RSS

記事一覧

パックマンの面白さを今風に凝縮。愛すべきランゲーム『PAC-MAN 256』レビュー。

pacmantitle
『パックマン』のアーケード版でステージ256に到達すると、マップがだんだんと崩壊し、最後にはゲームが止まるバグがある。
パックマン誕生35周年を記念し、そのバグの後の世界を描いたゲームが『PAC-MAN 256』である。

開発は『クロッシーロード』で大ヒットを飛ばしたのHipster Whale。
『パックマン』らしさを大事にしつつ、スマホゲームとして楽しく、良い感じの内容となっている。

『PAC-MAN 256』は、マップの崩壊から逃げつつスコアを稼ぐランゲームだ。
pack1 - 4
▲ゲームスタートと同時に後ろからステージ崩壊が迫る。これに飲み込まれるとゲーム終了

パックマンは自動で前に進み続け、プレイヤーがフリック下方向に曲がる。
ステージ上のクッキー(白い点)を食べるとスコアが増え、フルーツを食べると一定時間スコア倍率が上がる。
pack1 - 1

行く手を阻むのは、やはりオリジナルに登場した敵たち。
水色の敵は特定のルートを動き続け、ピンク色の敵はパックマンと軸が合うと一直線にやってくるなど、色に合わせてそれぞれに行動パターンが決まっている。
pack1 - 2

これらの敵に触れるとゲーム終了なので、通路の形と敵の色を照らし合わせて正解のルートを見つけなくてはいけない。
敵に触れるだけでなく、ステージの崩壊に巻き込まれてもゲーム終了なので、急かされつつ正解ルートを考える「アクションパズル」として、適度な難しさになっている。

もちろん、パックマンにも反撃手段は用意されている。
画面上にはさまざまなアイテムがあり、「パワークッキー」を食べると原作通りに体当たりで敵を倒せるし、「巨大化」や「口からレーザー」など『PAC-MAN 256』オリジナルのアイテムもある。
pak - 2
▲アイテムがなくても、クッキーを連続で256個食べると敵を殲滅できるが、難易度は高い

ただし、オリジナルアイテムに関してはゲームスタート時に「クレジット」を投入しないと出現しないので要注意だ。
クレジットを投入しないとクッキーとパワークッキーだけのオリジナル『パックマン』に近いゲーム内容となる。
とはいえ、オリジナルアイテムがなくても面白さは変わらないし、クレジットは10分に1枚もらえるのでゲームの面白さこれで大きく変わらないように感じた。

ゲームとして見ると敵の動きを推測して進むパズル、アイテムをとって一気に逆転する開放感、そしてその2つが交互にやってくる緩急。
オリジナルの『パックマン』のような面白さがあり、「パックマンが好きな人が作ったんだなぁ」という愛が伝わってくる。

また、コインを貯めてアイテムを強化する今風のやりこみ要素もある。
pack1 - 3

パックマン好きだけでなく、誰でも楽しめる良い案配のゲームになっていて、パックマン35周年の記念にふさわしいゲームと言えるだろう。
パックマン好きも、そうでない方も、ぜひ一度手にとって遊んでみて欲しい。

評価:3.0(面白い)

おすすめポイント
原作の設定を活かしたゲーム作り
緩急つけた展開

課金について
なし

(バージョン1.0、ゲームキャストトシ)

アプリリンク:
PAC-MAN 256 (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)

コメント一覧

    • 1. 通りすがり
    • 2015年08月23日 23:57
    • 一応課金はありますよ。買い方がやや面倒ですが。
      コインダブラー 600円 (コイン横の+ボタン)
      無限クレジット 960円 (クレジット0の時にクレジットを使用しようとする)
    • 2. 名無しのメガドライバー
    • 2015年08月24日 11:03
    • iOSは7.1以上故、Android版でプレイ。

      iOS版も含めて、外部コントローラーにも対応しているので、適度に遊べる気はする。
      基本無料モデルなので、何かの待ち時間でプレイするには良いゲームだと思いました。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント