RSS

記事一覧

モバゲー発の本格3D FPS『The Drowning』をプレイしてみた。

drowning
DeNAがバトルフィールドのプロデューサーによるFPS『The Drowning』を開発中とニュースを書いてからだいぶ立ったが、ついに先日、日本以外で『The Drowning』が公開された。
モバゲーが開発した本格3Dゲームとはどんなものだろうか?
早速、プレイしてみたので感想をお伝えしたい。

グラフィックは前評判のとおりかなりのもの。
壊滅した世界で、主人公がとある島にたどり着いたところからゲームが始まる。
drowning7
▲モバゲーのゲームでフル3Dのオープニングがあるのが不思議なきぶん。

が、ストーリーは薄めで基本はミッションを選択してひたすらこなすタイプのゲーム。
それなりにプレイしたが、基本的にはATTACK(襲い来る敵を次々撃破する)とDEFEND(家にこもり、バリゲードを破壊しようとする敵を倒す)の2種類しかないようだ。
どちらも制限時間内に敵をひたすら倒し、スコアを稼ぐという内容だ。
drowning6

いざ、ゲーム開始!
オープニングのままの美しいグラフィックの中でちゃんとゲームが始まる。
少なくともiPhone5とiPad miniではスムーズに動き、落ちることもなかった。
この辺りは素直にすごい。
drowning8

操作は移動したい場所をタッチすることでその場所に移動、画面を2本指で同時にタッチすることで2本の指の中間地点を狙って射撃というユニークなもの。
drowning3

「えっ、なんだそれ?」と思う方もいるだろう。
「バーチャルスティック操作のFPSなんて最悪だ!」という記事で紹介したが、タッチパネルではタップ、スワイプ、ピンチ操作が普通なのでそれらを使うべきという哲学に基づき、このゲームでは新しい操作系が開発されているのだ。
詳しくは下の動画を見て欲しい。


うーん、これは慣れの問題かもしれないが、正直バーチャルスティックのほうがプレイしやすく感じてしまった。
特にiPhoneでは少し移動しようとして180度ターンボタンを押してしまったり、焦って攻撃すると同時押しに失敗して移動になってしまったりと、問題のある操作だ。
drowning8
▲画面真ん中の下にあるターンボタン。

iPadでプレイすればある程度問題は解消されるのだが…もしかしたら、iPad以外はおまけというパターンなのかもしれない。それならある程度納得がいく。
落ち着いてさえいれば正確に射撃できるので、悪いということはないと感じた。
ただし、バーチャルスティックのFPSに慣れていると不自由に感じる可能性は高い。

ゲームはスコア制のアーケードスタイルになっており、時間内にどれだけ得点を稼ぐかで報酬が変わってくる。
敵を連続で倒しているとゲージがたまり、MAXになると敵を倒した時の得点が跳ね上がるFRENZYシステムというものがあり、これがハイスコアの鍵。
drowning4
▲リアルなグラフィックに得点アイテム…シュール。

死なずにミッションを終えると得点に合わせて5段階で評価され、ランダムにガラクタが手に入る。
主人公は敵を倒しつつ、廃墟などからアイテムを探しているという設定だから、効率良く倒すほどに探索の時間が伸びる、ということなのだろう。
drowning10
▲最高評価に届かなくても、FLARE(課金アイテム)を使用すれば1段階上のガラクタが手に入る。

プレイ感覚はアーケードスタイルなのだが、その大枠は日本式のソーシャルゲーム。
ガラクタを集めて壊れた武器を修理して新しい武装を手に入れたり、いらないガラクタを合成して銃を強化するあたりはカードバトルの合成システムに近い。
強力な銃を手に入れれば、敵をどんどん倒せるのでスコアも上がるというわけだ。
drowning5
▲新しい武器の完成には時間がかかる…スキップするには課金。

面白いかどうかといわれると、iPadでプレイしているとアーケードチックに楽しめて悪くはない。
スコアが上がればより良いアイテムがもらえるので1プレイを頑張る気にもなるし、最高評価一歩手前ぐらいまでは課金アイテムがなくてもとれるし、それだけできればアイテムは揃う。
進行に必要なアイテムはレアアイテムでもほぼ1回、多くても3〜4回のプレイで手にい入れることができた。
drowning9
▲必要な物はちゃんと手に入る感じ。

また、新しい場所に行くために新しい乗り物のパーツを探してきて修理し(ミッションをこなしてガラクタを集める)、修理が終わるたびにストーリーが進むという設定も納得感があり、1人用の暇つぶしFPSとしては十分遊べるものと感じた。
drowning2

課金システムは有料ガチャと、ガソリン(プレイの体力)、そしてミッション報酬を余分に手に入れられるフレア、そして武器の作成時間を飛ばす課金。
ただ、少なくとも20以上のミッションをこなしたが、同じステージを何回かプレイする必要はあっても有料ガチャを回す必要は感じなかった。
ゲームの大枠はポチポチをFPSに置き換えたソーシャルゲー方式だが、バランスとしてはやや海外に寄せてきた印象がある。

で、これが大ヒットするかというと…微妙だ。
細部の演出などが荒く、大作ゲームと言える気遣いがあるのはグラフィックだけだ。
内容もゲームとしては好きな人もいると思うが、ゲーマーが好むレベルには達していない。

しかし、RPGを簡易化したいわゆるポチポチゲーが大ヒットした例もあるから可能性がないとは言わない。
正直、自分が日本人だからかもしれないが、パーツを集めて銃を組み立てたり、乗り物を作って新しい場所にいける…というのはわかりやすく、頑張りたくなる気がした。
なので、FPSを少しだけ簡易化したこのゲームをヒットさせる作戦をモバゲーが練り、アップデートしていけばもしかしたら、とも思う。

このゲームがどうなるか、しばらく動向を見守ってみたい。

コメント一覧

    • 1. 通りすがりのゲーマー
    • 2013年08月05日 01:00
    • ああ、そういえばありましたねこんなの…ソーシャルのメーカーが売り出すって事ですっかり興味なくしてましたけど
      何というか、簡単プレイでさくっとできるゲームが欲しい「カジュアル層」と綺麗なグラフィックで高いゲーム性を欲しがる「ゲーマー層」のそれぞれの要望をごっちゃにしちゃってる感じしますね。どちらも中途半端に追求した結果、どちらの層からも敬遠されるという。
      ミッションクリア型ということでDEAD TRIGGERに近い感じでしょうか?感覚的には移動ができるN.Y.Zombies…という気がしないでもないですが。
      いずれにせよ話のタネにする程度の興味ですね。やらないと思います。
    • 2. 通りすがりのゲーマー
    • 2013年08月05日 01:48
    • でも意外とランキング一ページ目で見かけたからけっこう順位高いですよ。
      パズドラよりは売れるんじゃないかな。
      落とさなかったけど。
       コントローラーが出てきたら、こういうタッチ専用のFTPゲームはもっと駆逐されてくんだろうな。
    • 3. 通りすがりのゲーマー
    • 2013年08月05日 02:04
    • これを日本のゲームとするなら、今まで日本企業が出したどのソーシャルゲームよりも上の順位に居るのに、この扱いの違いは何だろう、、。
      スクエニの即300位以下に落ちてるし、それ考えたら、けっこう評価されてる方じゃないですかね。 意外と記事の中に"ゲーマーとして物足りない。"という語句が入ってたら売れる傾向があるように思う。
    • 4. トシ
    • 2013年08月05日 02:44
    • 日本のソーシャルゲーム…というくくりで言えば、パズドラが上位にいるのはもちろん、ポチポチゲーの代表格進撃のバハムートやあやかし陰陽師、逆襲のファンタスティカなどそういったものが200位以内にずっといますし、さらもいけばガーディアン・クルスなどのゲームも見られます。
      なので、全体から見て輝かしい成功を収めているといえるわけではないですね。
      ただし、売り上げランキングでUSで1000位、DLでは150位程度におり、上昇の見込みもあるので失敗というほどにはならない可能性は高いです(1ページ目というのはどこのストアでしょう?)。
      大ヒットのするかどうかは未知数ですが。
      スクエニのゲームは売り切りなので、発売日以降おちて戻らないですよね…それにしても今も300位程度の売り上げランキングなのですごいと思います。
    • 5. 通りすがりのゲーマー
    • 2013年08月05日 02:57
    • え?今DROWNINGってアメリカで14位だと思うんだけど、今までの日本のソーシャルゲームで考えたらぶっちぎりじゃないですか?
      少なくとも自分はランキングで日本企業のソーシャルゲームが載ってるの見たことなかったですよ。
    • 6. 5
    • 2013年08月05日 03:02
    • 今見たらそこに挙げてたソーシャルゲーム達を300位内で一つも見えないのですが。
      見てるランキングが違うんでしょうかね?
    • 7. トシ
    • 2013年08月05日 07:33
    • 自分が見ているのはUSのTOP GROSSINGの総合ですね。
      DL数なども総合で見ています。
    • 8. 通りすがりのゲーマー
    • 2013年08月05日 07:56
    • 自分もUSの総合ですよ?
      おかしいですね。アクション部門限定だと2位になってるんだけど、、。
      ちなみにその他の日本企業のゲームは、総合50位のドーモ君のキャラクターゲームだけでした。
    • 9. トシ
    • 2013年08月05日 08:05
    • 自分はitunesで国を変更してUnited Statesを選択し、ランキングを見ています。
      また、AppAnieeと合わせて照合しましたが、両方ともUSで14位やアクション2位というのはありませんでした。
      最初に自分が書いた通りのデータですね。
      おそらくですが、何かしらそちらの設定や国が間違っているように思います。
    • 10. 通りすがりのゲーマー
    • 2013年08月05日 08:08
    • アメリカで買って、アメリカに住んで見てるトップチャートを間違えようがないような気がするんですが、、、。
    • 11. 通りすがりのゲーマー
    • 2013年08月05日 08:35
    • ちなみに今は日本に滞在してますが、アメリカのアカウントしか持ってないので、他の国のランキングに入っていたら買い物はできないはずだし、そもそも他の国のランキングを見る方法なんて最初から知らないです。
       
    • 12. 通りすがりのゲーマー
    • 2013年08月05日 16:42
    • 取り敢えず、既存で出たものの印象はBlood Brothersはそこそこ雰囲気が出ていて課金なしでもそれなりに遊べるものの、強くなろうとすると課金が超絶的にエグイ。(最高レアが0.1%,その手前でも5%)ステップガチャを6週(70200円)すると最高レアが一枚確実にもらえるとか何か凄いことに。(しかもこれを2枚集めて更に強化できる)
      Dotはドット絵の書き込みはしっかりしていて、ゲーム部分もそれなりに戦略性がある。ガチャも(今の所)そんなにえぐくない。GBAのゲームをやってる気分。ただ、なんか(私の印象では)薄い。時々翻訳されてない文章が出てきたりする。
      少し触った感じ(Blood brothersLV40 DoTLV12)では個人的にはBlood Brothersの方がよく作られている印象があるものの、課金する気にはならないという感じ。
    • 13. 通りすがりのゲーマー
    • 2013年08月05日 17:02
    • IPADとIPHONEの違いじゃね?
    • 14. トシ
    • 2013年08月20日 17:21
    • いまさらですが、iPadとiPhoneのランキングの違いでしたね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント