマの方が本物の女子より男子ウケする」と教えてくれて……私は真理の扉を開きました(何と等価交換だったかは想像にお任せします)。
youtuber_virtual
▲モニターの中なら、女性の中身が男性で問題ない。

とは言え、そこにはまだ“声”という難問がありました。『ラグナロクオンライン』でもボイスチェンジャーで女性を偽装する達人がいましたが、それでも限界はあった。
それはVtuber界隈でも同じ……と思っていたのですが、ついに声の問題を克服した究極生命体(アルティミットシィング)「女性声のオッサン」を見つけてしまったのです。

オンラインゲームなどには「出会い厨」と呼ばれる「女性と出会うために声をかける」人々が存在し、ネカマは嫌われてきました。しかし、Vtuberは仮想のキャラクターに声をあてたもので、出会うことは永遠ありません。
つまり、男性が中に入っていても声が女性と変わらなければ、本物の女性と同じ。
むしろ男性こそ、男性の理想とする女性を演じられる……ということは、女性Vtuber+中身オッサンが女性Vtuberの究極系の可能性があるわけで、女性と変わらないオッサン、マグロナ先生がその実例に近いワケです。


おじさんが自分で絵を書いて自分で動かしたLive2Dの体に受肉して、更にに自分で声帯を弄って自分で声を当てた地獄のようなコンテンツです。
(公式説明より再掲)
オッサンが描いた絵に、ボイスチェンジャーで変更したオッサンの声を当てた完全自給自足Vtuber!
いやもう、可愛いんですよ絵が。そして自分を「余」と言って偉そうにしつつ、褒められるとすぐ調子に乗るチョロ魔王ぶり。さすがオッサン。男心をくすぐる方法を完全に知ってるッ!
WS000009

しかも、ボイスチェンジャーが完全に機能していて、私の耳では本物の女性と区別できません。
もう、時代は変わった。『ラグナロクオンライン』時代のボイスチェンジャーとは使われている技術が違う。本気で聞き分けつかないので、まず聞いてください。究極のネットキャラクターであることが理解できるでしょう。
ただ、これだけなら普通に個人で楽しんで終わりだし、ゲームキャストで紹介することも“先生”呼びする必要もないのですが……マグロナ先生にはその先があった。

マグロナ先生はトークが大好きで、お絵かき生配信の名目で始まった放送でお絵かきを放棄し始めます。そして唐突にゲーム会社での開発経験を語り始め、ZバッファとかZソートを図解説明し、キャラクターが地面に埋まるバグの理屈を解説し始めます。
ゲームの専門技術やバグの理屈を図解で分かりやすく解説してくれるだけで貴重。なお、絵を描いていた時間よりZソートなどの説明の方が完全に長くなってました。
WS000005
▲お絵かき能力を活かし、オブジェクト描画とカメラ位置と、Zバッファの説明をする魔王様2時間12分頃から

さらに、話は流れるようにファミコンゲームの移植、ファミコンゲームをリバースエンジニアリングして移植したときの経験を語り始めます2時間32分ごろから)。
移植するゲームのプログラムが自社に残っていなくて、公に言いづらい方法で入手して、ネットの攻略サイトを見て確認する話しは「業界あるある」として涙なしに聞けなかった……そして、私よりゲーム業界の先輩だったので、このときからマグロナ先生呼びになりました。
WS000007
▲お絵かきが進まず、コメント欄に「リバースエンジニアリングぅ!」と流れるお絵かき配信

その後も侍魂など、懐かしい単語が出てきて、当時誰もがやったであろう黒歴史などが語られて「やめてくれ、俺の心をえぐらないでくれ!」と視聴者が叫び始める始末。
ほんと、オッサンが美少女になって、完全にオッサン向けにゲーム業界昔話などで接待してくれる(※接待してません)なんて、最高じゃないですか。

ということで、ぜひ皆さんマグロナ先生をフォローして、次の配信は(長いのでラジオのように流すこと推奨)きっちりご覧ください。

ついでに、これまで辿ってきたVtuberも(動画をほぼ全部見た方を抜き出して)感謝を込めて紹介しておきます。

 
もはや知らぬ者なし、“バーチャル狐耳のじゃロリおじさん”。
私はちょっと耳が弱いのか、音ゲーを連続で遊んでいると耳が痛くなるし、ゲーム実況は女性配信者だとアニメ声を意識した女性が多くて耳が痛くなって長く聞けなかったんですね。ところが、そんなゲームキャストに救いの神が!
キツネ耳の美少女がオッサンの声でしゃべるのを見て、「えっ、これでいいんだ」と驚くと同時に、「女子(※外見のみ)の放送を聴ける」という衝撃。男声でも可愛いし、大好きです、のじゃロリおじさん。

株式会社シテイルのPRチャンネル(多分)。
犬とかモフモフが好きで見始めたら、仮想通貨が暴騰して一瞬で財産が増えて、その後消えた話しとか、ゲーム業界の話しとか出てきて楽しいチャンネルです。
そして、その次に運命の出会いが。

日雇礼子のドヤ街暮らしチャンネル
大阪、あいりん地区の風俗を放送するVtuber。
あいりん地区と言えば、2年前に行きかけて「その先は危険だよ」と注意を受けて見物を諦めた(本当)場所。Vtuberは懐が広すぎるぜ……!
注目すべきはボイス。日雇礼子はボイスチェンジャーを使ったオッサンが女声で放送していて、声は低めになって、長く聞いても耳が痛くならない。
ボイスチェンジャー……そういうのもあるのか。

と、悟りを開いたあとで6月6日にマグロナ先生に出会い、生配信を聞いて「これは読者にも紹介しなければ」と、この記事を書いたわけです。
6月9日の生放送のアーカイブでは、コメントではっちゃけている私も見られるので良ければ探してみてください。
WS000002

ちょっとはっちゃけすぎたかもしれん。
WS000003

 コメント一覧 (26)

    • 1. ナナシ
    • 2018年06月10日 08:07
    • は⁉︎これがボイスチェンジャー?
      嘘だろ、本気で調整するとここまで違和感なく出来るもんなのか…
      チャンネル登録しておいてやるよ‼︎
    • 2.  
    • 2018年06月10日 08:20
    • 技術の進歩がすごすぎる。
      今後のゲームトークが楽しみですね。登録しました。
    • 3.
    • 2018年06月10日 09:08
    • おっさんVtuber推しなのはとても気持ち分かる。
      のじゃおじさんとか声も仕草も非常にかわいい。
      でも性別関係なく面白い人は面白いので女性Vtuberはダメみたいな書き方は普通にクソ。
    • 4.
    • 2018年06月10日 09:13
    • 4 最新のボイチェン使ってるわけじゃなくて
      ボイチェン自体はフリーで中の人が適合者だったみたいだよ
    • 5. うーん
    • 2018年06月10日 09:20
    • 知っていたらすいませんがフェアリスという方がヤバイです
      ボイチェンはやはり限界があると思いますよ…あとは趣味の問題すね
    • 6. 管理人
    • 2018年06月10日 09:51
    • ▼うーんさん
      記事にも書いたとおり、にわかのため存じ上げませんでした。面白いですね。
      私は違和感のないボイチェン初体験&好みストライクだったので興奮して徹夜で書いてしまいましたが、確かにまだ違和感もあると思います。
      でも、Vtuberの出現でボイスチェンジャーももっと技術が進むのではないかと未来に期待しています。

      ▼3さん
      冒頭は漫画の改編ネタだったんですが、もう古いし通じない可能性も考えて修正しました。
      記事自体はネカマ体験をベースとしたネタでもあり、将来の可能性を示唆するものなので、性別関係なく面白い人はいるでしょうが、内容は問題ないと思っています。
      いかがでしょうか。
    • 7. .
    • 2018年06月10日 10:03
    • 俺も姫プレイできる日が来たか
    • 8. 無理
    • 2018年06月10日 10:04
    • Vtuber自体が正直受け付けない
    • 9.  
    • 2018年06月10日 10:58
    • え?普通に違和感あるんだけど、、、。
    • 10. 谷村
    • 2018年06月10日 13:55
    • 実況者もボカロもボイロも全部好きだけどVtuberだけはダメだ
      なんか受け付けない
    • 11.
    • 2018年06月10日 14:57
    • 耳といえば昨年、突然にゲームの音やアニメ系女性声を急に不快に感じるようになり
      お医者さまに聞いてみたら、どこも悪くないので自律神経の乱れからくる聴覚過敏だろうとのことで
      早寝早起きと運動量も増やしたら一週間くらいで回復して、それ以降再発もしてません
      管理人様の耳のそれも生まれつきでないのだとしたらストレスかもしれないので、ご自愛ください
      あとは耳鼻科へGOですよ
    • 12.
    • 2018年06月10日 15:06
    • そりゃボイチェンだから違和感あるよ
      でもここまで違和感少なくできてるのが凄いんだよ
    • 13.  
    • 2018年06月10日 15:21
    • 他のボイチェン勢と比較するとクオリティが段違いなんだよなあ
      だいたいみんなみゅみゅ教授とかクゥ姉ちゃんみたいな声になるから
    • 14. うーん
    • 2018年06月10日 16:13
    • 返信ありがとうございます
      他の方も言っていましたが、性別の事と趣味の問題が混ざってて、おっさんを押すのに少し違和感があるのかなと

      もしガワと内容が同じで落ち着いた声の女性でもハマったのではないかと思うのですが…
      活動される方の幅が広がるのは良い事だし更に進化するといいですね、長文失礼しました
    • 15.
    • 2018年06月10日 18:07
    • 聖遺物(ボイスチェンジャー)の適合者がこんなところに
    • 16. Q
    • 2018年06月10日 18:07
    • 中身がヘテロ男性だと隠してない2次元美少女Vtuberに対し、
      それを承知で「かわいい!かわいい!」とヘテロ男性の視聴者がついてるんよね。
      この人以外にも大勢いる。

      これをミソジニーだと言ったり
      いや逆にミサンドリーだと言ったり
      単なるホモソーシャルとは言えないよね?と言ったり
      色々言えるのだろうけど、やっぱこれクィアの一種なんだと捉えるのが正解だと思うわ。

      オタク文化って、性自認とか貞操感とか
      一見シンプルに保守的なものが目立つように見えても、細かく観察すると
      こういうあきらかにブッ飛んで異質なものが素知らぬ顔で混ざってくるから面白い。
    • 17. n
    • 2018年06月10日 18:20
    • 自分はボイスチェンジャー特有の不快感をほとんど覚えなかった。
      凄いなあ。
    • 18.  
    • 2018年06月10日 19:35
    • 思ったより違和感なかったわ
    • 19.
    • 2018年06月10日 20:05
    • のらきゃっとは許された…?
    • 20. .
    • 2018年06月10日 22:46
    • 許されるもくそもねぇだろ
      中の人は顔バレ前からキャラクターの提供、表現の場としてVtuber選んだって言ってんだから。「のらきゃっと」は元々数年前からいたキャラクターで女の子だ。絵を描く、小説を書く、歌を歌うだとかの代わりにキャラクターをVR空間で表現してるだけで作者が女になる気なんてないんだよ
      どいつもこいつもアバター的な運用してるわけじゃねぇんだわ
      相手がどんなスタンスで活動してるか把握せずに、勝手な先入観で物事を決めつけるのをやめろ。
    • 21. 管理人
    • 2018年06月10日 23:41
    • ▼.さん
      おそらく、19さんが言っているのは、最初に私が「キャラクターの動きを男子がやっているから可愛い」という解釈で「のらきゃっと」を扱おうかと思っていた時期があって(Twitterで名前を挙げた)、それに対して「のらきゃっとが入っていなくて良かった」とする解釈だと思います。
      つまり、.さんと19さんが考えていることは一緒だと思います。

      私が軽率にのらきゃっとの動きを男性がやっているなどと言ってすみませんでした(なお結局、公式が公開していない情報であること、思想性を考えてそのような記事内容になっていません)

      ただ、今回は誤解の可能性を考えてあえて公開しましたが、同じことを言っていてもけんか腰の口調は基本的に公開しない方向性なので、次回からは落ち着いた感じで書いていただければ幸いです。
    • 22.
    • 2018年06月11日 01:24
    • 想像以上に凄かった…
      技術の進歩凄すぎ…

      日雇お姉さんはボイチェンじゃなくて、読み上げソフトじゃないかなぁソフトーク(ゆっくり実況のやつ)みたいな
    • 23. 3
    • 2018年06月12日 18:02
    • >冒頭は漫画の改編ネタだったんですが、もう古いし通じない可能性も考えて修正しました。
      あの文章は特に意味はなくただのフックだったんですね。
      本文は良い感じなのにあの一文で全部台無しだったので誤解で良かったです。
      クソなどと言ってすみませんでした。
    • 24. 匿名
    • 2018年06月22日 19:28
    • イキりからのヘロヘロからの悲鳴&おせき
      最高なんだよなぁ
    • 25. f
    • 2018年06月23日 14:18
    • 美少女おじさんの話題がここまで真剣に扱われる時代がきた。ついに我々はこの世界線にたどり着いたのだ。
    • 26. aih
    • 2018年06月26日 17:42
    • 女声って、ボイチェンがあればいいってもんじゃないんだよな。「完璧なボイチェンがあれば俺も女の子になれるのに」っていうやつがいるけど、そうじゃない。女の子らしく思わせる声の演技ができないと女の子の声にはならない。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント