RSS

記事一覧

ブラウザ向けのFlashが2020年でサポート終了。Adobe AIRはサポートを継続

WS000048
Adobeは、ブラウザで動画・インタラクティブなコンテンツなどを実現するAdobe FLASHの2020年サポート終了を発表した。
(公式発表:FLASH & THE FUTURE OF INTERACTIVE CONTENT
2000年代初期、ブラウザで動きのあるデザインを実現しようとすればFLASHは欠かせないものだった。
それだけでなく、棒人間のカンフーアクションやゴノレゴなどの簡易、FLASHゲーム(スマホで言えばKingdom RushなどはFLASH出身である)など、インターネット初期からの文化の大きな部分をになった技術といって差し支えない。
今でもブラウザゲームでは活躍しており、最近で言えば、『艦隊これくしょん』などはFLASHで作られた大ヒット作だ。
しかし、こういったコンテンツはサポート終了前にhtml5などの代替技術へ移行するように推奨されている。

2010年、iOSがFLASHサポートを行わないことを宣言して「死んだ」などと言われたブラウザFLASHだが、なんだかんだ言って2020年まで生き延びた。思ったよりも、長く生きたのではないだろうか。

なお、ブラウザ向けのFlashは終了するが、同じテクノロジーを含むAdobe AIRについてはサポート継続が公式フォーラムで宣言されている。
また、AIRのために近々ロードマップも更新されるとのこと。
(公式:AIR Roadmap Update |Adobe Community

AIRはデスクトップやスマホ、タブレットなどで動くアプリケーションを作れる技術で、Adobe AIRで作られたスマートフォンゲームも多い。しかし、こちらのサポートが続くならば開発者としては一安心といったところだろうか。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント