RSS

記事一覧

5社統一e-Sports団体、ストV、モンストなどのプロライセンスを発行し、闘会議2018で賞金付き大会実施を発表

WS000068
2017年9月、CESAとJOGA、さらにe-Sports団体のJeSPA、e‐sports促進機構、日本eスポーツ連盟を統合した新設のe-Sports団体が作られることが発表されていたが、その統合が2018年春に行われ、団体からプロライセンスを発行する最初の大会を2018年2月の闘会議で行うことが発表された。

闘劇2018で発行されるプロライセンスは下記の5タイトル。
『ウイニングイレブン 2018』
『ストリートファイターV アーケードエディション』
『鉄拳7』
『パズル&ドラゴンズ』
『モンスターストライク』
AMD(一般社団法人デジタルメディア協会)が1000万円の賞金協賛を行い、闘会議では賞金付き大会を準備しているという。
ただ、『パズル&ドラゴンズ』や『モンスターストライク』に関しては人気ゲームではあるが、対戦ゲームとして作られたものではないので競技性、対戦の公平性が低く、「オリンピック競技に!」と推薦されるe-Sportsとは根本から異なる。
こういったギャップをどう埋めていくのか、注目が集まるところだ。

さて、こういった動きには良い点と気になる点がある。
業界統一団体を作ることは、e-Sportsオリンピック競技化の第1歩(日本オリンピック委員会に加盟するためには複数あるe-Sports団体の統合が必須だった)なので、良いことだ。
また、ライセンス発行にも一定のメリットがある。

例えば、日本でもプロリーグが展開されている世界最大のe-Sportsゲーム『League of Legends』(LoL)では、外国人選手にビザを交付するためにプロe-Sports選手にアスリートビザが交付された例もある。これがなければ、その年のLJL(日本のLoLプロリーグ)は盛り上がりを欠いたかもしれない。
プロe-Sports選手が職業として認められ、社会的に認められることはe-Sports振興の上で重要と言え、プロライセンスを発行することは意味がある。
景品表示法など法律の制約で高額賞金の大会が開きにくかった国内の状況をクリアするために考え出された。
日本初、海外プロゲーマーに“アスリートビザ”発行へ 「プロスポーツ選手と認められた歴史的な出来事」 - ITmedia NEWS

また、プロライセンス発行によって景品表示法などで制限されていた高額賞金付きの大会も行えるようになるという(この仕組みは不明)。
プロライセンス発行についてはプロライセンスの発行の要件(未発表)を満たす選手に対して発行されるほか、過去に実績のある選手に対してもパブリッシャーの推薦を元に発行することを考えているとのこと。

一方で、現在プロ活動しているプレイヤー、統一e-Sports団体が扱わないゲームのプレイヤーについては気になる点がある。
日本でもプロリーグが運営されるe-Sportsの1つ『LoL』はこれに加わっていないし、『オーバーウォッチ』や『ハースストーン』などのBlizzardも日本のために特別にプロプレイヤーライセンスを発行することはないだろう。これらで今活動しているプレイヤーは、プロではなくなってしまうのだろうか?
プロライセンスを発行されないことで、既存のゲームのプレイヤーが不利にならないような仕組みが望まれる。

蓋を開けてみたら日本でローカルに人気なゲームのプロモーションに使われるだけとか、この新団体の思想に賛同しないゲームがプロライセンスが出せない不利を受け続けるような権力団体になってしまっても困るのだ。
2018年春の団体統合のときには、こういった問題がクリアになり、広くプロゲームシーンの利益になる仕組みが明かされることを期待しておきたい。

コメント一覧

    • 1. 名無し
    • 2017年12月14日 15:35
    • モンストのプロ..恥ずかしい
    • 2.
    • 2017年12月14日 16:39
    • カジノ研究の木曽崇氏がこれの問題点をよくツイートされていますね
    • 3. 天下一音ゲ祭 第一回
    • 2017年12月14日 16:43
    • 天下一音ゲ祭 第一回優勝者はプロゲーマーとして登録します!とか言ってたけど、あれはどうなったんだろうなw


      ■その他/各機種優勝者の方は、双方同意の上、本大会主催者㈱ブライトにてプロゲーマーとして登録し
       テレビ、ラジオ、その他各種イベント、大会の出演オファー等に応え、紹介、斡旋します。
    • 4. 名無し
    • 2017年12月14日 16:56
    • モンストとパズドラってそもそも対人要素あったっけ?
    • 5. 5
    • 2017年12月14日 17:32
    • FPSとかDCGとか押しのけてソシャゲ2本なのか・・・
    • 6. 名無し
    • 2017年12月14日 17:42
    • 格ゲー,FPS,サッカー,MOBAでいいじゃん….
    • 7. 通りすがり
    • 2017年12月14日 18:04
    • 職業:プロパズドラー

    • 8. ネ
    • 2017年12月14日 19:23
    • パズドラは別アプリのパズドラレーダーの方でプレイヤー対戦機能付いてたけどそっちではないのかな
    • 9. 9
    • 2017年12月14日 22:40
    • どっちみち太いスポンサーつかないとプロとしては何も始まらないんで
      そういう意味ではうまい事mixiやらガンホーやら巻き込んで財布になってもらえるなら
      それに越した事は無い

      と思う
    • 10. 悪い電子
    • 2017年12月15日 00:59
    • 既にアジア・オリンピック評議会主催の2022年のアジア競技大会でe-sportsが正式種目に決定していて、2026年には日本が開催地になるという状況

      競技対象ゲームはサッカー、MOBA、RTSと言われていますが……間に合うかなぁ
    • 11. とあるFPS元プロゲーマー
    • 2017年12月15日 01:03
    • 不健全なプロ環境が構築されそうな、嫌な予感しかしないね。
      『モンスト』『パズドラ』が入ってるのが意味不すぎる。競技性が全く無くeスポーツと呼べるものではない。
      そして世界でも盛り上がってるタイトルが含まれてなさすぎる。

      団体の人間がうまくカネを吸い上げて利益を得るシステムを構築しただけなのではないのか…?
      記事内の末尾に書かれているような事が起きそう。
    • 12.
    • 2017年12月15日 04:27
    • 大会はそろそろドーピング検査も必要な気がする。そのへんどうなるんだろ。
    • 13.  
    • 2017年12月15日 07:02
    • モンストパズドラ・・・ため息しか出ない

      日本はあと10年はe-Sports後進国のままでしょうねえ
    • 14. うあ
    • 2017年12月15日 10:23
    • この感じだと日本のeスポーツは単なる販促の媒体にしかならないよね。観戦したいと思わないしユーチューバーのfps動画見てた方がマシな気がする
    • 15.
    • 2017年12月15日 10:47
    • 闘劇復活するの?闘会議の間違え?

      今まで何してきたかわからない天下り企業が、
      力を合わせて利権握って金儲けって死ぬほど気持ち悪い
      もっと気持ち悪いのは、ガチャゲーをまともなものとして扱うこと
    • 16. まあぶっちゃけ
    • 2017年12月15日 12:51
    • >>9が正解なんだろうな
      あとは広く普及させる為にもプレイしてる人口の多い
      ソシャゲを巻き込む目的か
    • 17. 管理人
    • 2017年12月15日 15:20
    • 闘劇はないですね……闘会議ですね。すみません、修正しました。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント