RSS

記事一覧

『ポケモン』シリーズをつなぐ『Pokémon HOME』が2月よりサービス開始。各種ポケモン系ゲームと連動し、ポケモンの出し入れ、他者との交換・図鑑登録など可能に

01

『ポケモン』シリーズが、アプリを通して1つになる。

(株)ポケモンは、対応ソフトやサービスからポケモンを預けたり、引き出したりできる新しいサービス『Pokémon HOME』を2月から始めることを発表した。
『Pokémon HOME』にはポケモンを30匹預けることができ、有料のプレミアムプランに加入すると、ポケモンを6,000匹まで預けることができる。

『Pokémon HOME』はNintendo Switch版とスマートフォン版があり、それぞれに機能が異なる。


2020年2月時点では、『ポケットモンスター ソード・シールド』、 『ポケットモンスター Let’s GO! ピカチュウ・Let’s GO! イーブイ』、 『ポケモンバンク』と連携。
将来的には『Pokémon GO』とも連携する予定。
02

Switch版は『ポケモンピカ・ブイ』と『ポケモン ソード・シールド』との連携、ポケモンバンクから『Pokémon HOME』への引っ越し、ポイントのBPへの変換が可能。
スマホ版はポケモンバンクから『Pokémon HOME』への引っ越し、ポケモン交換、ふしぎな贈り物受け取り、バトルデータの確認、お知らせの確認が行える。

03

注目すべきはポケモンボックスにポケモンを預けることで“全国図鑑”にポケモンが登録され、データが登録されることだろう。
メガシンカやキョダイマックス可能なポケモンを預けると、それぞれの姿が“全国図鑑”に登録される。
2020-01-28_23h52_19

スマートフォン版では、これまでの『ポケットモンスター』シリーズの図鑑説明文に加えて、ポケモンのわざやとくせいも確認可能。

交換機能では通常のフレンドとの交換に加え、ミラクルボックスでのランダム交換、近くのポケモントレーナーと条件を出して交換可能なGTS、グループ交換という交換プランも。

ポケモントレーナー待望のアプリと言えるだろう。


気になるお値段だが、基本無料を採用。

フリープランでは30匹までのポケモンを預けられ、交換に関しては大抵の機能が利用できる。

プレミアムプランでは最大6.000匹のポケモンが預けられ、『ポケモンバンク』から『Pokémon HOME』、ポケモンの能力を確認するジャッジ機能などが使用可能となる。

2020-01-28_23h56_36


価格は1ヵ月(30日) 370円、3カ月(90日)で610円、12カ月(365日)で1.960円。

アプリの存在がありがたいというのはあるが、正直な感想を言えば気になる点もある。

たとえば、現在『ポケモン ソード・シールド』の交換機能が貧弱すぎて、単体で使うとトラブルが発生することもある。

『Pokémon HOME』を使えば安全にポケモンが交換できるのだろうが、ゲーム単品で安全に交換させてほしいという不満は当然出るだろう。


そういった不満を超える面白さ、価値を提供できるのか。そういった点で今後の発表が注目される。


アプリリンク:

トップページ | 『Pokémon HOME』公式サイト

 コメント一覧 (4)

    • 1. もふ
    • 2020年01月29日 05:39
    • 3DS版からの移動を考えるとバンク代もプラスして年間契約するとして月200円位。小学生の頃の自分の小遣いを考えるとちと高いかなーという気もする
      個人的には人との交換をする気があまり無いんでルビサファ時代のBOXみたいな買い切りの方が魅力的なんですけどねー
    • 2. ななし
    • 2020年01月30日 15:01
    • 出るのが遅い。もうポケモン疲れや
    • 3.  
    • 2020年02月01日 21:36
    • いやいやいや、結局スイッチポケモンにしか送れないなら意味ないじゃん。
      スイッチ一本で全部揃うのに、なんで毎月金払わなきゃいけないんだよ。
      HOMEでしか遊べないコンテンツファ無いと弱々だよ。
    • 4.  
    • 2020年02月01日 21:37
    • 使うアテのないポイントカードに毎月カネを払うアホは居ない。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント