RSS

記事一覧

中国でも人気、テンセント版『ラグナロクオンライン』先行テストプレイレビュー。キャラの可愛さ満点、サーバー重すぎ。あのROが帰ってきました

ro-15
皆様、初めまして。主に海外(中国・台湾・韓国)のゲーム情報を発信するブログ『スマホアプリ通信』の阿部さんと申します。
本職はサラリーマンでブログは趣味で書いていましたが、今回ゲームキャストさんの目に留まり「海外アプリゲームのレビューを書いてみないか?」とオファーを頂いたのでご厚意にお応えして書かせて頂きます。
(※中国の規制でIDがとれず、自分でゲームができないのでゲームキャストのアジアゲーム担当をお願いすることにしました)


昨今のアプリゲーム事情と言えば無視出来ないのが中国市場ですね。
特に今回モンハンの配信停止で話題になったテンセントはアプリゲームでは世界最大の売り上げを誇る超巨大ゲーム会社です。そんなゲーム会社が日本でも有名なMMORPG『ラグナロクオンライン』のスマホアプリを開発していると報じられて、話題になった事は記憶に新しいと思います。

ブログのネタにと思い情報を集めていると中国の一部のユーザー限定でαテストを開始すると告知を目にしました。条件はQQ(中国のSNS)のグループに参加したアカウントにだけ権限を与えてくれるとの事でしたのでダメ元で登録してみたところ、参加資格を得る事に成功。
今回レビューさせて頂くのは、そのαテスト中のテンセントROについてです。
ro-1

αテストは日本でも良くあるandroid端末限定でサーバーは一つのみ。推定3500アカウントを対象にしており、当然ながら初日は超が付くほど激重で動くのすらままならない状態…中国でも関心度の高さを伺える稼働状況ですね。

キャラメイクは性別、髪型、目の色形を選択出来ますが髪型と目の色形はゲーム内で変更可能
名前にひらがなを付けてやろうと試してみましたが出来ませんでした…ぐぬぬ。
ro-2

ゲームスタートすると始まりはプロンテラ南。
αテストだからなのかもしれませんがチュートリアル的なクエストを進めていくとあっという間に転職可能レベルに到達していきます。もうひたすらポリンやファブルを叩く辛い日々はそこにはありませんでした(ちょっとは期待した)。
ro-4

転職場所はプロンテラの城内部に居るヴァルキリーから可能です。各職業の使用感はこのヴァルキリーの試験時に職業を切り替える事で確認する事が出来るので色々試してみて選ばせてくれる親切設計になっていますね。
1set10体そこそこを6セットこなすと試験終了。ちょうど6つの職業分ですが、自分はマジシャン志望だったので切り替える事無くひたすらペチペチ魔法打ってました…(笑)
ro-5

キャラクターセレクト画面に戻ると転職後の自キャラが表示されるところもちゃんとラグナロクしてますね~。マジ子はやっぱり可愛い!名前はメンドクサイのでデフォルトのを使っています。まだもう一人作れるので、次は色々試してみようと思います。
ro-6

気になる戦闘システムですが、従来のとは違いセットしたスキルをタップして使用するタイプになっています。
それすらも面倒な人向けに自動戦闘システムも搭載。全てのモンスターから特定のモンスターまで自由に選択する事が可能で、解除するまでサーチアンドデストロイ!!
この世界で横殴りなんて気にしちゃいけません。気にしたところで中に人は居ないかもしれませんよ?(notBOT)
ro-8

強敵と対峙する時は別でしょうが、周回系のダンジョンで戦う際もこの自動戦闘システムが役立ちます。頑張って戦闘するよりチャットしてる方が楽しいですしね~。戦闘はシステムに任せておいて中の人達は【チャットゲー】で盛り上がれること間違いなし!死んでも許せる(?)
ro-12


ステータスやスキルは従来のラグナロクオンライン同様にレベル毎に貰えるポイントを自由に振って自分の理想のキャラを作り上げる事が可能になっています。正統派な汎用型にしたり、ネタに走った個性的なキャラを作って遊べるようになっています。もし飽きてもステータスやスキルは特定のアイテムを使うことでいつでもリセットは可能です。躊躇わずに色々試してほしいです。
ro-3
ro-7

ところで、キャラクター作成時の一文で髪型と目の色形がゲーム内で変更可能とお伝えしていたと思いますが、プロンテラ街の中に居るNPCに話しかける事でいつでも変更可能になっています。髪型や目の形は少々のゲーム内通貨で変えられますが、髪色目の色は素材が必要なので「後で変えればいいや~」と安易に進めてしまうといざ変えようとした時に素材不足で変更不可…なんて事があるのでご注意を。そこまで高価な素材では無いので余り心配はないと思いますが(笑)
ro-9
ro-11

そしてラグナロクオンラインと言えば魅力的な頭装備ですね。キャラクターグラフィックがほぼ固定なので、他のプレイヤーと見た目に差をつける為にかなり拘った方も多いのではないでしょうか?
ただ、購入しないと実際のキャラと合ってるかどうかが分からなかったので、自分も無駄な買い物をする事で苦い思い出をした経験が多々あります…
ro-10

そんな中テンセントROではドレッサーと言う素晴らしい機能が常備されています。未所持の装備がいつでもどこでもお試しで着せ替えが可能なので、無駄な買い物で枕を涙で濡らす事も無くなるだけで無く目標を視覚的に感じる事が出来る為モチベーションにも一役買ってくれる事でしょう!

また頭装備だけでなく背中、尻尾の部位が追加されており、さらに衣装と呼ばれるキャラクターグラフィックを丸ごと変える事が出来るアイテムも用意されていますので【見た目】と言うコンテンツは、新しい楽しみ方を体感出来る事でしょう。
ro-13

最後にお気に入りのシーンやキャラクターを保存できる【スクリーンショット】の機能についてですが、これもまた色々と追加してくれちゃってます。撮影パターン4タイプあり、自分を中央にして撮影するモード。自分がカメラを構えて撮影するFREEモード。※AR撮影は未実装でした。
ro-14

そして特筆すべきなのは自撮りモードです。端から見るとちゃんと自撮り棒を持って撮影しています。細かいですね~!撮影する高さを上下に調節する事が出来るので観光客が良くやる皆で寄ってイエーイ!なんて撮り方も可能です!※イエーイ代役:ゴブリン村在住のゴブリンリーダーさん
ro-15

如何だったでしょうか?まだまだ伝えきれない事がありますが、長くなってきたので今回はこの辺で。
実際にプレイしてる身として確実に言える事は『期待して間違いなし!』ですね。
また書かせて頂ける時は伝えきれなかった部分が語れればと思っています。

ではでは
(執筆ライター:阿部さん)

関連サイト:
中国アプリゲームの総合サイトTaptap:https://www.taptap.com/app/139990

 コメント一覧 (8)

    • 1. ^_^
    • 2018年08月22日 22:02
    • さかなクンさんみたいに阿部さんさんなのかな
    • 2.  
    • 2018年08月22日 22:45
    • 魅力伝えられても遊べねえし、、、。
    • 3. 安倍さん
    • 2018年08月22日 23:00
    • 5 楽しく読ませていただきました。
      30半ばを超えた者がROを見て興奮してます笑
      ポタやハエの羽を使ってた過去を思い出しました!更なる情報を期待してます!
      ゲーキャスさんお願いします!!
    • 4.
    • 2018年08月23日 00:21
    • うおぉぉ!スゲェw ROも進化したなぁ(RO2の存在は抹殺されたみたいだが...
      でも、こんなん出せるなら、ECOの方もどうにかして欲しい気もするなぁ...
      何にせよ日本に来るのが楽しみでありつつ、良くあるクエストぽちぽちゲーや、日本独自仕様()笑い みたいな、足元見た廃課金設定での運営にならない事を切に願うばかりだね...
    • 5. い
    • 2018年08月23日 01:48
    • 5 スマホROの記事は希少なので助かります!
      日本に来るのは当分先だとは思いますが情報は追っていきたいですね
    • 6.
    • 2018年08月23日 09:01
    • 日本に来るかな。。ガンホーはラグナロクMを展開したいだろうし、許可しないんじゃないかな。
    • 7.
    • 2018年08月23日 11:36
    • オリジナルのROは知らないけど、リネレボみたいな放置BOTゲーなら要らないかなぁ
      少なくとも狩で装備がドロップするゲームであって欲しい
    • 8. 通りすがりの殴りWL
    • 2018年08月23日 14:05
    • 現役のROプレイヤーなのでこちらのアプリもとても興味があります!まぁ日本じゃ出来ないですけどね...。
      PCのほうのROでも今はチュートリアルでNPCのお話聞くだけで1次転職可能レベルになります。転職試験もありません。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント