RSS

記事一覧

ここは俺に任せろ! B級アクション映画の世界で、圧倒的な数の敵に1人で立ち向かうアクション『敵の大群』レビュー。ゾンビ、侍、マトリックス系映画までなんでもござれ

teki-3
敵は圧倒的な大勢、見方は自分は1人だけ。
そんな絶望的な映画の主人公になり、超人的な動きで敵を倒す映画アクションゲームが『敵の大群』である。
なんと直球のネーミング!しかし、遊んでみるともう病みつきの面白さ。

演目は3つ。
『最後の侍』:サムライが、カタナでニンジャの軍隊に対抗する。
『ゾンビ黙示録』:少女が、野球のバットでゾンビの群れに立ち向かう。
『選ばれし者』:倒しても蘇る無限のエージェントと戦う救世主
どこかで見たような映画の世界に入って、絶望的な状況で戦え!

さあ、まずは無料で観覧できる『最後の侍』から見るとしよう。
teki-3
▲たぶん、海外版タイトルは『ザ・ラスト・サムライ』では(笑)

映画を観始めると、真ん中には刀を持ったサムライ。背景には4重の塔と、とってつけたような鳥居(笑)
そして、左右からはミリタリー風のニンジャが次々と襲い掛かってくる。これがC級映画のジャパンだ!
teki-5

で、近くまでニンジャがやってきたら、画面の左右をタッチすれば侍がカタナを振ってバッサリ。
右から敵が来れば右を、左から敵が来れば左をタッチするのみ。
teki-7

間合いの外で画面をタッチしてしまうと空振りして大きな隙が生まれ、3回敵に接触されるとゲーム終了となる。
システムとしてはゲームウォッチ時代から存在する伝統の「左右をタイミングよく押せ!」的なゲームなのだが、演出と音のつくり込みは納得の気持ちよさ。タッチするだけで楽しい。teki-6

ひたすら戦っていると敵の出現速度が上がって難易度が上昇する。さらに、ニンジャの死体が全部積み重なって迷彩効果が生まれて難しくなる
いつ死体が消えるんだろうと思いながら遊んでいたら、まったく消えないどころか、難易度上昇の一部として組み込まれているなんて……。
tekir-3

驚きつつひたすら遊んでいると、ゲームウォッチ時代にはなかったお楽しみ要素の“必殺技”が顔を出す。1プレイに3回まで、短時間のあいだ敵を自動で迎撃する無敵必殺技が使えるのだ。
必殺技は、後半の敵が多い時間帯に使うほど無双感が出て気持ちいいし、スコアも一気に増える。しかし、出し惜しみしすぎると使う前に倒れてしまう。
このジレンマがまた楽しい。
tekir-4

最終的に敵を倒した数がスコアとなり、総スコアが一定数を超えると新しい映画を観ることができるようになる。
とはいえ、シンプルなゲームだから面白くても飽きは早い。
新しい映画が登場したところでそのままでは楽しめないはず……と心配しつつ映画を観始めると、ここで『敵の大群』は予想を超えてきた。
異なる映画には、異なる面白さがあったのである。
tekir

『ゾンビ黙示録』の主人公は、弱かった。カタナより短いバットを振り回すので攻撃タイミングがシビア。
しかし、必殺技の“ロケットランチャー”(バイオハザードリスペクト)は、敵を大勢巻き込んで一気に倒すので“コンボボーナス”により一気にスコアが上がる気持ちよさがある。
teki

ただ、一番のお気に入りは最後の映画『選ばれし者』になった。
この映画では『マトリックス』ばりにスーツ姿のエージェントがやってきて、倒しても倒しても起き上がって復活する。しばらくするとプレイヤーの攻撃より敵の復活の方が早くなり、ゲームにならない速度で敵がやってくる……と、焦っていたら本作の新たな特徴が判明した。
teki-8

敵を攻撃しているゼロコンマ何秒かの間だけ、主人公は無敵になるのだ。
つまり、どれだけ敵に埋もれても0.3秒ぐらいの短い時間で正確な攻撃方向をタッチし続ければ生きられる。究極の早押しアクション。
前2つの映画で鍛えられたプレイヤーが、次元の違うアクションを強いられる!
teki-2

という感じで、『敵の大群』は3本の映画をモチーフに、面白さの焦点を少しずつ変えて結構長くプレイヤーを楽しませてくれる。
新しい映画を観るために必要なスコアも現実的な範囲で、プレイしていればすぐに遊べるはずだ。
その分、プレイごとに強制広告が出てしまうが(コンテニューや特別な強化オプションも別にある)、強制広告は240円で削除できる。短編映画をレンタルするような気持ちで支払うと良いだろう。
teki-4

映画モチーフのビジュアルも楽しいし、太く短くシンプルなゲームかくあるべしというエンターテイメントの作りもあっぱれ。
アクション映画好きの方も、短時間で楽しめる良いゲームを探している方も、ぜひ遊んで欲しい。
『敵の大群』で、あなたも映画のアクションヒーローだ!

概要:
左右からやってくる敵が間合いに入ったときに攻撃するシンプル・気持ちいいタイミングアクション

評価:7(要チェック)

おすすめポイント
敵を倒し続ける気持ちよさ
どこかで見た映画モチーフ
3本の映画は手触りが少し違って別々に楽しめる

気になるポイント


アプリDL:
敵の大群 (itunes 無料 iPhone/iPad対応)

開発:Pixel Envision(イギリス)
HP:http://www.pixelenvision.com/app/hordes-of-enemies/
レビュー時バージョン:1.0.1
課金:広告削除(240円)、ステージ解除(各120円)

ライター:ゲームキャスト トシ

動画:

 コメント一覧 (1)

    • 1.
    • 2018年10月05日 12:22
    • なるほどこれは面白いですな
      新作の公開を期待して課金します

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント