RSS

記事一覧

「俺のターン、伏せカードを配置してエンド!」しまくれる。Rayark、伏せカードの読みあいが熱い対戦ゲーム『カオスアカデミー』をiOS/Androidでサービス開始

カオスアカデミー (App Store 無料 / GooglePlay 無料)
ss1
台湾 Rayark は、対戦カードゲーム『カオスアカデミー』を App Store / Google Play 向けにサービス開始した。
本作は交互に手番を繰り返し、4×4のマスに君主カードとヒーローカードを配置していき、先に敵の君主を討ち取った側が勝利となる対戦カードゲーム。
基本システムは『ハースストーン』に近いが、盤面の位置関係と移動の概念などがある「位置と状態」が重要となる新作。
すべてのヒーローカードを能力が限られる裏返しの"伏せ状態”で出すか、最初から全力で行動できる表向きの状態で出すかを選択し、相手を揺さぶる読みあいも楽しめる。

プレイ動画はこちら。


このゲームの肝は、なんと言っても伏せカードの読みあいだろう。
伏せられたカードの強弱が使用したコストで判明しないよう、敵の残りマナ数が見えない仕組みにもなっており、常に「この伏せカードは無視するか、対策するか」という悩みが発生する。
2020-11-24_15h36_37

『カオスアカデミー』は他のデジタルカードゲームより不確定要素が大きく、伏せカードのブラフで揺さぶって試合の展開が思いも寄らない方向へ変化することだろう。
読みあいに自信があるプレイヤーは、遊んでみると強さを発揮できるかもしれない。
興味がある方は下記のリンクからどうぞ。

アプリリンク:
カオスアカデミー (App Store 無料 / GooglePlay 無料)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント