RSS

記事一覧

『ぎゅうぎゅうダンジョン2』レビュー - ローグライクと、ボードゲームの面白さを両立。絶妙バランスのパズルRPG

gyugyu
成長しながらダンジョンのモンスターを退治するパズルRPGとして、マニアの評価が高かった『ぎゅうぎゅうダンジョン』。
その作品をさらに洗練したのが、『ぎゅうぎゅうダンジョン2』だ。
シンプルなルールはほぼそのままに、「運の要素が強すぎる」という前作の欠点を解消た結果、前作をはるかに超える面白さを手に入れた。もはや、このゲームはマニアだけのものではない。

見えている要素を計算して動くパズル要素は、ボードゲームのような面白さ。
ランダム生成のダンジョンで、成長しつつモンスターを倒す仕組みはローグライクRPGの面白さ。

どちらの良さも活かされており、「ボードゲームに電子ゲームの面白さを足した」ゲームとなっている。上記のどちらかが気になるなら、ぜひ遊んで欲しい。

このゲームの目的は、地下20階にある秘宝を手に入れること。当然ながら、それは一筋縄ではいかない。
mojitan01_1
▲ダンジョンはモンスターだらけ

このダンジョンの中では、歩くことすら命がけである。
十字キーで方向を定め、Aボタンで移動すると……。
gyu2_rrrr_1

モンスターと勇者のレベル差に応じて、即座にHPが減る。しかも、わりとかなり大量に。
HPが0以下になれば即ゲーム終了なので、このゲームで最初に踏み出す1歩は衝撃的なはずだ。
gyu2_r_2
▲ゲームスタート位置から1歩動いただけなのに、HPの25%が減る!?

とは言え、安心して欲しい。モンスターとぶつかったときのダメージ計算式で求められる。
勇者よりレベルの低いモンスターなら、ぶつかってもダメージはたった1。
gyu2__1

さらに、モンスターを倒すとモンスターのレベルと同じだけ経験値が増え、一定数貯まると勇者もレベルアップする。
レベルアップするタイミングと、HPとにらめっこして、最適な経路を探すパズルなのだ。
gyu2__2

もちろん、ダンジョンには勇者を助ける仕組みもある。
ダンジョンには宝箱がいくつも配置されており、このマスに重なるとアイテムが手に入る。アイテムを使えば、周囲のモンスターのレベルを下げたり、体力を回復したりできる。
ただし、宝箱にはワナが仕掛けられていることもあるので、注意は必要だ。
gyugyu02

Bボタンでメニューを開くと魔法メニューが開き、MPを消費して魔法を使うことだってできる。
gamer_1

MPは歩くたびに1点ずつ回復するので、弱いモンスターだけを相手にMPをため、HP回復を回復すれば安全に階段までたどり着くわけだ。
kaidan2

モンスターを倒すと、倒した後には勇者のレベル-1~+4のモンスターが生成される。運が良くないかぎり、モンスターを倒すほどより強いモンスターが生まれるわけだ。
また、やたらにレベルが高いボスモンスターが2ターンに1回、勇者に近づいてくる。ボスに触れれば即死なので、プレイヤーが通れるルートは限られる。
しかも、ボスが通った後はモンスターが新しく生成されるので、時間がたつほどにモンスターは強くなるばかり。
gyu2_rrrrr_1
▲ボスモンスターは、倒さないかぎり階段を通っても追ってくる。5階降りるごとにボスが出現するので、最終的にはボスが大量に……。

さらに、一定歩数歩くと「ウィスプ」がプレイヤーの後ろに生成され、ボスモンスターと同じようにプレイヤーについてくる。
gamer_2
▲勇者の後ろに生まれるウィスプ。レベルはなんと100!

以上を総合すると、見えている要素から安全な道を選ぶ「正確な計算力」と、モンスターの生成やボスモンスターによる状況の変化に対応する「リスクを読んで臨機応変な対応を取る」応用力が要求されるパズルということになる。
そのプレイ感覚は、ローグライクRPGをプレイしているようで、かなり熱中度は高い。

ゲームキャスト的に惜しかったのは、転職とコンテニューシステム……課金要素にまつわる部分だ。
本作ではゲーム中に「ゴールド」を貯めると勇者を転職させることができ、アイテムがたくさん手に入る「盗賊」などさまざまなスタイルでプレイすることも可能。
これ自体は面白さの幅を増やしていて、とても良い。
ss4
▲360円~600円で使い放題オプションがあるぐらいがいいと思った。

が、ゴールドを貯めるのがかなり大変で、この部分を課金で手に入れる仕組みとなっている。
しかも、ゴールドがかなり割高なので課金する気にならない。そのため、せっかくの転職を楽しみづらくなっている。

もう1つは、コンテニュー。ゲーム中にHPが0になっても、1度だけなら動画広告を見てコンテニューできる。
だが、コンテニューするとアイテムがなくなるのでリカバリーが効かず、ほぼ即死してしまうので広告を見る動機がない。
ここは、コンテニューしてもアイテムを維持して、ノーコンテニュークリアに報償を儲けた方が良かっただろうと思う。
gamerarr_1

だが、転職を使わずとも、このゲームはとても面白い。前作はアイテム運が悪いと即死だったが、今作は魔法の存在が運の要素が緩和されており、バランスとしてもとてもよく練られている。
課金にまつわる要素が解消されたら、超面白くなるだけのこと。
現状でもボードゲーム好き、ローグライクゲーム好きは、やっておくべきゲームだ。というか、面白いのにダウンロード数が低すぎるので、みんなやれ。

評価:8(かなり面白い)

おすすめポイント
ローグライクな面白さを持つパズル
クリアできそうでできない、絶妙なバランス

気になるポイント
職業システムが死んでいる
コンテニュー機能が死んでいる

課金
ゴールド(転職に使用、高い)

(バージョン1.0、ゲームキャストトシ)

アプリリンク:
ぎゅうぎゅうダンジョン2 (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)



コメント一覧

    • 1. トットテルリ
    • 2016年12月07日 12:06
    • >前作はアイテム運が悪いと即死だったが、今作は魔法の存在が運の要素が緩和されており、バランスとしてもとてもよく練られている。

      ここが確かに前作との違いで、運要素が緩和されてて良かったですね★


      ちなみにコレって、クリアパターンって1つだけですかね?
      最後、アイテム運と魔法を駆使すれば……という部分があるのですが、それを達成するとなにかエンディング変わるのかな~とか睨んでいるのですが、特に達成された方を見かけないですよね。
      関係ないのかな?
    • 2. 管理人
    • 2016年12月07日 13:25
    • ▼トットテルリさん
      確か、コンテニュークリアと、ノーコンクリアで差があったはずです。
      でも、コンテニューしてクリアはだいぶ難しいですね(何かがおかしい)
    • 3. トットテルリ
    • 2016年12月07日 19:23
    • あ、コンティニュークリアとノーコンクリアでエンディングが変わるんですね(=゚ω゚)ノ


      てっきり、ラスボスを避けてクリアするパターンか、ラスボスを倒す(魔法とアイテムを駆使すればラスボスのレベル削れる)パターンで違うのかと思ってました。

      実際、レベル削れるほどのアイテムが都合よく手に入るか……というところがかなり運に作用されるので、そこは本来倒せる敵じゃないってことですかね(^◇^;)

      あたしがクリアしたのは避けるパターンだったんで、誰か倒した人いるのかな〜と思いまして。。。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント