RSS

記事一覧

連打してたまごを産むだけ!『ひよたま』にシュウォッチ世代の連打魂を感じた - iPhoneゲーマーな日々

niwatori7
その昔、コントローラーのボタンを素早く押せるだけでヒーローになれた時代があった。
当時、子供のヒーローだった高橋名人が連打でゲームをクリアしている姿にあこがれ、子供たちはひたすら連射の練習をした。

連打速度を測る玩具、シュウォッチが100万台近く売り上げた(※どこでみたか忘れたが、雑誌か何かで出ていたはず)ほどである。

本日紹介するのは、そんなシュウォッチ世代の連打魂を呼び覚ますアプリ『ひよたま』だ。

ゲームを開始したらにわとりをひたすらタッチし、タマゴを産ませよう。
1タッチごとに1個のタマゴが産み落とされる。

タマゴが出てくるときの「コッ!」という音が気持ちよく、連打に気合いが入る。
気持ちいいんだけど「ポコ」じゃなくて、「コッ!」にした作者のセンスがすごい。
niwatori4

ときおりでかい【FEVERタマゴ】が出現し、こいつをタッチするとニワトリに炎が宿り、通常の2倍タマゴが出現する。
あまりのタマゴ出現スピードに「コッ!」という音が「クココココッ!」という連続音に変化してたいそう気持ちいい。

そうか、僕らが連打にハマっていたのははやっていたからじゃなくて連打が楽しかったからなんだな。
niwatori2
▲色つきタマゴからはレアひよこが生まれる。

連打しているだけで気持ちいい感覚がわかってもらえるか不安だったので、動画も撮ってみた。
連打と音の気持ちよさが伝われば幸いだ。


で、制限時間が過ぎるとタマゴからひよこが生まれ、図鑑で各ひよこの設定を確認できるようになる。
niwatori3

なーすひよは「いしゃひよ と ふりんちゅう」。
いいのか、この設定で。
ちなみに、いしゃひよは年収1億ペリカ。ひよこの国の通貨はペリカだったのか。。。
niwatori6

紫のひよこは「よのなかにぜつぼうしている。」
などひよこのくせに癒やしとはほど遠い設定が面白い。
niwatori5

うーむ、連打がテーマだけあって、シュウォッチ世代に向けたブラックなキャラクター付けが秀逸。
みなさん、正月最終日はちょっと連打してみましょう。
niwatori1

そーれ、「コココッ」

アプリリンク:
ひよたま (itunes 無料)

 コメント一覧 (1)

    • 1. やま
    • 2014年01月05日 09:07
    • 「コッ」ってニワトリが鳴くのかと思ったら卵の音だったのか
      ニワトリの鳴き声の方が良かった
      2倍卵の時は「コケーッ!」で。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント