RSS

記事一覧

C級スパイ映画のお約束ぎっちりの『Agent Intercept:エージェント・インターセプター』。爆破、体当たり、変形…あらゆる手を使って悪の組織を阻止するドライブアクション

agent-11
映画『007』シリーズに登場するような水陸両用エージェントカーにのり、悪の秘密組織Clawの陰謀を阻止するゲームがApple Arcadeに登場した。
『エージェントインターセプター』だ。
華麗なアクションを決めてスコアを稼ぐアーケードスタイルゲームとしても面白いが、富士山が変形してミサイル発射基地になったり、武装した車をカーチェイスの末に破壊したりと、スパイ系映画さながらの見せ場が1プレイ5分程度に凝縮されており、この手の作品が好きなら見逃せない内容。
しかも、毎日異なるミッションが配信されるというから驚きだ。

本作は、エージェントカーを操作するドライブアクションである。
エージェントカーは自動で前に進み続け、操作は左右に移動するハンドルのつまみ、一時的に加速できるブーストボタン、取得したアイテムを使用できるアイテムボタンのハンドル+ボタン2つと遊びやすい。
agent-1

操作だけ見ると普通のドライブアクションだが、ここにエージェントもののお約束が次々とやってくる。
目の前に川があって避けられないなら……。
agent-12

当然、スーパーカーが船に変形して「敵に気づかれないように進むぞ!」と、何事もなかったかのようにゲームが進行する。
agent-13

背後から敵が追ってくれば、突然に地雷が装備されて地雷で敵の車を迎撃するディフェンスドライブゲームに変化。
何がおきても、このエージェントカーは対応できる。
また、シチュエーションに合わせて細かくゲームシステムが変化し、作りはかなり豪華。
agent-7

演出面でも素晴らしい。
たとえば、敵を追っていると富士山っぽい山が登場し、唐突に山頂が開く。
agent-3

「敵は山をミサイル基地に改造していたぞ!」
「な、なんだってー!?」
と、大げさすぎるほど壮大な展開が待っている。
agent-4

しかし、われらがエージェントはスーパーマンだ。
川を越え、敵の妨害をかいくぐり(攻撃を受けすぎて体力が減ると終了してしまうので注意)ミサイル基地にくるまで突っ込む!
agent-8

単身でミサイル基地を爆破に成功。
agent-9

しかし、ミッションを遂げたエージェントとは通信がつながらない。
オペレーターたちも焦り、「捜査官??返事をしろ!」と叫び続ける。
agent-10

が、スーパーエージェントにそんな心配は無用だ。すぐに爆風の中からエージェントカーが登場し、ミッションコンプリート。
こんな感じで、エージェントものの映画やアニメのお約束を踏襲したストーリーが1プレイ5分程度に凝縮されていて、むちゃくちゃにテンポがいい。
これだけで、もう楽しい。
agent-11

でもって、遊びこんでみるとゲームも楽しい。
本作はハイスコアを目指すアーケードゲームとして作られている。
まず、道に落ちているアイテムを拾ったり、ドリフトを決めたりするたびに“基本スコア”が加算される。
同時にそれらのアクションを一定時間内(画面下にオレンジ色でスコアが表示されている間に)に連続してこなすとコンボが発生して“スコア倍率”が上がる。
最終的にコンボが終了したとき、そこまでの基本スコア×スコア倍率が総スコアに加算される仕組みとなっている。
つまり、ゲーム開始から終了まで、効率よく動いてスコアコンボを獲得する古典的なアーケードアクションだ。

ハイスコアを狙うときに重要になるのは“ブースト”。
ブーストを押すと加速できるだけでなく、最高速の状態で敵者にぶつかるとクラッシュさせることが可能。もちろん、クラッシュさせれば基本スコアも増える。
agent-6

さらに、ブーストしながらカーブを曲がるとドリフトが発生して基本スコアが上がる。
ただ、非常に便利なブーストなのだが使用するとブーストゲージが消費され、これが尽きると使用できなくなる。
ブーストを使用しなければゲージは回復するが、ゲージが切れるとスコアコンボが途切れやすくなるため、プレイヤーの計画的な使用が重要となる。
agent-5
▲ピンク色の丸がスコアアイテム。ドリフトしながらスコアアイテムを取りまくるのだ。

ステージを覚えてハイスコアを目指すパターン作りが楽しく、かなり燃える。
プレイできるステージは毎日変化(ストーリーも変化)するので、毎日ちょっと遊んでストーリーを楽しんでもいいし、その日のハイスコアランキング1位を狙って遊んでもいい。

それにしても1日数プレイ、広告なし、引き延ばしなしでアーケードゲームを楽しむスタイルはとても新鮮だ。
有料ゲームで買ったら「ボリュームなさすぎる」となるし、基本無料だったら「課金ポイントも広告見る必要もないゲーム性」と言われかねないが、定額サービスの中の1つならば問題ない。
こういったゲームがサービスできるのがApple Arcadeのよさなのかもしれない。

私の評価は7とするが、あなたがスパイもの・エージェントものが好きならその評価は跳ね上がるはずなので、そこに当てはまるならぜひ遊んでみて欲しい。

概要:
エージェントカーに乗って悪の組織と戦うドライブアクション

評価:7(要チェック)

おすすめポイント
エージェント系映画のお約束を盛り込んだ演出・ストーリー
5分に凝縮されたアーケードスタイルのゲームプレイ
毎日異なるミッションで競える

気になるポイント
一気に遊ぶのが好きだと、ちょっと合わないかも。
ステージは少ない(でも定額でやりたいところだけ遊べるから飽きたらやめればいい)

アプリリンク:
エージェント・インターセプター (itunes Apple Arcade)

開発:PikPok(ニュージーランド)
HP:https://pikpok.com/games/agent-intercept/
レビュー時バージョン:1.0
課金:なし

動画:


ライター:寺島壽久(ゲームキャスト トシ)
ゲーム紹介サイト、ゲームキャスト管理人でゲームライター。
アクション、新しさのあるゲーム、旅を感じるゲームが好き。
Twitterでも情報発信中

 コメント一覧 (2)

    • 1. 絹ごし豆腐
    • 2019年09月20日 19:32
    • Apple Arcade作品が全作品日本語化されてるっぽいのに感動してしまった
    • 2.
    • 2019年09月21日 01:28
    • これ面白そうね!
      アーケードの導入にはまだ迷ってるけど
      こういうの好きよ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント