RSS

記事一覧

サービス終了したゲーム物語を保存・公開する”ゲームシナリオアーカイブ”を日本ゲームシナリオライター協会が発表。『レイヤードストーリー ゼロ』のシナリオをWEB公開

01
PC・スマホ・ゲーム機に関わらず、終わってしまったオンラインゲームのシナリオは永遠に失われてしまう。
だが、シナリオを書くライターの集団が、そういった状況を変える試みをしていることはご存じだろうか。
“日本ゲームシナリオライター協会”は9月19日、バンダイナムコエンターテインメントの協力を得て『レイヤードストーリー ゼロ』
そんな状況を変える試みが行われていることを
同一の世界で繰り広げられる物語を、アニメとゲームで楽しむことができるスマートフォンアプリ。アニメとゲームそれぞれの主人公の物語が1つに重なり合うオルタナティブRPG。


『レイヤードストーリー ゼロ』とは、その名の通り異なるレイヤーの物語を一気に楽しめるマルチメディア展開のプロジェクトとして出てきたゲームだ。
同一の世界で繰り広げられる物語をアニメとゲームで楽しむことができ、スマートフォンアプリとアニメとゲームそれぞれの主人公の物語が1つに重なり合うオルタナティブRPGとして大々的に発表され、コミックなども展開する気合の入れようだったが、2019年1月8日にサービス終了となってしまった。


ビジュアルや音がなければゲームのシナリオの再現とは言えない。しかし、日本ゲームシナリオライター協会のプロジェクト説明ページにある通り、こういったものを保存・公開することは学術的にも意味がある。
ゲームシナリオはその性質上、単体で存在するものではありません。
ゲーム器機の代替わり、サービスの終了などでプレイ環境が失われてしまえば
現状ではシナリオを知る機会は失われてしまいます。
近年、ゲーム作品を学術的に研究する試みも始まっています。
日本ゲームシナリオライター協会では、アクセス不能になってしまうゲームシナリオについて、これを文化資産として保存、管理し公開していく道筋をつけていきたいと考えています。
もちろん、ゲームを遊んでいたプレイヤーが懐かしむという意味でも意味はある。
セガがサービス終了ゲームのシナリオを動画で残していたり、『妖怪惑星クラリス』のように有志によるシナリオ保存をしているが、こういった試みは各社・プレイヤーばらばらに行われており、見つけるのは難しい。
こういったことがきっかけで、統一的な保存の仕組みが整備されていくことを願いたい。

関連リンク:
ゲームシナリオアーカイブにつきまして | 日本ゲームシナリオライター協会

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント