RSS

記事一覧

Epic、『フォートナイト』でテストしたオンライン機能を開発者に無料で解放。7つのプラットフォーム、UnityとUnrealに対応し、対戦やボイスチャットをサポート

552x414bb
Epic Games は、『Fortnite』で使用されているクロスプラットフォームの機能を、2019年から外部の開発者に無料で提供することを発表した。
機能は C SDK として提供され、Unreal Engine と Unity に統合される予定。
これによって、開発者は PC / Mac / iOS / Android / PlayStation /Xbox / Switch、7つのプラットフォームでのオンライン機能をより容易に提供できるようになる。

サービス内容としては、2019年Q2~Q3に複数のセッションやデバイス上でプレーヤーを認識するためのコア機能が提供される。
これによって、ログイン、オンライン状況、プロフィール、フレンド、購入情報(無料・有料アイテムも)の確認ができる。

続いて、2019年Q3には、PC / Mac でゲームやエンジンにとらわれない方法で、ログイン、友達、その他の機能のためのユーザーインターフェイスが提供される。
また、この時期にクロスプラットホームの音声通信……つまり、ボイスチャット機能が解放される。

そのほか、クロスプラットフォームのデータクラウド保存が2019年Q2、アチーブメントとトロフィーが2019年Q3、パーティー作成とマッチメイキングが2019年Q3~Q4とされており、2019年内に主要なオンラインアカウント管理機能は盛り込まれるようだ。

Epic は「7つのプラットフォームで、2億人のプレイヤーがバトルのテストを行った」と自信満々に発表しているのだが、言うだけのことはある。
しかも、これすら最初のステップであり、次々と改善する予定とのこと。
ほぼすべてのオンラインゲームがクロスプラットフォームに対応し、ボイスチャットを備える……そんな未来が来るなんて、想像するだけで楽しげではないか。
素晴らしい。

関連リンク:
Epic 2019 Cross-Platform Online Services Roadmap

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント