RSS

記事一覧

レビュー:Dark Meadow

darkmeadow01
タイトル:Dark Meadow
ジャンル:アクションアドベンチャー
価格:500円
日本語対応:あり
Retina 対応:あり
販売元:Phosphor Games | Version:1.0.1 | GameCenter:実績対応 | 対応機種:iPhone / iPod touch / iPad

総合評価:2.5(値段通りに楽しめる)
+臨場感のあるグラフィック
+効果音や音声の雰囲気
+iPad2だとさらにきれい
-戦闘がちょっと飽きる
-恐怖感はない

廃屋となりグロテスクなモンスターが徘徊する病院で、記憶を失った主人公が闘いながら脱出しようとするホラーアクションアドベンチャー
脱出を試みるうちに、狂った男の独白、病院内にある日記やメモ書きから徐々に主人公の事実が明らかになっていく。

開発した Phosphor Game Studio はシカゴのメーカーで、米国で XBOX360 の周辺機器キネクトに同梱された『キネクトアドベンチャー』の開発元であり、ハードウェアの性能を生かしたグラフィックには定評のあるメーカーのようだ。

darkmeadow03
実際、とにかく目を引くのは美しいグラフィック
あの『Infinity Blade』と同じアンリアル・エンジンを用いて開発されているが、クオリティで言えばそれまであと一歩というぐらい描きこまれている。

darkmeadow04
美しいだけでなく、暗く汚らしい廃屋と陽の光のさす場所との落差が印象的でメリハリが効いている

効果音や環境音についても良い具合に作りこまれており、グラフィックとあわせて臨場感はかなりのものだ。

darkmeadow05
ゲーム内では360度周囲を見回すことはできるものの、移動は自由ではなく緑の点をタップすることでその地点まで移動する。
進むも戻るも自由自在で、気分的には『ウィザードリィ』のような3Dダンジョンを冒険している感覚だが、次の目的地は遠目に白く光って見えるので、それさえ知ってしまえば迷うことはない。

darkmeadow09
病院内では移動するだけでなく、毎回ランダムに「薬箱」や「金」が配置され、タップすることで取得が可能。
タンスを開けたり、主人公や舞台となる病院の背景を記した日記などを収集したりもできる。

darkmeadow06
移動中にモンスターと遭遇すると戦闘となり、徐々に迫ってくるモンスターに対して「クロスボウ」と「剣」で迎撃する。
クロスボウ」の操作はドラッグで弓を引き絞って発射するシューティング的な操作だが、軌跡が撃つ前に見えるので比較的簡単に当てられる。
ただし、敵も遠くから「」(ゲーム内でそう表記されている)で攻撃してくるので左右にある「回避」ボタンで避ける必要もある。

darkmeadow02
接近戦はフリックした方向に剣で斬りつけてダメージを与える『Infinity Blade』そのままのバトルアクション

こちらから攻撃しても防御されてダメージを与えられないので、左右の「回避」ボタンと中央の「防御」ボタンで敵の攻撃を耐えしのぎ、隙ができたとき(「攻撃せよ!」と赤字で表示される)に攻撃する展開になる。

darkmeadow07
防御」は必ず敵の攻撃をしのげるが、回数制限があるし少しだけダメージも受けてしまう。
回避」は敵の攻撃が来る方向に合わせないと失敗するものの、回数制限がなくダメージを受けることもない。
一定の法則で斬りつける(例えば左・右・左とか)とコンボ(連続技)となり、ダメージが跳ね上がるので、チャンスにはコンボを狙っていくのが重要。

darkmeadow08
敵を倒すと経験値と金を入手し、経験値が一定以上たまるとレベルアップして成長、金は新しい装備を買うために使用
することができる。
このような戦闘と探索を繰り返して病院と主人公の秘密を探っていくことになる。

darkmeadow10
ここまでで多くの読者の方がお気付きの通り、すべてのシステムがほぼ『Infinity Blade』そのまま。
だからと言って単純なパクリではなく、行き来が自由なマップというだけでだいぶ雰囲気が異なるし、マップはそこそこ広く探索重視にもなっている。

探索要素が強くなった分…というわけではないが、戦闘をしていると『Infinity Blade』よりも見劣りする
敵の攻撃パターンや攻撃した時の爽快感など全体的に少し見劣りし、悪いというほどではなくとも正直に言うと『Infinity Blade』を体験した後では物足りない
クロスボウ」が弱すぎるなどバランス上の問題は抱えつつも普通には楽しめるのだが…。

darkmeadow12
また、探索と戦闘のバランスが悪く、ホラーゲームとしての恐怖感が薄い
戦闘の頻度がかなり高く探索に向けられた集中力が途切れてしまう感があるし、グロテスクな敵も頻繁に出すぎて慣れ、戦闘にも飽きがち。
映像・効果音共にいい味を出しているので、恐怖感を煽る演出をしてもう少し探索に重点をおいて構成して欲しかったように思う。
日本語化されているのはありがたいが、ところどころにおかしな表現、直訳っぽい表現があるのもストーリー重視のホラーアドベンチャーとしてはマイナス点か。

darkmeadow11
総合的に見てみると、豪華なグラフィックと普通に楽しめるゲームシステム、惜しい感じの構成でバランスが取れて評価はやや3.0より2.5とした。
少なくとも500円の価格通りの価値はある。
ホラー方面にもう一歩作り込んでもらえれば、一足飛びに定番になれたかもしれない、素材は良い1作

なお、iPad2 に最適化してあり、iPhoneで見るよりも美しい映像で快適にプレイできるので、iPad2 を持っていればそちらでプレイして欲しい。

Dark Meadowの詳細・DLはこちら(itunes)


ちょこっと攻略
・クロスボウは弱いので、レベルアップは遠隔攻撃とリロードには割り振らないようにしよう。
・防御の強さはダメージを減らしてくれる。
・防御は防御回数を増やしてくれる。防御がこのゲームは強いので、戦闘が苦手な人は体力よりこちらを上げたほうが良い。
・コンボを成立させるとダメージが跳ね上がるので、必ずコンボを狙おう。
例えば右・左・右の順で斬れば最後の1発は2.5倍ダメージになる。
・道に迷ったら白く光る方向へ行けば、間違いなく次に続いている。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント