RSS

記事一覧

名作だから面白いけど、ベタ移植すぎる。『Ys Chronicles II』レビュー

ys-11
往年の名作の中でも、シリーズの基礎を作った『イース』の初期2作品目が、ついにスマホに移植された。
原作がリリースされた1988年、振り向くヒロインのアニメーションに何人のプレイヤーたちが撃沈されたことか……(※当時のPC性能ではキャラがアニメーションするだけですごかった)。

おっと、話がそれそうになったが、PSP版『イースI・II クロニクルズ』を分割してスマホ移植した後編の作品である。
なので、前作『イースIクロニクルズ』から見るとマイナーチェンジ程度の差しかない。続き物として、安心して遊んで欲しい……と言いたかったが、前作より幾分辛い点をつけなければならないようだ。

本作は、燃えるような赤毛の冒険家「アドル」の冒険譚を綴ったシリーズの2作目で、見下ろし視点のマップでアドルを操作して戦い、天空に浮かぶ島「イース」の秘密に迫るアクションRPGだ。
ys-4

そして、1作目から続く美しい悲恋の物語でもある。
ストーリーを重視するプレイヤーの方には、できるなら1作目からプレイして欲しい。
ys-2
▲図鑑でキャラクター設定がフォローされてはいるが、1作目プレイ推奨。

最初にも書いたとおり、このゲームの基本は1作目と変わらない。
名作と言われる『Y's II』を現代のプレイヤーが楽しめるようにリファインしたものだ。
イラストは現代風に描き直されていて、PSP向けに描き下ろされたクロニクル版と、オリジナル版の2つから選択できる。
adle
▲なお、イラストはスタート時に選んだら変更できない。

「PC88版」、PC版の「オリジナル」、クロニクル用アレンジの「クロニクル」の3種類のBGMを選択できるのも前作と同じ。
この3種の曲が入っているだけで、プレイヤーによっては600円以上の価値を感じるのではないだろうか。出血大サービスである。
ys-8

そして、ゲーム面を見ると街で話を聞いてイベントを発生させ、フィールドを移動して解決していくイベントクリア型RPGとなっている。
バトルは、移動操作だけの体当たりバトルを継承。
フィールドにいる敵に対して、正面からぶつかるだけで自動で剣を振って攻撃できる。
ys-9
▲正面から体当たりすると反撃を受けてしまうので、敵の側面や背後から攻撃するのが基本。

また、事前に装備しておいたアイテムは画面右下のボタンから使うこともできる。
ここまでは、前作と同じ。
ys-6

大きな違いは、1作目は体当たり攻撃のみで戦っていたのに対して、2作目には「魔法」があること。
純粋な攻撃魔法もあるが、モンスターに変身して会話する魔法もあり、これがゲームに面白みを加えている。
ys-10
▲モンスターから見た主人公の姿の描写が凶悪殺人犯だったり、意外に人間的な性格だったりと、会話が作り込まれていて面白い。

前作のボス戦は体当たりで倒していたが、今作では
魔法ボタンを長押しして貯めると、強力な魔法を打てる要素もある。
ys-3

前作のレビューでも書いたが、システムやイベント構成などの基本は原作のままに、移動が「ダッシュ」になって早くなり、体当たりバトルも演出が強化されて爽快感が増し、古臭さを感じないいい仕上がりである。
オールドファンは懐かしく、『イースIクロニクルズ』から入った新規プレイヤーも楽しく遊べることだろう。

だが、前作を評価7としたのに対して、いくつかの理由から今作は評価6とした。
Dot Emuの移植作品は、なぜか複雑な操作をすると制御不能になることがある。
体当たりだけの前作は操作がシンプルだったのでこの不具合が発生しなかった。
が、今作は魔法を使いながら移動する場面が増え、ボス戦でときおり制御不能になる。
ys-7
▲一度指を離すと復帰するので致命的ではないが、結構ストレス

2つ目の理由は、調整不足。
敵が前作より強力になり、バーチャルスティックの大味な操作性にはつらい難易度なのだ。
かといって、難易度設定でEASYを選ぶと、爽快だが歯ごたえがなさ過ぎる。
ysr

さらに、魔法の追加でアイテムの切り替えが増えたにも関わらず、メニューの使い勝手は改良されていない。
すごいストレスではないが、『聖剣伝説 -ファイナルファンタジー外伝-』のように、ショートカットを作る改良は欲しかったところだ。

元となるPSP版のゲームはよくできていたし、それをベタ移植した『イースIクロニクルズ』も面白かった。
しかし、システムの複雑度や難易度が上がった『Ys Chronicles II』をベタ移植した結果、その複雑さを改良で吸収しないと、面白さが移植できない。
そこに配慮がないのが、今回評価を下げた理由である。

EASYモードで、ストーリーや雰囲気を追う分には良いし、このままでも価格分の価値はある。このうえ、欠点を修正してもらえればもっとハッピーになれるのだが……。
まあ、そう言って良くなるならば「DotEmuはクソ移植」などと世間で言われないか。

とはいえ、十分値段以上の価値はあるので、下の動画を見てピンとくる世代の方は買っておいても良いだろう。


評価:6(面白い)

おすすめポイント
体当たりなのに爽快感のあるバトル
1980年代懐かしのファンタジーの空気感
PC88版のBGMやPC版のイラストも選べる

気になるポイント
良くも悪くも昔のゲーム
イラストや動画は画質を上げて欲しかった
スマホでやるには少し難易度が高い(操作性の工夫が足りない)

(バージョン1.0.0、ゲームキャストトシ)

アプリリンク:
Ys Chronicles II (itunes 600円 iPhone/iPad対応)
イースIクロニクルズ (itunes 360円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)

コメント一覧

    • 1. 通りすがり
    • 2016年02月11日 01:40
    • PC88版オープニング懐かしい!
      ダームの塔から光がほとばしるので当時すごく驚いたのをよく覚えています。今の目で見ればご覧のごとくしょぼいですが。

      まあ、イースシリーズは移植されるたびにやってきたし、エターナルとクロニクルも(とくにエターナルは数回)プレイしたのでもういいかな。やっぱバーチャルパッドじゃ無理だと思うし。

    • 2. 名無しのメガドライバー
    • 2016年02月11日 08:32
    • スマホに於けるDotEmuの移植物の若干アレな所は許せるけども、
      Raiden Legacyだけは……どうしてこうなった的な。

      特に、同じソースを流用したPC版は某ウィルスソフトで誤検知とか、縦画面にした時の画面比率が酷すぎる。

      まぁ、イースはいーっすよ。
    • 3.
    • 2016年02月11日 19:58
    • 雷電とR-type買って懲りたからもうここの移植は絶対に買わない
      スマホ向けに操作を改良するとかそういう基本的なのが何故出来ないかね
    • 4.
    • 2016年02月11日 20:43
    • まあ、悪い意味で安定のDotEmu移植でしたね
      ここの移植でまともなのってアウターワールドくらいしかないような…
      厳密にはリメイクだけど
    • 5. moo
    • 2016年02月12日 00:40
    • 操作受け付けなくなるってアクションとして致命的じゃないですか

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント