RSS

記事一覧

『スラムダンク』桜木のシュート練習を見るアプリ『SLAM DUNK Talkin’ to the Rim』がiOS/Androidで配信開始。250円買い切りで追加購入ナシ

SLAM DUNK Talkin' to the Rim (itunes 250円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss1
左手は添えるだけ……!
バスケットボールを題材にした井上雄彦さんの大ヒットバスケ漫画、『SLAM DUNK(スラムダンク)』のアプリ『SLAM DUNK Talkin’ to the Rim』がApp Store、Google Playで配信開始となった。
このアプリは、漫画の主人公である桜木花道がシュート練習をする様子を眺める環境アプリの一種だ。

本アプリにはARとPARKモードの2つがあり、ARモードではカメラでとらえた風景にバスケットゴールと桜木花道が登場し、シュート練習をする。
AR機能がない端末でも、PARKモードを使えば公園でシュート練習をする姿を見ることが可能。ピンチでの拡縮、360度視点移動にも対応しており、好きなアングルで練習を眺められる。
ss2
▲映像は漫画風に見えるように白黒になる。

井上雄彦さんによると、「忙しい日常をしばし脇に置かせてくれるようなものの一つになったらいいなと思い、「桜木のシュート練習を見る」というアプリをつくりました。」とのこと。
「1人になりたい時に聴きたい一曲のように、時々眺めてもらえたら嬉しいです。」とも語っている。

アプリの機能としては、ただ眺めるだけ。シュートの様子や風景が気に入ったら、5秒の動画として記録し、アルバムで見ることもできる。
02

価格は250円で広告も追加購入もなし。
思ったより動きは凝っていて、ぼーっと眺めていられるのでファンアイテムとしてはかなりよさそうだ。

アプリリンク:
SLAM DUNK Talkin' to the Rim (itunes 250円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)

 コメント一覧 (4)

    • 1. フラック
    • 2019年11月10日 12:20
    • 隙間産業だけどおしゃれでいいな
    • 2. ジャンプは月曜日を麻薬に変えた
    • 2019年11月10日 15:18
    • 少年ジャンプのレジェンド漫画家さんが放置系ゲームをちゃんと理解してくれていることに、たのもしさを感じますね。
      この調子で、シティハンターの人がマンションのベランダに干してある下着を盗ろうとして100tハンマーでつぶされるのもARでできませんかね。そうなると街になつかしい風情が出そうですけど、まだムリですよね。
    • 3.
    • 2019年11月10日 23:53
    • ここにきてアプリのありかたの正解を一つ見たような気持ちね
      こういうのでいいと思うんすよ
    • 4.  
    • 2019年11月16日 10:42
    • スラムダンクも花道も、ボールが弾む音も大好きなので、最高のアプリです。
      このように一人でボール拾いながらシュート練習してたのを思い出します。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント