RSS

記事一覧

11月12日の新作22本紹介。聖戦クロニクルの系譜『RPG フォーレジェリア』は久々のケムコヒット、ガラケーの戦術SLG『テンミリオンZERO』まさかの現代に復活

11月12日の新作一覧。
『フォーレジェリア』はケムコRPG久々の当たり。おすすめ。
カジュアルゲームだが『Flip the World!』と『らっこうかべ』は結構好き。懐かしのSLG『テンミリオンZERO』は戦術ゲーム好きに。

注目のゲーム
RPG フォーレジェリア (itunes 960円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
552x414bb
ケムコ×Hitpoint のRPG。
ドット絵がかなりきっちり描かれており、ゲームのストーリーもなかなかいい感じ。
『聖戦クロニクル』の系譜に連なるRPGなっており、物語にも共通点が見られるが、このゲームから入っても全く問題なく遊べる。
バトルもSP(ターンでたまるリソース)の使い分けがボス戦で重要になって手ごたえがあるし、アニメーションもいいし、最大3倍速で遊べてテンポも良い。
かなりよさげ。

気になるゲーム
Spoorky (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)

豚さんの主人公が活躍するステージクリア型横スクロールアクション。
左右移動、ジャンプ、剣を振るボタンの4ボタン操作だが、剣を振るが前方ダッシュを兼ねており、フルタイミングがシビア。
グラフィックや操作の反応はかなり良くて、ステージ構成も頑張っているので結構遊べそう。

Flip the World! (itunes 無料 iPhone/iPad対応)
ss2
引っ張り操作で物体を放り込み、ステージの外にはみ出ないように着地させ続けるゲーム。
さまざまな物体が出てくる見た目のにぎやかさに加え、正しい形で着地させると2倍の特典が得られるのが嬉しいゲーム。
ただ、あと一歩わかっやすさや演出の派手さが欲しかった気がする。

Sky Surfing (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)

自動で前に進み続ける飛行機をドラッグ操作で上下に動かし、滑走路があれば設置してエネルギーを貯め、障害物があれば避けるランゲームの一種。
空がきれいで、滑走の気持ち良さがあって何となく楽しめる。

Clockwork Damage (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)

さまざまな勝利条件のステージを攻略していく360度シューティング。
強力なオートエイム機能がついており、武器が十分強ければ(あと、ちゃんと移動してターゲットを定めていれば)総会に敵を倒していける。
3Dグラフィックも結構見られる感じで、バランス次第では楽しめそう。

テンミリオンZERO (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss1
『ファイアーエムブレム』的なターン制のシミュレーションRPG。
ガラケーの人気作をスマホに移植したもので、今でもこつこつ遊んで成長するSLGとして楽しめる。
ステージクリアのたびに敵が強くなり、クリア回数の限界を極めるゲームとなっている。

Coal Burnout (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss5
汽車を加速させ、他のプレイヤーの汽車と競争する汽車レースゲーム。
画面右から投げ込まれる石炭が燃料室に入ったところで画面をタッチし、燃焼機関に入れてどんどん加速するだけ。ただし、石炭の動きがどんどん加速するので、いつかミスして減速してしまう。
人間の限界まで見切りを極めて画面をタッチする対戦ゲーム。以外にハマる。

らっこうかべ (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss1
えさを配置し、アプリを閉じて待っているとラッコがやってくる『ねこあつめ』のラッコ版。
ラッコに餌を与えて仲良くなり、図鑑に登録してくのが普通に楽しい。
というか、ラッコがかわいいのでそれだけで楽しい。

その他
Ninja Meow Cat (itunes 無料 iPhone/iPad対応)
ss4
左右移動とジャンプ、攻撃にアイテムボタンを駆使してゴールへ進む横スクロールアクション。
仕掛けが多く、キャラの動きもいい感じ。
少し操作はシビアだが、きびきび動くし、いい意味で判定が緩くてスマホでも遊べそうな感じがある。

Micro Vendor Adventures (itunes 無料 iPhone/iPad対応)

ブロックを取得してステージの一部を再構成する能力、左右移動と物体を持ち上げる能力を利用し、ゴールにドリンクを運ぶアクションパズルゲーム。
遊べるし、ゲームのテーマもいいのだが、いまいち操作感が良くない気がする。

Great Race - Route 66 (itunes 無料 iPhone/iPad対応)

ルート66を通ってアメリカ大陸を横断するドライブゲーム。
左右のドラッグ操作で自動車の位置を調整し、短いステージを次々とクリアするゲームになっている。
アメリカンな演出と大味なドライビング(バグも多い!)が「すごく面白いわけではないが、雰囲気もいいし、難しくもないので黙々と遊べる」不思議なゲームを作り出している。

Fin & Ancient Mystery (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)

左右移動、ジャンプ、近接攻撃と魔法ボタンを使い分ける横スクロールアクションRPG。
3Dグラフィックは頑張っているが、キャラクターの動きは微妙。
ステージの仕掛けは多いが、長くて冗長感がある。いいところも多いのに、悪いところも目立つ不思議な作り。惜しい。

Rabbit Of Destiny (itunes 240円 iPhone/iPad対応)

左右移動とジャンプ、ショット&近接攻撃ボタンを使い分けてステージを進む横スクロールアクション。
ドット絵は良いのだが、操作性や敵の反応がいまいちで見た目だけのゲームになってしまっている。惜しい。

Spiral Rush: a Snake Game (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)

画面を直進するボールをコントロールし、一定時間後に開くゴールまで誘導するアクションゲーム。
画面をタッチすると左側に向かってボールが曲がるが、右側には曲がれず、すでに移動した軌跡に交わることも不可能。
ステージの外周ギリギリを回って時間稼ぎしないとゴールが開くまで時間が持たず、かなりテクニカルなゲームになっている。

ビンタビンタ (itunes 無料 iPhone/iPad対応)
ss2
絵画や人物の顔写真を取り込み、タイミングよくボタンを押してビンタではたきあって、ぼこぼこにするジョークゲーム。
なお、激しく顔を変形させたいときは高難易度で勝つ必要があり、結構タイミングが難しい。

Hyper Sentinel (itunes 240円 iPhone/iPad対応)

自由スクロール(左右がつながっていない横スクロールステージ)を移動し、敵を倒す横スクロールシューティングゲーム。
敵の攻撃には理不尽な覚えゲー感があるが、ショットは気持ちいいし、独特なショット(通常弾だけでなく、モーニングスターなどの近接武器もある謎)が良い。
おすすめではない。ただ、理不尽をねじ伏せて先に進めたくなる感じがある。

Outrace (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)

レースゲームのように見えて、ドラッグで素早く車を左右に移動させ、他の車にぶつからず前に隙間のある位置まで動く(と、車が前進する)穴探しゲーム。
配置読みパズルとでもいうべき感覚。ただ、仕組みが単調すぎていまいち。

Future Strike Gear (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss4
オートショットの横スクロールシューティング。
縦画面の下半分が操作画面でバーチャルスティックとスキルボタンが配置されいる。
ショットのヒット音が気持ちいいんだけど、バーチャルスティックが微妙で、だけどなんか嫌いになれない……不思議な惜しい感じがある。

Red Siren: Space Defense (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss1
バーチャルスティックで戦闘ヘリを移動させ、オートショットで敵を倒して基地を守るディフェンスゲーム。
砲塔の旋回に時間がかかるため、敵の位置と砲塔の向きを見て攻撃が当たらない位置をキープするシューティングとなっている(撃たれてから避けるのは難しい)。
プレイヤーの腕よりパワーが重要系ゲームのようだが、3Dグラフィックはなかなか見栄えがして先に進むとかなりの迫力が出そう。

見えない影のオンライン (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss1
バーチャルスティック移動で基地を探索し、指定のミッションをこなすスニークアクションゲーム。
見た目は良いのだが、実際に遊ぶと動きが微妙だったり、演出が微妙だったり、判定が微妙だったりと結構粗がある。
ただ、構想はいい感じなのでアップデートで修正されれば面白くなりそう。

Pump the Blob! (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)

画面をタッチして円形のブロブの直径を拡大していき、えさをすべて巻き込んで食べるタイミングアクションゲーム。
欲張って巨大化しすぎるとすぐ障害物にぶつかってしまう。普通に楽しいが、序盤からひっかけ系のトラップが出てくるのが気になる。

LITD -Light In The Darkness- (itunes 無料 iPhone/iPad対応)
ss4
ドラッグ操作で懐中電灯の光を移動させ、幽霊を照らして成仏させるゲーム。
懐中電灯のバッテリーが0%になるとゲーム終了で、それまで稼いだスコアを元にお金が手に入り、それで懐中電灯の性能を上げてまたプレイするサイクルの作品。
照らして豪快にダメージが当たる数字の表示は良いのだが、コンボ演出やらもう少しゲームの駆け引きが出る工夫があればかなり面白くなった気がする。

 コメント一覧 (1)

    • 1. ターン制厨
    • 2018年11月13日 09:04
    • テンミリオン懐かしいですね。
      フォーレジェリアはターン制なのに戦闘面白いのが驚き。ボス戦難しい。

      今度企画でターンベースで戦闘が面白いゲーム特集とか見てみたいです(*´・ω・`)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント