RSS

記事一覧

Apple、教育向けの発表会で新iPad発表。値段は据え置きで性能を向上

WS000006
2018年3月28日0時、Appleは教育者向けの発表会で新しいiPadを公開し、販売の開始を伝えた。
今回のiPad(2018)は、前年から販売しているiPadの価格を据え置いたまま、性能を司るコアをA9チップからA10 Fusionチップへ変更し、Apple Pencilに対応したもの。
カメラなどの性能の変更はない。
今回は教育目的でiPadを利用するPRのために発表されたと思われるが、安価で性能の上がったiPadが出ればボードゲームアプリなどをプレイするときにも便利なのは自明だ。

A10 Fusionチップは、iPhone 7などに積まれているチップセット。
iPad Proなどの超高解像度端末を動かすために作られたA10タブレット用にカスタマイズされているA10X Fusionチップよりも性能では劣るが、十分な性能を持っている。
これならゲーム機としてもかなりの性能を期待できる。

また、同時に“クレヨン”という$49(Apple Pencilの半額!)の新製品も発表された。
こちらは平たいタッチペンで、1回の充電で8時間駆動し、筆圧感知のないApple Pencilとなっている。
子供が使うなら、壊しても安い製品が必要……ということだろう。

関連リンク:
iPad - モデルを比較する - Apple(日本)

※当初、iPad2018はA10チップと書いておりましたが、A10 Fusionチップの間違いでした。

コメント一覧

    • 1.  
    • 2018年03月28日 09:07
    • IPADって今いくらなんですか?
    • 2. vogue
    • 2018年03月28日 14:11
    • 新iPadもA10fusionですよ!!
    • 3.
    • 2018年03月28日 21:24
    • こっそり同スペックのminiの登場に期待しておったのですがスルーでしたな
      Mac miniも数年放置されてるし
      アップルはminiのこときらいなのかい?
    • 4.
    • 2018年03月29日 00:02
    • IPADMINIの方が高いやんけ。なんやこれ。
      miniの方が好きなのに
    • 5. wotb
    • 2018年04月04日 16:12
    • miniはもう出ないのかな?

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント