RSS

記事一覧

漫画のコマを入れ替えるパズルFRAMEDが無料セール開始。小島監督の2014年ベストゲーム。

小島監督が2014年ベストゲームに挙げた、あの『FRAMED』が無料セール開始。
これを、無料にしていいのか。

価格は記事執筆時のものなので、購入時はAppStoreで改めて確認してください。

FRAMED (itunes 500円→無料 iPhone/iPad対応)
IMG_3482_r
コミックのコマを入れ替えてストーリーを変え、主人公を助けるパズルゲーム。
単にコマの順番に入れ替える作業になっておらず、イラスト見ながら状況を想像し、「このコマの並びを変えるとまったく違う意味のコマに変わる!」などと考える作業が楽しい。
斬新なゲーム内容だけでなく、ハードボイルドな空気感と先が気になる物語も良くできている。

紹介記事:FRAMED - ありそうでなかった!マンガのコマを入れ替えて展開を変える漫画パズル。

 コメント一覧 (6)

    • 1.
    • 2015年01月25日 17:50
    • 凄いゲームなので絶対プレーするべき
      まだ持ってない人はウルトラハッピー
      そしてリリースからほとんど時間経ってないないのにこういうことするから
      アプリは買ったら負けなムードができちまうんじゃないかなって気も
    • 2.
    • 2015年01月25日 21:46
    • 良いゲーム、凄いゲームだからこそ、無料にしちゃダメでしょ。
      リリースから時間が経ってから、定価を下げるのは歓迎できるが、無料セールしたら消費者たる私たちが、そういうものだと勘違いして購入しなくなる。
      そしたら更に「基本無料」の糞ゲーが増える。
      そんな未来は、no", thank you.
    • 3.
    • 2015年01月25日 21:53
    • ストアの評価がイマイチで、自分的にもイマイチだった。実体は、ほとんどが移動経路を変えるパズルで、あんまりコンセプト活かせてない気がした。
    • 4. 管理人
    • 2015年01月25日 22:35
    • ゲームの評価に関しては、合わない方もいると思いますね。
      アート好きや、業界関係者にウケのいいゲームと言える気がします(すごい手間をかけて作っているので)。

      無料化については、私も諸手を挙げては喜べません。
      良いゲームが無料になったら他の良いゲームが迷惑してしまう。
      そういう意味では、業界的にはどのゲームもセールしないべきなのかもしれない。

      基本無料に関して言うと、普段ゲームを買わない層を取り込んでいるので「ゲーマーよりデカい市場があった」って感じだと思っています。
      日本は、買い切りゲーマー場少なすぎるのじゃ。
    • 5. t
    • 2015年01月26日 15:53
    • 業界のビッグネームの賛辞や、インディ系ゲームアワード受賞など最早「玄人好みで、とても売れそうにないゲーム」に押された烙印のようなもの。
      厳しい言い方をすると、小島監督ほどの立場の方なら、そのゲームを作った人達を買収または雇用するとか、仕事を振ってやるくらいの気概・覚悟なしに誉めるべきではない。
      業界の将来を憂うなら、どうすれば良いゲームがちゃんとビジネスするか考えなしに賞賛することは単なる「ほめ殺し」になっていることを自覚して頂きたいものです。
      ゲームキャストには期待しております。
    • 6. 管理人
    • 2015年01月26日 16:36
    • ▼tさん
      「業界のビッグネームの賛辞や、インディ系ゲームアワード受賞」した作品は、注目度の低い作品を人々に知らせる役割があり、意味は大きいと思います。
      小島監督の発言のあとでAppStoreのランキングが上がったので、開発者にはとても嬉しかったのではないでしょうか。
      インディ系ゲームの受賞も、メディア露出の機会を増やして売上げを後押しする役割を持っています。
      ニッチ市場は、ビジネスになりづらい。だけど、応援している。
      そんな意味があってもイイかな、と思います。

      ゲーキャスはビジネスにならないゲームが好きなので、そういうゲームをプレイする人を増やしたいアプローチですね。
      商売とか苦手!でも、応援ありがとうございます。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント